トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパート。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

石灰硫黄合剤散布

3月17日、石灰硫黄合剤を散布しました。山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が早朝、作業に当たりました。石灰硫黄合剤は、有機農産物の日本農林規格(有機JAS)に適合する農薬で、殺虫・殺菌の作用があります。発芽するまでの休眠期防除でよく使われます。

Img_5922Img_5926

2017年03月24日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ水揚げ

1

双葉農場でシャルドネの水揚げが始まっていました。ブドウ畑に本格的な春の到来です。枝の切り口からポタポタと樹液が滴り落ちます。気温の上昇に伴い、ブドウの木が冬眠から覚めて樹液の流動が始まったのです。

23

メルロー(コルドン式)も間もなく水揚げが始まりそうです。

54

ちなみに、ブドウ樹の病原体は菌によって越冬する場所が異なるそうです。ベト病は落ち葉、晩腐病は巻きひげや果梗痕で越冬します。巻きひげはもちろん、果梗痕などもしっかり取り除くことが予防の一歩となります。

67

2017年03月16日|個別ページ

ページのトップへ

巻ひげ取り終わる

3月4日は巻ひげ取りの作業でした。

1

この日は、最後に残ったシャルドネ畑(東畑)での作業でした。一定区間のワイヤの巻ひげを1カ所にまとめ、はさみで切り落とします。剪定はさみを使うことが多いのですが、専用のはさみ=写真上=もあります。20人以上が参加したため1時間で終了しました。今季に備え、垣根の設備はすっきりきれいになりました。

23456789

 

2017年03月06日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ剪定、巻きひげ取り

1

2月11月、先週から残ったシャルドネの剪定作業の続きです。この日も剪定日和で今季は好天に恵まれたスタートとなりました。

3

シャルドネは残り12列。剪定では、今シーズンのブドウの生育に向けて必要な枝だけを残していきます。シャルドネの仕立てはギュヨー式です。誘引をしながらの作業は1時間程度で終わりました!

456782_2

その後は、西側のシャルドネ畑で巻きひげ取り。こちらも1時間ほどで終了しました。残りのシャルドネ畑、メルロー畑の巻きひげ取りが後日の作業となりました。

9101112

剪定が終わったので、あとは芽吹きを待つばかりとなりました。

13

※追記

畑にも植えているシャルドネのクローン95番は、熟しやすく上品な味わいが特徴とされます。

2017年02月15日|個別ページ

ページのトップへ

2017年仕事始め

2月4日、2017年シーズンの仕事始めです。好天に恵まれ、剪(せん)定日和。農場からくっきりと富士山を望めます。

0

今季から加入した新メンバーを紹介します。古河電工の大塚多賀子さん、吉永哲也さんです。

1

そして、弁護士の梶原等さん(右)です。

Img_8333

剪定作業は、その年にブドウの実を育てるための枝だけ残して、それ以外の枝を切り落としていくもの。午前9時に作業を始め、約30人が参加しました。まずはメルロー畑から、初心者は第3ワイヤーの高さで切りそろえる仮剪定をし、ベテラン組が本剪定をしました。切り口には、「トップジンMペースト」を塗布しました。

23456789

メルローはコルドン式、シャルドネはギュヨー式で仕立てます。コルドンは病気が定着するため5年をめどに切り戻して更新します。メルローはところどころにギュヨーが混在します。

1011

お楽しみの昼食は、ボリューム満点のお弁当。青空の下、しばしの休憩です。

1213

午後からは残りのシャルドネ畑の作業です。ギュヨー式ですので、誘引を伴う作業でした。

14Img_8341
17181920

この日の作業終了予定時間は午後3時。最後の12列と剪定枝の片づけが終わらず、次週に持ち越しとなりました。

22

2017年02月06日|個別ページ

ページのトップへ

2016年シーズン納会「来年は10周年」

002

12月16日、甲府・古名屋ホテルで今シーズンのヴィニュロンズクラブ納会が開かれました。冒頭、同クラブ部長である山梨放送の古屋政司進行部長が「きょうは1年の締めくくり。ワインを飲みながら振り返ってもらえたらと思います」と開会の言葉を述べました。

山日YBSグループの野口英一代表は「1年間お疲れさまでした。年間51週あるうち作業は26回ありました。今年は出来がいいと聞いているので、2013ヴィンテージを超えるかどうか期待しています。今年も早いもので12月も半ばを過ぎ、あっという間に1年たってしまいました。来年も作業を通して、いろんな喜びを分かち合いたいと思います」とあいさつし、乾杯しました。

納会では、恒例となった今シーズンの1年を振り返る自主制作ビデオを上映。豪華景品が当たるとともに、わさびずしロシアンルーレットの罰ゲームも取り入れたビンゴ大会があり、会場を盛り上げました。また、今年はかくし芸の披露もありました。料理も今年はボリューム重視だそうで、例年に比べて食べごたえがありました。

 ワインは、国内外のシャルドネ、メルローを中心とした多数のアイテムが並びました。主なワインリストは、シャトー・カントメルル(メドック格付け第5級)1996、シャトーガロー(ラランド・ド・ポムロル)1988、メルキュレイ・プルミエ・クリュ レ・シャン・マルタン(ミッシェル・ジュイヨー)2010、ブルゴーニュ シャルドネ レ ミュレーユ(ドメーヌ レジス ルー)2004(いずれも野口代表提供、マグナムボトル)などでした。

