トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・エクセレンス、SAKE DIPLOMA。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

2022年シャルドネ収穫

Photo

9月3日、シャルドネの収穫でした。今年は、マンズワインと協議の結果、シャルドネとメルローの収穫を別々の日にすることになりました。収量は約1810キロでした。今年は6月の雨量がかなり少なく、6月からは平均気温が高めで推移。日照は6月が多いなど、全体としては比較的順調に生育したヴィンテージでした。シャルドネはサンプリング時に糖度20度を超えていましたが、収穫時の小雨が多少悔やまれるところです。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

仕込み時の分析値は下記の通りです。

 

 比重 1.078

 

糖度 18.56%

 

pH 3.64

 

総酸 5.00g/l

 

作業には45人ほどが参加し、バインド線外しから収穫、防鳥ネットの片付けまでほぼスケジュール通りに終わりました。晩腐病も確認されましたが、ごく若干でほとんどが健全果でした。収穫作業が終わると同時に雨も上がりました。

Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11Photo_12Photo_13

恒例の収穫後の記念写真。

Photo_14

最後は防鳥ネットの巻き取りまでして解散となりました。

Photo_15Photo_16

 

 

2022年09月03日|個別ページ

ページのトップへ

猛暑の中 レインカットのビニール張り

Photo

7月30日は、収穫前の作業のクライマックス、レインカットのビニール張りでした。筆者が業務で作業に参加できなかったので、リポートは山梨文化会館秘書室、写真は同秘書室、日本ネットワークサービス(NNS)の相山哲也局長が担当しました。朝は曇り空でしたが、だんだん気温が上がり、厳しい暑さの中でのハードな作業となりました。甲府はこの日、37・6度(猛暑日)まで気温が上昇しました。

〈相山さん撮影〉

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

Photo_14Photo_15

午前6時に集合。作業は3班に分かれ、メルローからシャルドネへ5列刻みで順番に取り付けていきました。メルロー15列、シャルドネ48列。ビニール張り終了後、休憩をはさんで先週やり残した防鳥ネットをバインド線で留める作業を行いました。今年は30人と例年よりも少ない人数での作業となりましたが、午前中には全て終了しました。

〈秘書室撮影〉

Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11Photo_12

メルローはとび玉。ヴェレゾンが進んでいます。

Photo_13

2022年07月30日|個別ページ

ページのトップへ

ヴェレゾン始め 防鳥ネット張り

7月23日、メルローはヴェレゾン入りが確認できました。直前に雨天が続き、若干遅れ気味です。

1

この日は富士山がくっきりと望めました。ただ、甲府の最高気温は36・5度の猛暑日となり、厳しい暑さとなりました。

2>3

新しく伸びた副梢の一部には、べと病も出ていました。

12

作業は防鳥ネット張りでした。まず房づくりと摘芯の2班に分かれて、事前の準備をしました。

4567891011

そして、きょうの仕上げとして、垣根ごとに3人ほどのグループに分かれて防鳥ネットを張っていきました。

131415161718

2022年07月23日|個別ページ

ページのトップへ

メルロー、シャルドネ房づくり

1

6月27日、山梨を含む関東甲信が梅雨明けしました。統計が残る1951年以降、最も早く、6月の梅雨明けは2例目。梅雨の期間は21日間で最短でした。7月9日は、梅雨明けしてから最初の作業。メルローとシャルドネの房づくりをしました。

