南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【季節の便り】

緑のカーテン苗木づくり講習会を開催

A_23 A_24

 9月4日、NPO法人協働で素敵にまちづくり南アルプス共和国の櫻田理事長が講師となり、市役所西別館で緑のカーテン苗木づくり講習会が開催されました。参加者は緑のカーテンの効果や栽培方法などを聞いた後、実際にツルを切って苗づくりを行いました。緑のカーテンは、室内に入る日差しを遮り、冷房の使用を抑えることから、地域温暖化防止対策や節電効果が期待されます。

 

南アルプスとスイス 山々と花の旅「宮本和郎展」

 〈南アルプスと富士川流域の作家たち〉の第4弾として、南アルプスやスイスの山や花を描き続けている日本画家・宮本和郎の作品を一堂に展示する、南アルプスとスイス 山々と花の旅『宮本和郎展』を開催します。
 今展では、日本第2の高峰・北岳を中心として南アルプスとスイスアルプスの山々、高地の短い夏を咲き誇る花々を描いた作品とスケッチなど30点余りを展示し、60年に及ぶ画業を辿ります。

期 間]10月10日(日)まで
時 間]9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日]9月21日(火)、24日(金)、27日(月)
入館料]一般320円・大高生260円・中小生160円
*入館料には団体割引などがあります。小学生未満・65歳以上の方は無料です。
*小・中・高生は毎週土曜日無料です。

A2009

《南アルプス 果樹の四季》2009年 ※無断転載禁止

A22001

《マッターホルン「ゴルナーグラードからの道」》2001年 ※無断転載禁止

※ 新型コロナウイルスの感染状況により、臨時休館する場合もあります。開館情報につきましては当館ホームページでご確認ください。
※ 来館の際にはマスクの着用、入口での手指消毒等、感染防止へのご協力をお願いします。

お問い合せ
南アルプス市立美術館 TEL 055-282-6600

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