トップページへ

圃場データ

標高
350メートル
栽培
ヴィニュロンズクラブ
栽培品種 メルロー(約900本)
栽培面積
17アール
台木
5BB、3309、101-14
植樹
2008年3月22日
栽培品種 シャルドネ(約900本)
栽培面積
20アール
台木
101-14
クローン
95番、96番、277番
植樹
2012年6月16日
栽培品種  シャルドネ(約490本)
栽培面積
17アール
台木
101-14
植樹
2013年3月31日

ブログ担当 プロフィール

古畑昌利
山日YBSグループ勤務。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・エクセレンス、SAKE DIPLOMA。米国ワインエデュケーター協会認定ワインスペシャリスト(CSW)

メルロー開花

5月29日、メルローの開花を確認しました。生育は例年よりも4~5日早い感じです。

Photo_2

この日の作業も先週に続き、メルローとシャルドネの誘引でした。この時季の新梢の伸びは旺盛です。下草刈りもしました。

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6

2021年05月29日|個別ページ

ページのトップへ

誘引 シャルドネ開花始め

Photo

5月22日の作業は誘引作業でした。前日までの雨とは打って変わり、作業日和となりました。シャルドネから始め、メルローまで2時間で終えました。今年はワイヤーから20センチを超えた新梢のみを誘引する指示がありました。新梢は折れやすいので、それを防止するためということです。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

シャルドネは開花が始まっていました。

Photo_6Photo_7

2021年05月28日|個別ページ

ページのトップへ

メルロー芽かき

5月8日は、前回のシャルドネに続き、メルローの芽かき作業でした。冒頭、中村一政農場長から指導を受けて作業に入りました。

PhotoPhoto_234

2021年05月22日|個別ページ

ページのトップへ

今季はスパークリング生産に挑戦

Photo

ゴールデンウイーク初日の5月1日、シャルドネの芽かき作業をしました。主幹に一番近い芽を基にして結果母枝あたり10~12センチ間隔に4芽残していきます。当初は4月29日に作業を予定していましたが、日本ネットワークサービス(NNS)気象予報室の雨予報が出て、後ろ倒ししました。この日も曇りで午後からは雨の予報も出ていましたが、作業は順調に進み午前中で終了しました。

 

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5

また、この日は中村一政農場長(NNS社長)から重大発表がありました。今シーズンのシャルドネからはスパークリングワインを造るとのことでした。中村農場長によると、委託醸造先のマンズワイン勝沼ワイナリーでシャルマ方式によって生産。タンクの容量が3トンのため、例年の1・5倍の収量が必要で、今季は厳密な収量制限は行わないということでした。スパークリングワインは早摘みする必要があるため、中村農場長は「今季はお盆ごろにシャルドネ、その後にメルローと2回収穫する必要があります」との説明がありました。

Photo_6

2021年05月07日|個別ページ

ページのトップへ

萌芽、展葉

山日YBS双葉農場は8日、シャルドネ、メルローとも萌芽を確認。1週間後の15日には展葉も確認できました。長梢剪定がシャルド、短梢剪定がメルローです。

PhotoPhoto_23Photo_3

2021年04月18日|個別ページ

ページのトップへ

巻きひげ取り、剪定の見直し

3月6日は巻きひげ取りでした。心配された天気も何とか持ちました。雨上がりで巻きひげも湿りがちで作業がしやすかったです。

Photo

ワイヤーに巻き付き、あちこちに散らばっているのをある程度まとめてから一気にはさみを入れていきます。巻きひげには病原菌が越冬しており、 そのままにしておくと病害の発生源となるため、取り除くことは大切な作業です。特に前年は晩腐病が発生したので、要注意の年。晩腐病は一度出ると畑にすみつくといわれます。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7

剪定の見直しと誘引も行いました。剪定の見直しにあたっては水口さんが指導、頂芽優勢などブドウ樹の生理も伝授されました。果梗痕などを取り除く「枝磨き」や出べそ切りもしました。

Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11

今年は温かいのか、水揚げが始まった枝もありました。20日ごろには石灰硫黄合剤を散布予定。萌芽を待つのみです。

Photo_12Photo_13

今年の春の訪れは早そうです。19日には甲府で桜が開花。平年より9日、昨年より4日早く、1999年と並んで史上2番目の早さでした。

Photo_14

この日は、取水口周辺に土留のシート敷きもしました。

Photo_16

2021年03月23日|個別ページ

ページのトップへ

2021年仕事始め

Photo

2月6日、2021年シーズンの仕事始めです。ことしも好天に恵まれ、剪定日和。この日の甲府の最高気温は17.1度(平年比7.4度高)で、3月下旬~4月上旬並みの春の陽気となりました。剪定作業は来週を含め2日間の予定でしたが、過去最多の総勢50人を投入して1日ですべての剪定を終えることができました。朝から富士山もくっきりと仰ぎ見ることができました。

Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

コロナ禍での作業は、マスクを着用した上で、密にならないよう3班に分かれて行いました。休憩、昼食とも時間差を設けて班ごとに行動しました。まずは、先発隊が第3ワイヤで枝を切る粗剪定を行い、ベテラン組がその後、メルロー畑で短梢剪定をしていきました。

Photo_10Photo_11Photo_12Photo_13

短梢剪定ですので、結果母枝から2芽を残して枝を切ります。その際、3芽目をつぶすように切ると萌芽しやすくなる犠牲芽剪定を基本とします。

Photo_14Photo_15Photo_16Photo_17

続いて、シャルドネ畑です。こちらは長梢剪定です。このころには粗剪定組が一通り作業を終えて本剪定に合流。その前に中村一政農場長(山梨放送相談役、日本ネットワークサービス社長)からレクチャーがありました。

Photo_18Photo_19

剪定を終えた枝にはトップジンMを塗布しました。

Photo_20Photo_21Photo_22Photo_23

昼食休憩は、ビニールシートを敷いて富士山を見ながらお弁当をいただきました。何も言わなくても、向かい合って座らないのが今どきです。

Photo_24Photo_25Photo_26Photo_27

食後はもうひと踏ん張り。さすがに50人いると作業は早いです。予定終了時間の14時を待たずに剪定枝集めまで終わりました。

Photo_28Photo_29

畑には苦土石灰と水酸化マグネシウムがまいてありました。また、隣の畑の白梅が開花していました。

Photo_30

この日は誘引まで終え、シーズンを迎える準備が整いました。

2021年02月15日|個別ページ

ページのトップへ

2020年作業日誌(動画)

今年は納会が開催されないため、例年納会で披露される作業日誌をこちらにアップし、1年を振り返りたいと思います。メンバー限定です。

2020年12月21日|個別ページ

ページのトップへ

2019年双葉メルロー テイスティング

12月8日、山日YBSグループの野口英一代表と山梨放送の中村一政相談役(日本ネットワークサービス社長)が、樽熟成中の2019年双葉メルローのサンプルをテイスティングしました。19年は、7月が長梅雨で日照不足、梅雨明けした8月は一転して酷暑と極端なシーズンで、糖度が上がりにくいヴィンテージでした(収穫は9月7日)。

01_2

テイスティングコメントをまとめると、香りのボリュームは中程度。赤いベリー系の香り、バニラやチョコレートなど程よい樽香が感じられ、土やキノコ、インクのほかミントなどのハーブ系の香りもとることができます。味わいはフレッシュな果実味をトップに感じ、酸が骨格をつくっていて、程よい樽香がふくよかさを与えています。フィニッシュにやや粗いタンニンを感じますが、熟成に伴って落ち着いていくと思われます。ライト~ミディアムボディで、色調からピノノワールのようなタッチを連想させます。

0203

日本ソムリエ協会認定ソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)の野口代表は「しっかりしていて良い仕上がり。カジュアルにも楽しめるスタイル。樹齢を重ねて酒質が安定してきた」と話しました。料理としては、豚肉や鶏肉を使った家庭料理、鴨肉のフレンチなどで、おススメはミートソースのパスタやトマト鍋です。

仕込みの担当は、マンズワイン勝沼ワイナリーの醸造責任者・商品開発部部長の宇佐美孝さん。テクニカルシートは下記の通りです。

醸し期間21日間。発酵温度18~24度。樽熟成期間(15カ月※21年1月4日以降の場合)。新樽比率33%。

<サンプル分析値>

比重0.992

アルコール12.3%

エキス2.28g/100ml

pH 3.61

総酸 5.20g/L

 

2020年12月09日|個別ページ

ページのトップへ

2020年シーズン最後の作業

収穫を終え1週間、9月12、13の両日は今季最後の作業でした。畑にそのままになっていたレインカットのビニールと防鳥ネットの撤収です。台風が来る前に撤収ということでこのタイミングになっています。

9月12日は防鳥ネットの撤収。バインド線を外した後、2班に分かれて手動の器械でネットを巻き取っていきました。メルロー、シャルドネの順で作業しました。ネットを巻き付けたパイプにはどこの垣根で使ったのか、ガムテープで記をつけて来季に備えます。

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8

9月13日はビニール屋根の撤収でした。私は欠席したため、秘書室で撮影した写真を掲載します。この日は晴れ間が見えず、なかなかビニールが乾かないため、吊るして雨水を落としタオルで拭いてから片付けました。作業終盤は雨に降られました。メルローと東側シャルドネの片付けは終わりましたが、残りの西側シャルドネは一部のスタッフ数人で後日作業をすることになりました。

Photo_9Photo_10Photo_11Photo_12Photo_13Photo_14Photo_15Photo_16

2020年09月23日|個別ページ

ページのトップへ

記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。Copyright 山梨日日新聞社 THE YAMANASHI NICHINICHI SHIMBUN.