南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

2020年1月

【季節の便り】

旧正月行事が行われました

 1月12日(日)、市内では、各地域で獅子舞やどんど焼きなどの小正月行事が行われました。なかでも、西南湖の獅子舞は市指定無形民俗文化財に、下市之瀬の獅子舞は県指定無形民俗文化財に指定されています。地区内で結婚や出産、新築など慶事のあった家庭を回り獅子舞を奉納しました。各獅子舞保存会では、この伝統行事を絶やさず次の世代に繋げていけるよう、多くの人に魅力を知ってもらいたいと活動しています。
 また、夕方からはどんど焼きが行われ、正月飾りなどを燃やして無病息災を願いました。

A

【写真】下市之瀬の獅子舞

A_2

【写真】西南湖の獅子舞

A_3

【写真】下市之瀬のどんど焼きの会場

 

市民活動フェスタ&ファミリーフェスタ 2020

 市民団体やNPOなどによる販売や体験ブース、親子で楽しめるステージなど盛りだくさん。市民が協力して作り上げ楽しめるお祭りです。ぜひ遊びに来てください。

A_6

A_7

開催日]令和2年3月1日(日)
時 間]10:00~15:00
場 所]若草生涯学習センター、若草卓球場、若草体育館
   ※体育館は上履きが必要ですので、ご持参ください。
内 容]大友剛さん(南アルプス市在住)コンサート、おばけ屋敷やダンボール迷路のほか親子で楽しめる体験ブース、お菓子やハンドメイド作品などの販売コーナー、文化財体験コーナー、市内飲食店による出店など

お問い合せ
市民活動フェスタ実行委員会(市民活動センター) TEL:055-282-7325
ファミリーフェスタ実行委員会(子育て支援課)  TEL:055-282-7293

 

南アルプスクラインガルテン新規会員募集中

 令和元年度・2年度の新規会員を随時募集しています!
 南アルプスの麓でクラインガルテン(滞在型市民農園)を楽しんでみませんか?
 野菜作りが初めての方でも、農作業講習会やお世話役農家さんのサポートがあるので安心して楽しめます。また、年間を通じて交流イベントも開催されます。これまでの活動内容は、クラインガルテンのホームページをご覧ください。
 興味のある方、お申し込みを希望される方は、お気軽にお問い合せください。

A_8

詳しくは、南アルプス市ホームページ、または南アルプスクラインガルテンホームページをご覧ください。

お問い合せ>農政課 TEL 055-282-6207

[南アルプス市役所 秘書課]
「広報 南アルプス」はこちらから

【市役所便り・イベント情報】

マンホールに桃や北岳 南アルプス市が新デザイン

A202001273

 南アルプス市は、市内に設置する公共下水道のマンホールのふたのデザインを新しくした。2018年の市制15周年に合わせて決めた市のシンボルを取り入れ、20年度から行う下水道工事で導入していく。
 市下水道課によると、市内に設置されているマンホールは約1万1千カ所。釜無川流域下水道事業に伴う整備で旧芦安村を除く旧5町村がデザインしたふたが使われ、03年の南アルプス市発足後はそれぞれのデザインに市章を追加して使っていた。
 新デザインは、市のシンボルに決まった木の桃、花のアヤメ、鳥のライチョウ、山の北岳を盛り込んだ。直径60センチで、着色はしていない。市下水道課は「市の魅力の発信にもつなげたい」としている。
 20年度に発注する工事から導入するため、市内で目にするのは夏ごろ以降になる見通し。サンプルは市下水道課がある市企業局(飯野)の玄関に展示されている。今後、マンホールカードの発行も検討している。

(写真)新しくデザインされたマンホールのふた=南アルプス市企業局

【山梨日日新聞 1月27日掲載】

【ふるさとニュース】

檀家や消防団員ら文化財防火へ訓練 南アルプス・慈眼寺

A202001271

 南アルプス市消防本部などは文化財防火デーの26日、上今諏訪の慈眼寺(木村大覚住職)で消防訓練を行った。
 消防本部と市消防団、上今諏訪地区の自主防災会、檀家などから約80人が参加。市教委文化財課の担当者から寺にある県指定文化財・木造薬師如来座像などの由来について説明を受けた後、水消火器を使った初期消火訓練に取り組んだ。
 総合訓練では、本堂西側から出火した想定で、通報や文化財などの運び出し、初期消火の手順を確認。消防団員らが放水訓練をした。

(写真)放水訓練を行う消防団員ら=南アルプス・慈眼寺

【山梨日日新聞 1月27日掲載】

【ふるさとニュース】

こたつ囲んでボードゲーム 南アルプス・安藤家住宅

A202001261

 南アルプス市教委文化財課と、ボードゲーム愛好家でつくる市民グループ「なんぷすBG」(手塚健代表)は25日、西南湖の重要文化財・安藤家住宅で「新春ボードゲーム会」を開いた=写真。
 築312年を迎えた伝統的な日本家屋で、こたつを囲んでボードゲームを楽しんでもらおうと初めて開催。福笑い、すごろくなど昔ながらの遊びやボードゲーム約30種類を用意し、地域の子どもたちや来館者が楽しんだ。
 甲斐市竜王の嘱託職員は「対面で話しながら楽しめるのが魅力だと思う。初めて体験したが丁寧に教えてもらい楽しめた」と話していた。

