道の駅とよとみ

 「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞。全国の道の駅の頂点に立ちました。地元農家の新鮮で多彩な朝採り野菜や消費者との交流が、県内外から訪れる人たちの熱い支持を得た結果で、生産農家はより良い農産物づくりに意欲的に取り組んでいます。
住所:中央市浅利1010-1

道の駅とよとみの案内

中央市農業振興公社の案内

 「道の駅とよとみ」の最新情報や耳より情報、山梨日日新聞に掲載された食、健康に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

お知らせ

中央市農業振興公社・道の駅とよとみメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/toyotomi/

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 7月31日

A

・桃

A_2

・太陽

A_3

・ネクタリン

A_4

・ブルーベリー

A_5

・インゲンマメ

A_6

・オクラ

A_7

・カボチャ

A_8

・キュウリ

A_9

・ゴーヤ(ニガウリ)

A_10

・ジャガイモ

A_11

・トマト

A_12

・ナス

A_13

・ピーマン

A_14

・ミョウガ

A_15

・玉ネギ

A_16

・空芯菜

A_17

・枝豆

皆様のお越しをお待ちしております。

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【道の駅とよとみ情報】

道の駅とよとみ「愛情♡やまなし農産物パック」
桃産地直送宅配便

A20200727

 例年、行っておりました「桃の収穫祭」はコロナウイルスの影響で今年度はお休みをさせていただきます。
 道の駅とよとみでは、味・品質とも好評の「中央市とよとみ産の桃」を贈り物として、どうぞご利用ください。

品 種]桃 白桃種
発送予定時期]7月下旬~8月中旬 
価 格 等]2キロ2,200円~、3キロ3,800円~

※なお、生育状況・天候等により収穫量及び発送日が変更となる事もございますのでご了承ください。

道の駅とよとみ「愛情♡やまなし農産物パック」宅配申込書(PDF)のダウンロードはこちらから

 

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424

【道の駅とよとみ情報】

道の駅とよとみ 与一味工房
愛情♡やまなし農産物パック ハム・ソーセージ宅配便

A20200727_2

 贈答用品として中央市地区の豊かな自然で育んだ素材(豚)を活かしたハムの詰合せをご用意させていただきました。

 お世話になった方への贈り物として、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

 手作りハムセット
発送予定時期]7月下旬~9月下旬
価 格 等]3,000円セット、5,000円セット

道の駅とよとみ『与一味工房』愛情♡やまなし農産物パック ハム・ソーセージ宅配申込書(PDF)のダウンロードはこちらから

 

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424

【中央市農業振興公社の情報】

中央市と流通センターが協定 水害時に避難所提供

A202007215

 中央市と協同組合県流通センターなどは20日、水害時に住民が民間施設を一時避難所として使用する協定を結んだ。
 協定を結んだのは協同組合県流通センター(市山之神)と組合に加盟する日医工山梨(同)。センターの事務局がある流通会館と同社の社屋の2階部分を一時避難所として使用する。
 市役所で行われた締結式で、田中久雄市長と同センターの栗山直樹理事長、日医工山梨の淡路啓二社長が協定書を交わした。栗山理事長は「各地で水害が発生し、身近な切実な問題と考えている。人命第一で地域に貢献したい」と話した。田中市長は「避難所の確保は市最大の課題。市民にはいち早く避難してもらい、自ら命を守ってほしい」とした。
 市危機管理課によると、市内を流れる釜無川や笛吹川など七つの河川が氾濫した場合、市内の広範囲で浸水被害が発生する恐れがある。市の洪水ハザードマップでは最大5~10メートルの浸水被害が想定される。水害や土砂災害により指定避難所4カ所が使用できなくなる可能性があり、市が協定の締結を働き掛けた。

