トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・エクセレンス、SAKE DIPLOMA。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

今シーズン最後の全体作業

Photo

9月11日、今シーズン最後の全体作業でした。「レインカット」のビニール屋根と防鳥ネットの片付け作業です。筆者は参加できなかったので、秘書室よりテキストと写真を提供していただきました。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

この日は午前7時に集合しました。早朝に雨が降りビニールが濡れていたため、3班に分かれて作業を分担する予定を変更。最初に全員でシャルドネの防鳥ネットの片付けをしました。ビニールは吊るして雨水を落として乾かしました。作業後半にはビニールが乾いたので、順次たたんで収納しました。全てスムーズに進んだため予定終了時間(午前11時半)より1時間早く終了しました。

Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

 

2021年09月25日|個別ページ

ページのトップへ

2021年収穫

Photo

9月5日、メルローの収穫を迎えました。当初4日が候補日でしたが、強い雨が降るとのことでスライドとなりました。収穫日は昨年と同じ、収量は1200キロ(昨年比510キロ増)でした。今季は8月上旬までは比較的順調でしたが、中旬以降、停滞前線による夏の長雨、日照不足が続きました。ただ、防除が徹底され、病果は最小限に抑えられたように思います。8月12日から9月5日までの甲府の日照時間は平年比55%で、ぜいたくを言えば着色がもう少しほしかったです。収穫前日の大雨も悔やまれます。果粒は水分を含んでか、若干例年よりも大きく感じました。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

仕込み時の分析値は下記の通りです。

【メルロー】

比重 1.075

糖度 17.75%

pH 3.65

総酸 6.50g/l

Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

この日は午前5時半に集合、総勢50人が参加しました。まず防鳥ネット下のバインド線を外し、収穫を始めました。今年もマンズワインの新型コロナウィルス対策で、工場内に部外者は入れず、農場で収穫のみの作業でした。また、小動物等による食害が所々に見られました。

1011

今年は9月1日に行った最終サンプリング時に比べ総酸は、ほぼ想定通りでしたが、糖度が下がってしまいました。委託醸造しているマンズワインによると、収穫時の糖度の下振れについて確定的な要因は分かっておらず、最終サンプリング時から収穫時までの天候不順、サンプリング、分析方法など複合的な要因が推測されるとのことです。今年はマンズワインでも同社用の甲州、マスカット・ベーリーAで同じ傾向が見られるといいます。今年は、このままでは2021年産メルローは糖度が18%に届かず「GI山梨」の審査を受けることができないはずでした。しかし、14日になって山梨県ワイン酒造組合、GI山梨管理委員会の共同名で、8月のお盆時期を中心とした天候不良により審査基準の糖度を1%引き下げるとの発表がありました。これにより、メルローはGI山梨の審査を受けことが可能となりました。胸をなでおろしましたが、それにしても、2021年は厳しいビンテージとあらためて突き付けられました。

12

2021年09月14日|個別ページ

ページのトップへ

2021年シャルドネ収穫

Photo

8月26日、スパークリングワイン用としては初めてのシャルドネの収穫でした。当初は19日もしくは21日が候補日でしたが、17日にサンプリングをした結果、長雨の影響を受けてブドウの糖度が下がっていることが判明。1週間ほどブドウの成熟を待つこととなりました。収量は約2500キロでした。今年は8月上旬までは順調でしたが、その後は停滞前線による長雨が2週間ほど続きました。

仕込み時の分析値は下記の通りです。

 比重 1.071

糖度 16.67%

pH 3.42

総酸 7.95g/l

 例年よりも糖度が低めですが、スパークリングワイン用として収穫を早め、収量制限も行わなかったことが影響しているとみられます。酸は例年に比べて1.5~2ほど高い状態となりました。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

作業は平日との出社前、5時から2時間の限られた中での収穫となりました。

Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

 

2021年08月26日|個別ページ

ページのトップへ

緊急対策 べと病の葉を除去

1

停滞前線による長雨と低温で、農場全体にべと病が発生しました。収穫間近で薬剤による防除ができないため、平日の8月19日午前5時半から急きょ、べと病を取り除く作業となりました。筆者が参加できず、写真撮影とリポートは秘書室からです。

23

消毒後に伸びた部分の刈り払いと、ベト病の菌のついた葉の除去を行いました。切り落とした枝と葉は密封し農場外に持ち出しました。シャルドネは特にベト病の被害が大きかったです。全体作業は7時すぎに終えました。

4_25

2021年08月23日|個別ページ

ページのトップへ

暑さの中でレインカットのビニール張り

Photo_2

7月31日は、収穫前の作業の山場、レインカットのビニール張りでした。山梨県内はこの日、各地で真夏日(最高気温30度以上)となり、甲府の最高気温は33・8度でした。朝は曇り空でしたが、だんだん気温が上がりました。ことしは総勢約40人体制でした。

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6

午前6時に集合。作業は3班に分かれ、メルローからシャルドネへ5列刻みで順番に取り付けていきました。メルロー15列、シャルドネ48列。垣根の屋根にレインカットのビニールを張り、両サイドをパッカーで装着して固定していきました。

2021年07月31日|個別ページ

ページのトップへ

ヴェレゾン始め

7月25日、メルローはヴェレゾン入りが確認できました。ここまでの生育は比較的順調に推移しています。

Photo_10Photo_11

2021年07月25日|個別ページ

ページのトップへ

メルローの房づくり

Photo

7月17日は、前日に梅雨明けしてから最初の作業でした。作業はメルローの房づくり。85グラムが目安となります。はさみの指穴の下から、少し上あたりを大きさの目安とします。房周り東側のみの除葉も合わせて行いしました。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7

休憩時には桃の差し入れがありました。きょうは富士山がきれいでした。

Photo_8Photo_9

24日にはシャルドネの房づくりがありました。

2021年07月24日|個別ページ

ページのトップへ

台風に備え作業前倒し

Photo_6

台風5号が接近しているため、6月26日作業、翌27日防除の当初予定を前倒し。急きょ平日の24日早朝に召集が掛かりました。作業は摘心、翌日に防除の予定です。25人の人海戦術で作業を1時間で終わらせました(;^_^A

Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10

2021年06月26日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ 副梢の処理

Photo

6月14日、山梨を含む関東甲信の梅雨入りが発表されました。19日の作業は、雨天決行。2班に分かれて、誘引とシャルドネの房周りの副梢処理をしました。

Photo_2Photo_3

写真は副梢処理のBefore & Afterです。

Photo_4Photo_5

2021年06月14日|個別ページ

ページのトップへ

副梢の処理など

Photo

6月12日は作業でした。誘引組と、メルローの副梢処理・花かすの落とし・尻切り作業組の2班に分かれて行いました。この日朝の県内は、雲が低くかかっていて曇り。午前7時までの最低気温は、甲府が18・6度(平年比0・8度高)と、涼しい朝でした。終了予定時間がオーバーしたため、この日の参加者はポイントが加算されるそうです。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7
 

2021年06月12日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.