南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【季節の便り】

ふるさと人物室 第8回「博-ひろめる-廣瀬元恭」

A

 廣瀬元恭(1821-1870)は、藤田村(現南アルプス市)に祖父・父ともに儒医の医家に生まれました。弘化元(1844)年京都に蘭学塾「時習館」と蘭方医院を開業し、塾の門人には、陸奥宗光・佐野常民・田中久重らが名を連ねています。博識で医学のみならず、理学、兵学等の書を著しました。元恭が博めた医学・物理学史上の功績をぜひ、ご覧ください。

会 期]令和2年10月10日(土)~令和3年3月7日(日)
場 所]櫛形生涯学習センター ふるさと人物室(南アルプス市小笠原1060-1)

あわせて講演会も開催されます。

演 題]「蘭学医学者 廣瀬元恭」
日 時]令和2年10月18日(日) 13:30~15:00
場 所]櫛形生涯学習センター あやめホール
講 師]作家 鬼丸智彦氏
*要申込、受付は市内各図書館

 詳しくは、こちら(南アルプス市立図書館ホームページ)をご覧ください。

お問い合せ>南アルプス市立図書館 TEL 055-280-3300

 

秋の自然観察会

A_2

 冬が近づくエコパ伊奈ヶ湖にはどんな生き物たちがいるでしょうか。自然観察指導員と一緒に探してみましょう。

日 時]11月22日(日) 10:00~12:00
対 象]どなたでも(小中学生以下は保護者同伴))
定 員]10名
参加費]300円/名
申込期間]10月1日(木)~11月18日 (水)
※雨天中止。開催日時、定員等については、新型コロナウイルス感染拡大の状況によって変更する場合があります。

お問い合せ>エコパ伊奈ヶ湖 グリーンロッジ TEL 055-283-8700

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