(写真)協定書にサインする(左から)栗山直樹理事長、田中久雄市長、淡路啓二社長=中央市役所

【山梨日日新聞 7月21日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

中央市が飲食店紹介サイト
掲載店利用の代金、市民は半額助成へ

A202007211

 中央市は、市内の飲食店のメニューやテークアウト情報を紹介するポータルサイトを立ち上げた。8月からは掲載店を利用した際の代金の半額を助成し、タクシー会社と連携したデリバリー事業も展開する予定。担当者は「市民に利用を促し飲食店の活性化を図りたい」と話している。
 ポータルサイトは、これまでテークアウトやデリバリーを実施している市内の店舗を紹介する市ホームページ内のコーナー「Chuoでto go!」を独立させる形で立ち上げた。「和食」や「居酒屋」などのジャンル、玉穂、田富、豊富のエリア、受け取り方法の3項目を絞り込んで検索することができる。
 これに合わせ、「食べて応援!“心あるまちへ”」と銘打った事業も企画。飲食店の利用を促すため、市民がサイトの掲載店舗を利用した場合、代金の半額を補助する。店で発行される領収書に世帯主の名前を記入し、申請書とともに市役所に郵送すると、代金の半額(上限5千円)が振り込まれる。
 さらに利用客の減少で売り上げが落ち込んでいる市内のタクシー会社3社と連携し、デリバリー代行も行う。デリバリーを実施する店側の負担軽減とタクシーの利用促進が目的。市民は代金とは別にタクシー利用料500円を支払う。タクシー会社には市が1件当たり千円を支払う。
 期間はいずれも8月1日~9月30日。市産業課はポータルサイトに掲載する店舗を募っている。店内飲食ができる店舗が対象で参加は無料。問い合わせは市産業課、電話055(274)8561。

(写真)新たに立ち上げたポータルサイト=中央市役所

【山梨日日新聞 7月21日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 7月15日

A

・桃

A_10

・サマーエンジェル(スモモ)

A_12

・ソルダム(スモモ)

A_2

・トマト

A_3

・アスパラ

A_4

・インゲンマメ

A_5

・オクラ

A_6

・カボチャ

A_7

・キュウリ

A_8

・クリスピーホワイト

A_9

・ゴーヤ

A_11

・ジャガイモ

A_13

・ナス

A_14

・ニラ

A_15

・ニンニク

A_16

・ピーマン

A_17

・ミョウガ

A_18

・モロヘイヤ

A_19

・ルバーブ

A_20

・タマネギ

A_21

・枝豆

A_22

・赤シソ

A_23

・梅酒(中央市とよとみ産梅使用)

皆様のお越しをお待ちしております。

お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【道の駅とよとみ情報】

ソーセージ甘く香ばしく コーン入り開発

A202007072

 中央市浅利の道の駅とよとみにある食肉加工施設「与一味工房」は、市特産のスイートコーン「ゴールドラッシュ」を使ったソーセージを作った。新たな看板商品として通年で販売する。市民に愛着を持ってもらおうと商品名を募集している。
 工房では市産の豚肉を使ったハムやソーセージを製造販売している。人気を集めるゴールドラッシュを生かした商品がこれまでなかったため、コーンの粒などを混ぜ込んだソーセージを開発した。
 ソーセージは、塩ゆでしたゴールドラッシュを炭火で焼いたものを混ぜ込み、「特有の甘みと香ばしさが特徴」(担当者)。芯から取っただしを豚肉に練り込むことで肉汁からもゴールドラッシュのうま味が感じられ、しょうゆを付けると焼きトウモロコシのような風味になるという。100グラム当たり312円。
 商品名を募集している。所定の応募用紙に商品名と理由、住所、氏名などを記入し、11日までに道の駅に持参するかファクスする。採用者には5千円分のハム・ソーセージセットを贈る。
 担当者は「ゴールドラッシュの特徴を最大限に生かした商品で手応えを感じている。ぜひ一度味わい商品名を応募してほしい」と話している。

(写真)食感が楽しめるよう、ソーセージにはコーンの実が入っている=中央市浅利

【山梨日日新聞 7月7日掲載】