南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【連載 今、南アルプスが面白い】

何気ない街角に歴史あり(その2)
樋門(ひもん)の記憶

 樋門とは、用水の取り入れ、または排水のためなどに堤防を横切って設けられる通水路(トンネル)です。前回ご紹介した天井川の記憶では、人々の往来のために川の下にトンネルを通していましたが、今回ご紹介する樋門は、川の下に川を通すものです。南アルプス市でも最南端に位置し、標高の最も低い甲西地区周辺には、市域に降った全ての雨や湧き出した水が河川となって集中し、現在もその排水のための樋門が4か所も設けられています。
 
 樋門が必要になる理由は、2009年6月15日号でもご紹介したとおり、河川が集中することから、天井川が流れ下った先でまた別の所を流れ下ってきた天井川が合流し、天井川と天井川に挟まれた、いわば「川の壁」に囲まれた地域ができて、その排水が困難になるためです=図1。

A_5

【図1】樋門が必要な理由

 

 その中で、かつて天井川であった滝沢川と坪川に囲まれた地域については、排水が困難だった戸田、宮沢、大師村のための「三ヶ村悪水吐口」という言葉が天明7年(1787)の史料に見えることから、すでにこれ以前から樋門による排水が行われていいたことがわかります。
 
 当時は、木樋だったと考えられますが、これを明治22年(1889)に、石組みのアーチ構造で改修した際に、樋門の入口に掲げられていたのが現在残されるモニュメントです。「永享豊潤(水の恵みを永く享受する)」という人々の願いとともに、この樋門の改修に尽力した地域の有力者の名などが刻まれています=写真1・図2。

A_2

【写真1】永享豊潤の碑

A_6

 【図2】石組樋門の想像図

 

 記録によれば当時、アーチの直径は七尺五寸(約2.3m)と、幅10m、高さ3.5mとなった現在の樋門に比べるとずいぶん小さなものでしたが、これにより「宮沢、戸田の部落では樋門から抜け落ちる水音が聞こえた」との古老の話が残るとおり、排水が大幅に改善し、当時としては画期的なものであったことがわかります=図3。

A_7

【図3】五明樋門の移り変わり
 
 石組みの樋門は昭和39年(1964)から始まった改修工事よって、コンククリート製となり大型化される過程で姿を消しましたが、天井川と低地の排水に腐心した人々の歴史を伝えるモニュメントとしてその一部が残されました。平成20年(2008)に樋門はさらに大型化されて現在に至りますが、現在もその傍らで地域の歴史を伝えています。
 
 河川を立体交差させて排水を図る工夫は、全国にみられますが、ここに示したような=写真2、これほどの数の河川が複雑に重なる例は全国的にも稀なのではないでしょうか。まさに、水に苦しみこれを克服してきた本市の成り立ちを象徴する景観といえます。永享豊潤の碑はその歴史を象徴するモニュメントなのです。

A

【写真2】 市域南部の河川

 

訪ねてみたい方のために・・・・
 
 永享豊潤の碑は、五明樋門改修工事の解説板とともに、南アルプス市東南湖の南端、国道140号線を三郡衛生組合火葬場(ふじかわ聖苑)の所で南に折れた先、現在の五明樋門の傍らにあります=写真3。

A_3

【写真3】碑のある場所

【南アルプス市教育委員会文化財課】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