南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

2019年12月

【山梨県内のニュース】

交通規制 武田神社、初詣参拝客11万予想

20191231_16

 甲府・武田神社の初詣に伴い、甲府署などは31日午後11時から3日午後5時まで、同神社周辺で車両の通行を規制する。同神社は初詣の参拝客を約11万人と見込んでいて、混雑が予想されるとして公共交通機関の利用を呼び掛けている。
 車両通行止めとなるのは県道甲府山梨線(通称・武田通り)の「武田交差点」から同神社までの約1・5キロと、その周辺。31日午後11時から1日午前3時まで規制される。同神社堀沿いの道路の規制は同日午後5時まで続く。
 1日午前3時から午後5時までと、2、3日の午前9時から午後5時までは、北東中西側の市道が南進のみ一方通行となる。相川小周辺の市道は1日午前3時から午後5時まで一方通行となり、西進と北進に限定する。
 山梨交通は、1日午前9時から午後3時までの間、JR甲府駅と武田神社をつなぐ臨時バスを10~15分間隔で運行する。
 臨時駐車場は、相川小(約100台)、同神社第1、第2駐車場(計100台)、北東中(約250台)、しらゆり幼稚園(約200台)、新紺屋小(約40台)、ベルクラシック甲府(約100台)がある。
 交通規制に関する問い合わせは、武田神社初詣実行委員会、電話055(252)2609。

【山梨日日新聞 12月31日掲載】

【ふるさとニュース】

卓上サイズの門松作り体験 安藤家住宅

2019122915

 南アルプス市教委はこのほど、西南湖の重要文化財・安藤家住宅で、ミニ門松作り教室を開いた。
 親子ら28人が参加。門松作りに詳しい田中さんと藤巻さんが講師となり、卓上に置ける大きさの門松作りに取り組んだ。空き缶に稲わらを巻き、長さ約30センチの竹3本と稲穂、松の葉、松ぼっくり、梅の造花などを飾り付けて完成させた。
 築310年の歴史ある安藤家住宅で門松を手作りし、正月の伝統を再認識してもらおうと企画している恒例行事。材料の松の葉と松ぼっくりは同住宅の庭で調達した。

(写真)ミニ門松作りに取り組む参加者=南アルプス市西南湖

【山梨日日新聞 12月29日掲載】

【ふるさとニュース】

三恵の大ケヤキ幹撤去 台風で被害、残りは保護

A201912261

 南アルプス市は25日、台風19号の強風で折れたとみられる同市寺部の国天然記念物「三恵の大ケヤキ」の幹の撤去作業を始めた。26日までに作業を終え、今後は残った部分の保護に取り組む。
 大ケヤキは、根元から二つに分かれた幹の片方が高さ約5メートルの位置で折れ、長さ十数メートルに生い茂った全体の3割ほどが東側の市道と畑に倒れていた。幹は太い部分で直径80センチあった。
 撤去はチェーンソーやクレーンを使って行われ、枝や幹を短く切ってトラックで運び出した。一部は希望する住民や研究者らに配られた。作業は26日も行い、安全が確認されれば市道の通行が可能になる。
 本年度中に幹が折れて裂けた面を削って薬を塗る治療や、全体のバランスを取るためにロープを張るなどの保護作業を行い、来年度に支柱の立て直しなどを検討する。市教委文化財課によると、大ケヤキは樹齢千年といわれ、国の指定は継続される見通し。
 近くに住む主婦は「年を越さずに撤去されてほっとした。木の下を車や人が安心して通れるようになり、春には元気に茂ってくれればうれしい」と話していた。

