トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパート、SAKE DIPLOMA。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

シャルドネ開花始め 早い生育スピード

5月20日、作業日は最低気温が10.8度と肌寒い朝と朝となりました。ただ天気は良く、遠くの山際がくっきり見え、富士山もきれいでした。

1

畑ではシャルドネの開花が始まっていました。昨年よりも1週間~10日ほど早いペースです。

23

この日の作業はメルローの誘引と芽かきの見直しです。垣根1列を1人で約1時間半かかる作業です 

4567

続いてシャルドネの誘引。作業の繁忙期に入ってきました。

891011

作業時間帯は比較的涼しく、過ごしやすい一日でした。


2018年05月21日|個別ページ

ページのトップへ

ブドウ真珠とシャルドネ誘引

双葉農場のシャルドネの新梢で「ブドウ真珠」を見つけました。ブドウのツルの表皮細胞から滲出した小さな樹液で満たされた液滴で、この球体は春に最も出現するそうです。しばしば、昆虫の卵と誤認されます。

1_3

さて、5月12日の作業は、誘引と芽かきの見直しでした。ゴールデンウイーク中の天候が良かったため、ブドウの成育が進みました。特にシャルドネの伸長が著しいです。

2345

この日は、誘引器を使いシャルドネ畑を中心に誘引と芽かきの見直しをしました。

67

2018年05月15日|個別ページ

ページのトップへ

GW真っ只中の芽かき

Photo

ゴールドンウイーク真っ只中の4月30日、芽かき作業がありました。BBQの日に残った2枚あるシャルドネ畑のうち一枚分です。ただ、思いのほか参加者が多く、1時間半ほどで作業は終わりました。何とか芽かきは終えたものの、すぐに誘引が待っています…(汗)

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5


2018年05月09日|個別ページ

ページのトップへ

恒例のBBQ

4月29日、恒例のBBQが山日YBS双葉農場で開かれました。ゴールデンウイーク前半は好天に恵まれ、富士山を望む絶好のBBQ日和となりました。

1

お楽しみのBBQ前、まずはメルローの芽かき。今年は全体的に生育が早めに推移しています。

23456789

続いてシャルドネの芽かきです。

10111213

さて、お待ちかねのBBQがスタートです!

今季の豊作を祈るとともに、英気を養いました。

1415161718192021

今年も豪華な料理とワインがテーブルを彩りました。

2223242526272829

この日一番感動したワインは、2006 シャトー カロン セギュールでした。

30

2018年05月01日|個別ページ

ページのトップへ

メルロー展葉

1

双葉農場では、シャルドネに続きメルローの展葉が確認できました。

昨年は4月が低温だったため、同時期が発芽期入りでしたが、今年は例年よりもやや早めで推移している印象を受けます。

23_2

20日の甲府の最高気温は28.8度(平年比7.5度高)。あす21日は今年初めて真夏日となる予想です。22日も真夏日だと、4月として2日続けては観測史上初となるそうです。

2018年04月20日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ展葉

1

双葉農場はシャルドネの展葉が始まりました。寒の戻りはあるものの、今年は桜の開花・満開も早く、低温だった昨年の4月に比べると生育は早めに推移しています。

23_2

長梢剪定はシャルドネです。頂芽を中心に展葉の枝が見られるようになりました。

45

短梢剪定はメルローです。萌芽期に入りました。

 なお、この日は畑でキジを見かけました。

2018年04月09日|個別ページ

ページのトップへ

鱗片割れ・萌芽、例年よりやや早めに推移

4月初め、シャルドネ、メルローともに鱗片が割れ、保護毛に覆われた柔らかな芽が現れ始めているのを確認できました。萌芽期入りです。昨年は例年に比べ10日ほど動きが遅かったのですが、このところの初夏を思わせる陽気のためか、今年はやや早めで推移しています。

長梢剪定の写真は、シャルドネ。多くの枝で萌芽が確認できました。

12

短梢剪定の写真はメルロー。一部の枝で確認できました。

34

 

2018年04月03日|個別ページ

ページのトップへ

シャルドネ2017の味を決定、武井さん来社

3月19日、山日YBSグループの野口英一代表と山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が瓶詰め直前の双葉シャルドネ2017をテイスティングし、最終的な味わいを決めました。この日は双葉シャルドネの醸造を担当するマンズワイン勝沼ワイナリーの武井千周さんが甲府・山日YBS本社を訪れ、持参したステンレス発酵と樽発酵・熟成のシャルドネをブレンドして提示しました。

1

ブレンド比率は、ステンレスが3分の2、樽が3分の1。白桃やアプリコットのような香りが特徴です。双葉シャルドネに樽を使う最初のヴィンテージです。野口代表は「思った以上にいい仕上がり」と話し、期待の持てるヴィンテージになりそうです。

23

また、武井さんは小諸ワイナリー工場長へ異動となり、後任として双葉メルロー、双葉シャルドネの醸造担当に決まったマンズワイン研究開発課課長の宇佐美孝さん(写真下、左側)がごあいさつに来社されました。

4

武井さんには野口代表から記念品が贈られました。武井さん、ありがとうございました。引き続き、良いブドウづくりに専念していきたいと思います。

5

2018年03月22日|個別ページ

ページのトップへ

水揚げ

双葉農場で水揚げが始まりました。このところ暖かい陽気が続き、樹液流動が活発化したようです。

1

3月半ば、シャルドネはほとんどが枝の切り口からポタポタと樹液が滴り落ちていました。

23

メルロー(コルドン式)はまだ一部にとどまっていました。

45

2018年03月19日|個別ページ

ページのトップへ

誘引と巻ひげ取り

3月3日の作業は、誘引と巻ひげ取りでした。

1

まずは、誘引。長梢剪定のシャルドネを中心に2人1組となり、ワイヤにバインド線で枝を固定していきました。枝を磨く作業も合わせて行いました。

2345

続いて、巻ひげ取り。これが結構、地道な作業です。散らばっている巻ひげをある程度まとめてからはさみを入れていきました。

6789

これで4月までしばらく作業はないとのことです。春を迎える準備は整いました。

2018年03月05日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.