トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパート、SAKE DIPLOMA。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

2017年シーズン納会

1

12月15日、甲府・古名屋ホテルで今シーズンのヴィニュロンズクラブ納会が開かれました。冒頭、同クラブ部長である山梨放送の古屋政司進行部長が「1年間お疲れさまでした。今年はブドウ栽培を始めて10年。この間、畑が広がり作業も増えました。今季は防鳥ネットの巻き取り機が導入されました。来年もお願いします」と開会の言葉を述べました。

23

山日YBSグループの野口英一代表は「先日、マンズワインで今年収穫したシャルドネとメルロー、瓶詰めしたばかりの2016年のメルローの試飲をしました。今年のシャルドネは思っていたよりおいしくできていて楽しみです。2016年のメルローは相当おいしいです。近年でいうと当たり年の2013年に次ぐ出来栄え。剪定の始まる来年2月、元気に会いましょう」とあいさつし、乾杯しました。

410

納会では、恒例の今季1年を振り返る自主制作ビデオを上映。豪華景品が当たるとともに、わさびずしロシアンルーレットの罰ゲームも取り入れたビンゴ大会があり、会場を盛り上げました。

6789

 ワインは、国内外のシャルドネ、メルローを中心とした多数のアイテムが並びました。主なワインリストは、ジョセフ・ドルーアン(ムルソー)2008、シャトーガロー(ラランド・ド・ポムロル)マグナムボトル1990(いずれも野口代表提供)などでした。乾杯ワインは、マンズワイン「甲州 酵母の泡」でした。

511

 講評では、マンズワインの武井千周さんが「今季、白は非常にいい状態で収穫できました。畑にはミクロクリマ(微小気候)が存在し、例えばワインの世界では隣の畑は2級なのにここは1級という区分けがあります。それこそミクロクリマで生まれます。その意味で2016年のメルローはミクロクリマにばっちりはまりました。今年は白がそういえるのではないかと思っています。今年のシャルドネは今、ステンレスタンクと樽の中に入っています。両方ともオリと接触した状態でこのまま2月の終わりくらいまで育成するつもりです。最後それらをブレンドして瓶詰めします。今年のメルローはここに来る前に樽へ詰めてきました」と述べました。私、古畑も今年と2016年のヴィンテージチャートについて説明させていただきました。

1213

総監督である山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が閉会のあいさつに立ち、「希望を言えば、畑を広げたいと思っています。ただし、ブドウの木は増やしません。小屋の位置を広げた畑へ移動させ、今小屋がある場所にゲストハウスを建てます。皆さん、こんな構想はいかがでしょうか。1年間ありがとうございました」とまとめました。最後に司会を務めた山梨日日新聞社広告局の坂本秀二次長が「来年はブラインドテイスティングをしたいと思っています」と運営上の説明をしてお開きとなりました。

 

2017年12月28日|個別ページ

ページのトップへ

瓶詰め前テイスティング

12月7日、山日YBSグループの野口英一代表と山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が甲州市勝沼町のマンズワイン勝沼ワイナリーを訪れ、双葉メルロー、双葉シャルドネの瓶詰め前のワインをテイスティングしました。リリース予定の2016年は良いタイミングで収穫でき、シャルドネ、メルローとも思った以上の仕上がりとなり、「近年では良いビンテージになりそう」と手応えを感じていました。

Img_5991

テイスティングアイテムは下記の通り。

2017年のシャルドネ2タイプ(ステンレスタンク発酵と樽発酵・樽熟成)

2017年のメルロー

2016年のメルロー(12カ月樽熟成)

