南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

2021年4月

【季節の便り】

安藤家住宅 端午の節句

A A_2

 重要文化財である安藤家住宅で、全長9メートルの巨大「本染鯉のぼり」をはじめ、武者人形など端午の節句の飾り物を展示します。男の子の健やかな成長を祝う伝統行事を歴史ある住宅の雰囲気と共にお楽しみください。

期 間]5月31日(月)まで
時 間]9:00~16:30(入館は16:00まで)
場 所]重要文化財安藤家住宅(西南湖4302)
休館日]火曜日(4日は開館)
入館料]大人300円 小中高生100円

詳しくは、こちら(南アルプス市ホームページ)をご覧ください。

お問い合せ
南アルプス市文化財課 TEL 055-282-7269
安藤家住宅 TEL 055-284-4448

 

滝沢川公園のアヤメが見頃を迎えています

A_3

 滝沢川公園に植えられている市の花「アヤメ」が見頃を迎えています。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、5月8日(土)に予定されていたアヤメフェアは昨年につづき中止となってしまいましたが、地元の花壇ボランティアが丁寧に育てたアヤメの花は、今年も公園を美しく紫に染めています。
 感染予防のため外出を控えている方も多いと思いますので、ゴールデンウィークを迎える南アルプス市の近況をお知らせします。

A_4 A_5

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【市役所便り・イベント情報】

大型連休中の登山、遭難防止へ指導所
夜叉神で南ア署など

A202104301

 南アルプス署などは29日、大型連休に登山者の増加が見込まれることから、南アルプス市芦安芦倉の夜叉神の森登山口で山岳指導所を開設した。
 署員や山岳遭難救助に当たる「大久保基金の会」の会員ら15人が参加。登山計画書の提出や装備品の点検を呼び掛けるチラシ入りのポケットティッシュを用意したが、29日は登山者の姿はなかった。山岳指導は5月2、4日にも行う。
 県警によると、県内で昨年4~6月に発生した遭難事故は13件。このうち大型連休中(4月25日~5月6日)は3件で、1人が死亡している。
 署山岳救助隊の増子剛史巡査部長は「新型コロナで久々に登山をする人も多く、自身の技術や体力に合わせた山選びが大切。山は気温が低く天候が急変することもあり、十分な装備で遭難防止に努めてほしい」と話していた。

(写真)登山計画署の提出を呼び掛けるポスターと登山者に配布するポケットティッシュ=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 4月30日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

アヤメフェア2年連続中止

 南アルプス市は、5月8日に開催予定だった「南アルプス市アヤメフェア2021」の中止を決めた。新型コロナウイルスの感染者が市内で増えていることを受けた対応で、中止は昨年に続いて2年連続。
 アヤメフェアは毎年5月に滝沢川公園などで開催され、市内外から約1500人が来場する。今年は国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)をテーマとした講演会やパネル展などを予定していた。
 市観光商工課の担当者は「新しい試みをするつもりだったので非常に残念。アヤメを見るときは密にならないよう一人一人が心掛けてほしい」と話している。

【山梨日日新聞 4月29日掲載】

【ふるさとニュース】

ミツバチ好むハゼリソウ、耕作放棄地に彩り

A202104272

 南アルプス市上宮地の耕作放棄地で、同所の障害福祉サービス事業所「みらいコンパニー」が育てたハゼリソウが薄紫色の花を咲かせている。
 玉川大ミツバチ科学研究センターなどが進める「耕作放棄地のお花畑化プロジェクト」に参加する形で2018年から実施。地域の使われていない田んぼ約5千平方メートルを借り、昨年11月に通所者6人が約10キロの種をまいた。例年より1週間ほど早い4月上旬に咲き始めた。
 ハゼリソウは約50~100センチ。ミツバチが好むため、蜜を盛んに集めに来る。
 事業所によると、見頃は5月上旬まで。副所長は「花を見て明るい気持ちになると同時に、農地の問題を考えるきっかけにしてほしい」と話している。

(写真)薄紫色の花を咲かせるハゼリソウ=南アルプス市上宮地(22日撮影)

