南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

市役所便り・イベント情報

【市役所便り・イベント情報】

ヨゲンノトリに願い込め 住民のメッセージ紹介

A202011281_3

 南アルプス市の芦安中央公民館(森本秀夫館長)は、同市芦安芦倉の芦安支所で、新型コロナウイルス収束への願いを込めたヨゲンノトリのメッセージカードを展示している。地域住民らが塗った色とりどりのカードが南アルプスの山々をバックに飾られていて、訪れた人を楽しませている。
 展示は「芦安に集まれヨゲンノトリ!~南アルプス市で天空に一番近い北岳の麓へ」と題し、コロナ収束を願う地域の思いを形にしようと企画。市教委生涯学習課などと共同で地域住民や支所の利用者らから「ねがいごと」としてメッセージを募集し、約70点を集めた。
 カードの表はヨゲンノトリをかたどった塗り絵になっていて、カードには「コロナがなくなりますように」「早くマスク着用せずに外を自由に歩けるように」など収束を願うメッセージが添えられている。
 16日には公民館の役員や地域の有志らが展示作業をした。段ボールに絵の具で描いた南アルプスの山々や、折り紙で作った紅葉の葉などで装飾。糸と洗濯ばさみを使い、ヨゲンノトリが芦安地区を飛んでいるように表現した。
 森本館長は「多くのイベントが中止されているので、地域の子どもや高齢者に楽しんでもらいたい。コロナが早く収束することを願っている」と話している。

(写真)新型コロナウイルスの収束を願うメッセージが添えられたカード=南アルプス・芦安支所

【山梨日日新聞 11月28日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

歌舞伎役者絵で楽しむ 演目別に紹介

A202011271

 南アルプス市立美術館は、演目ごとに役者絵を紹介する「絵で楽しむ歌舞伎の世界」を開催している。
 同展では、名取春仙(同市出身)や山村耕花の版画と日本画を中心に40点以上の役者絵を展示。歌舞伎に親しみを持ってもらおうと「仮名手本忠臣蔵」や「義経千本桜」などの演目ごと、ストーリー解説や人物相関図などを交えて役者絵を紹介している。
 また、10月31日にはハロウィーンにちなみ、自由な発想で和風の仮装をするワークショップも開催。事前に予約した9人が参加した。
 メンバーは役者、音響、照明に分かれて準備。役者を選んだ参加者は、用意されていた着物や草履、和傘、ちょうちんなどと和風の端切れなどを組み合わせて仮装し、花道を歩いた。
 南アルプス市の小学生は「和風の女の子らしい格好をイメージした。将来は服飾デザイナーになりたいので楽しかった」と話していた。
 同展は12月20日までの午前9時半~午後5時(月曜日休館)。問い合わせは同美術館、電話055(282)6600。

(写真)演目ごとに役者絵を紹介する「絵で楽しむ歌舞伎の世界」=南アルプス市立美術館

【山梨日日新聞 11月27日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

徳島堰、先祖の苦労知る 南アルプス市教委などがツアー

A202011221

 南アルプス市教委と韮崎市教委などは21日、両市にまたがる徳島堰を巡る「まるごと体感 徳島堰ツアー」を行った。開削から350年を迎え、多くの人に歴史と魅力を知ってもらおうとツアーを企画した。
 徳島堰は、韮崎市上円井から南アルプス市曲輪田新田まで約17キロ続く水路。釜無川から水を引くために1665年に開発に着手し、1670年に工事が完了した。
 ツアーには約40人が参加し、韮崎市内の取水口や南アルプス市のスプリンクラーの調整池などを巡った。同市有野では、御勅使川の下に水路をくぐらせた際に河川敷にあった取水口を守るために作られたV字形の堤防「桝形堤防」を見学。市教委の担当者は「治水と利水のメッカだったといわれる。先祖の人が苦労したところを見てもらいたい」と呼び掛けた。