※グラスワインの写真は左から上記の順

Img_5973Img_5986

シャルドネで樽を使うのは今回が初めてです。樽熟成は現状2カ月で3月に瓶詰め予定。

樽で寝かせた方が外観で黄色のトーンが強く出ています。最終的にシャルドネの2017ビンテージはステンレスタンクと樽のキュベを1対1の割合でブレンドします。

私見でのテイスティングした印象では、ステンレスタンク発酵は白い花、白桃のようなニュアンス、樽発酵・熟成は柑橘、洋ナシ、蜜、ほのかにバニラのような香りを感じました。特に樽は果実味と酸味のバランスがよく、ステンレスタンクに比べて味わいも複雑でした。

 

メルローは2016年が来週瓶詰め予定、2017年がこれから樽熟成に入ります。

私見では、2016年はトップにモカやチョコレートの香りを感じ、続いてレッドベリーなど赤い果実の印象が現れました。ややスパイスのニュアンスも感じました。味わいは酸味と果実味のバランスがよく、全体的にまとまりがあります。口当たりは柔らかく、溶け込んだタンニンは丸さも感じました。アルコールは13%で、しなやかさも備えています。余韻もきれいでした。

2017年12月07日|個別ページ

ページのトップへ

落葉期

11月中旬、双葉農場はシャルドネ、メルローとも落葉期に入っていました。

紅葉はシャルドネの葉が黄色、メルローは赤色が基調です。

来シーズンに向け、しっかし養分を蓄えてほしいものです。

Img_5769_3Img_5767_3

2017年11月13日|個別ページ

ページのトップへ

2017年収穫

9月9日、いよいよ収穫を迎えました。メルロー、シャルドネとも昨年に続き同時収穫でした。収穫は昨年より13日遅く、収量はメルローが923キロ(昨年比147キロ減)、シャルドネが1389キロ(同1キロ減)でした。今季は8月の天候不順で成熟が遅れ気味となりました。双葉農場では防除を徹底したことで病害はほとんど見られず、まずまずのヴィンテージとなりました。とりわけシャルドネの期待値が上がります。

12

仕込み時の分析値は下記の通りです。

【メルロー】

糖度  20.18%

pH  3.77

総酸  4.10g/l

 

【シャルドネ】

糖度  21.80%

pH  3.58

総酸  5.80g/l

34

この日は午前5時半に集合。1時間ほどで防鳥ネット下のバインド線を外し、まずはメルローから収穫を始めました。色付きなどを確認しながら、切り落とし、粒抜きを兼ねて作業を勧めました。

5678910111213141516

続いてシャルドネの収穫です。写真撮影は、山梨文化会館の井上進治・秘書室長から協力をいただきました。

1718192021222324

ブドウは収穫後、委託醸造先であるマンズワイン勝沼ワイナリー(甲州市)に運ばれました。メルロー、シャルドネとも選果台を使って選果をし、タンクの中に納まりました。

2526272829303132

2017年09月22日|個別ページ

ページのトップへ

収穫間近 着色不良の房の切り落とし

8月19日は着色不良の房の切り落とし作業でした。17日にマンズワインで収穫のタイミングを探る1回目のサンプリングをした結果、着色不良の房が多いため作業の指示があり、急きょ日程が組み込まれました。

1

メルロー、シャルドネともほとんど病気もなく、順調に生育していました。聞けば、今年の消毒は昨年の2割増しだそうで、防除を徹底。昨年見られた「うどんこ病」もピタリと止まっていました。

23

ただし、このところの日照不足の影響からか、今季はこの時期になっても着色が進まない房が目立ちます。シャルドネは、手に持った房と枝に付いた房を比べると緑色と黄色の違いがよく分かります。

45

まずはメルローから作業。切り落とす目安は房全体で色づきが5割以下のものです。大胆にはさみを入れていきます。

6789

シャルドネはメルローに比べてはっきりと違いが分かりにくいので、事前に緑色の程度を確認してから作業に入りました。下草刈りもしました。

101112131415

房の切り落としはブドウ樹の負荷を減らす目的もあります。今年は例年に比べて摘粒などによる一房当たりのサイズが大きかったので、今回の切り落としによって収量が大幅に減ることはない見通しです。