(写真)「三恵の大ケヤキ」の折れた幹を撤去する作業員=南アルプス市寺部

【山梨日日新聞 12月26日掲載】

【山梨県内のニュース】

アマゴ2千匹、富士川に放流 南ア・ネイチャー王国協

A201912273_2

 中部横断自動車道沿線の市町でつくる「南アルプス・ネイチャー王国プロジェクト推進協議会」(横山善宏会長)などはこのほど、峡南地域を流れる富士川にアマゴ約2千匹を放流した=写真。
 協議会によると、アマゴが海へ下り、春ごろに再び戻ってきたものをサツキマスと呼ぶ。中部横断道の全線開通を前に、協議会は富士川をサツキマスの釣れる人気スポットにしようと、7年前からアマゴの放流活動を続けている。
 放流作業は、協議会や富士川漁協などの6人が参加。富士川町平林の忍沢養殖場で育てたアマゴ計約2千匹を、トラックの水槽からホースを通して富士川に放流した。
 放流したアマゴの一部は個体を判別するため、ひれの一部を切り、サツキマスの遡上の実態を調査している。今年もひれの一部が切れたサツキマスが南部町の富士川で確認できたという。
 協議会の青木茂副会長は「最近は富士川の濁りが話題になっている。放流したアマゴが無事に帰ってくることを願っている」と話している。

【山梨日日新聞 12月27日掲載】

【山梨県内のニュース】

路線バス 山梨交通が冬休みお試し運賃

 山梨交通(甲府市飯田3丁目、雨宮正英社長)は27日から来年1月7日まで、路線バスの乗車運賃を全区間で小児(小学生)50円、学生(大学生以下)100円とする「児童学生お試し運賃」を実施する。学校の冬休み期間に若者にバスをPRするために計画した。
 現金利用に限り、会計時に小児は自己申告で、学生は学生証を運転手に提示すれば、お試し運賃の対象になる。同社が運行する山梨、静岡両県内の路線(コミュニティーバスなどを除く)が対象で、乗車距離に関わらずお試し運賃が適用される。
 出掛ける機会が多い学校の冬休み期間中にお試し運賃を導入することでバスに気軽に乗車してもらい、「公共交通での移動がにぎわいを生み、環境負荷の低減にもつながることを知ってほしい」(同社)としている。
 同様の企画は2016年の夏休みまで、学校の休業期間に合わせて実施。その後、休止していたが、利用者から復活を望む意見があった。

【山梨日日新聞 12月26日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

櫛形総合公園のトレーニング機器新調

A201912212

 南アルプス市は、同市桃園の櫛形総合公園トレーニングルームにある、動くベルトの上を歩いたり走ったりするトレーニング機器「トレッドミル」4台を新調した。健康志向の高まりでトレーニングルームの利用者は増えていて、管理する市体育協会は「総合的な体力づくりに有効活用してほしい」と呼び掛けている。
 トレーニングルームには計8台のトレッドミルがあるが、4台は導入されて十数年が経過し、古くなっていた。公園整備を担当する市都市計画課が、日本スポーツ振興センターのスポーツ振興くじ助成金を活用して、4台を新型に更新した。事業費は547万8千円。
 トレーニングルームは櫛形コミュニティープールに併設され、トレッドミル計8台と自転車型機器5台、トレーニングマシン7台などを備えるほか、筋肉強化に取り組めるフリーウエートコーナーがある。
 市体協によると、トレーニング機器を充実させた2011年度から利用者数は右肩上がりで増え、昨年度は1万8012人が利用。7年間で3倍に伸びた。午前中は高齢者、夕方以降に勤め人が利用するケースが目立つという。
 市体協は「公園内を歩いたり走ったりする人も多いが、トレーニングルームでは天候にとらわれず運動できる。気軽に役立ててほしい」としている。利用料金は市内200円、市外310円。利用時間は午前9時~午後9時半。月曜定休。

(写真)トレーニングルームに並ぶトレッドミル。手前の4台が新型=南アルプス市桃薗

【山梨日日新聞 12月21日掲載】

【山梨県内のニュース】

勇壮だるま 春を待つ

A201912201_2

 県内の春祭りに並ぶ縁起物「甲州だるま」の制作が、甲府市国玉町の大沼富士夫さんの工房でピークを迎えている。
 甲州だるまは武田信玄がモチーフとされ、彫りが深く勇壮な顔つきが特徴。工房では9月から張り子作りを始め、11月からは眉やひげを描く色付け作業に追われている。来年1月末までに千個の完成を目指している。
 だるまは大小15種類で高さ12~35センチほど。価格は1200円から1万円。2月に南アルプス市で開かれる十日市や甲府市の厄除地蔵尊大祭などで販売する。
 大沼さんは「手にした人が平穏無事に過ごせるよう願いを込めて作っている。多くの人に幸せが訪れてほしい」と話している。

(写真)最盛期を迎えている甲州だるま作り=甲府市国玉町

【山梨日日新聞 12月20日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

地域支え合いの取り組みを学ぶ 南アルプス市

A201912193

 南アルプス市と第1層地域支えあい協議体、市社会福祉協議会はこのほど、櫛形生涯学習センターで「支えあいの地域づくり実感フォーラム」を開いた。
 地域が抱える課題の解決策を探る住民組織「地域支えあい協議体」について理解を広めるのが目的。民生委員や協議体メンバーら約260人が参加した。
 一般社団法人コミュニティーネットハピネス代表理事の土屋幸己さんが「地域の支え合い活動を広げるために」と題して講演。大阪府岬町第1層協議体副委員長の竹本靖典さんと同町社協の職員が登壇し、高齢者の見守りや買い物移動支援などを展開している住民組織「どないしたらええん会」の事例を紹介した。市内の協議体の取り組みを紹介する映像の上映もあった。

(写真)支え合いの地域づくりに関する講演に聞き入る来場者=南アルプス・櫛形生涯学習センター

【山梨日日新聞 12月19日掲載】

【ふるさとニュース】

シクラメン 相原さん(南アルプス)日本一

A201912192

 第53回全国花き品評会シクラメン部門(日本花き生産協会主催)で、南アルプス市有野のシクラメン農家・相原勝利さんが最高賞の農林水産大臣賞に輝き、日本一となった。協会によると、県内の農家が最高賞となるのは初めて。
 同部門には全国から4号~7号鉢のシクラメン計336点の出品があり、樹勢や花の形や色、商品性などを審査。特別賞17点などを選んだ。相原さんは花の色がランジェリーピンクの5号鉢が最高賞、4号鉢が特別賞の14位、6号鉢が2等賞となった。
 ランジェリーピンクは相原さんが最も好きな色で、25年前から栽培。今年は長梅雨の日照不足や秋の暑さなど天候への対応に苦労したという。相原さんは「自分は手助けしただけで、シクラメンが頑張ってくれた。取れないと思っていた賞なので驚いた」と喜んでいる。
 相原さんは農協勤務を経て1991年に31歳で就農。現在は約2600平方メートルのハウスでシクラメンを栽培し、4~6号鉢を年間計1万4千鉢ほど生産している。県花き品評会では農林水産大臣賞を複数回受賞しているが、全国では初めてという。
 相原さんは「賞を取ったのは運やタイミングもある。目標とするイメージは自分の中にあり、それに近づけ、超えられるように頑張っている。今後も品質向上に努めていきたい」と話していた。

(写真)農林水産大臣賞を受賞した相原勝利さんと、出品作と同じランジェリーピンクのシクラメン=南アルプス市有野

【山梨日日新聞 12月19日掲載】

【山梨県内のニュース】

信虎像 1年の汚れすっきり初の清掃

A201912173

 甲府市は16日、JR甲府駅北口よっちゃばれ広場の武田信虎像の清掃をした。信虎像が昨年12月に設置されて以降、清掃は初めて。
 この日は市職員2人がブラシや洗剤を使って高さ約2・1メートルの信虎像を磨き、1年間の汚れを落とした。
 ブロンズ製の信虎像は甲府商工会議所が制作し、市に寄贈。信虎が躑躅ケ崎に館を移した日に合わせ、昨年12月20日に披露された。同市古府中町の大泉寺が所蔵する重要文化財「絹本著色武田信虎像」を原案としている。
 20~22日には同広場などで開府500年を祝うイベント「こうふ生誕祭」が開かれる。市の担当者は「新たなシンボルとして信虎像の知名度を高めたい」と話した。
 一方、年末恒例となっている甲府駅南口の信玄公像の清掃は20日に行われる予定。

(写真)武田信虎像を清掃する職員=JR甲府駅北口よっちゃばれ広場

【山梨日日新聞 12月17日掲載】