トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・エクセレンス、SAKE DIPLOMA。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

シャルドネ、メルローとも開花

Photo_4

5月30日は引き続き誘引作業でした。シャルドネは先週終えたので、今週はメルローです。

Photo_2Photo_3

新梢もぐんぐん成長しています。

Photo_5

シャルドネは開花が確認できました。4月の遅れを一気に取り戻してきた感じです。

Photo_6Photo_7

メルローも開花が始まりました。こちらも例年のペースです。

Photo_8Photo_9

この日、筆者は出勤日だったので作業には参加できず。作業の写真は秘書室経由でご提供いただきました。ありがとうございます。ただ、この時季の開花を確信していたので、勤務を終えた午後に畑に立ち寄り撮影してきました。

2020年06月01日|個別ページ

ページのトップへ

誘引と芽かきの点検作業

Photo

5月23日は誘引と芽かきの点検作業でした。この日は晴れて、甲府は夏日となりました。富士山も望むことができました。まずはシャルドネ畑で、前回作業の芽かきの点検です。ことしは感染拡大防止対策として全員がマスクの着用です。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

続いて誘引器を持ってシャルドネの誘引です。

Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

シャルドネ畑でナナホシテントウムシを見つけました。乗用草刈り機も出動しました。

Photo_10Photo_11

前回作業で確認した、シャルドネ畑の一角での動物の食害とみられる痕跡ですが、たくましくリカバリーしていました。ブドウの木の生命力はすごいですね。

Photo_12

2020年05月29日|個別ページ

ページのトップへ

芽かき

5月11日、芽かき作業をしました。屋外活動ですが、マスク着用、人員の配置も原則垣根1列に1人とするなど、新型コロナウイルスの感染防止策を徹底しました。

Photo_2

まずはメルローから。2芽残した短梢の上の芽をかくのが基本です。Before & Afterです。

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6

続いてシャルドネ。主幹に一番近い芽を基にして結果母枝あたり10~12センチ間隔に4芽残していきます。Before & Afterです。

Photo_7Photo_13Photo_15Photo_16

シャルドネ畑の一角で1個所、動物の食害とみられる痕跡を確認しました。

Photo_11

また、シャルドネ畑では台木101-14の見事な花穂も発見。こちらは刈り取りました。

Photo_12

2020年05月18日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ展葉、メルロー萌芽

4月26日の畑の様子です。

Photo

シャルドネは展葉、メルローは萌芽が確認できました。長梢がシャルドネ、短梢がメルローです。2020年は暖冬だったものの、4月は低温傾向が続き生育があまり進みませんでした。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

2020年05月07日|個別ページ

ページのトップへ

水揚げ始まる

Img_4836_2

双葉農場で水揚げが始まりました。15日に畑の様子を見に行き、一部で確認ができました。

Img_4833_2Img_4839_2

シャルドネ(長梢)は昨年も3月半ばでしたが、メルロー(短梢)も一部で水揚げが見られ、メルローは若干早めに推移している印象です。

2020年03月17日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ補植と巻きひげ取り

Photo_3

3月7日の作業は、シャルドネ補植と巻きひげ取りでした。補植と巻きひげ取りにグループを分けて作業をしました。

Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

補植は、定植しなかったり病虫害に遭ったりして木を引き抜いた箇所が対象。苗木15本を用意し、10本を補植しました。台木は101-14。穴を掘り肥料を入れて、苗木の根を短く切った後に埋めて水やりをしました。苗木を見るのは久々でした。

Photo_10Photo_11Photo_12Photo_13

巻きひげには病原菌が越冬しており、 そのままにしておくと病害の発生源となるため、取り除くことは大切な作業。ワイヤーに巻き付き、あちこちに散らばっているのをある程度まとめてから一気にはさみを入れていきます。

Photo_14Photo_15Photo_16Photo_17

巻きひげを触ったはさみは消毒します。一方、新型コロナウイルスの感染防止対策も徹底。手洗いのための蛇口付きポリタンクとハンドソープ、アルコール消毒液が用意され、休憩前に励行しました。また水分補給のためのドリンクも、紙コップを使うこれまでの方法ではなく、1人ずつペットボトルが配られました。

Photo_1817

また、短梢仕立てでの剪定を終えたメルローの中で3芽以上残してしまっている結果母枝も目立ち、再度チェックしながら切り直しをしました。

Photo_19

作業中にモズのはやにえを見つけました。モズは捕えた獲物をその場で食べないで、木のとげなどに突きさしておく習性があります。トカゲでしょうか、すでに干物になっていました。

2020年03月13日|個別ページ

ページのトップへ

2018年双葉メルロー テイスティング

3月4日、山日YBSグループの野口英一代表と山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が、新たにリリースする2018年双葉メルローをテイスティングしました。18年は、夏が酷暑で8月は少雨、多照で糖度が上昇したヴィンテージでした(収穫は9月1日)。

Photo_2

テイスティングコメントをまとめると、香りのボリュームは中程度からやや大きく、ブルーベリー、スミレ、トースト、チョコレート、土、キノコ、スパイスなどの香りを感じました。ジャムのような甘いニュアンスもとれます。フルーティーな果実味と柔らかな酸味が心地良く、中盤から後半にかけては、なめらかで溶け込んだ細やかな渋みが持続します。全体としては、まろやかな味わいで、バランスも良いミディアムボディの赤ワインに仕上がっています。新樽比率は約40%。

2018年の双葉メルローは飲む2時間ほど前に抜栓するか、デカンタージュをお勧めします。

Photo_3Photo_4

ラベルも今回から一新しました。また、2018年の仕込みからマンズワインの宇佐美孝さんに担当が代わりました。宇佐美さんは勝沼ワイナリー醸造責任者で商品開発部部長。オーストラリアのアデレード大学で醸造学を学びました。以下、宇佐美さんのコメントです。