【山梨日日新聞 1月26日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

桃源郷マラソン受け付け開始 元五輪代表藤原さんゲスト

 南アルプス市と市教委、市体育協会は、4月12日に開催する「第18回南アルプス桃源郷マラソン大会」の事務所を櫛形健康センターに開設し、参加者の受け付けをスタートした。咲き誇る桃やスモモの花、富士山や八ケ岳の眺望を楽しみながら走ることができる人気の大会。ゲストランナーとして、ロンドン五輪マラソン代表の藤原新さん(スズキ浜松AC)が参加する。
 ハーフマラソン、10キロ、5キロ、3・5キロの4コースがあり、いずれも櫛形総合体育館東側をスタートして市内を走り、日世南アルプススタジアムにゴールする。性別や年代別に個人、ファミリー、カップルなどの部門があり、未就学児と保護者対象のキッズレース(30メートル)も合わせて計24部門で行われる。
 ゲストの藤原さんは1981年長崎県生まれ。2012年にロンドン五輪代表となったほか、17年につくばマラソン優勝などの実績がある。現在、スズキ浜松ACではヘッドコーチを務める。
 定員8千人(キッズレース除く)。申し込みは郵便局の振替払込書(31日まで)か、電話、インターネット、ファミリーマートの端末(2月14日まで)で受け付ける。参加料はハーフマラソンが3700円。10キロ、5キロは高校生以上3200円、中学生2100円。3・5キロは小学生1600円、ファミリー4200円、カップル4700円。キッズレースは無料。
 ネット、端末は「スポーツエントリー」から。電話は0570(039)846。大会に関する問い合わせは実行委員会、電話055(236)8555。

【山梨日日新聞 1月22日掲載】

【ふるさとニュース】

芦安で写真展 レンジャー大自然活写
南アルプス国立公園でのショットも

A202001221

 関東地方の国立公園などで活動する環境省のアクティブ・レンジャーが撮影した写真の作品展(環境省関東地方環境事務所主催)が、南アルプス市芦安芦倉の市芦安窓口サービスセンターで開かれている。昨夏に広河原で展示した作品28点に、南アルプス国立公園内の写真8枚を追加。生き生きとした動植物や美しい風景の写真が並び、来庁者を楽しませている。

 管内の国立公園や国指定鳥獣保護区で働くレンジャー20人が、パトロール中に撮影したA3サイズの写真を展示。南アルプス自然保護官事務所のレンジャー本堂舞華さんは、昨夏に出品した観音岳と荒川岳に、栗沢山からの甲斐駒ケ岳や北岳のキタダケソウなどを追加した。
 また、撮影した場所を示すマップのほか、キタダケソウやライチョウを紹介するパネルなどを、地域おこし協力隊員や集落支援員の協力で作成して展示。シカの食害やレンジャーの活動について紹介するコーナーもある。
 本堂さんは「広河原は登山客や観光客が中心だったが、ここでは地元の皆さんに見てもらえる。窓口や郵便局を利用する際に、足を止めて眺めてほしい」と呼び掛けている。展示は31日まで(土日は閉庁)。

(写真)展示写真を紹介するアクティブ・レンジャーの本堂舞華さん=南アルプス市芦安窓口サービスセンター

【山梨日日新聞 1月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

温泉総選挙、県内2施設1位

 温泉ファンの投票によって全国の温泉地や温泉施設をランキングする「温泉総選挙 2019」で、みたまの湯(市川三郷町大塚)が絶景部門、竜王ラドン温泉(甲斐市富竹新田)が外国人おもてなし部門で、それぞれ1位に選ばれた。県内の温泉施設が部門1位になったのは初めて。
 温泉総選挙は、業界団体などでつくる「旅して日本プロジェクト」が主催。4回目となる今年はリフレッシュ部門やファミリー部門など九つの部門で行い、103自治体から温泉地や温泉施設など128件の応募があった。昨年9月~12月、インターネットや温泉地にある投票用紙で投票を募り、19万9766票が集まった。
 絶景部門には17件が応募。みたまの湯は露天風呂から見渡せる甲府盆地の眺望が人気といい、昨年は別の民間団体による「夜景100選」と「日本夜景遺産」にも選出された。渡辺健作副支配人は「施設からの眺望を目当てに県内外から多くの入浴客が訪れる。引き続き魅力を磨いていきたい」と喜んだ。
 外国人おもてなし部門には3件が応募。竜王ラドン温泉は訪日外国人向けに、英語と中国語でパンフレットや案内看板を製作している。施設の運営会社「湯ーとぴあ」の早川善輝社長は「今後も外国人観光客が利用しやすいように情報発信に努めたい」と話している。
 表彰式は3月上旬に東京都内で行われる。

