芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2020年1月

【山岳館便り】

意外と楽しい?!バードウォッチング

今年は例年に比べ暖かい日が多く、県外では冬眠から覚めた熊がいたとのニュースを耳にしました。今年は、もしかすると春と勘違いして早々目覚める動物が多いかもしれませんね。

山岳館の周りでは、1月4日にカモシカに遭遇しましたが、それ以外に見かける動物といったら鳥くらいでしょうか。木の葉が落ち、山の中がとても見やすくなっていることもあって、この季節は鳥の観察にピッタリ。

Photo_5

シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヒガラ、コゲラ、ヤマガラ=写真上、ルリビタキ=写真下、カケス、クマタカ・・・

Photo_6

芦安市営駐車場の山側に車を止めて、車の中から鳥の観察をしてみてはいかがでしょうか。
暖かい服装をして山の中を散策しながら鳥を探すのも楽しいですね。
肉眼では見えにくい色や柄も、双眼鏡があるとよく見えます。
運が良ければ、他の動物にも会えるかもしれません。

*** さあバードウォッチングを始めよう ***

まずは、準備。
あらかじめ双眼鏡の視度を合わせておきましょう。
よ~く耳を澄まして鳥の声や動く音をキャッチ。
音の方を向き、一点に集中せず全体を見ます。
そうすることで、鳥の動きに気づきやすくなります。
鳥を見つけたら、顔を動かさず双眼鏡を当てましょう。
双眼鏡を当てたまま顔を動かすと、鳥がどこにいたのか分からなくなってしまうことがあります。

コツを押さえて、みなさんもバードウォッチングを楽しんでくださいね!

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

「甲斐百山」の魅力紹介 山岳会支部が選定、書籍に

051018955966

 日本山岳会山梨支部(深沢健三支部長)は、「山梨百名山」とは別に選定した「甲斐百山」を紹介した書籍を出版した。山容の美しさや住民生活との関わりなどの観点で選んだ、標高数百メートルの里山から3千メートル級の高山を紹介。県内外の山岳会などに配布し、市販では完売した。2月中の増刷を予定している。
 支部創立70周年の記念事業。知名度が高い「日本百名山」や「山梨百名山」に入らない山に目を向け、より多様な山の魅力や価値を知ってもらおうと企画し、支部の機関誌「甲斐山岳」の第11号別冊として刊行した。
 支部会員の推薦を基に約140の山を登って調査。山容の美しさや森林、谷など地形的な特徴に加え、炭焼きや信仰登山など住民生活との関わりの深さなど多角的な観点から100の山を選んだ。
 整った台形で、高山植物や周囲の眺望にも恵まれた高嶺(北杜市、南アルプス市)や、奥秩父山系の最高峰でありながら、注目されることが少ない北奥千丈岳(山梨市)などを掲載。写真付きで登山史や登山道の特徴、周辺の史跡などを紹介している。A5判208ページ。
 初版の400冊は県内外の山岳団体や図書館に配布。店舗や同支部を通じた販売も行い、完売した。増刷を求める声が多いことから、記念事業とは切り離した公益事業として、追加で300冊の印刷を決めた。
 同支部は「山梨には歴史的、文化的価値のある山が数多くある。書籍を通じて県内の登山振興に貢献したい」としている。
 県内のアウトドアショップや書店で1650円で販売する。支部を通じた購入は1500円。申し込み、問い合わせは支部事務局、電話090(4539)3059。〈野口健介〉

(写真)日本山岳会山梨支部が発行した「甲斐百山」を紹介した書籍

【山梨日日新聞 1月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

マンホールに桃や北岳 南アルプス市が新デザイン

A202001273_2

 南アルプス市は、市内に設置する公共下水道のマンホールのふたのデザインを新しくした。2018年の市制15周年に合わせて決めた市のシンボルを取り入れ、20年度から行う下水道工事で導入していく。

 市下水道課によると、市内に設置されているマンホールは約1万1千カ所。釜無川流域下水道事業に伴う整備で旧芦安村を除く旧5町村がデザインしたふたが使われ、03年の南アルプス市発足後はそれぞれのデザインに市章を追加して使っていた。

 新デザインは、市のシンボルに決まった木の桃、花のアヤメ、鳥のライチョウ、山の北岳を盛り込んだ。直径60センチで、着色はしていない。市下水道課は「市の魅力の発信にもつなげたい」としている。

 20年度に発注する工事から導入するため、市内で目にするのは夏ごろ以降になる見通し。サンプルは市下水道課がある市企業局(飯野)の玄関に展示されている。今後、マンホールカードの発行も検討している。

