南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【ふるさとニュース】

十日市だるま、丹念に筆入れ

A202201081

 南アルプス市加賀美の若草瓦会館で、「甲州十日市だるま」の制作がピークを迎えている=写真。
 長野県内の業者から購入した大小さまざまなだるまの型に、会館職員ら4人が顔を丹念に描き込み、「福」などの文字を入れている。作業は1月下旬まで続き、約千個仕上げる予定。
 だるまは、甲府盆地に春を呼ぶ祭りとして知られる南アルプス市の「十日市祭典」の名物。ただ、今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止が決まっているため、若草まちおこし協同組合は20日までインターネットで予約を受け付け、2月10、11日に会館で手渡す予定だ。

【山梨日日新聞 1月8日掲載】

【山梨県内のニュース】

「第1志望合格!」絵馬に決意

A202201071

 本格的な受験シーズンを迎え、山梨県内の神社で多くの受験生が合格祈願の絵馬を掛けている。
 甲府・稲積神社の境内にある天満天神社には学問の神様が祭られており、1日から6日までに約300枚の絵馬が掛けられた。干支のトラを描いた絵馬もあり、裏には「第1志望合格!」など力強い決意が並ぶ=写真。

【山梨日日新聞 1月7日掲載】

【山梨県内のニュース】

甲府市場、水産物2年ぶり初競り

A202201061

 甲府市地方卸売市場で5日、今年最初の取引となる初市が開かれた。場内は競り人たちの威勢の良い掛け声が飛び交い、野菜やマグロなどが次々と競り落とされた。
 初競りは野菜などの青果が午前6時にスタート。昨年は行われなかった水産物は同6時半に始まった。野菜の競りには県産のトマトやホウレンソウなどが並び、品定めする業者らの熱気に包まれた。
 山梨中央水産の冷凍マグロの競りには、インド洋などで取れた重さ約120~40キロのキハダマグロやメバチマグロなど29本が並んだ。27本が1キロ当たり2300~1200円で競り落とされた。同社の担当者によると、昨年の取引より2~3割ほどの高値だという。
 競りに先立ち、水産物部と青果部で互礼会も開催。樋口雄一甲府市長や市場関係者らが、手締めで商売繁盛を祈願した。

(写真)威勢の良い掛け声が響いたマグロの競り=甲府市地方卸売市場

【山梨日日新聞 1月6日掲載】

【ふるさとニュース】

テーブル、汚れ落とし修繕 南ア・若手大工の会が活動

A20220106_2

 南アルプス市内の大工や設計士らでつくる「南アルプス市若手大工の会」は、同市上市之瀬のエコパ伊奈ケ湖のテーブルやベンチの修繕に取り組んでいる。
 修繕しているのは、施設駐車場北側に設置されている木製のテーブル6台やベンチ20台。いずれも設置から25年以上が経過し、劣化が進んでいたことから、社会貢献活動の一環で修繕を決めた。
 昨年12月21日には、会のメンバー4人が高圧洗浄機やブラシを使って、テーブルやベンチに付いたコケや汚れを落とした。今後古くなった表面を削り、塗装作業を行うという。
 会は2015年、地元工務店の交流や伝統的な建築技術の継承、なり手不足解消を目的に結成。現在は30~50代の大工や設計士6人が、子どもたちを対象とした大工の体験会や昔ながらの上棟式を再現するイベントなどを開催している。

(写真)テーブルの汚れを落とす「南アルプス市若手大工の会」のメンバー=南アルプス市上市之瀬

【山梨日日新聞 1月6日掲載】

【山梨県内のニュース】

たこ揚げイベント 親子ら楽しむ

A202201041_6

 たこの制作とたこ揚げを楽しむイベントが3日、甲府・県立考古博物館で開かれ、親子らが正月の遊びを楽しんだ。
 参加者は型で切り抜いたビニールに竹ひごをテープで固定し、土偶をモチーフにしたキャラクターが描かれた紙を貼り付けてたこを制作。その後、同館の中庭などで自作のたこを揚げて楽しんだ。

【山梨日日新聞 1月4日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

2022年、南ア市おすすめスポット紹介「広河原山荘」

A202201011

 南アルプス市芦安芦倉の広河原山荘が今年6月から供用開始となります。老朽化に伴って広河原インフォメーションセンター近くへの移転新築工事が行われました。山荘は収容人数を101人に増やし、宿泊用の個室や浴室を新たに設けました。より快適な空間となったので、登山者だけでなく家族連れなど利用者の幅が広がることを期待しています。南アルプスの雄大な自然を満喫しにぜひ利用してもらいたいです。

【山梨日日新聞 1月1日掲載】

【季節の便り】

新年、あけましておめでとうございます

A

(写真)櫛形山から望む南アルプス市

 皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 2022年の干支は寅。
 トラは勇猛な動物で、決断力や才覚の象徴ともいわれ縁起物としても親しまれています。
 今年の干支にならい、新型コロナウイルス対策に果敢に取り組み、終息を目指すような一年になる事を願いながら、南アルプス市ふるさとメールでは市内の様子や出来事を、お伝えしてまいります。
 今年もよろしくお願いいたします。

 

第20回 南アルプス 桃源郷マラソン大会 出場者募集!

A_2 A_3

 第20回大会は、2019年の第17回大会以来3年ぶりに、櫛形総合公園日世南アルプススタジアムを会場に開催されます。ゲストランナーには、ママさんランナーとしても活躍された赤羽有紀子さんをお迎えします。なお、今年は、10キロ・5キロのみと開催規模を縮小し、定員を設けていますのでお早めにお申込みください。
 
開催日]4月10日(日) 雨天決行
場 所]櫛形総合公園 日世南アルプススタジアム
申込期間]1月12日(水)~2月18日(金)
種 目]10キロ・5キロ(高校生以上)
申込方法]電話、インターネット、ファミリーマートから申し込み
エントリー事務局 TEL 0570‐039‐846
※定員を設けていますので、お早めにお申し込みください。

詳しくは、1月12日(水)以降に、桃源郷マラソン大会ホームページをご覧ください。

お問い合せ
南アルプス市桃源郷マラソン実行委員会事務局 TEL 055-236-8555

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから