南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

市役所便り・イベント情報

【市役所便り・イベント情報】

南アルプス市内5図書館職員のお薦め本、冊子に

A202009181

 南アルプス市立図書館は、市内5図書館がフェイスブックに投稿しているお薦めの本をまとめた冊子「おすすめ本」を作った。各図書館ごとに配布している。
 図書館はこれまで、イベントや季節の展示の様子を投稿。新型コロナウイルスの影響で一時閉館となり、自宅で過ごす市民に本選びの参考にしてもらおうと、4月から「おすすめの本を紹介します」と題して投稿している。
 各館の職員が毎日、日替わりで本を紹介。「奇跡のような感動の実話」「冒険に出たくなる本」などテーマを決めてお薦めの本を1冊挙げ、あらすじや本の魅力、特に注目してほしいポイントなどを書き込んでいる。
 冊子は投稿が計100件を超えたことから製作。A3サイズの紙を八つに折りたたんでいて「一般書」「児童書」の2種類がある。図書館ごとに投稿した内容に本の表紙の画像を添え、6冊ずつ紹介している。各30~50冊作った。
 図書館の担当者は「紹介している本は各館にあるので、自分のテーマに合った本があれば借りて読んでほしい」と話している。

(写真)南アルプス市立図書館が作った「おすすめ本」の冊子

【山梨日日新聞 9月18日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

せん孔病防除費助成 南アルプス市方針、3分の2負担

 南アルプス市は、市内で桃のせん孔細菌病が増えていることから、来年度以降のまん延を防ぐため、秋季の防除対策にかかる費用の一部を助成する方針を決めた。JA南アルプス市によると、せん孔細菌病と長雨の影響で、市内では本年度の出荷量は例年の半分程度に落ち込む見込みで、市の担当者は「産地を守るため、防除に協力してほしい」と話している。
 市によると、せん孔細菌病は枝が傷ついた部分などから菌が伝染する。昨年10月の台風19号の強風や雨の影響で、枝や葉が傷つき、拡散した菌に広く感染したとみられる。
 今年は多くの被害が確認され、長雨の影響もあって収穫量が大幅に落ち込んでいるという。JA南アルプス市によると、管内の桃の出荷量は例年は1700~1800トンあるが、今年は8月末時点で1000トンに達しておらず、半減する可能性があるという。
 助成は、市内の桃の全耕作面積335ヘクタールを対象とする。2回の防除にかかる費用の3分の2を市が負担する。市は9月定例市議会に提出した補正予算案に事業費1862万円を盛り込んだ。
 菌が伝染することから、市は市内全域での消毒作業へ協力が必要としている。市の担当者は「桃の産地を守るためには、地域ぐるみで抑え込む必要がある。市が支援をするので、防除に取り組んでほしい」と話している。

【山梨日日新聞 9月11日掲載

【市役所便り・イベント情報】

国立公園 雄大な自然活写 28日までレンジャー作品展

A202009092

 関東地域の国立公園などで活動する環境省のアクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)が撮影した写真の作品展「環境省 アクティブ・レンジャー写真展~国立公園・野生生物の姿」(環境省関東地方環境事務所主催)が28日まで、南アルプス市芦安芦倉の芦安山岳館で開かれている。各地の雄大な自然や愛らしい動物の姿など多彩な作品が並ぶ。

 関東地方環境事務所管内の国立公園や国指定鳥獣保護区のアクティブ・レンジャー21人が撮影した写真を30点展示している。小笠原国立公園の海に沈む夕日や、尾瀬国立公園のミズバショウ、富士箱根伊豆国立公園の白糸の滝などを写した作品が並ぶ。
 同市芦安芦倉の南アルプス自然保護官事務所に所属する本堂舞華さんは、4点を出展。昨年北岳で撮影したカメラに目を向けて首をかしげた母親のライチョウを映した「ハイ、チーズ!!」や、北岳で撮影した秋の花「キオン」が広がる風景「秋晴れのある日」などがある。
 施設の無料エリアで観覧できる。本堂さんは「管内には富士山などの山や海もあり、豊かな自然が広がっている。新型コロナウイルスの影響で、見に行ってほしいとは簡単には言えないが、写真を見て興味を持ってもらい国立公園について知ってほしい」と話している。

