南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

季節の便り

【季節の便り】

ふるさと人物室第10回展示 「拓‐ひらく‐北村雄治」

A

 北海道に大農場を拓き北村という村名の祖となった鏡中条村(現南アルプス市)出身の北村雄治(1871‐1903)。雄治の弟で北村農場を発展させた黽(びん)、北村牧場を作り「空知ホルスタインの父」と呼ばれた謹(きん)。悪条件に敢然として挑み北村を築き上げた北村兄弟が遺した功績を、ぜひご覧ください。

会 期]令和4年3月13日(日)まで
場 所]櫛形生涯学習センター ふるさと人物室(南アルプス市小笠原1060-1)

詳しくは、こちら(南アルプス市立図書館ホームページ)をご覧ください。

お問い合せ
南アルプス市立図書館 TEL 055-280-3300

 

南アルプス市に紅葉の季節がやってきました

A_2

 10月に入り南アルプスの山々が赤く色づき始め、麓にも秋の気配が近づいています。市内の紅葉は10月から11月にかけて見頃を迎えますので、南アルプス市観光協会が作成した「紅葉見どころマップ」を片手に、市内の紅葉狩りに出かけてみませんか。

A_3 A_4

詳しくは、こちら(観光協会ホームページ)をご覧ください。

お問い合せ
南アルプス市観光協会 TEL 055-284-4204

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

芦安山岳館企画展「星空見上げて誰想う」
~星と山とプラネタリウム~

A1

 星は、いつも私たちの上にあり、私たち人間の活動を静かに見守ってくれています。本展示では星がつむぐ様々な世界に触れ、星空に関心を持っていただければ幸いです。
 館内にはミニプラネタリウムや南アルプスの山々と星空の写真などを展示しています。
 
開催期間]2022年3月8日(火)まで
開館時間]9時~17時
休 館 日]毎週水曜日、年末年始
入 館 料]大人500円 子供(小学生)250円
協  力]星つむぎの村

詳しくはホームページ、南アルプスNETをご覧ください。

お問い合せ
南アルプス市芦安山岳館(芦安芦倉1570)
TEL 055-288-2125

 

沢登六角堂で切子の祭典

A A_2

 切子は「つきのみ」という刃物で、美濃和紙に図柄や模様を切り出していくとても繊細なもので高い技術が求められます。300年以上の歴史があり、平成8年2月に山梨県指定無形民俗文化財(工芸技術)に指定されました。
 毎年10月13日に例祭が行われ、六角堂に「切子」が奉納されます。お堂に飾られた切子は、淡い光で美しく幻想的に照らされます。

日   時]令和3年10月13日(水)
切子の展示]13:00~20:30
場   所]沢登六角堂(南アルプス市沢登663)
※六角堂専用駐車場はありません。近くの沢登公会堂をご利用ください。

※新型コロナウイルス感染防止のため、規模を縮小しての開催となります。また、感染状況により変更の可能性があります。

詳しくは、沢登切子保存会ホームページをご覧ください。

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

緑のカーテン苗木づくり講習会を開催

A_23 A_24

 9月4日、NPO法人協働で素敵にまちづくり南アルプス共和国の櫻田理事長が講師となり、市役所西別館で緑のカーテン苗木づくり講習会が開催されました。参加者は緑のカーテンの効果や栽培方法などを聞いた後、実際にツルを切って苗づくりを行いました。緑のカーテンは、室内に入る日差しを遮り、冷房の使用を抑えることから、地域温暖化防止対策や節電効果が期待されます。

 

南アルプスとスイス 山々と花の旅「宮本和郎展」

 〈南アルプスと富士川流域の作家たち〉の第4弾として、南アルプスやスイスの山や花を描き続けている日本画家・宮本和郎の作品を一堂に展示する、南アルプスとスイス 山々と花の旅『宮本和郎展』を開催します。
 今展では、日本第2の高峰・北岳を中心として南アルプスとスイスアルプスの山々、高地の短い夏を咲き誇る花々を描いた作品とスケッチなど30点余りを展示し、60年に及ぶ画業を辿ります。