【山梨日日新聞 4月27日掲載】

【山梨県内のニュース】

中部横断道9月全通 山梨-静岡間

A202104271_3

 中部横断自動車道の山梨-静岡間で、最後の未開通区間となっている下部温泉早川インターチェンジ(IC)-南部IC間(13・2キロ)が9月に開通する見通しであることが26日、関係者への取材で分かった。中部横断道山梨-静岡間の山梨県内区間は1997年の双葉IC-増穂IC間(16キロ)の着工から24年を経て全線が開通する。

【山梨日日新聞 4月27日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

消防本部職員から訓練礼式など学ぶ

A202104223

 南アルプス市消防団櫛形分団は19日、南アルプス・櫛形中で、市消防本部職員から消防規律訓練の指導を受ける「1日消防学校」を行った。
 団員約130人が役職や入団年数ごとに分かれ、隊列を組んで行進や敬礼をする消防訓練礼式や火災現場での報告の仕方などを学んだ。
 「1日消防学校」は分団の一体感や意識高揚を目的に、30年以上前から開いている。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で規模を縮小して実施した。
 分団長は「団員は年々減りつつあるが、地域を守る消防団の伝統を守るため、今後も続けていきたい」と話した。

(写真)南アルプス市消防本部の指導を受け、消防訓練礼式を学ぶ市消防団櫛形分団員=南アルプス・櫛形中

【山梨日日新聞 4月22日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

地域おこし協力隊 2人に委嘱

 南アルプス市は、新たな農業の担い手として活動する「地域おこし協力隊員」を2人に委嘱した。
 市農政課によると、2人は同市飯野の観光果樹農園「中込農園」で果樹栽培のノウハウを学ぶ。任期は2024年3月まで。任期満了後は市内で新規就農を目指す。
 14日に市役所で委嘱式を行い、金丸一元市長が2人に委嘱状を手渡した。

【山梨日日新聞 4月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

開府500年盛り上げ 2団体が動画発表

 甲府市内の2団体がこうふ開府500年を盛り上げようと企画した事業が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。新型コロナウイルスの影響で発表する機会が失われたため、インターネットでの発表に切り替えた。
 こうふ開府500年記念事業実行委の事務局を務める市記念事業課によると、開府500年を盛り上げる企画を、2017年度から市内の団体、市民を対象に募集。20年度は5件が採択されたが、「和太鼓天野会」と「I think of you~時の記憶~実行委員会」の2団体が、コロナ禍で発表の場がなくなったという。
 動画で「和太鼓天野会」は、和太鼓や民族楽器を使って市をイメージした曲を演奏している。「I think of you~時の記憶~実行委員会」はダンスなどを織り交ぜて武田信玄を表現する演劇を披露している。いずれの動画も同実行委のホームページのリンクから閲覧できる。
 同課担当者は「『甲府を盛り上げよう』という2団体の思いを感じ取ってほしい」と話している。

【山梨日日新聞 4月21日掲載】

【ふるさとニュース】

高齢者作品展の出品34点図録に、南ア市社協など作製

A202104174

 南アルプス市社会福祉協議会と市老人クラブ連合会は、市高齢者作品展に出品された作品を紹介する図録を作った。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛などで、1月の作品展に来場できなかった人に市民の作品を見てもらおうと企画。絵画や工芸など34点を写真入りで紹介している。
 200部作製。市社協本所などで配る。同連合会の会長は「図録を見て、自分も作品づくりに挑戦してみようと思ってもらえたらうれしい」と話した。

(写真)高齢者作品展の作品を紹介する図録=南アルプス市鏡中条

【山梨日日新聞 4月17日掲載】

【ふるさとニュース】

甘い香り、揺れるフジの花 高さ10メートルの風物詩

A202104173_2

 南アルプス市下今諏訪の理容店「カットハウスこばやし」で、フジの花が見頃を迎えている。
 フジは高さ約10メートルで、3階建ての店舗兼住宅のらせん階段に巻き付いている。店主の母が40年ほど前に苗木を購入し、店主が育て地域の風物詩となっている。
 店主によると、今年は昨年より10日ほど早い4月初旬から咲き始め、現在は周辺に甘く爽やかな香りが漂っている。見頃は18日ごろまで。
 夜間は日没から午後9時ごろまでライトアップしている。店主は「母との思い出がよみがえる大切な花。できるだけ長く世話を続け、道行く人に喜んでもらいたい」と話している。

(写真)見頃を迎えたフジの花=南アルプス市下今諏訪

【山梨日日新聞 4月17日掲載】