南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

2020年7月

【季節の便り】

今年の山の日は

Adscf0007

(写真)北岳

 今年の山の日は8月10日。開催延期となりましたが、東京オリンピック・パラリンピックに合わせ3連休となっています。
 北岳をはじめ南アルプスの山々は、本来なら夏山シーズンを迎え、多くの登山客で賑わいをみせているはずでした。
 しかし、今年度は新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、市営山小屋(北岳山荘・白根御池小屋・広河原山荘・両俣小屋・長衛小屋)及び民営の北岳肩の小屋は、宿泊及びテント場の営業を休止し、北岳方面の登山道も利用禁止となっています。
 来年の山の日には、感染症が落ち着き、大勢の登山者をお迎え出来ることを関係者一同で願っています。

Adscf0074

(写真)北岳山荘から見る富士山

 

南アルプス市公式チャンネルの開設

 南アルプス市では市の情報や魅力を動画で紹介する、YouTubeチャンネルを開設しました。
 ヴァンフォーレ甲府に所属する南アルプス市出身Jリーガー今津佑太選手によるエクササイズや、南アルプスユネスコエコパークの紹介動画などを掲載しています。
 動画をご覧いただき、運動不足解消や南アルプスの美しい山々等をお楽しみください。

YouTube南アルプス市公式チャンネルはこちらから

お問い合せ>南アルプス市秘書課 TEL055-282-6037

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【ふるさとニュース】

「徳島堰」伝える史料一堂
南アルプス市教委が開削350年展

A202007311

 南アルプス市教委は、同市野牛島のふるさと文化伝承館で市内を流れる用水路「徳島堰」をテーマとした企画展「開削350年 徳島堰」を開いている。地域の果樹栽培や水田を潤してきた水路の歴史や役割を204点の史料で伝えている。

 同館によると徳島堰は、韮崎市上円井から南アルプス市曲輪田新田までの約17キロの水路。御勅使川の水量が少ないことから、江戸の町人徳島兵左衛門が、釜無川から水を引くために1665年に開発に着手。大雨で一時は埋没したが、有野村(現南アルプス市)の矢崎又衛門らが復旧し、1670年に工事を完了させた。
 展示では、了円寺(同市飯野新田)に残る徳島兵左衛門の木像や、畑が田んぼに変わり新しい村ができる様子が分かる江戸時代の検地帳、堰の工事状況などを記した「出来形帳」などを展示。山から流れ出る川や沢の下を堰がくぐる「埋樋」「暗渠」などの工法も解説している。
 1959(昭和34)年の台風災害の被害や復旧工事の様子を写真を使って紹介。江戸時代の古絵図に現在の写真を合わせて、徳島堰を比較する展示もある。
 中山誠二館長は「350年前に造られたものが、今も使われている。地域にとっていかに大切な役割を果たしているか知ってほしい」と話している。

(写真)徳島堰の歴史や役割を伝える展示=南アルプス市ふるさと文化伝承館

【山梨日日新聞 7月31日掲載】

【山梨県内のニュース】

県産品かぶり物でPR 農政部長ユーチューバーに

 山梨県の農政部長がユーチューバーに? 新型コロナウイルスの感染拡大で苦境が続く県内農家を支援する県の取り組みで、坂内啓二農政部長がシャインマスカットのかぶり物を着用して動画投稿サイト「ユーチューブ」に登場し、県産の果実や野菜、魚、牛肉などの購入を呼び掛けている。
 公募で集まった17の企業や農業生産法人などが県のホームページを通じて10月まで販売。ブドウや桃といった果実のほか、県がキングサーモンとニジマスを掛け合わせて開発した「富士の介」、甲州牛など、合計で約1万2千セットを用意する。価格は3千~5千円程度で、送料の一部を県が負担する。取り組みは第2弾で、4月に県産野菜の詰め合わせを300セット用意して販売したところ、即日完売した。
 多くの人に購入を呼び掛けようと、県は公式のユーチューブチャンネルでPRする動画を作成して公開。坂内部長が「シャインマスカット けいちゃん」として出演し、「山梨は果物が有名だが、魅力的な畜産物、水産物がある」とPRした。
 「新型コロナに苦しむ農家を支援するために」と一肌脱いだ坂内部長は「首都圏など多くの人々に取り組みを知ってもらおうと、話題になるように工夫した。県産農産物の魅力を知ってもらいたい」と話した。
 問い合わせは県販売・輸出支援課、電話055(223)1603。

