道の駅とよとみ

 「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞。全国の道の駅の頂点に立ちました。地元農家の新鮮で多彩な朝採り野菜や消費者との交流が、県内外から訪れる人たちの熱い支持を得た結果で、生産農家はより良い農産物づくりに意欲的に取り組んでいます。
住所:中央市浅利1010-1

道の駅とよとみの案内

 「道の駅とよとみ」の最新情報や耳より情報、山梨日日新聞に掲載された食、健康に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

お知らせ

中央市農業振興公社・道の駅とよとみメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/toyotomi/

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 2月15日

Photo

・干し芋
 

Photo_2

・きな粉
 

Photo_3

・菌床シイタケ
 

Photo_4

・むきネギ
 

Photo_5

・チヂミほうれん草
 

Photo_6

・長ニンジン
 

Photo_7

・大豆
 

Photo_8

・サトイモ

味噌作り体験を開催します。 
2月17・18日の2日間(各午前・午後15名)の申し込みを受付中です。

 
 皆様のお越しをお待ちしております。


<休館日のお知らせ>
2月は、第3月曜日の19日(月)が休館となります。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市の情報】

救命処置の手順、全職員が体験へ 中央市

201802151

 中央市は、市の全職員を対象に普通救命講習を開いている。

 災害発生時などの対応力を高めることが目的で、初日の5日は職員23人が参加=写真。甲府地区消防本部救急救助課の消防救急指導員や普及員の4人が講師となり、胸骨圧迫や人工呼吸、自動体外式除細動器(AED)の使用法などを学んだ。グループごとに救命処置の手順を体験し、気道異物の除去法や止血法についての説明もあった。

 市危機管理課の担当者は「講習内容を生かして緊急時にも慌てず対応してほしい」と話した。講習は27日までに全11回行い、一般職員や保育士の計230人が受講する予定。

【山梨日日新聞 2月15日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

味噌作り体験(2月17、18日)  申込受付中です

Photo_10

味噌作りに挑戦してみませんか?
2月17、18日の2日(各午前、午後15名)の申し込み受付中です。
 
日 時]平成30年2月17日(土)・2月18日(日)
    両日とも午前9時~12:00 午後13:00~16:00
場  所]道の駅とよとみ 与一味工房施設
募集人数]両日とも午前・午後15名(募集人数に達し次第締め切り)
     午前・午後の調整をする場合があります。
   ※お一人様1日のみの参加とさせていただきます
費  用]6,500円(桶の無い方は、桶代別途)
     味噌約10kg分(2、3人家族で約1年分)
     麦麹・米麹・塩・大豆・桶・保険料・施設使用料他込み
主  催]味工房うまいもん(代表:石川美子)
 
申し込み
道の駅とよとみ与一味工房 TEL055-269-4115(大沼・末廣)

【中央市の情報】

災害ボランティア、運営協力員養成へ 中央市社協

 中央市社会福祉協議会は21、22、24日の計3回にわたり、同市の玉穂総合会館で、災害ボランティアセンター運営協力員の養成講座を開く。

 災害の事例やボランティア活動の在り方などについて学ぶ。講師は「災害・防災ボランティア未来会」の山下博史代表と、宮城県で東日本大震災を体験した国分哲哉さん。21、22日は午後7~9時。24日は午前9時~午後4時で、災害ボランティアセンターの設置運営訓練もする。

 14日までに社協に申し込む。参加は無料で、対象は中央市内在住や市内に勤務する人。問い合わせは社協、電話055(274)0294。

【山梨日日新聞 2月9日掲載】

【中央市の情報】

マイナンバーカードで証明書発行 市外在住者も

 中央市は、マイナンバーカードを利用してコンビニエンスストアで戸籍証明書や戸籍の付票の写しを発行できるサービスの対象者を拡大した。これまでは市内在住で本籍も市内にある人が対象だったが、本籍が中央市にあれば、市外在住者もサービスを利用できる。市市民課によると、県内の自治体では初めての試みで、マイナンバーカードの普及とサービスの向上が狙い。

 従来は、本籍が市内にある市外在住者が戸籍謄本などを取得する場合、窓口か郵送での手続きが必要だった。現在は、マイナンバーカードを取得の上、サービスの利用申請をすれば、コンビニや全国14カ所の郵便局に設置されたマルチコピー機で各証明書が発行できる。

 初回のみ事前に利用登録の申請が必要。コンビニのマルチコピー機か、インターネットから申請できる。同課の担当者は「全国どこからでも発行できる。この機会に居住地域の窓口でマイナンバーカードを作成し、サービスを利用してほしい」と話している。

【山梨日日新聞 2月6日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 2月1日

Photo_4

・ムキネギ
 

Photo_3

・サトイモ
 

Photo_5

・ヤマイモ
 

Photo_7

・キクイモ(菊芋)  …… 免疫アップのお助け食材です。菊芋のさっと炒め。菊芋を簡単にきんぴら風にいかかですか
 

Photo_8

・チヂミほうれん草
 

Photo_9

・アライゴボウ
 

Photo_10

・長ニンジン
 

Photo_11

・トマト
 

Photo_12

・寄せ植え(ジュリアン)

 
 皆様のお越しをお待ちしております。


<休館日のお知らせ>
2月は、第3月曜日の19日(月)が休館となります。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市の情報】

小中学生らの福祉標語並ぶ 玉穂総合会館

201801311

 中央市社会福祉協議会は、玉穂総合会館で、福祉標語の入賞作品を展示している=写真。

 小・中・一般の3部門で、最優秀賞、優秀賞、入選に選ばれた計36点が並ぶ。標語は昨年9月まで募集し、計1080点が寄せられた。「気づいてね 見えない主張 白い杖」や「思いやり 笑顔といっしょに 届けたい」などの作品がある。

 社協の担当者は「地域のことを書いた標語が多く寄せられた。標語が地域福祉の浸透に役立てばうれしい」と話している。

 展示は2月10日まで。

【山梨日日新聞 1月31日掲載】