道の駅とよとみ

 「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞。全国の道の駅の頂点に立ちました。地元農家の新鮮で多彩な朝採り野菜や消費者との交流が、県内外から訪れる人たちの熱い支持を得た結果で、生産農家はより良い農産物づくりに意欲的に取り組んでいます。
住所:中央市浅利1010-1

道の駅とよとみの案内

道の駅とよとみのホームページができました。お気に入りに追加していただき、ぜひ、ご覧ください。

道の駅とよとみホームページ

中央市農業振興公社の案内

 「道の駅とよとみ」の最新情報や耳より情報、山梨日日新聞に掲載された食、健康に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

お知らせ

中央市農業振興公社・道の駅とよとみメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/toyotomi/

【道の駅とよとみ情報】

道の駅とよとみ 桃産地直送宅配便

A_4

 「道の駅とよとみ」では味・品質とも好評の「道の駅とよとみの桃」を贈り物として、どうぞご利用ください。

品 種]桃 白桃種
発送予定時期]7月中旬~8月上旬 
価 格 等]2キロ2,400円~、3キロ4,000円~

※なお、生育状況・天候等により収穫量及び発送日が変更となる事もございますのでご了承ください。

道の駅とよとみ桃産地宅申込書(PDF)ダウンロードはこちら

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 7月15日

A

・すもも(サマーエンジェル)

A_2

・すもも(貴陽)

A_3

・桃(化粧箱)

A_4

・ももパック

A_5

・ゴールドラッシュ

A_6

・ホワイトコーン

A_7

・むきもろこし

A_8

・枝豆

A_9

・空芯菜

A_10

・モロヘイヤ

A_2

・ズッキーニ

A_12

・インゲン

A_13

・カボチャ

A_3

・キュウリ

A_15

・ナス

A_16

・トマト

A_17

・ヒラタケ

A_18

・ミョウガ

A_19

・むきネギ

A_20

・ジャガイモ

A_21

・ハーブ苗

A_22

・切花

A_23

・鉢花

A_24

・寄せ植え

 

皆様のお越しをお待ちしております。

・7月は、休館はありません。

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【道の駅とよとみ情報】

注文受付は終了しました。
とよとみスイートコーン産地宅配便

 「とよとみスイートコーン産地宅配便」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 注文受付は終了しました。
 たくさんのご注文いただき、誠にありがとうございました。

Photo_3

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424

【中央市農業振興公社の情報】

プロレス鷹木選手、中央市長を表敬訪問

 新日本プロレス「IWGP世界ヘビー級王座決定戦」で勝利し、第3代王者に輝いた中央市出身のプロレスラー鷹木信悟選手が7日、同市の田中久雄市長を表敬訪問した。
 鷹木選手は、6月7日に大阪城ホールで行われた王座決定戦に臨み、オカダ・カズチカ選手に勝利した。7月25日には東京ドームで初防衛戦を控えている。
 鷹木選手は市役所を訪れ、田中市長にチャンピオンベルトを披露。鷹木選手には市産の桃が贈られた。鷹木選手は「自分が頑張っている姿を通して、皆さんを元気づけられればうれしい」、田中市長は「ぜひ防衛を果たし、王座を長く保持してほしい」などと激励した。

【山梨日日新聞 7月10日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

ツバメひな誕生、人気者に 道の駅とよとみ

A202107061

 中央市浅利の道の駅とよとみで、今年もツバメのひなが誕生している。かわいらしく動き回るひなの姿が来場者を和ませており、スマートフォンなどで撮影する姿も見られる。
 道の駅によると、ツバメは約20年前から飛来していて、屋外の施設の柱に10カ所以上巣ができている。今年は5月上旬から巣を作り始め、次々とひなが誕生している。
 道の駅では巣の近くに、親鳥がひなに餌をあげている様子のイラストと、「頭上にツバメの巣があります」との注意を呼び掛ける文を掲示。ふんはこまめに清掃している。
 道の駅とよとみの担当者は「ツバメの飛来は縁起が良く、幸運や商売繁盛の象徴と言われている。温かく見守ってくれればうれしい」と話している。ひなが巣立つ7月中旬ごろまで観察できるという。

(写真)巣の中ですくすくと育つツバメのひな=中央市浅利

【山梨日日新聞 7月6日掲載】

【中央市農業振興公社の情報】

浅利与一がテーマ、21日に講談鑑賞会

 中央市教委は21日午後1時半から、同市の玉穂生涯学習館で、甲斐源氏の一族で、弓の名手として知られる浅利与一をテーマにした講談の鑑賞会を開く。16日まで参加者を募集している。
 市教委によると、1221年に死去したという与一の没後800年を記念し、与一の生涯を知ってもらおうと企画。歴史的な人物をモデルに講談を創作する扇屋文雀さん=大月市=が講師となり、市ゆかりの与一を題材にした講談の演目を披露する。
 65歳以上の市民を対象にしている「まごころ学園」の一環で、事前申し込みが必要。定員は40人(先着順)。
 申し込みは市教委生涯教育課、電話055(274)8522。

【山梨日日新聞 7月3日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

豊富産の桃販売、おいしさをPR

 中央市浅利の道の駅とよとよみは11日午前9時から、同所で、市産の桃のおいしさをPRする恒例イベント「桃フェアー」を開く。
 豊富地区の農家が収穫した「夢あさま」などの品種を、2キロと3キロの箱入りやパック詰めで販売。桃をしぼったジュースも買い求めることができる。例年は「収穫祭」と題して桃の試食も行っているが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため実施しない。
 商品が無くなり次第終了。道の駅の担当者は「取れたての桃を購入することができる。甘みの強い濃厚な味を楽しんでほしい」と話している。
 問い合わせは道の駅とよとみ、電話055(269)3424。

【山梨日日新聞 7月3日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

道の駅とよとみ ホームページ開設

道の駅とよとみのホームページができました。

ホームページのアドレスは、https://michinoeki-toyotomi.com/ です。

お気に入りに追加していただき、ぜひ、ご覧ください。

A_16

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115