(写真)アクティブ・レンジャーが撮影した自然や動物の作品が並ぶ写真展=南アルプス市芦安山岳館

【山梨日日新聞 9月9日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

笠松紫浪の木版画 温かみのある43点 南アルプス市立美術館

A202009081

 南アルプス市立美術館で10月25日まで、大正から昭和期に活躍した笠松紫浪の作品を紹介する「笠松紫浪 木版画展」が開かれている。
 笠松は、1898年に東京・浅草で生まれた。日本画家として活動しながら、浮世絵の技法を生かして絵師・彫師・摺師で分業する大正新版画の作品を制作。晩年は全ての作業を1人で行う「自画自刻自摺」に取り組んだ。
 同展では「やまかげ」「椿」など四季の風景や花、寺社などのほか、「ふくろう」「しか」「わかい犬」など生き物を描いた作品などを紹介。木目を生かした温かみのある43点が並ぶ。
 子どもを対象に、版画に描かれた生き物を探すワークシートを配布。シートから隠れた言葉を見つけた人にはプレゼントを贈っている。

【山梨日日新聞 9月8日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

八田児童クラブ移転 南アルプス市方針、小学校敷地に新設

 南アルプス市は、同市榎原の放課後児童クラブ「八田児童クラブ」を八田小の敷地内に移転、新設する方針を固めた。現施設が学校から離れていて、児童が移動する際に危険を伴うため、保護者から移設の要望が出ていた。
 市によると、現在の八田児童クラブは、八田小から南東約1キロに位置する。約80人の児童が利用登録し、放課後15~20分かけて移動している。しかし途中で交通量の多い県道を横断する必要があるため、今年6月には保護者から学校敷地内か隣接地へ施設建設を求める署名が金丸一元市長に提出されていた。
 現施設は、放課後児童クラブに使用できる専用面積が約76平方メートルで定員は46人だが、既に利用者が上回り手狭となっていたこともあり、市は八田小の敷地内に移転、新設することにした。
 新施設は、専用面積170平方メートル程度とし、約100人の利用を想定している。市は9月定例市議会に提出した一般会計補正予算案に、設計委託料として568万円を盛り込んだ。本年度中に設計を終え、来年度末までの完成を目指す。
 市の担当者は「現状では利用する児童が『密』な状態にあり、移動にも危険が伴う。できるだけ早く解消したい」と話している。

【山梨日日新聞 9月3日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

南アルプス市とJA南アルプス市、南アルプス市商工会が災害協定

A202008271

 南アルプス市とJA南アルプス市、南アルプス市商工会は24日、災害時に連携する協定を結んだ。協力して救援物資の提供や集積・配送のための施設を確保したり、避難場所を確保したりする。
 市によると、これまで市とJA、市と商工会の2者間で協定を締結。各地で豪雨や地震の災害が相次いでいることから、対策強化のため3者で協定を締結することにした。
 JAは果物の共選所を救援物資や防災資機材などの集積所として提供したり食料品を提供したりする。商工会は、会員から土のうやブルーシート、重機などを確保するほか、事業所の施設を避難場所とするなど協力する。
 市役所で行われた調印式で、金丸一元市長、JAの中沢豊一組合長、商工会の新津正彦会長が協定書に署名=写真。金丸市長は「市が一丸となって、災害に立ち向かえるための協定が締結できたことは心強い」と話した。