【写真】新しくデザインされたマンホールのふた=南アルプス市企業局

【山梨日日新聞 1月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

ライチョウ保護策、サポーターが探る

064702113479  山梨、長野、静岡3県の10市町村でつくる「南アルプス自然環境保全活用連携協議会」(会長・金丸一元南アルプス市長)は25日、市地域防災交流センターで、ライチョウの保護や飼育状況について学ぶ勉強会を開いた。

 生息南限とされる南アルプスのライチョウを守る活動をしている「南アルプスライチョウサポーター」を対象とした勉強会で県内では初開催。県内外から52人が参加した。東邦大訪問研究員の小林篤さんがライチョウの保護増殖事業について講演。東京・上野動物園の高橋幸裕さんは、ライチョウ飼育の取り組みや一般公開展示の様子を紹介した。

 「南アルプスライチョウサポーター」は、2016~18年に山梨、長野、静岡、首都圏の4会場で行われた養成講座の修了者954人が認定されている。協議会はサポーターからのライチョウ発見情報を集約し、保護の取り組みを進めている。

【写真】ライチョウの保護状況などを学んだ勉強会=南アルプス市地域防災交流センター

【山梨日日新聞 1月26日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳遭難最多165件 昨年県内60歳以上が半数

 山梨県内の2019年の山岳遭難事故は165件(前年比20件増)発生し、遭難者数は185人(同10人増)で、いずれも統計が残る1965年以降、最多だったことが23日、県警のまとめで分かった。
 県警地域課によると、これまで最多だった17年と比べ、遭難件数は4件、遭難者数は5人増えた。死者は30人(前年比5人増)、負傷者は83人(16人増)、行方不明者は1人(3人減)だった。
 事故の状態は転倒が44件で最多。次いで滑落が43件、道迷いが36件、発病・疲労が19件など。山系別では南アルプス山系が68件と最も多く、八ケ岳・秩父山系が44件、大菩薩・道志山系が35件、富士・御坂山系が18件だった。遭難者は60歳以上が85人と全体の半数近くを占め、50代、40代が続いた。遭難者の居住地は県外が161人で全体の9割近くに上った。
 同課は登山者の増加が事故数の増加につながったとみている。体力や登山技術に見合わない山に登った遭難者も多かったといい、県警は登山者への指導を強化する方針。
 県警の原幸太郎本部長は23日の会見で「高齢化が進むと登山者の年齢も上がり、事故数、死者数が増加する可能性がある。歯止めを掛けなければいけない」と述べた。

【山梨日日新聞 1月24日掲載】

【季節の便り】

トラクターで冬景色満喫 北杜

A202001223_4

 清泉寮などを運営する北杜市高根町清里のキープ協会(浅田豊久理事長)は、牧草を積んだトラクターの荷台に乗って牧草地を周遊するアトラクション「冬のヘイライド」をしている。
 雪化粧をした山々の景色を楽しんでもらおうと企画。1回10~15分で、清里開拓のシンボルである緑色の米国製トラクターの荷台から、八ケ岳や富士山、南アルプスなどを一望することができる。
 協会担当者は「360度にわたり何も遮るものがないパノラマは壮観。景色を楽しみながら農場気分を味わってほしい」と話している。
 3月29日まで。土、日、祝日限定で、午前11時半、午後1時半の2回運行する。1人500円。雨天と降雪時は中止。チケット購入、問い合わせは清泉寮ジャージーハット、電話0551(48)4441。

(写真)牧草を積んだトラクターに乗って牧草地を周遊する「冬のヘイライド」=北杜市高根町清里

【山梨日日新聞 1月22日掲載】

【山岳館便り】

芦安で写真展 レンジャー大自然活写
南アルプス国立公園でのショットも

A202001221

 関東地方の国立公園などで活動する環境省のアクティブ・レンジャーが撮影した写真の作品展(環境省関東地方環境事務所主催)が、南アルプス市芦安芦倉の市芦安窓口サービスセンターで開かれている。昨夏に広河原で展示した作品28点に、南アルプス国立公園内の写真8枚を追加。生き生きとした動植物や美しい風景の写真が並び、来庁者を楽しませている。

 管内の国立公園や国指定鳥獣保護区で働くレンジャー20人が、パトロール中に撮影したA3サイズの写真を展示。南アルプス自然保護官事務所のレンジャー本堂舞華さんは、昨夏に出品した観音岳と荒川岳に、栗沢山からの甲斐駒ケ岳や北岳のキタダケソウなどを追加した。
 また、撮影した場所を示すマップのほか、キタダケソウやライチョウを紹介するパネルなどを、地域おこし協力隊員や集落支援員の協力で作成して展示。シカの食害やレンジャーの活動について紹介するコーナーもある。
 本堂さんは「広河原は登山客や観光客が中心だったが、ここでは地元の皆さんに見てもらえる。窓口や郵便局を利用する際に、足を止めて眺めてほしい」と呼び掛けている。展示は31日まで(土日は閉庁)。