(写真)桝形堤防について説明する南アルプス市教委の担当者=南アルプス市有野

【山梨日日新聞 11月22日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

核廃絶の碑、再び設置「初代市長の思い後世に」

A202011191

 南アルプス市は、市役所前に核兵器廃絶平和都市宣言の新しいモニュメントを設置した。以前にもモニュメントがあり、庁舎改修の際に撤去したが、旧櫛形町の町長として宣言に携わり初代市長も務めた故石川豊氏の家族の寄付を活用して新しいモニュメントを作った。市は「初代市長の思いを後世に引き継いでいきたい」としている。

 市によると「核兵器廃絶 平和都市宣言」は、旧櫛形町時代の1985年に石川氏が町長の時に行われ、恒久平和を願うシンボルとして庁舎前に鉄製のモニュメントを設置した。南アルプス市の初代市長就任後の2003年にも改めて「核兵器廃絶 平和都市」を宣言した。
 モニュメントは老朽化したため、18年の市役所の庁舎改修の際に撤去。しかし昨年11月に石川氏が亡くなり、家族から市に寄付金が贈られたため、石川氏が生前、核兵器廃絶に力を入れていたことを踏まえ、再設置を決めた。
 新しいモニュメントは高さ2・13メートル、幅1・15メートルのステンレス製。市役所の玄関近くに設置した。石川氏の名前を入れ、「南アルプス市民は地球上のあらゆるものの破滅を招く核兵器や地雷などすべての兵器をなくすこと、戦争をなくし平和な世界を築くことを希求し行動することを誓います」と記している。アヤメの花や鳥のライチョウなど18年に制定した市のシンボルも描かれている。
 市の担当者は「来庁した市民に見てもらい、初代市長の思いを後世に引き継いでいきたい」と話している。

(写真)南アルプス市が設置した核兵器廃絶平和都市宣言のモニュメント=南アルプス市役所

【山梨日日新聞 11月19日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

南アルプス活写 多彩な40点紹介

A202011133

 日本山岳写真協会会員の三枝仁也さん(69)=甲府市古府中町=の写真展「私の好きな南アルプス」が17日まで、南アルプス市立美術館市民ギャラリーで開かれている。
 三枝さんは、フィルムで南アルプス地域の山岳写真を撮影してきた。写真展では、ここ10年ほどで撮りためた作品から約40点を展示。北岳の肩の小屋付近から富士山と色鮮やかなシナノキンバイの花を撮影した「お花畑と富士山」や、朝日を浴びて輝く紅葉の北岳を写した「秋雲の紅葉の北岳」など季節ごとの表情豊かな山々の写真が並ぶ。
 三枝さんは「甲府盆地から見える山でも、山頂付近の様子は知らないと思う。近くで見て楽しんでほしい」と話している。月曜日休館。

(写真)南アルプスの山々を撮影した三枝仁也さんの写真=南アルプス市立美術館

【山梨日日新聞 11月13日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

ヨゲンノトリ集まれ!コロナ収束願い託して

A202011031

 南アルプス市教委は、ヨゲンノトリをかたどったカードに新型コロナウイルス収束を願うメッセージを書いてもらう企画を行っている。「芦安に集まれヨゲンノトリ!~南アルプス市で天空に一番近い北岳の麓へ」と題し、同市の芦安支所にカードを集め、16日から展示する。
 市教委によると、コロナ収束を願う地域の思いを集め、形にしようと企画。用紙内に描かれたヨゲンノトリの塗り絵に色を付け、「ねがいごと」を添えてもらう。塗り絵を切り抜いて裏面に「ねがいごと」を貼り、絵馬のように加工してひもでつるして大きなヨゲンノトリを作り展示するという。
 用紙は芦安地区の住民団体や学校などに配ったほか、芦安支所などで配布している。11日までに支所の回収ボックスに入れてもらい、16日から展示する予定。
 市教委の担当者は「ヨゲンノトリに一人一人の思いを託してもらい、みんなの思いを集めた作品にしたい」と話している。

