芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2020年4月

【山岳館便り】

救助、啓発 山に尽くす

 春の叙勲が29日付で発表された。県在住の受章者のうち、長年にわたって山岳遭難の救助活動に取り組んできた清水准一さん(70)=瑞宝単光章、南アルプス市=の歩みをたどった。

084007950573  北岳など南アルプス山系で40年以上にわたり、山岳遭難の救助活動に貢献してきた。受章について「一緒に活動してきた仲間、指導していただいた先輩方がいたからこそ。みんなのおかげ」と感謝を口にする。

 29歳の時、北岳山荘の職員として働いたことが救助活動を始めたきっかけ。「遭難者が多い年で、対応に追われた。誰かが助けなければいけないと、地元の宿命を感じた」と振り返る。

 2000年には北岳で遭難死した男性の家族から多額の寄付を受け、「悲惨な事故を減らしたい」と民間組織「大久保基金の会」を設立し、現在も会長を務めている。約20人が所属し、山岳遭難防止や安全登山の啓発活動に取り組んでいる。

 数々の救助に携わったが、「思い出したくない事案ばかり」。滑落した男性を仲間と交代で背負って3日がかりで下山したことや、胸の高さまである雪で覆われた北岳でわずかな情報を頼りに遭難者を捜し回ったことが印象に残っているという。「山は思っているよりも大きい。人間も1本の木よりもはるかに小さい。迷ってしまうと捜すのは大変」と話す。

 近年の登山ブームもあり、山の楽しみ方が多様化していると感じている。「どんな人でも安全に帰ってきてほしい。また来ればいいとゆとりの気持ちを持って山に登ってほしい」と安全登山を呼び掛ける。

 NPO法人芦安ファンクラブの会長も務め、自然環境の保護や地域の活性化にも取り組む。「芦安の文化や南アルプスの自然など、地域の宝を次の世代にも伝えていきたい」と笑顔を見せた。

(写真)「後継者の育成が残された使命」と話す清水准一さん=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 4月29日掲載】

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

道の駅、林道を閉鎖 県内各所

観光客の来訪抑止

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、山梨県内で自治体が道の駅などの観光施設や登山道につながる林道などを閉鎖する動きが広がっている。大型連休期間中に県内外の観光客や登山者らが訪れる可能性があり、感染リスクを回避する狙いがある。

 このうち、県は29日、鳳凰三山の登山口に当たる県営林道南アルプス線の山の神ゲートから夜叉神ゲートの区間(6.4キロ)を閉鎖する。

 また、南アルプス市は28日、登山者が多く訪れることを想定し、櫛形山の中尾根登山道の入り口など3カ所に「入山を控えてください」と呼び掛ける看板を設置した。

【山梨日日新聞 4月29日掲載】

【山梨県内のニュース】

おうちでミレー鑑賞 県立美術館がバーチャル展示室

A202004291_3

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休館となっている山梨県立美術館は、インターネット上で収蔵するミレー作品を鑑賞できる「バーチャル展示室~おうちからミレーへボンジュール~」を美術館のホームぺージ内に開設した。家にいながら美術館内での作品鑑賞を疑似体験できる。
 バーチャル展示室は、ミレーの油彩画11点を鑑賞することができる。画面上に美術館内にあるミレー館の入り口や展示室風景が映し出され、展示されているミレー作品をクリックすると作品の画像と解説文が拡大表示される。展示室の画像は足跡のマークでつないでいて、実際に展示室を歩いて鑑賞しているような感覚を楽しめる。
 作品は「種をまく人」「ポーリーヌ・V・オノの肖像」「鶏に餌をやる女」「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」など。解説文は作品ごとに詳しく掲載している。
 スマートフォンからの鑑賞も可能。担当者は「家で過ごす時間が多くなった皆さんに、アートに触れる機会を提供したい」としている。

(写真)展示室でミレー作品を鑑賞している気分を味わえる県立美術館のサイト

【山梨日日新聞 4月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

シカ食害対策へ専門員

環境省事務所 南ア高山帯で食害防ぐ

053128514610 南アルプス市芦安芦倉の環境省・南アルプス自然保護官事務所に、本年度からシカの食害対策専門員が配置された。同事務所が管理する南アルプスでは標高3千メートルの高山帯までシカが出没。貴重な高山植物やライチョウのすみかとなる草木に対する食害が深刻化しているため対策を強化する。

