道の駅とよとみ

 「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞。全国の道の駅の頂点に立ちました。地元農家の新鮮で多彩な朝採り野菜や消費者との交流が、県内外から訪れる人たちの熱い支持を得た結果で、生産農家はより良い農産物づくりに意欲的に取り組んでいます。
住所:中央市浅利1010-1

道の駅とよとみの案内

中央市農業振興公社の案内

 「道の駅とよとみ」の最新情報や耳より情報、山梨日日新聞に掲載された食、健康に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

お知らせ

中央市農業振興公社・道の駅とよとみメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/toyotomi/

【道の駅とよとみ情報】

中央市とよとみ愛情♡やまなし農産物パック
「産地直送宅配便」

A

 コロナウイルスの影響で「道の駅とよとみ」にお越しになれないお客様に味・品質とも好評の「中央市とよとみ産の旬の野菜」を贈り物として、どうぞご利用ください。

 品名「旬の野菜パック」
発送予定時期]12月中旬〜2月下旬
価 格 等]1箱 1,500円(送料別途)

※なお、生育状況・天候等により収穫量、商品内容及び発送日が変更となる場合もございますのでご了承ください。

道の駅とよとみ「愛情♡やまなし農産物パック」宅配申込書(PDF)のダウンロードはこちらから

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 1月15日

A

・あんぽ柿

A_2

・トマト

A_3

・イチゴ

A_4

・キウイフルーツ

A_5

・干し芋

A_6

・焼イモ

A_7

・キクイモ

A_8

・サツマイモ

A_9

・サトイモ

A_10

・テイモ

A_11

・切ゴボウ・切ニンジン

A_12

・長ニンジン

A_13

・土ゴボウ

A_14

・土ネギ

A_15

・白菜

A_16

・ホウレンソウ

A_17

・チヂミホウレンソウ

A_18

・キュウリ

A_19

・生椎茸

A_20

・大豆

A_21

・切花(ラナンキュラス)

 

皆様のお越しをお待ちしております。

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市農業振興公社の情報】

成人式マスク姿で

 成人の日(11日)を前に、中央や南部、富士川、鳴沢の4市町村で9日、成人式が行われ、あでやかな晴れ着やスーツにマスク姿の新成人が旧交を温め、大人への決意を新たにした。
 中央市の成人式は昭和・アピオで開催。市内の新成人は約360人で、新型コロナウイルス感染防止の対策として田富、玉穂の出身中学校ごとの2部制で実施した。
 田中久雄市長は「若い力が明るい社会を切り開く原動力となる。友人や仲間、家族など人とのつながりを大切にし、大人としての自覚を持って過ごしてほしい」とあいさつ。新成人代表は「これまでお世話になった人たちに恩返しができるよう、それぞれの夢や目標に向かって邁進していく」と誓いの言葉を述べた。
 市ホームページでは、成人を迎える同市出身で東京五輪卓球女子団体代表の平野美宇選手のビデオメッセージも配信され、同級生らがスマートフォンで見て懐かしむ様子もあった。専門学生は「オリンピックの出場は昔からの夢。金メダルを目指して活躍してほしい」とエールを送った。

【山梨日日新聞 1月10日掲載】

【中央市農業振興公社の情報】

中央市 市内医療機関後押し

A202101084

 中央市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う市内医療機関への支援策として、同市の山梨大付属病院に支援金1千万円を贈った=写真。
 支援金は山梨大の「新型コロナウイルス感染症緊急対策基金」に寄付する形で贈った。昨年12月24日に田中久雄市長が山梨大医学部キャンパスを訪れ、島田真路学長に目録を手渡した。
 田中市長は「大変厳しい状況だが、支援金を役立てていただき、新型コロナウイルス感染症が収束するまで闘いを続けてもらいたい」とあいさつ。島田学長は「多額の支援をいただき大変ありがたい。今後も病院全体が一丸となって最大限の努力をしていく」と話した。
 市によると、支援金は新型コロナウイルス感染症の対応などに当たる医療機関と医療従事者の支援が目的。入院設備のある玉穂ふれあい診療所に200万円、ほかの医療機関31施設には一律で50万円を贈る。

【山梨日日新聞 1月8日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

迎春2021 農産物情報 1月1日

旧年中のご愛顧を感謝申し上げます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

1月2日(土)から営業いたします。午前9時から午後5時までです。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

A

・トマト

A_2

・キウイフルーツ

A_3

・チヂミホウレンソウ

A_4

・あんぽ柿

A_5

・枯露柿

A_6

・土ゴボウ

A_7

・長ニンジン

A_8

・白菜

A_9

・ダイコン

A_10

・キャベツ

A_11

・小松菜

A_12

・ブロッコリー

A_13

・大豆

A_14

・切干大根

A_15

・正月飾り

A_16

・正月飾り

A_17

・寄せ植え(迎春)

A_18

・寄せ植え(迎春)

 

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市農業振興公社の情報】

山梨大病院に1000万円支援金

 中央市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、患者の受け入れやPCR検査などをする市内の医療機関に対し、支援金を給付する。支援額は1千万~50万円で、関連予算案を開会中の12月定例市議会に追加提出する。
 市によると、新型コロナウイルス感染症の対応に当たる医療機関と医療従事者の支援が目的。患者の受け入れや検査を実施していない医療機関に対しても、「感染防止対策を講じるための費用」(市担当者)として給付する。
 対象は市内にある医療機関33施設。新型コロナウイルス感染が判明した患者の受け入れやPCR検査などを実施する山梨大付属病院に1千万円、入院設備のある玉穂ふれあい診療所に200万円、歯科医院を含むクリニックなど計31施設は一律50万円を給付する。金額は病床数に応じて決定した。
 支援金は各医療機関で備品の購入や施設整備費などの感染防止対策に充ててもらう予定。市の担当者は「これからインフルエンザとの同時流行も懸念される。できるだけ早く支給し、地域の医療を支援していきたい」と話している。

【山梨日日新聞 12月17日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 12月14日

A

・枯露柿

A_2

・干し芋

A_3

・カリフラワー

A_4

・ブロッコリー

A_5

・チヂミホウレンソウ

A_6

・チヂミ小松菜

A_7

・キウイフルーツ

A_8

・長ニンジン

A_9

・土ゴボウ

A_10

・干しダイコン

A_11

・ムキネギ

A_12

・白菜

A_13

・大根

A_14

・野沢菜

A_15

・切干大根

A_16

・大豆

A_18

・正月飾り

A_17

・葉ボタン寄せ植え

A_19

・寄せ植え

 

年末は、12月30日(水)まで営業いたします。午後5時までです。

新年は、1月2日(土)からの営業いたします。午前9時から午後5時までです。

皆様のお越しをお待ちしております。

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市農業振興公社の情報】

感染防止グッズ 障害児者に贈る

A202012113_2

 中央市は新型コロナウイルス感染防止対策として、市内の障害児と障害者に、マスクや除菌スプレーなどの詰め合わせを贈った。
 市福祉課によると、詰め合わせは新型コロナウイルス感染が続く中、市内で過ごす障害児と障害者の感染防止に役立ててもらおうと企画した。
 「地域で暮らす 感染防止応援グッズ」と名付け、50枚入りマスクや2種類のハンドソープ、除菌シート2袋、除菌スプレーの約5千円分の衛生用品をセットにしている=写真。
 事業費は975万円。対象は9月末現在で障害者手帳を持ち、在宅で過ごしている約1300人で、1人1セット。
 同課の担当者は「マスクやハンドソープを活用し、感染しないための対策を習慣づけてほしい」と話している。

【山梨日日新聞 12月11日掲載】