ただ、8月の甲府の日照時間は、曇りや雨の日が続き20日までで平年比60%。県内各地でブドウはべと病や玉割れが確認されています。山日YBS双葉農場は徹底した防除に加え、レインカットもしっかり仕事をしているようです。

16

2017年08月21日|個別ページ

ページのトップへ

メルローの飛び玉 作業はビニールの屋根張り

12

台風5号が接近する中、8月5日に作業がありました。メルローはヴェレゾンが進み、飛び玉。シャルドネも黄色を帯びてきました。

3456

この日は収穫前の大仕事。午前6時に集合し、レインカットのビニールの屋根張りと防鳥ネット取り付けをしました。

78910

人手が必要となるため、例年通り、販売店様にご協力いただきました。約50人が3班に分かれ、メルローからシャルドネへ10列刻みで順番に取り付けていきました。

11121314

今季、ここまでは順調でしたが…

2017年08月18日|個別ページ

ページのトップへ

マンズの武井さんが直接指導 房作り・摘心

1

7月22日は、摘心とシャルドネの房作りでした。マンズワインの武井千周さんから農場で直接指導を受けました。

2_33_24_25_2

この2~3週間、全体の作業がなかったので、久々の畑はジャングル状態でした。まずはシャルドネ、メルローとも摘心から始めました。

67

上の写真は、摘心のBefore & Afterです。

8 9

メルローはヴェレゾン入り。ただまだ一部で、全体的な色づきはこれからです。一番東側の植え替えした樹齢の若い木はすでに飛び玉しているものも見られました。

1011

マンズの武井さんからは主に房作りの指導を受けました。摘心の後、中村一政総監督(山梨放送相談役)がメンバーに房作りに入る前に大きさの説明をしました。

1213

房の大きさは80グラムほどが目安です。

14151617

この日はシャルドネの房作りをしました。来週、シャルドネの残りとメルローの房作りをする予定です。

 

インフォメーションとしては、シャルドネは今季の仕込みから一空き樽を1樽使って熟成させる計画です。これまでシャルドネはノンバリックでしたので、いよいよ樽で寝かすことになります! また、シャルドネの収量が2トンを超えた場合は、スパークリングワインの生産を初めて行う可能性があるとのことです。

2017年07月24日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ、房づくり メルロー、除葉

1

6月25日は小雨の中での作業となりました。まずはシャルドネの房づくり。基本的に肩の部分を落としていきました。作業中、「長野県南部震度5強」のニュース速報が入りましたが、農場ではほとんど揺れを感じませんでした。

2345_2

房づくりのビフォー&アフターです。

67

続いて、メルローの房周りの除葉です。日差しが強い西日が当たる垣根の西側は葉を残し、東側だけを取り除きました。摘心も行いました。作業の途中から日が出てきました。

891011

除葉のビフォー&アフターです。

1213

2017年07月06日|個別ページ

ページのトップへ

摘芯と房づくり 空梅雨で推移

1

6月17日の主な作業は摘芯と房づくりでした。作業の前に山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)から寄贈されたSS(スピードスプレイヤー)で殺菌剤を散布。10日ごとに防除しており、次回にボルドー液を予定しているとのことです。

23

まずは摘心から。メルローとシャルドネすべてをこの日に行いました。枝の片付けもテキパキとこなしました。摘心が終わった畑はすっきりした表情をみせていました。

4_2567

続いて、房づくりです。この日はメルローを仕上げました。房のお尻の部分約2センチを切り落とし、形を整えました。また1枝に第3房がある場合もはさみを入れて取り除きました。

8910111213

甲府盆地はこれまで空梅雨で推移しています。

2017年06月19日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ、メルロー開花

5月下旬、開花しました。20日の作業時には確認できなかったので、それ以降に開花したようです。

Photo

シャルドネはほぼ満開~8分咲き。

Photo_2

メルローは5分咲きといった感じです。

2017年05月31日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.