「2018ヴィンテージはボリュームが感じられる酒質でバランスよく仕上がったと思います。2017と同じく新樽比率を下げて、樽香が前面に出ることなく、樽熟成を経ていい感じで複雑さやボリュームアップにつながったと思います。2018ヴィンテージは深い色調で比較的タンニンがしっかりしているので、熟成のポテンシャルもあると思います」

2020年03月05日|個別ページ

ページのトップへ

2020年仕事始め

Photo

2月1日、2020年シーズンの仕事始めです。好天に恵まれ、剪定日和。ここまで暖冬でこの日の甲府の最高気温は12.2度(平年比3.2度高い)。剪定作業は来週を含め2日間の予定でしたが、総勢46人を投入して1日ですべての剪定を終えることができました。

Photo_2Photo_3

富士山もくっきりと仰ぎ見ることができました。この日の甲府の最低気温は氷点下2.1度で、畑で霜柱を見つけました。

Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11

作業は3班(剪定、枝切り、トップジンM塗り)に分かれての作業となりました。まずはメルロー畑。短梢仕立てですので、第2ワイヤーの上あたりでの粗剪定から始めました。

Photo_12Photo_13

続いて、JA関係者からレクチャーを受けて短梢剪定に着手。結果母枝から2芽を残して剪定します。

Photo_14Photo_15

4年をめどに切り返しをします。Before & Afterです。

Photo_16

枯れ込み防止に犠牲芽剪定を基本とします。芽と芽の中間よりも次の芽側(3芽目)で切ります。

Photo_17Photo_18Photo_19Photo_20Photo_21Photo_23

メルローが終わると、すぐにシャルドネ畑の剪定を開始。こちらは長梢剪定です。結果母枝誘引も併せて行いました。例年はまだ寒さで枝が硬いのですが、暖冬の今年は枝が柔らかかったのが印象に残りました。

Photo_24Photo_25

シャルドネのBefore & After。結果的にメルローの切り返した場合と同じ仕立てになります。

Photo_26Photo_27Photo_28Photo_29

この日の昼食休憩は、ビニールシートを敷いて富士山を見ながらお弁当をいただきました。中村一政総監督(山梨放送相談役、日本ネットワークサービス社長)の奥様手作りの豚汁と漬物も振る舞われ、豚汁はおかわりが続出しました。ごちそうさまでした。作業は1カ月ほどお休みです。

2020年02月06日|個別ページ

ページのトップへ

2019年シャルドネテイスティング

Photo

1月27日、山日YBSグループの野口英一代表(日本ソムリエ協会ソムリエ・ドヌール)と山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が、2019年双葉シャルドネの瓶詰め前サンプルワインをテイスティングしました。シャルドネは樹齢7年が経過し果実が充実してきていて、野口代表は「ワインとして良くなってきた。成長が感じられる」と例年以上の手ごたえを感じていました。

Photo_2Photo_3

2019年のシャルドネは前年産同様、ステンレスタンク発酵と樽発酵・樽熟成(いずれもシュール・リー)のキュヴェ7:3の割合でブレンド。ステンレスタンクはフリーランを嫌気的に処理した果汁、樽発酵はプレスラン果汁を使っています。

Photo_4

テイスティングコメントを総合すると、香りは白桃、洋ナシ、グレープフルーツ、スイカズラ、ハーブ、スパイス、ほのかな樽香、ミネラル。味わいとしては、アタックはソフト、口中はフレッシュな果実味と心地良い酸味を感じ、中盤から後半にかけては酸味が味わいを引き締める印象です。程よくクリーミーで、ボリューム感やふくよかさも備えていて、全体としてはフルーティーでソフトな味わいの辛口白ワインに仕上がっています。相性のいい料理は、白身魚のムニエル カボス添え、白身魚や山菜などの天ぷら 抹茶塩添え、サーモンのソテー オレンジバターソース、焼き鳥(塩)など。3月に瓶詰め予定でラベルも新しいデザインになるそうです。

2020年01月30日|個別ページ

ページのトップへ

2019年シーズン最後の作業

収穫を終え1週間、9月14日は今季最後の作業。畑にそのままになっていたレインカットのビニールと防鳥ネットの撤収です。当初、今月末の作業を予定していたのですが、今年は台風の当たり年なのでできるだけ早く片付けたほうがいいということで前倒しになったそうです。富士山を望みながらの作業となりました。

1

作業はまず、ビニールのパッキン外し。この日は好天でしたが、蒸散のためかビニールの裏面には一部水滴が残っていました。このため、ビニールを乾かす必要があり、箱詰めは作業の最後となりました。

2345

メルローとシャルドネを一気に片付けるので、それなりの作業量になります。同時進行で防鳥ネットの撤収も始めました。ビニールも順次たたんで収納しました。ただ、作業は午前7時半から4時間で終了するスケジュール。ビニールの撤去は時間内に終わったものの、限られた人数で防鳥ネットは途中までとなってしまいました。こちらは管理部が後日片付けることとなりました。

67

ブドウのなくなった畑での作業はモチベーションがいま一つ上がらないものですが、収穫しなかった第3房(結果母枝から離れたところになる小ぶりの房)を思いがけず見つけると何となくほっこりした気持ちになりました(笑)

1011

また、シャルドネでは台木の101-14がすくすくと育っているブドウ樹を見つけました。速攻で切り落としましたが、収穫後でしたので台木の栄養成長にいくらか持っていかれたかもしれません…。

12

垣根はレインカットのビニールが外れて、すっきりしたように見えました。

13

※ことしは10月5日(土)に防鳥ネットの片付け、肥料散布をしました。

2019年09月17日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.