南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

ふるさとニュース

【ふるさとニュース】

「資金借り」参拝者次々 穂見神社で例大祭

A202011282

 南アルプス市高尾の穂見神社の秋季例大祭が22、23の両日、同神社で行われた。
 五穀豊穣や商売繁盛を祈る高尾地区の祭りで、住民有志でつくる崇敬会(古矢昌史理事長)が主催。「高尾の夜祭り」として知られ、毎年夜間に市の無形民俗文化財の太々神楽や巫女の舞が披露されていたが、今年は新型コロナウイルスの影響で取りやめた。
 神社に奉納金を納めると、半額の新札と「百萬圓」などと書かれた札が渡される全国でも珍しい「資金借り」も行われ、参拝者が次々に訪れていた=写真。神社近くでは南アルプスマウンテンバイク愛好会のマウンテンバイク体験会もあった。

【山梨日日新聞 11月28日掲載】

【ふるさとニュース】

消しゴムはんこ4人が製作体験

A202011283

 南アルプス市教委は19日、同市鮎沢の甲西農村環境改善センターで、消しゴムからはんこを作る講座を開いた。
 若草地区の小学校で「消しゴムはんこ」作りを指導している同市藤田のアオヤギルミさんが講師を担当。市内から4人が参加し、年賀状に使う牛の絵が描かれたはんこ作りに挑戦した=写真。
 参加者は、トレーシングペーパーに鉛筆で描いた下絵を消しゴムに転写。線に沿って彫刻刀で彫っていった。アオヤギさんは「線が鋭角な場所は図案を傷付けないように、内側から外側に向かって彫った方がいい」などとアドバイスしていた。市民の経験を生かす場として行っている自主企画講座の一環。

【山梨日日新聞 11月28日掲載】

【ふるさとニュース】

伊奈ケ湖ライブで集めた3万円寄付

A202011261

 南アルプス市内で行われたアマチュアバンドによる「ライブin伊奈ケ湖」の実行委員会(保坂英夫委員長)は20日、ライブで集めた寄付金約3万円を市に寄付した。
 実行委によると、ライブは10月25日に同市の伊奈ケ湖で行い、県内で活動するアマチュアバンド10組が出演。新型コロナウイルスに対応する医療従事者のために役立ててもらおうと、出演者や来場者から善意を募った。3万2448円が集まり、市に寄付することにした。
 市役所で寄贈式が行われ、保坂委員長が金丸一元市長に目録を手渡した=写真。保坂委員長は「会場を訪れて募金してくれた人たちの気持ちの集合体。医療従事者に思いを伝えてもらいたい」と話した。

【山梨日日新聞 11月26日掲載】

【ふるさとニュース】

全国縄文土器総選挙 南アルプス「ラヴィ」惜しくも2位

 全国で出土した縄文時代の土器や土偶などの人気投票「縄文ドキドキ総選挙」の結果が発表され、南アルプス市の土偶「子宝の女神ラヴィ」は2位だった。得票数は1844票で、1位となった長野県茅野市の国宝「縄文のビーナス」(棚畑遺跡)の2191票と347票差だった。3位には568票を獲得した韮崎市の「ミス石之坪」(石之坪遺跡)が入った。
 ラヴィは南アルプス市の鋳物師屋遺跡で出土した円すいのような形をした土偶で、妊婦を表現しているとされる。同市野牛島のふるさと文化伝承館で展示している。総選挙では終盤まで「縄文のビーナス」と一騎打ちのトップ争いを演じていた。
 4日の結果発表を受け、市教委の担当者は「最後まで国宝と競り合うことができた。ラヴィが多くの人に愛されていると感じることができ、さらに多くの人に知ってもらう機会になった」と話した。

【山梨日日新聞 11月21日掲載】

【ふるさとニュース】

MTBで山林見回り 事故や不法投棄防止へ

A202011121_2

 マウンテンバイク(MTB)の普及や地域の見守り活動などを行う南アルプス市の一般社団法人「南アルプス山守人」は、山間部を中心としたパトロールを始めた。
 同法人は、90人を超える個人会員で構成。月3回程度、MTBで櫛形地区の山林を走るほか、自主防犯組織として地元小学校での交通安全教室などを開いている。
 パトロールはメンバー4人が中心となり、山間部での事件、事故防止や不法投棄の発見などに協力する。青色防犯パトロールも始め、青色灯を付けた軽トラックで地域を巡回し、子どもと高齢者の見守り活動をする。
 南アルプス署で10月下旬に防犯活動団体の委嘱式が行われ、秋山敦署長から委嘱状が手渡された。代表は「車が入れないような林道などでMTBの強みを生かし、地域防犯に貢献していきたい」と話している。