 講評では、私・古畑が指名を受け、あらかじめマンズワインの武井千周さん(納会欠席)から聞き取った2016ヴィンテージの概況を説明するようにとのことでしたが、宴もたけなわのタイミングでしたので、かなり固い報告になってしまい反省材料でした(汗)。ちなみに概況ですが、「9月が長雨だったことを考えると、8月下旬に収穫できたことは他産地と比べかなりいいタイミングでした」ということでした。

総監督である山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が閉会のあいさつに立ち、「来年は10周年なので、大々的にやりたいと思っています。いろいろ構想はありますが、一つは東京へ出てイベントをやりたいと考えています。報告が二つあります。まず私の家のSS(スピードスプレイヤー)を入れ替えることになり、2月に寄贈しようと思います。もう一つは来年の作業日程です。2月から、せん定を始めます。記念すべき10周年ですので、頑張りましょう」と、より一層の奮闘を誓い合いました。

1234567891011121314

2016年12月27日|個別ページ

ページのトップへ

紅葉深まる

11月に入り、双葉農場も紅葉が深まってきました。

黄色い葉がシャルドネ、赤い葉がメルローです。

2016年の山梨は、8月までは良年、9月以降は難しいヴィンテージとなった印象です。

来季はどんなヴィンテージとなるのでしょうか。

PhotoPhoto_2

2016年11月08日|個別ページ

ページのトップへ

2016年メルロー収穫 糖度20度超

1_2

8月27日、シャルドネに続きメルローの収穫です。収穫は昨年より10日早く、収量は1070キロでした。メルローも収量制限を徹底し、やや難しいヴィンテージだった前年に比べ6キロ増でした。

2_23_2

メルローは色付きが良く、シャルドネのように目立った病害も見られませんでした。期待が高まるヴィンテージとなりました。以下、メルローの仕込み即時分析値です。

 比重 1.090

 糖度 21.80%

 pH 3.68

 総酸(酒石酸換算)3.90g/l

4_25_26_27_28_29_210_211_2

メルローの収穫はスムーズでした。ただ、前半のシャルドネの収穫が若干長引いたため、最後はまきが入りました。

12_2

記念撮影を終え、ブドウをトラックに積み込み、ブルーシートをかぶせたところで雨が降り始めました。ギリギリセーフで雨水にぬれずに済みました。

13_214_215_216_2

メルローは収穫後、シャルドネとともに委託醸造先であるマンズワイン勝沼ワイナリー(甲州市)に運ばれました。シャルドネの選果後、昼食を挟んでメルローの選果を行いしました。選果台を使った作業も4シーズ目となり効率も上がりましたが、同時収穫の長丁場で最後は疲労感も漂いました。ただ、ブドウの出来が良いのがモチベーションとなり何とか乗り切りました。

2016年08月30日|個別ページ

ページのトップへ

2016年シャルドネ収穫 糖度20度超

1

8月27日、いよいよ収穫を迎えました。シャルドネは当初24日に予定されましたが、降雨でメルローと同時収穫となりました。収穫は昨年より16日早く、収量は計1390キロ(西畑600キロ、東畑790キロ)でした。収量制限を徹底した結果、前年比545キロ減りました。

2

以下、シャルドネの仕込み即時分析値です。

 比重 1.092

 糖度 22.34%

 pH 3.58

 総酸(酒石酸換算)4.70g/l

345678910

8月は後半に大気が不安定で連日のように夕立がありましたが、前半は好天となり、まずまずのヴィンテージとなりました。シャルドネは一部、うどんこ病などが発生。収穫前、病害果の粒抜きを徹底するよう指導がありました。午前5時に集合し、まずは西畑から収穫を始めました。

11121314

続いて東畑です。今年はワイナリーでの作業を軽減するため、摘粒、摘房を丁寧に行いました。

15161718

ブドウは収穫後、委託醸造先であるマンズワイン勝沼ワイナリー(甲州市)に運ばれました。収穫時には雨は降っていませんでしたが、ワイナリー到着時は土砂降りとなっていました。シャルドネは選果台を通してから除梗・破砕に進みます。このため、選果は梗のついたまま行いました。しぼりたてのシャルドネのジュースは甘く、疲れをいやす味わいでした。

2016年08月30日|個別ページ

ページのトップへ

メルローの着色肥大進む

8月6日、この時期恒例となったレインカットのビニール張りと防鳥ネットの設置作業がありました。先週にシャルドネを終えているので残るはメルロー。写真は朝日に当たるメルローの飛び玉です。甲府はこの日、猛暑日となりました。

1

メルローはヴェレゾン(着色肥大)が順調に進んでいます。昨年の同じ時期に比べて完熟が期待できる黒い粒が多いように感じられ、この先の天候次第では良いヴィンテージになりそうな気配です。

2

作業が午前6時から開始。ビニール張り、ネット設置と順調に進み、販売店の皆さまのご協力もあって15列の垣根を2時間で仕上げることができました。

345678

あとは収穫を待つばかりです!

 

2016年08月09日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.