(写真)展示写真を紹介するアクティブ・レンジャーの本堂舞華さん=南アルプス市芦安窓口サービスセンター

【山梨日日新聞 1月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

温泉総選挙、県内2施設1位

 温泉ファンの投票によって全国の温泉地や温泉施設をランキングする「温泉総選挙 2019」で、みたまの湯(市川三郷町大塚)が絶景部門、竜王ラドン温泉(甲斐市富竹新田)が外国人おもてなし部門で、それぞれ1位に選ばれた。県内の温泉施設が部門1位になったのは初めて。
 温泉総選挙は、業界団体などでつくる「旅して日本プロジェクト」が主催。4回目となる今年はリフレッシュ部門やファミリー部門など九つの部門で行い、103自治体から温泉地や温泉施設など128件の応募があった。昨年9月~12月、インターネットや温泉地にある投票用紙で投票を募り、19万9766票が集まった。
 絶景部門には17件が応募。みたまの湯は露天風呂から見渡せる甲府盆地の眺望が人気といい、昨年は別の民間団体による「夜景100選」と「日本夜景遺産」にも選出された。渡辺健作副支配人は「施設からの眺望を目当てに県内外から多くの入浴客が訪れる。引き続き魅力を磨いていきたい」と喜んだ。
 外国人おもてなし部門には3件が応募。竜王ラドン温泉は訪日外国人向けに、英語と中国語でパンフレットや案内看板を製作している。施設の運営会社「湯ーとぴあ」の早川善輝社長は「今後も外国人観光客が利用しやすいように情報発信に努めたい」と話している。
 表彰式は3月上旬に東京都内で行われる。

【山梨日日新聞 1月21日掲載】

【山梨県内のニュース】

人引き寄せる 無料通信スポット 県内で広がる

A202001201_3

 スマートフォンの普及に伴い、山梨県内で無料のWi-Fiや充電用の電源を提供するスポットが増加している。
 デイリーヤマザキ山梨学院大学前店(甲府市酒折2丁目)のイートインは、店舗とは別棟で8席を用意。無料Wi-Fiとコンセント、冷暖房を完備している。買い物帰りにスマホを使う学生が多く、日中は満席になることも。利用者の男性は「データ通信量を気にせずに動画やオンラインゲームを楽しめる無料Wi-Fiは助かる。外出先で電源は命綱」と利点を説明した。
 久保覚店長は「見えないWi-Fiの電波が人々を引き寄せているようだ。スマホ時代ならではの光景」と話す。

(写真)無料Wi-Fiとコンセントを備えた、コンビニエンスストアの併設スペース。日中は学生らで満席になる=甲府市酒折2丁目

【山梨日日新聞 1月20日掲載】

【山岳関連ニュース】

南アエコパーク登録5周年、高校生ら研究発表

A202001191

 北杜、韮崎、南アルプス、早川の4市町でつくる「南アルプスユネスコエコパーク県連絡協議会」(会長・渡辺英子北杜市長)は18日、東京エレクトロン韮崎文化ホールで、地元団体による環境保全活動や研究の発表会を開いた。韮崎高環境科学部は、甘利山でレンゲツツジが減少している原因について研究。現地調査などの結果、「土壌の酸性化が進んでいるため」などと成果を報告した。

 南アルプスのエコパーク登録5周年を記念し、知名度や環境保全に対する意識を高めようと企画。約160人が来場した。
 韮崎高は地元の甘利山を調査し、「貴重なレンゲツツジが20年前と比べて減少している」と指摘。土壌のpH測定値を示し、「植物が微生物に分解されて腐植が進んだことで腐植酸が増加し、土壌の酸性化が進行していることが原因として考えられる」などと説明した。
 白根高自然科学部は、櫛形山に分布する、国と県が絶滅危惧種に指定しているスルガヒョウタンボクの生育状況について調査。「設置した防護柵付近で葉の枚数は微増したが、柵がない場所は0枚になった。防護柵は保全に有効」などとした。
 巨摩高自然科学部は櫛形山の植生の変化について説明。航空測量会社「アジア航測」、NPO法人「早川エコファーム」も環境保全や地域活性化の取り組みについて発表した。
 会場ではこのほか、韮崎工高太鼓部や、北杜ふるさと親善大使でシンガー・ソングライターのericaさん、音楽ユニット「風カヲル時」によるコンサートがあった。

(写真)エコパークに関する研究結果を発表する韮崎高環境科学部の生徒=東京エレクトロン韮崎文化ホール

【山梨日日新聞 1月19日掲載】