南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【季節の便り】

石川直樹 ヒマラヤとシェルパ

A600_

 写真家で登山家の石川直樹氏が撮影したヒマラヤとその麓で暮らす人々の表情を映し出した作品展です。ヒマラヤというはるか遠い国の山とその山からの恩恵を受けて文化を築いてきたシェルパの生活は、人と自然の共生という部分でユネスコエコパークの理念と通じるものがあります。山に抱かれた異国の人々の生活を感じてみてください。

開催場所]南アルプス市芦安山岳館(南アルプス市芦安芦倉1570)
開催期間]~2023年3月5日(日)
開館時間]午前9時から午後5時まで
入館料]大人(中学生以上)500円・小人(小学生)250円
休館日]毎週水曜日

お問い合せ
南アルプス市芦安山岳館 TEL 055-288-2125

詳しくは、企画展ホームページをご覧ください。

石川直樹氏の紹介
 1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。
 2010年『CORONA』(青土社)により土門拳賞、2020年『まれびと』(小学館)、『EVEREST』(CCCメディアハウス)により日本写真協会賞作家賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』ほか多数。最新刊に『STREET ARE MINE』(大和書房)など。

 

南アルプス市ふるさとメールの配信終了のお知らせ

 南アルプス市ふるさとメールは、2023年3月末をもって配信を終了させていただきます。
 今後は、南アルプス市ホームページやLINEなどで、最新情報や観光情報などを随時発信していきます。長い間、ご愛読いただきありがとうございました。

<LINE>
 南アルプス市では、皆様に手軽に子育てやイベントなどの必要な情報を入手していただくため、「LINE」による情報配信をしています。友だち登録をよろしくお願いいたします。

◆友だち追加方法 ID検索またはQRコードの読み取り
ID @minamialps_city

Aline_2

<Instagram>
 南アルプス市Instagram公式アカウントを開設しています。
 市の魅力が伝わる動画や写真を投稿しています。皆様からの「フォロー」をお待ちしています。

◆閲覧方法 こちらをクリック、またはQRコードの読み取り

Ainstagram_2

※「QRコード」は㈱デンソーウェーブの登録商標です。

お問い合せ
南アルプス市秘書課 TEL 055-282-6037

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【市役所便り・イベント情報】

安藤家住宅ひなまつり

 江戸から昭和までの約200体のひな人形を展示します。山梨独自の“横沢びな”も。旧家ならではの雰囲気をお楽しみください。

開催]2月3日~4月10日
時間]9時~16時30分(最終入館16時)
 ※火曜休館(3月21日(祝)は開館。翌日休館)
住所]南アルプス市西南湖4302
料金]大人300円/小中高生100円

お問い合せ
南アルプス市文化財課 TEL 055-282-7269
安堵家住宅 TEL 055-284-4448

【山梨日日新聞 2月1日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

シェルパの暮らし児童に紹介 南アで写真家講演会

A202302011

 南アルプス市芦安芦倉の芦安山岳館で、世界の都市、辺境を撮影し続けている写真家石川直樹さんの講演会が開かれた=写真。山岳館で現在開催中の企画展「ヒマラヤとシェルパ」に関連して開催され、芦安小の児童らが登山や山間部に暮らす民族などについて学んだ。
 人や自然の共生について考えるきっかけにしてもらおうと企画。石川さんはヒマラヤ登頂の際に撮影した写真や映像、登山用具を用いながら、山の美しさや登山の魅力、エベレストの近くに暮らし、荷物運びや登山ガイドとして活躍するシェルパなどを紹介した。
 1月24日の講演会には1~4年生15人や保護者が参加。

【山梨日日新聞 2月1日掲載】

【ふるさとニュース】

南ア「No.2協会」2周年、全国で「勢力拡大」意欲

 日本で2番目に高い山・北岳(3193メートル)があることにちなんで、南アルプス市の住民らが設立した「日本No.2協会」は、2月2日で活動「2」年目を迎える。同市の他に茨城、兵庫の3団体による「No.2サミット」の開催後、新たに全国で2番目に面積が小さい奈良県の町も加わり、現在は各地の「No.2」を紹介するステッカーを作成中。協会は全国各地の2番手の仲間を増やして“勢力拡大”を図るとともに、地域活性化につなげる活動を目指している。

 北岳、日本で2番目に大きな湖の霞ケ浦(茨城県かすみがうら市)、2番目に古い時計台「辰鼓楼」(兵庫県豊岡市出石町)それぞれの輪郭に、目と口が付いたキャラクター。各キャラクターの胸元には「2」と書かれた銀メダルが輝いている。

 協会の名取代表はノートパソコンに三つのデザイン案を示して、「新しい取り組みとしてステッカーを計画しています」と顔をほころばせた。ステッカーは3種類、約6センチ四方のものを各100枚作製し、2月2日の第2回「No.2サミット」で披露し、その後各地で配布予定という。

