道の駅とよとみ

 「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞。全国の道の駅の頂点に立ちました。地元農家の新鮮で多彩な朝採り野菜や消費者との交流が、県内外から訪れる人たちの熱い支持を得た結果で、生産農家はより良い農産物づくりに意欲的に取り組んでいます。
住所:中央市浅利1010-1

道の駅とよとみの案内
シルクふれんどりぃの案内

 「道の駅とよとみ」「シルクふれんどりぃ」の最新情報や耳より情報、山梨日日新聞に掲載された食、健康に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

お知らせ

道の駅とよとみ&シルクふれんどりぃメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/toyotomi/

【道の駅とよとみ情報】

3月25日は与一の日

293

 毎月第4土曜日は、与一の日です。3月は、25日に開催します。皆様のご来店お待ちしております。

日 時
平成29年25日(土)9:00~18:00

会 場
中央市 道の駅とよとみ

内 容
目玉商品! 肩ロースチャーシュー2割引き
 通常100グラム580円を464円でお試し価格で販売します。
 
ポタージュの素 試食・販売 大根甘酢漬け試食・販売
 
ソフトクリーム みそソフト 通常380円を330円で販売

 

 

<お問い合わせ>
道の駅とよとみ   電話:055-269-3424
与一工房      電話:055-269-4115

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 3月15日

A_4

・アスパラ  …  サラダにおすすめです。

 

A_6

・カキナ  …  おしたしにして美味しいです。
 

A_7

・トマト

 

A_9

・ナバナ  …  茹でておしたしやサラダにおすすめです。

 

A_10

・レタス



3月は、休館日がありません

 
 皆様のお越しをお待ちしております。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【道の駅とよとみ情報】

「とまチュウバス」特製シートでPR

■利用者に限定配布

20170314 中央市のコミュニティーバス「とまチュウバス」を運行する市地域公共交通活性化協議会は、バスのPRグッズとしてレジャーシート=写真=を作った。14日から、バス利用者に100個限定で配る。

 春の行楽シーズンに合わせ、明るい水色を基調にした縦60センチ、横90センチのビニール製。バスの写真、バスの愛称にもなっている市商工会青年部が作ったゆるキャラ「とまチュウ」や、市ゆかりの弓の名手・浅利与一のイラストを入れた。

 市総務課の担当者は「バスで市内の桜の名所を訪れ、レジャーシートを使って春を満喫してもらいたい」と話している。

【山梨日日新聞 3月14日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 3月1日

Photo_2

・ふきのとう
 

Photo_4

・わさび菜  …  おひたしがおすすめです。
 

Photo_6

・うぐいす菜  …  茹でて、酢味噌がおすすめです
 

Photo_7

・ホウレン草
 

Photo_8

・福寿草
 

Photo_9

・パンジー、すみれ
 

Photo_10

Photo_11

・寄せ植え


3月は、休館日がありません

 
 皆様のお越しをお待ちしております。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【シルクふれんどりぃ情報】

中央市に春を呼ぶ 「ひな人形展」開催中

江戸中期の享保雛をはじめ、昭和にわたる雛人形の変遷を一堂にご覧ください。また、内裏雛のまわりに飾られた添雛や横沢雛など250体以上がみなさまをお待ちしてます。

期間平成29年4月9日(日)まで
休館日]月曜・祝日の翌日
入館料]大人250円 こども100円 ※幼児と65歳以上は無料

お問い合わせ
豊富郷土資料館 TEL055-269-3399

【道の駅とよとみ情報】

中央市産食材たっぷり あすから「桜の花見弁当」販売

201702281_2

 中央市浅利の「道の駅とよとみ」内のレストランシルク(竹之内一恵オーナー)は3月1日から「桜の花見弁当」=写真=の販売を始める。

 お花見シーズンを控え、市内の食材を多く使った弁当で楽しんでもらおうと企画。市産食材を使ったチヂミホウレンソウの白あえやフキノトウとナガイモの天ぷら、大根の漬物など9品目。市のブランド米「富穂」は白米と、シイタケや卵を入れ菜の花をあしらった酢飯にした。

 赤飯と大根の梅酢漬けは、桜の花びらの形にして春らしさを演出した。

 価格は680円で、購入数日前の予約が必要。4月10日まで販売する予定。問い合わせ、予約は道の駅、電話055(269)3424

【山梨日日新聞 2月28日掲載】

【シルクふれんどりぃ情報】

平野美宇選手の歩み紹介 中央市

201702251

 中央市の玉穂生涯学習館と田富図書館は3、4月、同市出身で卓球の全日本選手権女子シングルスを史上最年少で制した平野美宇選手を祝う企画展示をする。平野選手が幼いころ両館を訪れていたことから、お気に入りだった絵本などを紹介する。

 平野選手の好きな本や母校・田富北小時代に手掛けた作品、平野選手の戦績などを紹介する。絵本は、図書館司書が平野選手の母・真理子さんから聞いた作品を展示する。

 田富北小時代の作品は写真で紹介する。平野選手が6年生の時に作った粘土細工の人形や自画像の版画、カラフルなオルゴールを掲示する。粘土細工は、金メダルを首に下げて笑みを浮かべている。

 平野選手に向けた応援メッセージを記入できるコーナーや、平野選手が掲載された市の広報、出場大会の戦績を展示するコーナーも設ける。

 企画展は玉穂生涯学習館で3月11~30日、田富図書館で4月1~20日に開く。期間中、学習館は3月13、20、27日、図書館は4月3、10、17日が休館。問い合わせは学習館、電話055(230)7300。
 
(写真)展示の準備を進める司書=中央・玉穂生涯学習館

【山梨日日新聞 2月25日掲載】