【山梨日日新聞 1月21日掲載】

【山梨県内のニュース】

人引き寄せる 無料通信スポット 県内で広がる

A202001201_2

 スマートフォンの普及に伴い、山梨県内で無料のWi-Fiや充電用の電源を提供するスポットが増加している。
 デイリーヤマザキ山梨学院大学前店(甲府市酒折2丁目)のイートインは、店舗とは別棟で8席を用意。無料Wi-Fiとコンセント、冷暖房を完備している。買い物帰りにスマホを使う学生が多く、日中は満席になることも。利用者の男性は「データ通信量を気にせずに動画やオンラインゲームを楽しめる無料Wi-Fiは助かる。外出先で電源は命綱」と利点を説明した。
 久保覚店長は「見えないWi-Fiの電波が人々を引き寄せているようだ。スマホ時代ならではの光景」と話す。

(写真)無料Wi-Fiとコンセントを備えた、コンビニエンスストアの併設スペース。日中は学生らで満席になる=甲府市酒折2丁目

【山梨日日新聞 1月20日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

明治の正月チラシ「引札」紹介 南ア・文化伝承館で企画展

A202001171

 明治時代に南アルプス市内の商店が配布した正月の広告チラシ「引札」を紹介する企画展「ふるさとの新春を彩った引札」が、野牛島の市ふるさと文化伝承館で開かれている。縁起物や流行を題材にした鮮やかな版画に、地域で栄えた商店の情報などが書き込まれ、当時の生活を感じることができる。市教委文化財課は「庶民の身近な美術品だった100年以上前の“ポップアート”を楽しんでほしい」と話している。

 伝承館によると、引札は江戸時代の中頃に始まり、明治を経て大正の中頃まで数多く作られた。主に正月に配布。年間を通して家に貼ってもらえるように、大胆な構図で目を引く鮮やかな版画をベースに、店名や扱う品目、暦、郵便料金表などさまざまな情報を掲載している。
 サイズは縦26センチ、横37・5センチ。主に大阪の専門店で印刷され、地方の代理店を通じて見本帳から決まった絵柄を選び、空白部分に店名などを入れ、オプションで暦などを刷り込んでいたとみられる。
 明治30年代に市内の商店が配布した16点を展示。県内の古美術コレクターから寄贈された。小笠原や西野、飯野などの地区にあった商店で、菓子店が5軒と多く、呉服太物商、魚商、足袋商もある。缶詰や石油などさまざまな食品や生活必需品が扱われたほか、旧榊村の商店では「水」も商品になっていて、水不足に悩まされた扇状地の暮らしを伝えている。
 着物の女性が描かれているほか、正月にふさわしく縁起がいい七福神や富士山、タイ、鶴などをデザイン。当時の最先端である女学生や郵便局員、映像を映す幻灯機、洋館などを取り入れている。日露戦争の英雄である軍人の大山巌と東郷平八郎の肖像を描いたものもある。
 民具などの資料56点も併せて展示。会場の一角には市内で使われたそろばんや銭箱、看板、質帳などを並べ、商家の店内を再現している。
 4月19日まで。木曜休館。入場無料。問い合わせは伝承館、電話055(282)7408。

(写真)市内の店が発行した引札16点を紹介している企画展=南アルプス市ふるさと文化伝承館

【山梨日日新聞 1月17日掲載】

【ふるさとニュース】

アマゴ復活へ稚魚放流 芦安中生徒ら卵から飼育

A202001162

 南アルプス市芦安地区の住民有志と芦安中生徒は9日、御勅使川にアマゴの稚魚を放流した。地元の川にアマゴを復活させる取り組みの一環として、学校敷地内の池で卵からふ化させて育てていた。
 放流は今年が2回目。生徒18人と住民らが参加した。忍沢養殖場(富士川町)の秋山冨一社長が、アマゴが川を下って成長し、サツキマスとなって戻るなどの特徴を説明。校内の池に設置した飼育用の木箱から体長2センチ程度に成長した稚魚を出し、学校近くの御勅使川で紙コップに移してから放した。
 2年生は「放流した稚魚が大きく成長して戻り、また再会できればうれしい」と感想を話した。参加した地元の温泉旅館「白雲荘」店主は「生徒には放流を通して魚のことを知り、川をきれいにする意識を持ってほしい」と話していた。
 活動は中部横断自動車道沿線の活性化を図る「南アルプス・ネイチャー王国プロジェクト推進協議会」のサツキマス遡上調査部会(青木茂部会長)の取り組みと連携。芦安地区では2年前から住民が活動を始め、今回は昨年11月から芦安中を含む計5カ所で1万粒の卵をふ化、飼育していて、今後も随時稚魚を放流する。

(写真)御勅使川にアマゴを放流する芦安中の生徒=南アルプス市芦安地区

【山梨日日新聞 1月16日掲載】