(写真)新型コロナウイルス収束の願いを込めて色を塗り、メッセージを記入してもらう用紙

【山梨日日新聞 11月3日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

アマバンド10組、多彩なステージ 伊奈ケ湖でライブ

 アマチュアバンドのライブ「LIVE in INAGAKO」(同実行委主催)が10月25日、南アルプス市の伊奈ケ湖で行われた。
 同市が「紅葉祭」の代わりに開いた「オータムフェアinエコパ伊奈ケ湖」の一環。県内で活動するアマチュアバンド10組が出演し、ロックやアコースティックギターの演奏など多彩なステージを繰り広げた。
 紅葉祭は例年、11月上旬に1日だけ開いているが、今年は新型コロナウイルス感染予防で来場者の集中を避けるため、3週に分散させて実施している。この日は初日だった。

【山梨日日新聞 11月3日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

蘭学者・広瀬元恭の功績紹介 南アルプス・中央図書館

A202010281

 南アルプス市立中央図書館は市櫛形生涯学習センターで、同市藤田出身で幕末期の蘭学者・医師の広瀬元恭(1821~1870年)を紹介する企画展「博-ひろめる」を開いている。
 広瀬は医家に生まれ、西花輪村(現中央市)の時習館で学んだ後、江戸へ出て蘭学者坪井誠軒の塾に入門。1844年に京都で蘭学塾「時習堂」を開き、門人には後の外相・陸奥宗光らが名を連ねた。天然痘の治療や研究に尽力し、医学書や物理学書などの著書も出版した。
 企画展では、広瀬が天然痘の治療法を解説した書物「新訂牛痘奇法」を展示。物理学が医学の基礎であると記し、ニュートン力学などを解説した「理学提要」や、津藩の砲台を作る際に訳述した「築城新法」などの書物についても紹介している。
 このほか蘭学者・緒方洪庵に宛てた書状なども展示。京都の時習堂の門下生に東芝創立者・田中久重や日本赤十字社の創立者・佐野常民らがいたことや、吉田松陰や坂本龍馬らと交流があったとされることなどをパネルを使って伝えている。
 展示は来年3月7日まで。入場無料。午前9時半~午後5時。毎週水曜日は休館日。
 問い合わせは図書館、電話055(280)3300。

(写真)広瀬元恭の生涯と功績について紹介している企画展=南アルプス市櫛形生涯学習センター

【山梨日日新聞 10月28日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

コロナとインフル同時流行対策議論
南アルプス市が医療連携会議

A202010242

 南アルプス市は20日、市健康福祉センターで市医療連携会議を開いた。新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行への対策などについて意見を交わした=写真。
 市内で深夜帯の救急医療を担う巨摩共立病院、白根徳洲会病院、宮川病院の3病院と中巨摩医師会、金丸一元市長ら10人が出席。県が発表した発熱患者はかかりつけ医など地域の医療機関に電話で相談するなどとした受診の手続き変更に関し、参加者からは「人員と時間を新たにかけることが難しい」「夜間の問い合わせには軽症の場合は翌日に受診してもらえるよう、行政から広報してほしい」などの意見や要望があった。

【山梨日日新聞 10月24日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

南アルプス市観光PR、東海地域に照準
果物販売や名所紹介

 南アルプス市は本年度、中部横断自動車道開通を見据えて、東海地域に市の魅力を売り込む「観光プロモーション事業」をしている。これまでに静岡県内で市産フルーツの販売会を開催。観光客誘致と特産品の販路拡大を図っている。
 市によると、来年夏に予定される中部横断道の全線開通で静岡や愛知などからのアクセスが良くなることから、東海地域を新たな商圏と捉えて企画した。これまでに、市観光協会と共催で静岡市の静岡伊勢丹でサクランボやスモモ、シャインマスカットを販売。名古屋市の松坂屋名古屋店にあるジュース店「山梨Made」でもフルーツのキャンペーンをした。中部横断道沿線のスポットを紹介する冊子も配布した。
 山梨、静岡の両県が相互に農産物や海産物などの消費喚起に取り組むキャンペーン「バイ・ふじのくに」をきっかけに、沼津市との交流もスタート。互いの特産品を販売する物産展を開催した。
 市の担当者は「静岡では山梨産のものがあまり流通していないので、南アルプス市を知ってもらう取り組みを続け、価値を高めていきたい。市に遊びに来てもらい、活性化にもつなげたい」と話している。

【山梨日日新聞 10月17日掲載】