【山梨日日新聞 7月30日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

静岡・沼津の朝市で桃とスモモをPR
南アルプス市と観光協会

 南アルプス市と市観光協会はこのほど、静岡県沼津市で開かれた朝市で特産の桃とスモモの販売会を開き、静岡県民に特産のフルーツをアピールした。
 南アルプス市によると、山梨、静岡両県の農産物や海産物などを互いの県民が購入する取り組み「バイ・ふじのくに」の一環として、沼津市などが沼津みなと新鮮館で開いた朝市に出店。桃300個とスモモ160個を用意し、午前8時半の販売開始から約1時間半で完売した。
 購入者を対象にワインやジャムが当たる抽選会を開いたほか、市内観光などをPRするパンフレットも配布した。南アルプス市の担当者は「静岡での果物人気の高さを感じた。今後もPRしていきたい」と話していた。

【山梨日日新聞 7月28日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

登山自粛看板を設置、山小屋の休業周知 南アルプス市

A202007261

 南アルプス市は、南アルプスの玄関口となる同市芦安芦倉の広河原に入山自粛を呼び掛ける看板を設置した。
 新型コロナウイルス感染防止のため、今夏は市営の山小屋は営業せず、県も管理する北岳周辺の登山道を23日から利用禁止としている。広河原に通じる県道と林道も通行止めとなっていて広河原には一般の登山者は入ることはできない状況だが、林道などを通じて訪れる人がいる可能性があることから看板を設置した。
 看板は「登山客の皆様へ」として、市営の山小屋が営業を休止していることを知らせ、「山小屋が休業している山域への入山を控えてください」と協力を呼び掛けている。
 市の担当者は「山小屋が休業しているため、遭難時にスムーズな救助が難しい状況。休業している山域への登山は自粛してほしい」と話している。

(写真)入山の自粛を呼び掛ける看板=南アルプス・広河原

【山梨日日新聞 7月26日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

独自支援策をチラシで紹介 南アルプス市

A202007231

 南アルプス市は、新型コロナウイルスの影響拡大を受けた市独自の支援策を知らせるチラシを作った。
 チラシは、総額約24億円の市独自事業を紹介。表面では、市内店舗で使える1万円分の商品券「南アルプス元気券」を市民全員に配布することや、市内の宿泊・旅客運送事業者に支援金を給付する事業など、市民や事業者に関連する四つの事業の内容や問い合わせ先を載せている。裏面では、全事業の内容や事業費を載せている。
 B4サイズのカラーで、約2万枚作り、新聞の折り込みにして配布した。市の担当者は「これから始まる事業もあるので、内容を確認してほしい」と話している。

(写真)南アルプス市が作った新型コロナウイルス感染症対策の支援策を知らせるチラシ

【山梨日日新聞 7月23日掲載】

【ふるさとニュース】

「アルピーカード」来月リニューアル 南アルプス市商工会

A202007212

 南アルプス市商工会は、市サービス店会加盟店で使えるポイントカード「アルピーカード」を8月1日からリニューアルする。
 カードは、市内約50店の加盟店での買い物100円につき1ポイントが入り、320ポイント集めると「満点カード」として500円分の商品券となる。導入から14年が経過して、関係機器が老朽化していることから更新する。
 これまでカードは、桃源郷をイメージしたピンク色が基調だったが、新しいデザインは虹をイメージした七色の帯が入り、カラーで南アルプスの山々と市商工会のマスコットキャラクター「アルピー」が描かれる。
 現行カードへのポイント発行は7月31日まで。「満点カード」は12月31日まで使え、ポイントが満点に達していない場合も12月31日まで1ポイント1円として使える。8月1~5日には、満点カードが1000円として利用できる記念セールも行う。市商工会の担当者は「新型コロナウイルスの影響で苦しい商店もある。加盟する近くのお店を利用してほしい」と話している。