【山梨日日新聞 8月27日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

広河原山荘 開所1年延期へ

 南アルプス市は、同市芦安芦倉で移転新築工事を行っている広河原山荘について、来年6月としていたオープンを、2022年6月に1年遅らせる方針を固めた。市は、広河原に通じる林道が岩盤崩落で通行止めとなったことで工事が遅れ、予定していた本年度中の完成が困難なことを理由としている。
 市観光施設課によると、現在の広河原山荘は1985年の建設で、老朽化が進んだことから新築移転を決め、昨年夏に着工していた。しかし今年1月に広河原に通じる南アルプス林道で岩盤崩落が発生。この影響で林道が通行止めとなり、冬期の工事休みが明けた今年3月になっても工事が再開できなかった。
 現在は林道が通行可能となり、工事も7月末に再開したが、当初予定していた本年度中の完成は難しいため、工期を来年度まで延長することを決めた。オープンは22年6月の開山祭に合わせる方針。
 新しい山荘は、野呂川広河原インフォメーションセンターの南東側に新設中。鉄筋コンクリート3階建て、延べ床面積860平方メートルで、現在(445平方メートル)の倍近い広さとなる。身体障害者用のスロープや多目的トイレも備える。
 市の担当者は「早く完成させ登山客に訪れてほしい。施設の快適さがアップするので、多くの人に利用してほしい」と話している。

【山梨日日新聞 8月23日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

観光、特産互いにPR 南アルプス市と沼津市が連携

232003818

 南アルプス市と静岡県沼津市は、互いの観光や特産品をPRするため交流している。8、9の両日には、南アルプス市在家塚の道の駅しらねで沼津市の魚の干物や茶などの特産品を販売するイベントが行われた。
 山梨、静岡両県が連携して消費を喚起する取り組みの一環で、南アルプス市の金丸一元市長が6月に沼津市内で行われたキックオフイベントに出席したことをきっかけに交流がスタートした。
 初日の8日は、沼津市の頼重秀一市長が来訪。特産の海産物やお茶、アイスクリームなどを販売した。ゴーグル型の仮想現実(VR)端末を使って沼津市内などを自転車で巡る体験や、干物のギフトやジュースなどが当たる抽選なども行った。
 頼重市長は「甲州と駿河の時代からあった交流を大切にし、コロナ禍でお互いに助け合っていきたい。沼津の海の幸を山梨の方々に楽しんでほしい」と話した。金丸市長も「海の沼津と山の南アルプスで、これからも良い関係をつくっていきたい」と話した。

(写真)特産品をPRする沼津市の頼重秀一市長(中央)=南アルプス市在家塚

【山梨日日新聞 8月22日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

男女共同参画の川柳と標語募集

 南アルプス市は、男女共同参画に関する川柳・標語の作品を募集している。
 (1)小学生(2)中高生(3)一般の3部門とし、応募資格は市内に在住か勤務、通学する小学4年生以上。川柳か標語を1人1点まで応募できる。各部門1点の入賞と、10点の入選を選び、賞状や記念品を贈る。昨年度は1324点の応募があり、一般の部の入選は「シェアしよう 仕事も家事も 子育ても」だった。
 応募用紙に作品、部門、住所、氏名、電話番号、小中高生は学校名と学年も記入し、郵送や持参、メールで提出する。
 申し込み、問い合わせは市市民活動支援課、電話055(282)6493。メールはmachi@city.minami-alps.lg.jp

【山梨日日新聞 8月20日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

「山の日」親しむ 芦安山岳館、無料で見学

A202008113_2

 「山の日」の10日、南アルプス市芦安芦倉の南アルプス芦安山岳館は入館料を無料にし、県内外から訪れた親子連れなどが山に関する展示物を見学した。
 山岳館によると、毎年、山の日と県民の日に入館料を無料にしている。施設内では、南アルプスの地形を表現した模型や、芦安地域の人々の暮らしや動植物を紹介する展示がある。企画展スペースでは、これまでに開催した企画展を振り返る展示を行っていて、山小屋の歴史を紹介するパネルや山岳関連の雑誌などが並んでいる。
 家族6人で訪れた東京都武蔵野市の児童は「登山のロープの結び方や木の種類がいろいろあることが分かって面白かった。昔の人が自然を大切に守ってきたことも分かった」と話した。

(写真)展示物を見る来場者=南アルプス芦安山岳館

【山梨日日新聞 8月11日掲載】