期 間]10月10日(日)まで
時 間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日]9月21日(火)、24日(金)、27日(月)
入館料]一般320円・大高生260円・中小生160円
*入館料には団体割引などがあります。小学生未満・65歳以上の方は無料です。
*小・中・高生は毎週土曜日無料です。

A2009

《南アルプス 果樹の四季》2009年 ※無断転載禁止

A22001

《マッターホルン「ゴルナーグラードからの道」》2001年 ※無断転載禁止

※ 新型コロナウイルスの感染状況により、臨時休館する場合もあります。開館情報につきましては当館ホームページでご確認ください。
※ 来館の際にはマスクの着用、入口での手指消毒等、感染防止へのご協力をお願いします。

お問い合せ
南アルプス市立美術館 TEL 055-282-6600

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

中部横断自動車道 静岡方面全線開通

A

 8月29日(日)中部横断自動車道の山梨-静岡間が全線開通しました。平成13年の白根インター供用開始から20年が経過しての全線開通により、南アルプス市から静岡市までが約60分で繋がることになります。開通により東海・中京圏へのアクセスが飛躍的に向上することから、本市の魅力である果樹や山岳観光による地域の活性化が期待されます。

 

公式チャンネルでのプロモーション動画掲載

A_2 A_3

 山梨県がまん延防止等重点措置地域に適用されたことに伴い、市内の美術館や温泉施設が臨時休館となっています。夏から秋にかけて、本来なら山岳観光や果樹観光で賑わいをみせる市内も、感染拡大防止のため、人の流れが抑えられています。
 南アルプス市では、市の情報を動画で紹介する、YouTubeチャンネルを開設し、プロモーション動画や観光動画を掲載しています。動画で南アルプス市の魅力をご確認いただき、感染症が終息した際にはぜひ南アルプス市にお越しください。

<お問い合せ>
南アルプス市秘書課 TEL055-282-6037

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

男女共同参画の功績を表彰

A

 市内のNPO法人あんふぁんねっと代表の軽部妙子さんが内閣府の男女共同参画社会づくり功労者として表彰されました。NPO法人あんふぁんねっとでは、「子育ち・親育ち」を軸にした子育て支援活動を通して、男女共同参画の理念の普及啓発に取り組んでおり、団体での日々の活躍が評価されました。

 

皇寿の出荷が始まりました

A_2

 南アルプス市発祥の高級大玉スモモ「皇寿」の出荷が始まりました。皇寿は南アルプス市の小松寿裕さんが発見したスモモの品種で、ギネスに認定された世界一重いスモモ貴陽の変異種です。大きさは一般的なスモモの3倍以上にもなり、貴陽よりも1か月程収穫が遅く、8月下旬が最も美味しい時期と言われています。まだ市場に出る数は少ないですが、ぜひ一度ご賞味ください。

 

新型コロナウイルス感染症対策にともなう施設の休館について

 山梨県からの新型コロナウイルス感染症拡大防止への臨時特別協力要請にともない、美術館やスポーツ施設等の市立施設を8月22日(日)まで臨時休館とします。
 休館施設等は市ホームページでご確認ください。また、休館期間は変更になる場合がございますので、開館状況等は直接施設へご確認をお願いします。

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

8月8日は山の日です

A

 今年の山の日は8月8日、1年越しの開催となった東京オリンピックの閉会式も行われる予定です。南アルプスは登山シーズンを迎え、2年ぶりの山開きを待ちわびた登山客をお待ちしています。今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、市営山小屋は完全予約制で宿泊人数を制限して営業を再開しています。体調を整え、マナーを守り、安全に登山をお楽しみください。

A_2

 市営山小屋の予約は、南アルプス市観光協会ホームページをご覧ください。

 

エコパ伊奈ヶ湖のイベントプログラム
土にすむ生きもの探し~掘って探して知る土のせかい~

A_4

 森の中の土にはどんな生きものがいるんだろう?土の中にすむ生きものから、土についても知ってみよう!!

