南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【季節の便り】

優雅な舞

A

A_2

 お正月が過ぎ、そろそろ日常生活に慣れてきた頃でしょうか。
 皆さんの中には、生活は戻っても体型が・・・なんて方はいませんか。
 1月7日には七草粥をいただき、1年の無病息災を祈られたことと思います。
 さて、市内でもあちらこちらで小正月の伝統行事が行れました。
 11日、下市之瀬地区でも江戸時代から伝わる奉納神楽として獅子舞がありました。
 地域の若者が、150軒ほどある集落で火伏せ・厄除け・悪魔払いとして獅子を舞いました。ここ下市之瀬地区の獅子舞は、県の無形民族文化財として指定されています。
 厄年、結婚、出産、新築などがあった家では、家の中に入り舞を舞うということです。
 今年1年、良い年でありますように。

「朝採りいちご」はいかがですか・・・

A_4

A_6

 1月といえば、『いちご』ですね。
 桃やぶどう畑はたくさんある本市ですが、見つけました「南アルプスのいちご」を。
 沢登地区の「さいとう園」さんは、市内で唯一いちごの生産をしています。
 朝採りいちごにこだわりを持っている齋藤さんは、夜明けとともにハウスに入り、収穫したいちごは午前のうちに市内のスーパーや菓子店に出荷されます。
 この作業は、5月のゴールデンウィーク明けまで続くそうです。
 また、地産地消を推進している市内の学校給食でも使用され、子どもたちにも喜ばれています。
 品種は「章姫(あきひめ)」と「紅ほっぺ」の2種で、甘くてとてもおいしいいちご。いただくと思わず笑顔になってしまいました。
 齋藤さんと奥さまが大事に育てた「南アルプスのいちご」は、「まちの駅くしがた」や「道の駅しらね農産物直売所」および市内のスーパーなどで購入できます。

まちの駅くしがた ℡055(283)7766
道の駅しらね農産物直売所 ℡055(280)2100

 

 [南アルプス市役所 秘書課]

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