※気象庁が9月1日に梅雨明けの確定値を発表し、山梨を含む関東甲信の明けを7月下旬と大幅に修正しました。

2345

メルローは肩の小さい房(副穂)を切り落とし、房の先端から約2センチを切ります。シャルドネは、大きい房の左右の肩を切り落とし、標準の房を手本に大きさをそろえます。

67

いずれも第2果房までを垣根の東側のみ除葉します。西側の葉を残すのは、西日からの強い日差しから房を守るためです。before & after。

89

2022年07月09日|個別ページ

ページのトップへ

摘芯

6月25日は、シャルドネ、メルローの誘引の見直しと摘芯をしました。写真とリポートは、山梨文化会館秘書室からです。

PhotoPhoto_2

この日は、刈り込みばさみなどを使い、新梢の先端を切り落としていきました。摘芯後は畑に日が差し込むようになり、明るくなりました。

Photo_3Photo_4

近年の新梢管理は、副梢の旺盛な発生を抑えるため、摘芯は2回ほどに限定していて、今回は今年初めての摘芯でした。

Photo_7Photo_8

この日は甲府などで今年初めての猛暑日となりました。朝から気温が上昇し、30分に1回休憩をとり、予定よりも早く2時間半ほどで終了しました。

2022年06月25日|個別ページ

ページのトップへ

副梢処理と花かす除去

Photo

6月18日の作業は、シャルドネの副梢処理と花かす除去でした。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

副梢処理のBefore & After です。

Photo_6Photo_7

シャルドネは果粒肥大期、メルローは幼果期です。

Photo_8Photo_9

葉っぱ1枚に、ベト病を確認しました。おそらく消毒が掛かっていなかった部分と推測されます。

Photo_10Photo_11

ほうきで除去した副梢をかき集めて作業終了です。

1_3Photo_13

2022年06月18日|個別ページ

ページのトップへ

誘引、副梢の処理

Photo_14

6月6日、山梨を含む関東甲信の梅雨入りが発表されました。11日の作業は、2班に分かれて、誘引とメルローの房周りの副梢処理をしました。梅雨入りしたものの、比較的好天が続いています。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_13

メルロー、シャルドネとも結実。マッチ棒大のシャルドネは幼果期に入っています。

Photo_10Photo_11

シャルドネは花芽がついていない結果枝が例年よりも多少多いように感じました。

Photo_12

空枝の件、追記です。翌年の花芽分化は、前年の7月辺りに決まることが多いので、その時期の天候が悪いと起きやすいようです。寒かったり、湿度が高すぎたりする日が続くと良くないとのことです。

2022年06月11日|個別ページ

ページのトップへ

誘引 シャルドネ、メルロー開花

Photo_2

5月28日の作業は誘引作業でした。作業日和となり、富士山がくっきり見えました。メルローから始め、シャルドネまで約3時間で終えました。

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8

シャルドネは開花が進み、一部は満開でした。

Photo_9Photo_10

メルローは開花始めでした。

Photo_11Photo_12


 

2022年05月28日|個別ページ

ページのトップへ

メルロー、シャルドネ芽かき

ゴールデンウイーク後半の5月7日、メルローとシャルドネの芽かき作業をしました。

Photo

まずメルローから。2芽残した短梢の上の芽をかくのが基本です。中村一政農場長(NNS会長)から冒頭に指導を受けて作業に入りました。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

次にシャルドネ。主幹に一番近い芽を基にして結果母枝あたり10~12センチ間隔に4芽残していきます。

Photo_6Photo_8Photo_9Photo_10

40人いると作業も早い、早い。午前中にすべての作業を終えました。

Photo_11Photo_12

 

2022年05月07日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネスパークリング テイスティング

Img_9839
山日YBSグループの野口英一代表(名誉ソムリエ)と山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス会長)がこのほど、ファーストビンテージとなる2021年シャルドネスパークリングをテイスティングしました。

Img_9836Img_9832

テイスティングコメントをまとめると、香りはかんきつ、桃、白い花など。味わいはドライで、ボリューム感があり、アフターに若干の苦みも感じます。泡にきめ細やかさを感じます。野口代表は「香りがよくて驚いた。思っていた以上の出来栄え。相当いい」と話しました。

Img_9841Img_9843_2

スパークリングワインは、タンク内二次発酵で造っています。リリースはゴールデンウイーク明けごろの予定。

2022年04月25日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.