日 時]8月15日(日) 10:00~12:00
対 象]小学生以上(小・中学生は要保護者同伴)
定 員]15名(先着順)
参加費]600円/名
申込期間]8月1日(日)17:00まで
※雨天中止(少雨決行)。
※開催日時、定員等につきましては、新型コロナウイルス感染拡大の状況によって変更する場合がございます。

お問い合せ
エコパ伊奈ヶ湖 グリーンロッジ TEL 055-283-8700

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

南アルプス市ふるさと文化伝承館
テーマ展「戦争とにしごおりの人々」

A

 南アルプス市の人々は、アジア太平洋戦争とどうのように向き合い、どのように生きていったのか。ふるさと○○博物館事業で収蔵した資料から紐解きます。

A_2

期 間]令和3年7月2日(金)~令和3年9月29日(水)木曜休館
時 間]9時30分~16時30分
場 所]ふるさと文化伝承館(南アルプス市野牛島2727)
入館料]無料
 
詳しくは、ふるさと文化伝承館のホームページをご覧ください。

※ 新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、検温、体調確認、手指消毒、マスクの着用にご協力ください。

お問い合せ
ふるさと文化伝承館 TEL 055-282-7408

 

桃狩りの季節になりました

A_3

 南アルプス市内では、ピンクに色づいた桃が食べ頃を迎えています。生産者が手塩にかけて育てた採れたての自然の恵みをご賞味ください。市内の農園では8月中旬まで、南アルプスの麓で育った甘く瑞々しい食感の桃が楽しめます。

A_4

詳しくは、南アルプス市観光協会ホームページをご覧ください。

お問い合せ
南アルプス市観光協会 TEL 055-284-4204

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

都市の崩壊と再生を描く「木村利三郎」展

 木村利三郎は、1924年に神奈川県横須賀市に生まれ、1947年には神奈川師範学校(現 横浜国立大学)を、1954年には法政大学哲学科をそれぞれ卒業しました。
 1957年頃に創造美育運動でも知られる美術評論家・久保貞次郎の知遇を得ます。久保との出逢いを通じて、竹田鎭三郎や瑛九、曖嘔、池田満寿夫といった戦後の日本を代表する画家・版画家とも親しく交流していきました。
 今展では、木村が生涯のテーマとした『City』シリーズを中心に、世界の都市シリーズなど40点余を展示し、都市の崩壊と再生、あるいは宇宙や未来感など、彼が深く切り込もうとした様々なメッセージを探ります。

期 間]7月3日(土)~8月22日(日)
時 間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
場 所南アルプス市立美術館(南アルプス市小笠原1281)
休館日]7月5日(月)、12日(月)、19日(月)、26日(月)
入館料]一般320円・大高生260円・中小生160円
※ 入館料には団体割引などがあります。小学生未満・65歳以上の方は無料です。

Acity3621977_2

《City362”未開の星へ地球人移住基地計画”》 1977年
 ※無断転載禁止

Acityafossilcity11sep01

《City493゛A FOSSIL CITY″11Sep’01》 2001年
 ※無断転載禁止

※ 新型コロナウイルスの感染状況により、臨時休館する場合もあります。開館情報につきましては当館ホームページでもご確認いただけます。
※ 来館の際にはマスクの着用、入口での手指消毒等、感染防止へのご協力をお願いします。

お問い合せ
南アルプス市立美術館 TEL 055-282-6600

 

山小屋の宿泊受付に予約システムを導入

Ar03

【写真】令和3年開山祭

 南アルプスの山々に夏山シーズンの到来を告げる開山祭が、6月26日に広河原で2年ぶりに開催されました。新型コロナウイルス感染症対策のため、昨年は営業を中止した市営山小屋(北岳山荘、白根御池小屋、広河原山荘、長衛小屋)も、今年は南アルプス市観光協会ホームページに予約システムを導入し、完全予約制で宿泊人数を制限して営業を再開しています。
 山小屋では、感染症対策を徹底して登山者の皆さんをお待ちしています。

