トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・エクセレンス、SAKE DIPLOMA。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

2020年シーズン最後の作業

収穫を終え1週間、9月12、13の両日は今季最後の作業でした。畑にそのままになっていたレインカットのビニールと防鳥ネットの撤収です。台風が来る前に撤収ということでこのタイミングになっています。

9月12日は防鳥ネットの撤収。バインド線を外した後、2班に分かれて手動の器械でネットを巻き取っていきました。メルロー、シャルドネの順で作業しました。ネットを巻き付けたパイプにはどこの垣根で使ったのか、ガムテープで記をつけて来季に備えます。

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8

9月13日はビニール屋根の撤収でした。私は欠席したため、秘書室で撮影した写真を掲載します。この日は晴れ間が見えず、なかなかビニールが乾かないため、吊るして雨水を落としタオルで拭いてから片付けました。作業終盤は雨に降られました。メルローと東側シャルドネの片付けは終わりましたが、残りの西側シャルドネは一部のスタッフ数人で後日作業をすることになりました。

Photo_9Photo_10Photo_11Photo_12Photo_13Photo_14Photo_15Photo_16

2020年09月23日|個別ページ

ページのトップへ

2020年収穫

Photo

9月5日、今季の集大成である収穫を迎えました。当初8月29日も候補日でしたが、1週間メルローの成熟を待つことにしました。メルロー、シャルドネの同時収穫は5年連続。収穫は昨年より2日早く、収量はメルローが690キロ(昨年比360キロ減)、シャルドネが1535キロ(同665キロ減)でした。今季は夏の長雨、日照不足、梅雨明けした8月は一転して記録的な猛暑と昨年以上に極端なシーズンとなりました。防除も徹底しましたが、べと病や晩腐病に悩まされました。病果を収穫時に畑で取り除いたこともあり、収量は3割ほど昨年より減りましたが、メルローは程よく色づき、シャルドネはよく熟れたビンテージとなりました。世相的には特別なビンテージ、無事に収穫までこぎ着けることができ何よりでした。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

仕込み時の分析値は下記の通りです。

【メルロー】

比重 1.082

糖度 19.64%

pH 3.47

総酸 6.15g/l

 

【シャルドネ】

<フリーラン>

比重 1.090

糖度 21.80%

pH 3.60

総酸 5.70g/l

<プレス>

比重 1.091

糖度 22.07%

pH 3.67

総酸 5.75g/l

Photo_6

この日は午前5時半に集合、総勢55人が参加しました。今年も朝焼けと富士山が印象的な朝でした。まず防鳥ネット下のバインド線を外し、メルロー、シャルドネの収穫を始めました。写真はメルローの収穫風景です。

Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11Photo_12

昼ごろまでは晴れて気温も上がり、甲府は猛暑日(最高気温35度以上)となりました。最高気温は甲府36・8度。ただ、収穫が終わって帰宅した昼すぎ以降、大気の状態が不安定になり、雷雨となりました。写真はシャルドネの収穫風景です。

Photo_13Photo_14Photo_15Photo_16Photo_17Photo_18

収穫時のブドウは晩腐病が目立ちました。今年はマンズワインの新型コロナウィルス対策で、工場内に部外者は一切入れなくなり、農場で収穫のみの作業。畑で丁寧に選果したため、大人数の参加者がいながらもスケジュールいっぱいの5時間ほどかかりました。個人的にはメルローは未受粉果や小動物等による食害が例年よりも若干多いように感じました。

Photo_19Photo_20

収穫したブドウは計量してマンズワインのトラックに積み込みました。作業後は休憩しての解散となりました。フル作業でないのが少しさみしく感じましたが、新しい生活様式ですので仕方ありません。来季は、例年通り工場内で選果ができるよう世の中が落ち着いていることを願います。

Photo_21Photo_22Photo_23Photo_24

2020年09月09日|個別ページ

ページのトップへ

高温障害

双葉農場のメルローで立ち枯れする木が見つかり、8月19日に念のため、山梨県果樹試験場の専門官に診断してもらいました。特にひどいのは2本。列も離れていて、立ち枯れの木の周囲は健全です。立ち枯れの木も副梢は枯れずに問題なく生育していて、房も痛んだ様子などは見られません。果樹試験場の専門官は「今年は雨が多く根が弱っているときに、急激に暑くなり乾燥状態になったのが原因とみられる。高温障害で間違いなく、来年に持ち越すことはないだろう」との見解を示しました。