 名取代表が営む民宿旅館「なとり屋」に置いてあるステッカーを集めるファンがいることから、「ご当地ステッカーで多くの人に『No.2』に関心を持ってもらいたい」と企画した。

 昨年2月の発足時には協会のほかに、霞ケ浦の魅力発信に取り組む「かすみがうら未来づくりカンパニー」、出石町の観光協会が参加。その後、昨年5月には新たに日本で2番目に面積が小さい奈良県三宅町から参加の申請があり、メンバーに加わった。「仲間が増えてうれしい」と名取代表は言う。第2回サミットは南アルプス市芦安山岳館で開き、4団体が参加して地域を紹介し合い、今後の活動について協議する。

 「1年目はホームページを作成し、メンバー集めを進めてきた。今後は活動の認知度を高めて協会の仲間を増やしていくこと、地域活性化に還元することが大きな目標」と意気込む。ステッカー作製はその一環で、認知度向上に向けてさらにNo.2の参加を呼びかける考えだ。「自治体以外にも企業や団体など、2番手の間口を広げて迎え入れたい」と、2年目の展望を語った。

〈日本No.2協会〉 北岳のふもとの南アルプス市芦安地域で生まれ育ち、民宿旅館を営む名取大介代表ら数人で昨年2月2日に発足。1番に比べると注目されにくい「2番手」の特色を発信し、地域活性化につなげようと結成した。全国にある「No.2」を持つ団体に声を掛け、昨年2月22日に第1回「No.2サミット」を開催した。

【山梨日日新聞 1月28日掲載】

【ふるさとニュース】

矢崎源九郎の生涯など紹介 南アで講演会

A202301261

 三恵村(現南アルプス市)出身で、デンマークのアンデルセン童話やドイツのグリム童話を数多く翻訳した言語学者の矢崎源九郎(1921~67年)について学ぶ講演会が22日、南アルプス市櫛形生涯学習センターで開かれた=写真。
 駿河台大の小林准教授が講師を務め、矢崎の生涯や100冊を超える著作物について紹介。「人魚姫」や「みにくいあひるの子」などを例に、矢崎が英訳や独訳を和訳するのではなく、原語から日本語に直訳することや、分かりやすい「美しい日本語」にこだわっていたことなどを解説した。
 講演会は市ふるさと人物室で開催中の矢崎の企画展に関連して実施。市内外から80人が参加した。

【山梨日日新聞 1月26日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

「2年生郵便局」校内で手紙配達 南ア・白根源小

A202301251

 南アルプス・白根源小2年生は校内に「2年生郵便局」を設け、手作りのはがきや切手を貼った“郵便物”を児童や教員に配達している。授業で地元の郵便局を見学した児童たちの提案で企画された取り組みは、「手紙を書いたり、もらったりできてうれしい」と好評だ。18日には、活動を知った郵便局から感謝状が贈られた。

 学校によると、2年生16人は昨年11月、生活科の授業で南アルプス市有野の白根源郵便局を訪れ、郵便の仕組みを学んだり、郵便局での仕事の様子などを見学したりした。見学後、児童たちから「郵便局の仕事を体験したい」などの声が上がり、12月に「2年生郵便局」が開局された。
 郵便番号を1~2年生の教室や校長室、図書室など校内8カ所に設定。手紙を出したい人は、手作りの切手やはがきを受け取り、郵便番号や住所、宛名を記入した上で、2年生の教室前に設置したポストにはがきを投函する。2年生全員が順番で役割を分担し、週に2回、ポストのはがきを回収して配送先ごとに仕分け、消印を押して届ける。
 はがきには、「今度いっしょにあそぼうね」や「いつもやさしくしてくれてありがとう」などのメッセージや、イラストなどを書く児童も多い。
 18日は同校で感謝状贈呈式が開かれ、白根源郵便局の局長から児童に感謝状や記念品が贈られた。

(写真)2年生郵便局のポストにはがきを投函する児童=南アルプス・白根源小

【山梨日日新聞 1月25日掲載】

【山梨県内のニュース】

食事券の期限2月末に延長  県、コロナ拡大で

 県は、県内の飲食店で使えるプレミアム付き食事券の販売と利用期限を、今月末から2月末に延長する。新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、購入や利用を控えている消費者が一定数いるとみて、猶予を設けることにした。
 県は昨年11月10日~今月31日を利用期間として30万セットを用意。県産業政策課によると、このうち約2万セットが売れ残っている。期限を延ばすことで販売と利用を促し、「新型コロナ禍で苦境の飲食店を応援したい」(同課担当者)という。
 食事券は県内の郵便局や商業施設など211カ所で販売。希望者は千円券10枚つづりの1万円分セットを8千円で購入し、県のグリーン・ゾーン認証店で使える。食事券1セットにはタクシーや運転代行の利用券(千円分)が付く。

【山梨日日新聞 1月24日掲載】