 自然保護官事務所は2008年に開設。山梨、長野、静岡の3県にまたがる南アルプス国立公園の動植物の保護や開発行為に対する許可や指導などを行っている。

 昨年度までは自然保護官と同補佐の2人体制だったが、4月から生態系保全等専門員の金丸太一さん(甲府市出身)が着任し、3人体制に増強された。

 同事務所によると、南アルプスでは温暖化や雪の減少、猟師の高齢化などの要因が重なり、シカが高山帯まで行動範囲を拡大。キタダケソウやタカネマンテマなどの貴重な高山植物の食害が確認され、絶滅が危惧されるライチョウの生息数の減少にもつながっているという。

 金丸さんは大学で環境学を学んだ後、北海道の自治体や民間コンサルタントで鳥獣害の研究、対策に携わった。今後は経験を生かし、シカの生態調査を進め有識者や地域住民らと連携して対策を進める。

 金丸さんは、3千メートルを超える高山帯の南アルプスは「日本で最も対策が難しい」といい、「シカの被害にも地域差がある。しっかり勉強してシカとの知恵比べを頑張りたい」と話している。

 一方、本年度着任した7代目の自然保護官・雨宮俊さんと、4年目の同補佐・本堂舞華さんはいずれも南アルプス市出身。金丸さんを含め3人とも県内出身者となり、雨宮さんは「山を中心とした地域づくりを頑張りたい」と意気込んでいる。

(写真)環境省の南アルプス自然保護官事務所の(左から)雨宮俊さん、金丸太一さん、本堂舞華さん=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 4月28日掲載】

【山岳関連ニュース】

県内登山、自粛を要請

山岳関係者が声明「感染リスク高まる」

 山梨県内の山岳関係者が24日までに、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、登山などアウトドア活動の自粛を求める声明をホームページなどを通じて発表した。緊急事態宣言が山梨を含む全国に拡大された後も、多くの登山者が県内を訪れている現状を指摘。県内の山間部は都市部と比べて高齢者が多く、医療体制も脆弱だとし、ウイルスの感染が山間部で広がれば「即座に人命にかかわる緊急事態に陥ることになる」と訴えている。

 声明は甲府市のアウトドアショップ「エルク」の柳沢仁社長を発起人とし、県内のアウトドアショップや山小屋経営者、野口健さんら県関係の登山家、プロトレイルランナーの山本健一さん、元ロードレーサーの今中大介さんらが賛同者として名を連ねている。

 柳沢社長は緊急事態宣言が全国に拡大された後、週末に大菩薩峠や茅ケ岳などで県外ナンバーの車を多数目撃したといい、「登山者の数は例年より多いと感じた」と説明。「多くの人が登山などアウトドアを楽しむことで、感染リスクは高まると考え、声明を出すことにした」と語った。

 声明では、県内山間部の高齢者比率の高さ、医療体制の脆弱性に触れ、感染拡大の危険性を指摘。さらに登山などアウトドア活動で、けがや遭難などのトラブルが発生した場合、「資源の逼迫する医療関係機関へより一層の負担を強いることになる」とも主張している。

 県内での感染拡大を防ぐため、県民がアウトドア活動を控えるとともに、アウトドア活動を目的に県外から来県することの自粛を呼び掛けている。

 例年、5月の大型連休中は多くの登山者が訪れることを踏まえ、柳沢社長は「一人一人が責任を持ち、慎重に行動することが必要。感染を早く終息させることが登山者にとってもプラスになる」と話している。

【山梨日日新聞 4月25日掲載】

【山梨県内のニュース】

GW中の来県控えて

長崎知事、行列対策も求める

 長崎幸太郎知事は24日の記者会見で、大型連休中の新型コロナウイルスの感染防止対策を強化するため、県外在住者に対して不要不急の来県自粛を要請した。観光物販店には行列を作らないための工夫など対策の徹底を求めた。県は緊急事態措置の一部を変更し、要請内容を盛り込んだ。

 県外在住者には日帰りや宿泊を問わず、観光やレジャーでの来県、不要不急の帰省をしないよう要請。やむを得ず来県し、滞在する間は食料品の買い出しなど生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛するよう求めた。長崎知事は会見で「ゴールデンウイーク期間には、さらに多くの観光客が訪れることが想定される」と述べ、警戒感を示した。

 県は具体的な取り組みとして、旅行関係団体に県外在住者に対して来県自粛を呼び掛けるよう協力を求めるほか、県の観光情報サイトやSNS(会員制交流サイト)でも周知を図る。市町村や事業者らには観光客が利用する駐車場などの閉鎖も要請している。