(写真)新しいアルピーカードの見本(右)とリニューアル前のカード

【山梨日日新聞 7月21日掲載】

【山梨県内のニュース】

静岡県民は料金割引 山梨の観光農園で特典

 県は、県内の観光農園を訪れた静岡県民に対して料金を割り引くなどのキャンペーンを行っている。山梨、静岡両県の旬の農産物や海産物などを互いの県民が購入し、助け合う取り組み「バイ・ふじのくに」の一環。
 県果樹・6次産業振興課によると、各市町村の観光協会を通じて観光農園を募り、ブドウや桃などの果実を収穫できる約60農園が参加。訪れた静岡県民に対しては、料金の割り引きや試食のサービスなどを行う。
 観光農園の情報や特典の内容は静岡県が開設する「バイ・シズオカ」のポータルサイトや、富士の国やまなし観光ネットなどに掲載。参加する施設は順次、増える見通し。
 静岡県内のスーパーや観光協会などにキャンペーンのチラシ約1万枚を配布。利用者はチラシを直接持参するほか、サイトなどに掲載されたチラシをスマートフォン画面で提示すれば特典を受けることができる。
 同課担当者は「新型コロナウイルスの感染拡大で観光農園への集客が落ち込んでいる。静岡県との取り組みを通じて、観光農園の活性化につなげたい」と話している。

【山梨日日新聞 7月21日掲載】

【ふるさとニュース】

感謝と涼 青い本で 南アルプスの図書館で特集コーナー

A202007171

 南アルプス市立中央図書館は、表紙が青い本を集めた特集コーナーを設けている。新型コロナウイルスの対応に追われる医療従事者に感謝を示しつつ、本格的な夏を前に清涼感も演出している。
 「Blue Books 医療に携わる方々へ、最前線で奮闘ありがとう!」と題して設置。コロナと闘う医療従事者を応援するため、国内外で広がった青色のライトアップにならい、表紙が青い本を集めた。水族館や海の写真集のほか、税法の解説書、エッセー集など約60冊が並び、本棚を青く染めている。
 同図書館は毎月、お薦めの本のコーナーを設けていて、通常は季節に合わせたテーマで特集しているが、今回は趣向を変えた。図書館の担当者は「青い本がこれだけ並ぶと統一感があり、パワーももらえると思う。本を使った感謝の形もあると改めて感じた」と話している。

(写真)青い本が並ぶ南アルプス市立中央図書館の本棚

【山梨日日新聞 7月17日掲載】

【季節の便り】

ふるさと文化伝承館令和2年度テーマ展
「開削350年 徳島堰」開催

A_25

 南アルプス市の果樹産業ならびに水田経営に無くてはならない存在である「徳島堰」は今年で完成後350年を迎えます。
 本展示会では、その歴史はもとより、当時の社会背景や施工技術、住民の暮らしとの関わり、水争いへ至るまで、豊富な史料と民具類で多角的に紐解きます。

期 間]令和2年7月17日(金)~令和3年4月18日(日)木曜休館
時 間]9時30分~16時30分
場 所]ふるさと文化伝承館(南アルプス市野牛島2727)
入館料]無料

南アルプス市ふるさと文化伝承館の令和2年度テーマ展『開削350年 徳島堰』の詳しくはこちらから。

お問い合わせ
ふるさと文化伝承館 TEL 055(282)7408

 

桃が美味しい季節になりました

A_26

 南アルプス市内の桃畑ではピンクに色づいた桃の収穫が始まりました。いよいよ夏本番となり、市内で生産される桃は食べ頃を迎えています。
 桃には老化防止や美肌効果があるといわれ、南アルプスの麓で育った甘く瑞々しい食感の桃は7月から8月にかけて最も美味しい季節になります。

A_28

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから