南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

2019年3月

【市役所便り・イベント情報】

水門守る国史跡「桝形堤防」 一般公開へ準備

201903301

 南アルプス市教委は、同市有野の国史跡「桝形堤防」の公開に向けた準備を進めている。堤防は御勅使川を横断するかんがい用水路「徳島堰」の水門を洪水などから守るために造られた施設で、安全対策として堤防周辺は立ち入り禁止となっている。利水や治水の歴史を学ぶ場として活用し、先人の歩みを体感してもらうため、発掘調査を行った上で史跡を整備したい考え。

 市教委文化財課によると、堤防はV字の形で川の流れを左右に分散させる仕組み。韮崎市上円井から南アルプス市曲輪田新田まで全長17キロを流れる徳島堰沿いに整備された取水口を、御勅使川の流れから保護するために造られた。江戸時代には存在し、洪水で流される度に造り直されてきたという。

 現在の堤防は石積みで、明治40年代の洪水以降に造られたとみられている。V字の1辺の長さは約50メートル。2014年に国史跡に指定された。かつて御勅使川の河川敷にあった堤防は役目を終えたが、徳島堰や取水口は現在も使われていて、一帯の農業に欠かせない施設となっている。

 堤防周辺はフェンスで覆い、立ち入り禁止エリアとなっている。市教委は史跡を適切に保存して後世に伝えようと、一般公開に向けた準備を進めている。

 今年1~3月には史跡整備の一環として、堤防内側の発掘調査を実施。V字の両辺で石積みの高さが約1・6メートル異なることが分かった。詳細は不明だが、造る前の洪水で土砂が流出したため、差が出た可能性があるという。一度埋め戻した上で、来年度も調査を続ける。同課担当者は「堤防の構造を調べることで、御勅使川の洪水の歴史を明らかにしたい。公開の際には利水や治水の歴史が分かる仕組みを整える」と話している。

(写真)一般公開に向けて準備が進められている国史跡の「桝形堤防」=南アルプス市有野

【山梨日日新聞 3月30日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

芦安山岳館、HP一新 スマホ対応、ライブ画像も

201903291

 南アルプス山岳観光の拠点となる南アルプス市芦安芦倉の「南アルプス芦安山岳館」は、ホームページ(HP)「南アルプスネット」をリニューアルした。スマートフォンに対応して、利便性を向上させた。

 HPには北岳や間ノ岳などの情報を地図付きで紹介。マイカー規制などの交通情報も掲載している。リニューアルに伴い、スマートフォンで閲覧しやすい画面表示を導入した。

 夜叉神峠に設けたライブカメラも更新し、5分間隔で鮮明な画像を配信。HPから最新の天候を確認することができる。

201903292

 市ユネスコエコパーク推進室の担当者は「南アルプスの情報や景色を提供し、安全登山につなげたい」と話している。

(写真)リニューアルした南アルプス芦安山岳館のホームページ

(写真)ホームページでは夜叉神峠に設けたライブカメラの画像も掲載。最新の天候を確認することができる

【山梨日日新聞 3月29日掲載】

【ふるさとニュース】

江戸から昭和中期のひな人形300点を展示 南アルプス・安藤家住宅

201903281

 南アルプス市西南湖の重要文化財・安藤家住宅は、市民が寄贈したひな飾りを紹介する「安藤家住宅ひなまつり」を開いている。

 江戸時代から昭和の中ごろまでのひな人形約300点を展示。材料の一部に紙が使われた甲州独自の「横沢びな」は、愛らしい表情でポーズを取る童子の人形を中心に並べている。小笠原流礼法による節句飾りもある。

 4月8日まで。午前9時~午後4時半(最終入館は同4時まで)。火曜日休館。入館料は大人300円、小中高生100円、未就学児無料。

【山梨日日新聞 3月28日掲載】

【ふるさとニュース】

授粉、世界一の実り願い

201903271_2

 白い花びらに向かって棒を伸ばす。先端にあるのはダチョウの羽根。事前に採取していた花粉を羽根にまとわせ、優しくめしべに付けていく。南アルプス市内で最盛期を迎えている、スモモの授粉作業だ。
 JA南アルプス市によると、今年は18日に重さが世界一のスモモとしてギネス世界記録に認定された高級品種の「貴陽」が開花。暖かい陽気が続き、授粉作業が各地で行われている。
 同市川上の農家は家族とともに授粉作業に精を出す。数ある品種の中では、貴陽は着果率が低い。1日1回、計5~6回ほど授粉作業を繰り返すという。
 低温や急な雨、強い風-。天候を見ながら、作業の手を止めなければならない場合もある。「腕を上げっぱなしの作業で、首も肩もこる。でも、授粉がうまくいくかどうかで実りが変わってくるので、泣き言は言っていられない」と語る。

(写真)スモモの授粉作業をする農家=南アルプス市川上

【山梨日日新聞 3月27日掲載】

【ふるさとニュース】

「御勅使川の水」研究 白根源小6年、マップで分かりやすく

201903274

 南アルプス・白根源小の6年生が、学区を流れる御勅使川の「水」をテーマに地域について学び、「ふるさとマップ」を作成した。水害に悩まされた歴史がある同校周辺で行ったフィールドワークなどの成果をまとめたもので、一連の学習を通して地域の特性に理解を深めた。

 4年時に防災教育の一環で、水害の状況や治水の工夫などを学んだのを皮切りに、地域学習を継続。本年度は同市教委の学芸員を招き、御勅使川ゆかりの史跡を中心にフィールドワークを実施した。大正時代に完成した源堰堤や、石で造られた堤防「石積出」などを歩き、史跡が果たした役割や流域の産業など、学んだ内容を写真とともに地図上にまとめた。

 ふるさとマップは画像データにし、同市教委が「ふるさと〇〇博物館」事業の一環として運営するサイト「〇博アーカイブ」で公開している。担当者は「子どもの素朴な疑問や感想から地域の資源が再発見でき、次世代に伝えられる」としている。

(写真)「水」をテーマに、地域について学んだ内容を「ふるさとマップ」にまとめた=南アルプス・白根源小

【山梨日日新聞 3月27日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

市庁舎増改築工事完了祝い式典 市長ら70人

201903273

 南アルプス市役所本館の耐震改修工事が終了し、22日、庁舎増改築工事の完了を祝う式典が開かれた。

 金丸一元市長のほか、工事関係者や市議ら約70人が出席。工事関係者に感謝状を贈呈したほか、駐車場にアカシデを植樹するなどした=写真。金丸市長は「質の高い市民サービスの実現を目指し、職員が一丸となって市民の期待に応えていきたい」と話した。

【山梨日日新聞 3月27日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

つるし雛 色鮮やかに 28日まで展示

201903272

 南アルプス市シルバー人材センターの会員らでつくるサークル「寄ってけし処」は28日まで、市若草生涯学習センターで、つるし雛の展示会を開いている。
 サークルは2011年に発足。月2回ほどのペースで集まり、つるし雛など手芸作品の制作を通じて交流を深めている。
 展示会には、色鮮やかな人形などの力作が並んでいて、来場者の目を楽しませている。


(写真)色鮮やかなつるし雛が並ぶ展示会場=南アルプス市若草生涯学習センター

【山梨日日新聞 3月27日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

2019桜巡り 各地の見ごろ情報

201903212

(1)場所(2)桜の種類、本数(3)見ごろの見通し(天候によって変動あり)(4)期間中の催しなど(5)駐車場(6)問い合わせ先

 【徳島堰沿いの桜並木】(1)南アルプス市有野・飯野新田(2)ソメイヨシノ約200本(3)3月下旬(4)夜間にちょうちんを点灯(5)なし(6)市観光協会、055(284)4204
 【妙了寺】(1)南アルプス市上市之瀬(2)ソメイヨシノ、シダレザクラ、エドヒガンザクラの計約30本(3)3月下旬(4)夜間にちょうちんを点灯(5)50台(6)妙了寺、055(283)4541
 【伝嗣院】(1)南アルプス市上宮地(2)ソメイヨシノ約20本(3)3月下旬(4)なし(5)30台(6)市観光協会、055(284)4204
 【上市之瀬のイトザクラ】(1)南アルプス市上市之瀬(2)イトザクラ1本(3)3月下旬(4)なし(5)なし(6)市観光協会
 【憩いの桜並木】(1)南アルプス市鏡中条(2)ソメイヨシノ約270本(3)3月下旬(4)夜間にちょうちんを点灯(5)なし(6)市観光協会
 【坪川土手の桜並木】(1)南アルプス市荊沢(2)ソメイヨシノ約180本(3)3月下旬(4)なし(5)25台(6)市観光協会

(写真)南アルプス市有野から飯野新田に至る徳島堰(せぎ)沿いで咲くソメイヨシノの並木(昨年撮影)

【山梨日日新聞 3月21日掲載】

【市役所便り・イベント情報】

女性目線の防災推進へ活動報告 南アでフォーラム

201903201

 南アルプス市と南アルプスハーモニープラン推進会議はこのほど、同市若草生涯学習センターで「南アルプスハーモニーフォーラム」を開いた。

 推進会議の各部会が「女性目線の防災」をテーマに活動報告。メンバーは避難所開設訓練の様子や、企業の防災に関する取り組み状況の調査結果を紹介し、女性防災リーダー育成の重要性などを訴えた。

 フォーラムは男女共同参画社会の推進を目指して開催。立教大大学院教授の萩原なつ子さんによる「防災と地域づくり」と題した講演もあった。

(写真)女性目線の防災をテーマにした活動報告があったフォーラム=南アルプス市若草生涯学習センター

【山梨日日新聞 3月20日掲載】

【ふるさとニュース】

新聞の楽しみ方を販売店社長が伝授 南アルプス市立図書館

201903191

 南アルプス市立図書館はこのほど、市白根生涯学習センターで新聞の読み方を伝える講座を開いた。

 同市在家塚の渡辺新聞店社長の渡辺次朗さんが講師を務め、紙面レイアウトの特徴や山梨日日新聞の歴史などを紹介=写真。興味のあるコーナーやお気に入りの記者を持つことで、新聞の楽しみ方が広がることをアピールした。

 約50人が参加。新聞が配られ、紙面から気になる言葉を書き出してグループで発表する時間も設けられた。渡辺さんは「それぞれ興味のある記事は異なる。新聞を読んで話し合えば、お互いの趣味や考え方を感じることができる」などと呼び掛けた。

【山梨日日新聞 3月19日掲載】