(写真)防犯活動団体としてパトロールを始めた南アルプス山守人のメンバー=南アルプス署

【山梨日日新聞 10月12日掲載】

【ふるさとニュース】

クイズウオーキング大会 家族連れなどが楽しむ

A202011081

 南アルプス・御勅使川福祉公園で7日、公園内を歩きながらクイズやゲームの得点を競う「南アルプス市クイズウオーキング大会」が開かれ、家族連れを中心に39チーム145人が汗を流した=写真。
 県レクリエーション協会が主催。参加者は往復約3キロのコースを歩きながらクイズやゲームに挑戦し、獲得した得点と所要時間に応じた得点の合計を競った。
 親子3世代で参加した白根東小3年生は「クイズは難しかったけれど楽しかった。またやってみたい」と笑顔。イベントへの参加は“正解”だった様子。

【山梨日日新聞 11月8日掲載】

【ふるさとニュース】

棚田 淡いピンク広がる

A202011072

 南アルプス市中野地区の棚田周辺で、コスモスの花が見頃を迎えている。
 住民有志でつくる「ふるさとを錦で飾り隊」(小野忠会長)のメンバーらが、耕作放棄地を花で飾ろうと毎年行っている取り組み。今年は8月中旬ごろに種をまき、10月に開花した。稲刈りが終わった棚田周辺がコスモス、マリーゴールド、ヒャクニチソウなどピンクや紫色、黄色に彩られ、訪れた人を楽しませている。見頃は11月8日ごろまでの見通し。
 小野会長は「棚田で米を作ってみたいという人が出てくればうれしい」と期待し、「地域の人の生活の場なのでマナーを守って楽しんでほしい」と話していた。

(写真)棚田の休耕田で見頃を迎えたコスモスの花畑=南アルプス市中野

【山梨日日新聞 11月7日掲載】

【ふるさとニュース】

モミジ赤々 南伊奈ケ湖

A202011062_2

 南アルプス市上市之瀬の南伊奈ケ湖で、モミジなどの紅葉が見頃を迎えている。静かな湖面に鮮やかな紅葉が映る様子を訪れた人が楽しんでいる。
 今シーズンは10月中旬ごろから色づき始めた。櫛形山の中腹にある湖の南側からは湖面に映る紅葉、北側では紅葉越しに眺める湖の風景を楽しむことができる。湖畔の一角にあるドウダンツツジも赤く彩りを加えている。
 湖にすむハクチョウやコイも人気。千葉県柏市から訪れた女性は「初めて来たが、静かで良いスポット。良い感じに色づいていて、ハクチョウがいいモデルになっている」と話していた。
 エコパ伊奈ケ湖によると見頃は、北伊奈ケ湖も含めて今月中旬ごろまでという。

(写真)湖畔のモミジが紅葉した南伊奈ケ湖=南アルプス市上市之瀬

【山梨日日新聞 11月6日掲載】

【ふるさとニュース】

分散避難の備え学ぶ 南アルプスで親子防災キャンプ

A202011011

 災害時の生活を体験する防災キャンプが、南アルプス市百々のNPO法人あんふぁんねっとで開かれた。新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ、分散避難を想定した非常食作りや家庭でできる備えを学んだ。
 防災キャンプは同法人と同市が主催し9回目。従来は避難所生活を宿泊で体験していたが、コロナの影響で車中泊や親族宅への避難などを選ぶケースが出ることを見込み、個別的な対策を体験する内容を企画した。
 10月25日に3部制で実施し、計15家族が参加。カセットガスやLPガスなどのさまざまなコンロの使い方を確認し、ビニール袋に米を入れて湯で炊き、おにぎりを作る体験をした。
 防災士でもある同法人の軽部妙子代表らが段ボールで作ることができる簡易トイレや、外出時用と避難生活用に分けて用意した防災バッグの中身を紹介。「家庭に合った物を用意してほしい」と呼び掛けた。ストレスがたまるとされる避難生活3日目用に、好きな菓子や本など、家族それぞれがリフレッシュできるグッズをまとめておくことも勧めた。
 甲府市の児童は「おにぎり作りが楽しかった。自分でもできそう」と感想。子ども2人と訪れた南アルプス市の女性は「防災用品を用意しなければと思いながらも、何を準備したらいいか分からなかったので参考になった」と話していた。

(写真)ビニール袋での炊飯を体験する参加者=南アルプス・NPO法人あんふぁんねっと

【山梨日日新聞 11月1日掲載】

【ふるさとニュース】

南アルプスの動植物を解説 韮崎市教委が小中生用ガイド

A202010301_2

 韮崎市教委はユネスコの生物圏保存地域「エコパーク」に認定されている南アルプスの小中学生向けガイドブックを作った。
 市教委によると、ガイドブックはA4サイズの全4ページで約2500部を作り、市内の小中学生全員に配布した。鳳凰三山の地蔵岳のほか、韮崎エリアに生息するニホンカモシカや高山植物のホウオウシャジンなど動植物の写真を掲載している。
 このほか、観光や野外調査に利用できるエリア「緩衝地域」の甘利山に咲くレンゲツツジを紹介。甘利山の自然環境を保護するNPO法人「甘利山俱楽部」が行う清掃活動や地域学習などの活動も解説している。
 市教委の担当者は「南アルプスと韮崎市の関係を学び、自然環境を自分たちで守る意識を持ってほしい」と話している。

(写真)南アルプスに生息する動植物を紹介するパンフレット

【山梨日日新聞 10月31日掲載】