 詳しくは、南アルプス市観光協会ホームページをご覧ください。

A

【写真】北岳山荘

A_3【写真】広河原

お問い合せ
南アルプス市観光協会 TEL 055-284-4204

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

「南アルプス完熟フルーツツアー こだわり探訪」受付中

A

 ここでしか味わえないワンランク上の体験ツアー「完熟フルーツこだわり探訪」は、6月から9月にかけ、サクランボ、桃、貴陽、シャインマスカットの果物狩りが楽しめます。7月からは桃狩りの受付も始まりますので、果物作りの第一人者“完熟フルーツマスター”の農園で絶品のフルーツをご賞味ください。
 また、旬の果物で作るジャム作りや、市内の名店がつくるお弁当をテイクアウトしてランチをお楽しみください。

A_3 A_4

集合時間]9:00(12:00終了予定)
料  金]5,800円/人
集合場所]季節のフルーツ(品種)によって変わります。

詳しくは、南アルプス市観光協会ホームページをご覧ください。

<お問い合せ>
南アルプス市観光協会 055-284-4204

 

安藤家住宅 七夕の節句

A1

 築313年を迎えた安藤家住宅で、七夕の節句の展示を開催します。夏の庭園の風景を楽しみながら、短冊に願いを込めてみませんか。

期 間]6月25日(金)~7月9日(金)
時 間]9:00~16:30(入館は16:00まで)
場 所]重要文化財安藤家住宅(西南湖4302)
休館日]毎週火曜日
入館料]大人300円 小中高生100円

A2

<お問い合せ>
南アルプス市文化財課 055-282-7269
または 安藤家住宅 055-284-4448

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【季節の便り】

2021南アルプス開山祭の開催

A_5

 新緑輝く登山シーズンの到来を告げる南アルプス開山祭が2年ぶりに開催されます。開山祭では、登山者の安全を祈願して、芦安小中学生による合唱・蔓払い・献花などのセレモニーが登山口の拠点である広河原で行われます。

A_2 A_3

日 時]6月26日(土) 10:00~12:00
場 所]広河原インフォメーションセンター(林道通行止めの際は芦安山岳館)
※ 広河原に通じる南アルプス林道はマイカー規制のため一般車両は通行できません。無料の芦安市営駐車場を利用し、南アルプス登山バスもしくは、乗合タクシーをご利用ください。

お問い合せ
南アルプス市観光商工課 TEL 055-282-7261

 

詩情あふれる美の世界「川﨑小虎」展

A_4

 日本を代表する日本画家として第一線で活躍を続けた川﨑小虎は、1944~48(昭和19~23)年に山梨県中巨摩郡落合村(現 南アルプス市)に一家で疎開し、付近の山野草花をスケッチするなど、甲州の風物を対象に多くの作品を描きました。
 今展では、当館のコレクションの中から、伝統的な大和絵や静物、小動物などを描いた作品の他、落合村周辺を描いたスケッチなどを展示しています。

期 間]6月27日(日)まで
時 間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
場 所]南アルプス市立美術館(南アルプス市小笠原1281)
休館日]6月7日(月)、14日(月)、21日(月)
入館料]一般320円・大高生260円・中小生160円
※入館料には団体割引などがあります。小学生未満・65歳以上の方は無料です。
※小・中・高生は毎週土曜日無料です。

※ 新型コロナウイルスの感染状況により、臨時休館する場合もあります。開館情報につきましては当館ホームページでご確認ください。
※ 来館の際にはマスクの着用、入口での手指消毒等、感染防止へのご協力をお願いします。

お問い合せ
南アルプス市立美術館 TEL 055-282-6600

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから