南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

ふるさとニュース

【ふるさとニュース】

切子奉納、幻想的に 南ア・沢登六角堂で祭典

A202110161

 南アルプス市沢登地区の伝統行事「沢登六角堂切子祭典」が13日に開かれ、精巧な切り紙細工「切子」が堂内に奉納された。人気アニメのキャラクターなどを描いた多彩な作品が目を引いている。
 切子は、和紙を重ねて「つきのみ」と呼ばれる刃物で図柄や模様を彫った紙細工で、同地区には300年以上前から伝わるという。地元住民でつくる「沢登切子保存会」は、毎年4~9月に講習会を開くなど伝統技術の継承に努めている。
 祭典は新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小して実施。神事を行い、保存会のメンバーや地元の豊小の児童、巨摩高の生徒らが制作した70点を奉納した。神仏や動物のほか、人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターなど多彩な作品が堂内の明かりで浮かび上がり、幻想的な雰囲気を醸し出している。
 展示した切子は、護符として各家庭に配布する。会長は「数多くの作品が出品されてよかった。今後も切子の振興に努めたい」と話している。

(写真)沢登六角堂内で行われた神事=南アルプス市沢登

【山梨日日新聞 10月16日掲載】

【ふるさとニュース】

甲斐犬キャラ、地域守る 南ア署と清月 まんじゅう作り配布

A202110151

 南アルプス署は、南アルプス市桃園の菓子製造販売「清月」と連携し、啓発活動に活用するチョコまんじゅうを作った。甲斐犬をイメージしたキャラクターが描かれ、「地域の安全は地域で守る!」などと呼び掛けている。
 チョコまんじゅうは、同社が市芦安地区が発祥とされる国の天然記念物「甲斐犬」の魅力をPRしようと、4月から販売している。ダークチョコとホワイトチョコの2種類で、甲斐犬の肉球をイメージした焼き印が入っている。
 署と連携して作ったチョコまんじゅうには、パッケージに警察官の制服を着用した甲斐犬をイメージしたキャラクター「岳」「空」が描かれている。「わん!チーム」と書かれ、地域の安全を協力して守っていく決意を示している。
 署は11日、全国地域安全運動(11~20日)に合わせて、南アルプス市十五所のザ・ビッグ櫛形店前で、防犯や交通事故防止を呼び掛ける啓発活動を実施。署員や市内の自主防犯ボランティア団体のメンバーなど20人が「電話詐欺に気をつけて」などと声を掛けながら、チョコまんじゅう300個を配布した。

(写真)南アルプス署と「清月」が作ったチョコまんじゅう

【山梨日日新聞 10月15日掲載】

【ふるさとニュース】

MTBで通学児童見守り 南ア署

A202110091

 南アルプス署は、南アルプス市内の団体と連携して、マウンテンバイク(MTB)を使った通学する小学生の見守り活動を始めた。警察がMTBを使って防犯パトロールをするのは県内で初めてという。
 協力したのは、2020年10月に署から「防犯活動団体」に委嘱され、山間部での事件・事故の防止や不法投棄の発見に協力してきた市内の一般社団法人「南アルプス山守人」。署はMTBをパトロールに活用すれば、自動車が入れない場所も見守りができるとして連携を呼び掛けた。
 4日は署員と法人メンバー計8人が同法人の用意したMTBに乗り、櫛形西小の通学路などをパトロール。児童に「気をつけて行ってらっしゃい」「今日も頑張って」などと声を掛けながら巡回し、不審者がいないかなどに気を配った。署は今後も不定期でMTBを使ったパトロールを実施していくという。

(写真)登校する児童に声を掛ける南アルプス署員と「南アルプス山守人」のメンバー=南アルプス市平岡

【山梨日日新聞 10月9日掲載】

【ふるさとニュース】

美術館の疑問、パネルで解説 南ア市立美術館

A202110011

 南アルプス市立美術館は、美術館に関する疑問に答えるパネル展「美術館のなぜナゼ展???」を館内で開いている。
 子どもたちに美術館に関する知識や鑑賞のルールを知ってもらうため、16枚のパネルなどを展示。職員が考案した黒猫のキャラクター「シュンネコ」が解説役として、美術館の構造や美術品の収蔵場所を説明している。展示室を暗くする理由や作品に触れない理由など、来館者から尋ねられることが多い疑問にも答えている。
 展示品によって異なる照明の明るさを調べる体験コーナーもある。10日まで。担当者は「パネル展を通じて美術館のルールを守り、美術品を大切にする気持ちを育んでほしい」と話している。

(写真)美術館の知識やルールを解説するパネル展=南アルプス市立美術館

【山梨日日新聞 10月1日掲載】

【ふるさとニュース】

応援メッセージ、連続旗に
芦安小・中の運動会に合わせ住民作製

A202109251

 南アルプス市芦安地区の住民らは地元の芦安小、芦安中の運動会などに合わせ、応援メッセージをつづった連続旗を贈った。新型コロナウイルスの感染拡大で地域住民が運動会などの見学ができなくなったことから、思いを伝えようと企画した。
 企画したのは、芦安地区の住民を中心につくる「芦安小中学校学校応援団」。例年、芦安小の運動会は住民も参加するイベントとして開催、芦安中の学園祭にも多くの地域住民が訪れていたが、新型コロナの感染拡大で2年連続で見学できるのは保護者に限定された。
 このため、子どもたちを応援する気持ちを伝えようと、応援団メンバーが住民らから児童生徒に宛てたメッセージを集めた。A4サイズの紙約30枚をひもにつるして連続旗を作った。
 18日の芦安中の学園祭では、体育館の入り口に連続旗を掲示。「練習で聞こえてくる夜叉神太鼓の音に感動しています」「仲間との楽しい時間を」「日ごろの練習の成果を十分に発揮して」などのメッセージが並んだ。

(写真)芦安小、芦安中の児童生徒への応援メッセージが書かれた連続旗=南アルプス・芦安中

【山梨日日新聞 9月25日掲載】

【ふるさとニュース】

アマリリス、秋に花咲く

A202109172

 南アルプス市桃園の会社員宅の庭で、季節外れのアマリリスが花を咲かせた。
 会社員は自宅庭で、妻とともにアジサイやチューリップなど多くの花を育てている。昨年秋、アマリリスの球根を3球植えたが、開花時期とされる春には花が咲かなかった。その後も栽培を続けたところ、9月上旬にアマリリス1株に3輪の白い花が咲いたという。
 県中北農務事務所によると、アマリリスは一般的に春に咲く花として知られているが、産地によっては初夏から秋に咲く種類もあるという。

【山梨日日新聞 9月17日掲載】

【ふるさとニュース】

櫛形分団がロゴマーク 消防車にデザイン「心一つに」

A202109171

 南アルプス市消防団櫛形分団は分団のロゴマークを作った。団員の一体感を高めるのが狙いで、8月から消防車の車体などに貼っている。
 分団は櫛形地区12部で構成し、団員は約170人。例年は出初め式などで交流を深めていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、行事が中止や規模縮小となった。このため、団員たちの仲間意識を高めようと、ロゴマークの作製を決めた。各部からデザインのアイデアを募集して3月に選考、8月に披露された。
 ロゴマークは「KUSHIGATA FIRE CORPS」と「火消」の文字のほか、消火ホース、旧櫛形町のロゴマーク、消防団を表す桜の花が描かれている。
 ロゴマークは分団の消防車など13台の車体に貼られた。今後は団員のそろいのTシャツを作ることも予定しているという。

(写真)南アルプス市消防団櫛形分団が作製したロゴマーク=南アルプス市沢登

【山梨日日新聞 9月17日掲載】

【ふるさとニュース】

食べ歩きマップ刷新、南アグリーン認証店を掲載

A202109161

 南アルプス市観光協会は、市内の飲食店や菓子店を紹介する「南アルプス市食べ歩きMAP」をリニューアルした。県が進める新型コロナウイルス感染症対策の認証制度「やまなしグリーン・ゾーン認証」の取得飲食店などを紹介している。
 パンフレットの改訂は1年ぶり。協会に加盟する25店舗の位置を示す地図を掲載しているほか、店の営業時間や定休日、お勧めのメニューを写真で紹介。「やまなしグリーン・ゾーン認証」を取得している飲食店にはマークを付けた。観光客向けに市へのアクセスを紹介する地図も加えた。
 サイズは六つ折りにするとかばんに入れて持ち運びがしやすい縦21センチ、横11センチ。約2千部を作製し、道の駅しらねや掲載店舗などで配布している。
 市観光協会の担当者は「市民が身近な飲食店を利用するきっかけになればいい。新型コロナが収束したら観光客などに市を訪れてもらい、食べ歩きを楽しんでほしい」と話している。

(写真)南アルプス市内の飲食店などを紹介する「南アルプス市食べ歩きMAP」=南アルプス市内

【山梨日日新聞 9月16日掲載】

【ふるさとニュース】

南アルプス市産シャイン、豆大福で味わって

A202109081_2

 南アルプス市小笠原の和菓子店「瓦屋」は、市産のシャインマスカットを使った豆大福を販売している。市産果物をPRするとともに、季節感のある和菓子を楽しんでもらおうと開発。地元住民から人気を集めている。
 市内の果樹農園から仕入れたシャインマスカット1粒を、アカエンドウを入れた自家製の餅とあんで包んだ。塩味の効いた生地と口いっぱいに広がるシャインマスカットの甘酸っぱさを楽しむことができる。
 1個152円。10月中旬まで、1日限定40~100個を販売する予定。

(写真)南アルプス市産シャインマスカットを使用した豆大福=南アルプス市小笠原

【山梨日日新聞 9月8日掲載】

【ふるさとニュース】

中部横断道山梨-静岡間が開通 横断幕で事故防止を

A202109061_2

 南部署などは、中部横断自動車道山梨-静岡間の全線開通に合わせ、交通事故防止を啓発する横断幕を作製した。
 横断幕は南部署と南部交通安全協会、南部安全運転管理者協議会で作製。横5メートル、縦0・9メートルの大きさで、「危険 スピード落とせ」と書かれている。風になびきにくいようにメッシュ生地を採用し、夜でも分かりやすいように文字は蛍光塗料で書いた。
 中部横断道の開通に伴い一般道の交通量が減少し、スピードを出す車が増えると予想して作製。8月27日に、南部インターチェンジ(IC)と身延山ICの出口付近にそれぞれ設置した。署の担当者は「横断幕の設置を通じて交通事故の防止につなげたい」と話した。

(写真)横断幕を設置する南部署員=身延町角打

【山梨日日新聞 9月6日掲載】