 緊急事態措置の「適切な感染防止対策の徹底を要請する施設」には新たに温泉施設、ゴルフ場、観光物販店を追加。スーパーなどには対面接客時の店員と客の距離の確保、屋外運動施設の屋内部分の使用停止、観光物販店に行列を作らないための工夫を施すよう求めた。

 緊急事態措置の一部変更は24日、県庁で開かれた県の関係総合対策本部会議で決めた。

 一方、長崎知事、県市長会長の堀内富久都留市長、県町村会長の佐野和広南部町長らが同日、テレビ会議を開き、「苦渋の決断 今はまだ山梨に来ないで宣言」を採択。県外在住者への観光・レジャー目的での来県自粛などを求めている。

【山梨日日新聞 4月25日掲載】

【山岳館便り】

山小屋情報

◆山小屋料金が改訂されました(2020年4月現在)。詳しくは南アルプスNETの各山小屋のページをご覧ください。

◆例年はゴールデンウィークから営業開始する山小屋がありますが、そちらもコロナウイルス感染拡大の影響で営業を検討しているところもあるようです。

 〈4月25日現在の情報〉
・夜叉神峠小屋=GW中は営業しません
・夜叉神ヒュッテ=4月25日~4月28日 売店のみ営業
・南御室小屋/薬師岳小屋/北沢峠こもれび山荘/長衛小屋=営業しません

*その他GW中の営業に関しては直接山小屋にお問い合わせください。

4

4月13日は夜叉神峠1日中雪でした。 14日朝、積雪の夜叉神峠です。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

GW期間、登山道閉鎖

北杜市、甲斐駒や八ケ岳など

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、北杜市は23日、ゴールデンウイーク(GW)期間中(29日~5月6日)に甲斐駒ケ岳や八ケ岳の登山道などを閉鎖することを決めた。

 市によると、閉鎖するのは甲斐駒ケ岳と八ケ岳、瑞牆山、茅ケ岳、日向山、金ケ岳、横尾山、雨乞岳の市内登山道計11路線。吐竜の滝や川俣川東沢渓谷、尾白川、精進ケ滝の遊歩道も立ち入りを禁止する。

 GW期間中に県内外からの登山客の増加が予想されることから、感染防止のため閉鎖を決めた。登山道の入り口などにはロープやバリケードを設置する。今後の感染状況によっては閉鎖期間の延長も検討するという。

 周辺の韮崎市も近く、鳳凰三山や甘利山、茅ケ岳など市内全ての登山道入り口や駐車場に登山自粛を求める看板を設置予定。南アルプス市は登山の自粛を求めている。

【山梨日日新聞 4月24日掲載】

【山岳関連ニュース】

林道と登山道、小菅村が閉鎖

村内21路線を順次

 小菅村は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、23日から村内の林道と登山道計21本を順次通行止めとする。対象は村内すべての林道10路線と三頭山や鶴寝山につながる登山道11路線で、期間は5月6日まで。

 村源流振興課によると、18、19の両日、登山を目的に東京や神奈川から数多くの観光客が村を訪れた。「道の駅こすげの駐車場が8割埋まり、ゴールデンウイーク並みの人出だった」(同課)ことなどから、村内での感染拡大を防ぐため林道と登山道の通行止めを決めた。

 村は林道のゲートを閉鎖するほか、登山道の入り口にカラーコーンを設置。張り紙で通行止めを周知する。付近の駐車場も閉鎖する。同課担当者は「村内には重症化しやすいとされる高齢者が多い。感染拡大を防ぐための措置で、理解を求めたい」と話している。

【山梨日日新聞 4月23日掲載】

【山梨県内のニュース】

高速バス全て運休 路線は休日ダイヤも 山梨交通

 山梨交通は21日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、24日から同社が運行する高速バスを全て運休すると発表した。
 同社によると、24日から運休するのは「竜王・甲府~羽田空港線」と「竜王・甲府~名古屋線」。既に「竜王・甲府~静岡線」は4日から、「竜王・甲府~成田空港線」は10日からそれぞれ運休するなどしており、全路線で高速バスが運休となる。
 ただ、24日以降は「甲府~バスタ新宿線」と「身延・南アルプス市~バスタ新宿線」の京王便が運行する。
 また、路線バスは25日から5月10日にかけて「長塚~奈良原線」「県立中央病院~豊富線」「伊勢町~上帯那線」「韮崎~下教来石線」など一部の路線を除いて土休日ダイヤで運行する。身延山乗合タクシーなどは全便運休となる。

【山梨日日新聞 4月22日掲載】