PhotoPhoto_2

ちなみに、甲府の猛暑日(最高気温35度以上)は14日連続(8月9~22日)となり、過去4番目に長くなりました。中でも12日の最高気温は勝沼で38・2度、甲府は38度を記録し、勝沼は全国最高、甲府は全国2位の暑さでした。

2020年08月24日|個別ページ

ページのトップへ

山場のレインカットのビニール張り

8月1日は、収穫前の作業の山場、レインカットのビニール張りでした。長梅雨が明けた山梨県内は1日、各地で真夏日(最高気温30度以上)となり、甲府の最高気温は32・9度でした。応援の販売店主らを含め総勢50人が集まりました。

1

午前6時に集合。作業は3班に分かれ、メルローからシャルドネへ5列刻みで順番に取り付けていきました。メルローは15列、シャルドネは48列あります。垣根の屋根にレインカットのビニールを張り、両サイドをパッカーで装着して固定します。

2345_26_27_2

メルローは、とび玉が目立ってきました。シャルドネも緑色から黄色に熟れつつあります。長梅雨でべと病などに悩まされましたが、8月の天候に期待したいと思います。

89

休憩をはさんで防鳥ネット張りです。作業の手順を確認した後、ネットを巻き付け、バインド線で固定していきました。

101112131415

作業は午前中に終了しました。最後に参加者で記念撮影しました。

16

【追記】今年の梅雨明けは1日。1951年の統計開始以降、4番目に遅かったです。昨年よりも8日、平年より11日遅く、8月にずれ込んだのは2007年以来、13年ぶりとなりました。梅雨の期間は51日間で、1951年以降10番目に長くなりました。6月11日からの梅雨期間中の県内10観測地点の総雨量は7366ミリで、10地点体制になってから最多。各地で平年の約2~3倍の雨量となり、甲府などは観測史上最多を記録しました。梅雨期間の日照時間は甲府で152・5時間(平年比60%)となりました。

 

2020年08月20日|個別ページ

ページのトップへ

ヴェレゾン始め、作業は残りの房作り

1

7月26日は作業でした。当初は25日の予定でしたが、早朝から県内は一部地域で大雨警報が発令されたため、日をずらしての作業になりました。メルローはヴェレゾンが確認できました。

23

メルローのヴェレゾンは生育が早かった一昨年より12日遅いペース。遅かった昨年並みです。シャルドネも緑色から黄色に変わりつつあります。

45>6789

この日は先週に続き、房づくりです。作業が残った西側のシャルドネの第2畑で、1房85グラムを目安に整えていきます。除葉も併せて行いました。

1011

午前9時の作業開始時は曇天でしたが、作業途中に日が差し込み、一時的に晴れました。貴重な日照です。

1213

降雨が続いている中、一部で気根(きこん)が見られます。湿度が高いので、こうして枝から根が出てきます。また、前日の雨で畑のわきには普段はない小川ができていました。作業をしていて気になったのは、畑が多少かび臭いことです(;・∀・)

1415

そして、やぶに近いシャルドネの第2畑でまず防鳥ネット張りをしました。残りは次回です。さて、作業もいよいよ山場を迎えます!

2020年07月28日|個別ページ

ページのトップへ

摘房、除葉、べと病対策

1

7月18日は作業日でした。1房85グラムを目安に摘房します。いわゆる「グリーンハーベスト」です。作業中の雨は何とか免れました。摘房はメルローと、シャルドネの第1畑まで終わり、次回はシャルドネの第2畑からの作業となります。

23456789

作業では、実べとや縮果も落としていきました。取り除いた病害の葉などは農場外への持ち出しとなります。

10111213

また房周りの除葉もしました。日差しが強い西日が当たる垣根の西側は葉を残し、東側だけを取り除いていきました。

1415

この日筆者は作業を休みましたので、写真は山日YBSグループ秘書室および古屋政司部長(山梨放送)からご提供いただきました。

Img_7681Img_7685Img_7682Img_7686

山日YBSグループの野口英一代表からも写真提供(上4点)をいただきました。ありがとうござます。暑さ対策として、今メンバーのひそかなブームになりつつあるファン付き作業着を収めています。

2020年07月22日|個別ページ

ページのトップへ

べと対策、平日に緊急作業

双葉農場でべと病の発生が確認され、大至急べと病の葉を取り除かなければならなくなり、7月15日(水)は緊急作業になりました。

1

午前中は雨が降らない予報のためで、8人が駆け付けました。特に新梢の先端に被害が多く、摘芯を行いました。葉は農場外に持ち出すため、切り落とした葉を集めていきます。

2345

べと病の葉です。ことしは特に被害が多いように思います。

67

実べとがあると、よりショックが大きくなります( ノД`)シクシク…

8

甲府地方気象台は10日、県内各地で6月下旬から雨量が多く、日照が少ない状況が続いているとして、日照不足と長雨に関する気象情報を発表。甲府の雨量は平年の約3倍になった一方、日照時間は半分でした。気象台は同様の傾向が今後2週間程度続く見込みだとして、注意を呼び掛けています。

2020年07月21日|個別ページ

ページのトップへ

第3房、第4房の切り落とし

7月5日の作業は、第3房、第4房の切り落としでした。当初は4日に作業予定でしたが、NNSの気象情報室の予報で金曜日の午後から土曜日の朝まで強い雨の予報とのことで、日曜に日程がずれました。

Photo_3

作業中に降雨はなかったものの、ブドウ樹が雨でぬれているため、かっぱを着ての作業になりました。まずはメルローからですが、品種特性からか、あまり第3房が見られませんでした。

Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7

続いてシャルドネです。

Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11

こちらが一般的なシャルドネの第3房です。

Photo_12

枝全体でみると下のような感じです。1枝に4房をつけるものもあります。

Photo_13Photo_14

実べとを見つけてしまいました…(;・∀・)

Photo_15

2020年07月14日|個別ページ

ページのトップへ

梅雨の晴れ間に摘芯

6月21日の作業は摘芯でした。梅雨の晴れ間で気温も上がり、マスクを着用している中、熱中症にも気を付けながらの作業となりました。

1

シャルドネ、メルローとも植木の刈り込みバサミなどで新梢の先端を切り落としていきました。

234567

写真は摘心のBefore & Afterです。摘芯後は日が差し、畑が明るくなっているのが分かります。

89

切り落とした新梢が散乱する畝に、乗用草刈り機(モア)が通ることで片付けを兼ねます。

10

シャルドネの房から粒を半分にはさみで切ってみると、種に「山」の字のマークが確認できました。硬核期に入っているのが分かります。

1112

作業がスピーディーに終わったため、翌週の予定だったメルローの房の尻切り作業を前倒しして行いました。房のお尻の部分約2センチや肩の部分を切り落としていきました。

1314

写真は房の尻切り作業のBefore & Afterです。

1516

休憩時間には、野口英一・山日YBSグループ代表からとんかつまい泉の「ヒレかつサンド」、ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブの井尻真理子さんからたこ焼きの差し入れがありました。ごちそうさまでした!

1718

2020年06月26日|個別ページ

ページのトップへ

梅雨入り。豪雨の中、副梢の処理

1

6月11日、山梨を含む関東甲信の梅雨入りが発表されました。6月13日の作業は、週明け早々の防除を控え、房周りの副梢の処理がメーンでした。写真はBefore & After

23

作業は、当日の天候を見ながら決行されました。午前9時の作業開始時は曇天だったものの、雨脚はだんだん強まり、豪雨となった時点で中断となりました。この日午後8時までの甲府の降水量は20・0ミリでした。副梢の処理は、メルローが完了、シャルドネは第1畑は終えて第2畑の途中までとなりました。誘引の見直しも一部行いました。

456789

生育ステージは幼果期。メルロー、シャルドネとも果粒肥大が進んでいます。

1011

2020年06月18日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.