南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【連載 今、南アルプスが面白い】

南アルプス市と天井川

 南アルプス市には、西部にそびえる急峻(きゅうしゅん)な山地を流れ下ってきた河川によって、たくさんの扇状地が形成されています。扇状地の上には、古来から様々な人間の営みの痕跡が残され、南アルプス市の風土を形成する重要な要素のひとつとなってきました。

Imamina090515_01
【図】南アルプス市の扇状地
山から流れ下る河川により様々な扇状地が形成され、幾重にも複雑に重なりあっています。


 扇状地は、急峻な山肌を削りながら、その砂礫とともに勢いよく流れ下ってきた河川が平地に至り傾斜が緩やかになると、砂礫を運ぶエネルギーを失ってそこに砂礫を残し、長い年月をかけて扇状に堆積した大地です。河川による砂礫の運搬量はおびただしく、本市最大の扇状地である御勅使川扇状地の砂礫の厚さは100mを優に超えています。

 扇状地の上を、その時々に流れを変えながら流れ下っていた河川は、扇状地上の開発が進むにつれて堤防によりその流れを規制されていくことになります。そこには、豊かな生活を夢見る人々の願いと努力を見ることができます。

 河川に堤防が造られ、水の流れが狭い川道の中に閉じ込められるようになると、耕地は飛躍的に増加した半面、山から運ばれる大量の砂礫は行き場を失い、川道に堆積(たいせき)し、川底を押し上げて堤防を埋めてしまいます。そこで、人々はその上にまた堤防を“かさ上げ”し、この繰り返しにより、家の屋根により所を流れる高い「天井川」が形成されることになります。

Imamina090515_02
【図】天井川のできかた

 南アルプス市の南部、市の中でも最も標高の低い甲西地区には、こうした天井川が数多く見られます。天井川は、一度氾濫(はんらん)すると、洪水流が川に戻ることが出来ず、昔からこの地域に大きな被害をもたらしました。また、生活面より河川が高い位置にあるので、生活排水や耕地からの排水も困難になります。
 川を渡るのも不便になり、近年まで、天井川の下に道を通したトンネルが南アルプス市には4か所もありました。

Imamina090515_03aImamina090515_03b
【写真】天井川と隧道(すいどう)
改修工事前(写真左)と後(同右)。西南湖にあった「南湖隧道」。


 度重なる堤防の“かさ上げ”によって形成された天井川。自らの住居や耕地を守りたいと思えば思うほど、堤防は高くなり、逆に水害時の被害は大きくなり、排水も困難になります。現在は、河床を下げる工事が行われるなど様々な工夫による河川整備行われ、こうした被害は解消されつつありますが、つい最近まで人々は常にその矛盾と対峙(たいじ)してきました。

Imamina090515_04aImamina090515_04b
【写真】天井川の昔と今
かつて、お寺の屋根より高かった川底が改修により下げられたことが分かります(写真は滝沢川。改修工事の前と後。同じ場所)。


 まじめに自らの土地を守りぬく気持ちがなければ形成されることがなかった天井川。南アルプス市の南部に見られる数多くの天井川から、我々は、常に河川に向き合ってきた先祖の苦労と、たゆまぬ努力を知ることが出来るのです。

写真出典:山梨県土木部ほか1990『たきざわ川-改修工事完成記念誌-』

 

【南アルプス市教育委員会文化財課】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