南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

ふるさとニュース

【ふるさとニュース】

空き家改装、宿坊に 南ア・法源寺

A202209291

 南アルプス市十五所の法源寺は、宿坊「Temple Hotel 南アルプス法源寺」をオープンした。地域の活性化につなげようと、空き家を改装してテントサウナなども用意。家族やグループが一棟貸し切りで利用できる宿泊拠点を整備した。
 施設は木造平屋で、延べ床面積120平方メートル。中部横断自動車道南アルプスインターチェンジや国道52号近くに立地している。今年3月に、築40年の民家をリノベーションし、6月に完成した。
 和室3部屋と寝室のほか、キッチンや洗濯室、浴室などを完備している。中庭では、たき火やバーベキュー、テントサウナなどアウトドアを楽しむことができる。希望者は寺で朝のお勤めや写経など「心と体を調える体験学習」もできる。
 7日には、グランドオープンイベントが行われ、寺関係者や檀家、市関係者ら40人が参加。記念法要やテープカットが行われ、出席者は施設を内覧した。横山住職は「周辺の事業者らと連携しながら南アルプス観光の入り口となる宿坊を目指し、多くの人に愛される施設になってほしい」と話した。
 施設は最大8人まで宿泊可能。ホームページ「お寺ステイ」から予約できる。

(写真)ゆったりとした時間を過ごせる「Temple Hotel 南アルプス法源寺」の和室=南アルプス市十五所

【山梨日日新聞 9月29日掲載】

【ふるさとニュース】

ハート形のナス 南アルプス市の畑で収穫

A202209281

 南アルプス市小笠原の農家の畑で、ハート形の白ナスが収穫された=写真。
 ナスの大きさは約10センチ。実の下部から二股に分かれている。今月10日に農家の妻が野菜を収穫した際に発見した。白ナスは4年ほど前から栽培しているというが、「珍しい形のナスが収穫できたのは初めて」(農家)という。

【山梨日日新聞 9月28日掲載】

【ふるさとニュース】

芦安音頭、3年ぶり披露 小中運動会で

A202209271_2

 南アルプス市の芦安小で開かれた芦安小中合同の「芦安ふれあい運動会」で、地域に伝わる「芦安音頭」が3年ぶりに披露された。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う規制が緩和され、地域住民も運動会に参加。児童生徒と住民とが一体となって踊った。

 運動会は、これまで地域住民らも参加するイベントだったが、新型コロナ感染拡大の影響で、一昨年、昨年は保護者のみの出席に制限されていた。今年は住民の参加が可能に。参加者が全員で楽しめるよう、芦安音頭がプログラムに取り入れられた。
 芦安音頭は昭和30年代から地域住民に親しまれ、芦安新緑やまぶき祭や運動会などさまざまなイベントで披露されてきた。3年ぶりの運動会での“復活”を前に、芦安音頭を知る住民や「芦安小中学校学校応援団」のメンバーが児童生徒や保護者に踊り方を教える練習会を開き、準備を進めてきた。
 17日に開かれた運動会では、児童生徒27人や保護者、教職員、地域住民が輪になって、曲に合わせて芦安音頭を披露。踊りが終わると、会場からは大きな拍手が起こった。

(写真)地域住民と共に芦安音頭を踊る児童=南アルプス・芦安小

【山梨日日新聞 9月27日掲載】

【ふるさとニュース】

あいさつで地域交流、住民呼び掛け 南ア・寺部

A202209221

 南アルプス市寺部の住民組織「寺部地域支えあい協議体」は、地域内の交流を深めようと、9月から「あいさつ声かけ運動」に取り組んでいる。
 協議体が発行する「寺部支えあいだより」で地域住民に会ったらあいさつや声を掛けるよう呼び掛け、毎月1~7日には、「あいさつはひと・まち・こころの愛ことば」などと書かれたのぼり旗17本を地域に掲げている。
 協議体は、安心して暮らせる地域づくりを目指し、自治会のメンバーや民生委員などで2018年に発足。新型コロナウイルスの感染拡大や世帯数の増加、核家族化などにより地域内の交流が希薄化していることを受けて企画した。

(写真)あいさつや声かけを呼び掛ける、寺部地域支えあい協議体ののぼり旗=南アルプス市寺部

【山梨日日新聞 9月22日掲載】

【ふるさとニュース】

演奏と物語朗読、来場者聞き入る 南アでイベント

 南アルプス市立図書館は、櫛形生涯学習センターで「図書館おはなしクラシック&名曲コンサート」を開いた。
 同市出身のバイオリニスト藤原晶世さんと弟のチェリスト秀章さん、ピアノの開原由紀乃さんが出演し、11日に開催。ノルウェーの作家イプセンが原作の冒険物語「ペールギュント」に合わせてつくられた組曲を3人が演奏し、語り手が物語を朗読した。
 ドビュッシーの「月の光」やサンサーンスの「白鳥」などの名曲も披露し、約300人の来場者が聞き入っていた。

【山梨日日新聞 9月22日掲載】

【ふるさとニュース】

南アルプス市のブドウを八王子で販売

A202209211

 山梨県産ブドウをJR中央線特急で八王子駅まで運び、販売する企画が20日、行われ、八王子駅で多くの人が新鮮なブドウを買い求めた。
 JR東日本八王子支社が企画。午前6時に南アルプス市の小野洋蘭果樹園で収穫された「マイハート」などのブドウ64房を、甲府駅で特急かいじに乗せて輸送。八王子駅で午前11時に販売された。

【山梨日日新聞 9月21日掲載】

【ふるさとニュース】

VF選手小学生指導、南アでサッカー教室

 第36回ニッサングリーンカップサッカー教室(山梨日日新聞社・山梨放送主催、韮崎市サッカー協会共催、県サッカー協会4種委員会主管、日産プリンス山梨販売・甲斐日産自動車・日産部品中央販売・日産カーリファイン山梨協賛)が19日、南アルプス・八田農業者トレーニングセンターで開かれた。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった。
 県内の八つのサッカーチームに所属する小学生約110人が参加。サッカーJ2ヴァンフォーレ甲府(VF甲府)の吉田達磨監督やコーチ、選手28人の指導やアドバイスを受け、シュートやドリブルのターン、フェイントを練習した。質問コーナーもあり、参加者は「試合ではどんなことを意識してプレーしているのか」「何歳からサッカーを始めたのか」などと聞いていた。VF甲府の選手らとのミニゲームや記念撮影もあった。
 サッカー教室の模様は10月8日午前10時半からYBSテレビで放送される。

【山梨日日新聞 9月20日掲載】

【ふるさとニュース】

堤防 児童が修復作業 南ア、地域の史跡理解深める

A202209141_2

 南アルプス市教委が整備工事を進める国史跡「御勅使川旧堤防(将棋頭・石積出)」の「桝形堤防」(同市有野)で7日、白根源小の児童が石積の修復作業を体験した。地域の史跡に理解を深め、作業に関わることで史跡保存への意識を高めてもらおうと企画した。
 4年生17人が参加。児童は、市教委文化財課の担当者から堤防の歴史や機能について説明を受けた後、石工ら工事関係者の指導のもと、御勅使川や釜無川から採取した石に年号や自身の名前を書き入れる作業をした。名前を記入した石で堤防の欠損した箇所を修復する様子を見学した。
 桝形堤防は、御勅使川を横断するかんがい用水路「徳島堰」の取水口を洪水などから守るために造られたV字の堤防で、2014年に国史跡に指定された。現在、堤防周辺は立ち入り禁止エリアとなっているが、市教委が史跡を後世に伝えようと、一般公開に向け修復工事を進めている。工事は来年度まで続く予定。

(写真)石積の修復作業を見学する児童=南アルプス市有野

【山梨日日新聞 9月14日掲載】

【ふるさとニュース】

横断道延伸願いリレー 白根走ろう会、長野・佐久まで

 南アルプス市白根地区のマラソン愛好家でつくる「白根走ろう会」は、同地区から長野県佐久市までの約84キロでたすきをつなぐ「中部横断自動車道早期実現リレーマラソン」を行った。
 17~78歳の男女13人が参加し、8月28日午前5時に先頭ランナーが南アルプス市健康福祉センターをスタート。参加者は14区間に分けられた佐久市役所までの道のりを走り、午後0時20分ごろにゴールした。
 リレーマラソンは白根地区が中部横断道のほぼ中間地点に位置することから毎年開催しており、今年で29回目。これまでは終着点を佐久市と静岡市清水区で1年ごとに変えて開催してきた。昨年8月に中部横断道山梨-静岡間が全線開通したため、今後は佐久市を目的地として実施。飯野会長は「長野方面の全線開通を願い、活動を続けていきたい」と話している。

【山梨日日新聞 9月10日掲載】

【ふるさとニュース】

SDGs視点で地方創生考える 南ア・巨摩高

 南アルプス・巨摩高は、持続可能な開発目標(SDGs)と地方創生を学ぶ特別授業を行った。
 2年生195人が参加し、8月31日に実施。ゲーム公認ファシリテーター(進行役)の田中さんが講師を務め、カードゲーム「SDGs de 地方創生」を体験した。生徒は一般市民、行政職員などの役割を与えられ、「教育の無償化」や「防災インフラの整備」「ショッピングモールの誘致」などのプロジェクトを実行するため、資金や土地、人材などのカードを集めた。各プロジェクトがまちの人口や環境、暮らしにどのような影響を与えるのかを考えた。

【山梨日日新聞 9月10日掲載】