道の駅とよとみ

 「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞。全国の道の駅の頂点に立ちました。地元農家の新鮮で多彩な朝採り野菜や消費者との交流が、県内外から訪れる人たちの熱い支持を得た結果で、生産農家はより良い農産物づくりに意欲的に取り組んでいます。
住所:中央市浅利1010-1

道の駅とよとみの案内

 「道の駅とよとみ」の最新情報や耳より情報、山梨日日新聞に掲載された食、健康に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

お知らせ

中央市農業振興公社・道の駅とよとみメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/toyotomi/

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 9月15日

Img_9617

・紫さつま芋  ……  芋ようかん・ケーキにおすすめ品です。
 

Img_9619_2

・サトイモ
 

Img_9620

・土ごぼう
 

Img_9622_2

・トマト
 

Img_9623

・ナス
 

Img_9625

・クリ
 

Img_9626

・シャインマスカット
 

Img_9627_2

・ナシ
 

Img_9629

・イチジク


<休館日のお知らせ>
9月は、19日(火)が休館となります。

 
 皆様のお越しをお待ちしております。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【道の駅とよとみ情報】

シルバーウイーク 道の駅とよとみ感謝祭

H29

新鮮な野菜・果物 各種取り揃えています!
むらさき芋ソフト限定販売
できたてウインナー販売
 
[開催日] 9月16日(土)~18日(月)
[開催時間]午前9時~午後6時

 
 皆様のお越しをお待ちしております。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市の情報】

与一の功績たたえる 中央市・大福寺で式典

201709081

 中央市と同市大鳥居の大福寺(若尾宜恭住職)は7日、大福寺与一公墓所で浅利与一の功績をたたえる顕彰式典を行った=写真。

 鎌倉時代の弓の名手として知られる浅利与一の命日(9月7日)に合わせて毎年実施。市の職員や寺の檀家ら18人が参加し、法要や献杯を行い浅利与一をしのんだ。

 田中久雄市長が「(与一公の)ご遺徳を鑑み、中央市の明るい未来に向け、住んで良かったと思ってもらえるよう行政運営を行う」と、顕彰の辞を奉納した。

【山梨日日新聞 9月8日掲載】

【中央市の情報】

田富福祉センター閉館 中央市社協は総合会館に移転

201709073

 中央市臼井阿原の田富福祉センターはこのほど、市役所田富庁舎の増改築に伴い閉館した。併設していた市社会福祉協議会田富支所は田富総合会館に移転。センターの部屋を借りて活動していた団体は、同会館や玉穂総合会館で受け入れる。

 センターは鉄骨平屋建てで1985年に利用を始めた。同支所が田富地区の65歳以上の高齢者でつくる「ことぶきクラブ連合会」やボランティア団体の窓口を務め、ヨガやマージャンなどのサークルに活動場所を貸していた。

 センターは市役所田富庁舎増築予定地にあり、10月下旬から解体工事に着手する。支所の窓口は田富総合会館に移し、これまで通り業務を続ける。市内サークルへの活動場所の貸し出しは同会館と玉穂総合会館で対応する。
 
(写真)市役所田富庁舎の増築に伴い閉館した田富福祉センター=中央市臼井阿原

【山梨日日新聞 9月7日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報(9月1日)

Aimg_3007

・シロウリ  ……  漬物等におすすめです。
 

Aimg_3017

・ホワイトショコラ(白いもろこし)
 

Aimg_3009

・長ネギ
 

Aimg_3008

・ニガウリ
 

Aimg_3024

・トウガラシ  ……  辛さの目安は、★3つです。
 

Aimg_3015_3

・バターナッツカボチャ  ……  スープにおすすめです。
 

Aimg_3012_3

・ニンニク
 

Aimg_3011_4

・アスパラ
 

Aimg_3005

・生ラッカセイ
 

Aimg_3023_2

・ポポー  ……  豊富地区で栽培した北米原産の果実です。
 

Aimg_3021

・とうもろこしのドレッシング(夏季限定)  ……  とうもろこしがたっぷり!

 
 皆様のお越しをお待ちしております。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【道の駅とよとみ情報】

「いっぴんやまなし」事業拡大 県商工会連合会

201728291

 県商工会連合会は、会員企業の商品や特産品を県内の道の駅などで販売する「いっぴんやまなし」の事業拡大に向け、甲斐市の経営コンサルティング会社と業務提携した。商品開発やPR方法の改善などを進め、現在4カ所の販売コーナー設置施設を県内全域に広げる狙い。

 「いっぴんやまなし」は会員企業が開発した商品の販路拡大を目的に、2000年に初めて「道の駅とよとみ」(中央市)の一角に開設。現在は「道の駅にらさき」(韮崎市)、「ほったらかし温泉」(山梨市)、「道の駅こすげ」(小菅村)の計4カ所でレトルトほうとうや果実のドレッシング、ネクタイなどの商品を販売している。

 コーナーの管理運営は同連合会が担当。各地域独自の商品が手に入るとして人気があるが、「コーナーの存在感を高めて事業拡大を図ることで、より多くの逸品を紹介したい」(経営支援課)として、甲斐市の「ITKプランニング」と業務提携した。

 同社は今後、商品の特徴を解説するPOP(店頭販促物)の改善を進めるほか、試飲や試食で得た利用者の意見や要望を出品者に伝え、商品改善につなげる。県内スーパーで長い勤務経験がある同社の田中辰明社長は「実績を積み、コーナー設置場所を増やしたい」と話している。

 同連合会は現在、「いっぴんやまなし」事業で新規出品者を募集中。同課は「より魅力的な商品PRの場となるよう連携して取り組み、会員企業の販路拡大を支援したい」としている。
 
(写真)「いっぴんやまなし」のコーナー。民間ノウハウを導入し、県内全域への拡大を目指す=韮崎・道の駅にらさき

【山梨日日新聞 8月29日掲載】

【中央市の情報】

「防災の日」前に災害の備え 中央市で訓練

201728281

 9月1日の「防災の日」を前に、中央、昭和の両市町は27日、防災訓練を行った。中央市では住民が災害時に使うマンホールトイレの設置方法を学び、昭和町では中学生が総合的な学習の時間に作成した地域の危険箇所の地図を住民に示した。

 中央市は69の自治会で訓練を実施。玉穂南小では4自治会167人が参加した。同小に六つあるマンホールトイレの設置方法や利用方法について市下水道課の職員から説明を受け、災害に備えた。

(写真)マンホールトイレの設置方法を住民に説明する職員=中央・玉穂南小

【山梨日日新聞 8月28日掲載】