道の駅とよとみ

 「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞。全国の道の駅の頂点に立ちました。地元農家の新鮮で多彩な朝採り野菜や消費者との交流が、県内外から訪れる人たちの熱い支持を得た結果で、生産農家はより良い農産物づくりに意欲的に取り組んでいます。
住所:中央市浅利1010-1

道の駅とよとみの案内

 「道の駅とよとみ」の最新情報や耳より情報、山梨日日新聞に掲載された食、健康に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

お知らせ

中央市農業振興公社・道の駅とよとみメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/toyotomi/

【中央市の情報】

マンホールコースターを返礼品に 本物と同じ素材使用

201804141

 中央市は市内に設置しているマンホールを6分の1の大きさに縮小した金属製の「マンホールコースター」を製作し、ふるさと納税の返礼品に加えた。コースターは本物と同じ素材と製法で作った“こだわりの逸品”。市の担当者は「ふるさと納税の呼び込みとともに、中央市を知ってもらうきっかけにしたい」と話している。

 市下水道課によると、マンホールは市のシンボルであるシラサギとれんげ草、サクラをモチーフにデザイン。コースターは本物と同じ鋳鉄製で、大きさは直径約11センチ、厚さ約1センチ、重さは約380グラム。ふるさと納税で1万円以上の寄付をすると、返礼品として選ぶことができる。

 市はマンホールのデザインの由来を紹介する「マンホールカード」を2016年8月から発行。全国からコレクターが収集に訪れていて、これまでに約1800枚を下水道課の窓口で配布した。
 担当者は「マンホールには地域の歴史や文化がデザインされていることから、地域のPR効果は高い」と説明。より本物に近づけようと、同じ素材と製法でコースターを作った。

 コースターの実物は同課の窓口で展示している。担当者は「マンホールのデザインを地域資源として活用したい。全国の人たちが市に関心を持つきっかけになれば」と話している。
 
(写真)中央市がふるさと納税の返礼品に加えたマンホールコースター=中央市役所玉穂庁舎

【山梨日日新聞 4月14日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 4月13日

Aimg_0756

・タケノコ
 

Aimg_0757

・カリフラワー
 

Aimg_0758

・サラダタマネギ
 

Aimg_0759

・フキ
 

Aimg_0760

・ズッキーニ
 

Aimg_0761

・トマト
 

Aimg_0762

・ネギ
 

Aimg_0763_2

・ハクサイ
 

Aimg_0764_2

・ジャガイモ
 

Aimg_0765_2

・ダイコン
 

Aimg_0766

・菌床しいたけ
 

Aimg_0767

・サニーレタス
 

Aimg_0768

・アクなしワラビ
 

Aimg_0769_2

・エンドウ
 

Aimg_0770

・アスパラ
 

Aimg_0771

・セリ

 
 皆様のお越しをお待ちしております。


<休館日のお知らせ>
4月は、第3月曜日の16日(月)が休館となります。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市の情報】

豊富地区の名所、市民200人が散策

20184111

 中央市社会福祉協議会は9日、豊富地区で「市ふれあい福祉歩け歩け大会」を開いた。

 市民の交流と健康増進が目的で今年で12回目。約200人が参加し、市指定文化財の延命寺のイチョウや、王塚古墳などの名所を巡る約8キロのコースを歩いた。市職員の解説を聞いたり、写真を撮ったりした。

 同市成島の男性(82)は「天候も景色も素晴らしい。今年初めて参加したが、歩いたおかげで健康になれそう」と話した。

【山梨日日新聞 4月11日掲載】

【中央市の情報】

「山の神千本桜」で花見と散策楽しむ

20184101

 中央市大鳥居の「シルクふれんどりぃ」などを管理する農業法人「えべし」(甲府市高畑1丁目)は7日、中央市豊富地区の「山の神千本桜」などを巡るイベント「ぶらり散策 千本桜登山~お山の神さんへ登ろう~」を開いた。

 約30人が参加し、シルクの里公園駐車場から山之神社までの片道3・6キロのコースを歩いた。同神社の参道沿いにはソメイヨシノやヤマザクラなどが植えられていて、参加者は舞い散る花びらを楽しみながら登山を楽しんだ。

 会社仲間と参加した同市若宮の男性(50)は「開けた場所から望む甲府盆地の景色が素晴らしかった」と話していた。

【山梨日日新聞 4月10日掲載】

【中央市の情報】

子育て情報をスマホへ発信

20184071

 中央市は、子育てに関する情報を発信するスマートフォン向けアプリの配信を始めた。

 市政策秘書課によると、名称は「ちゅうおうし子育てアプリ」。子どもの生年月日を登録すると、月年齢に応じた予防接種のスケジュールを表示。接種履歴を記録できる。また、市が実施する乳幼児健診の日程や内容を掲載する。

 「日記帳」機能も搭載。カレンダーに日々の出来事や撮影した画像を登録したり、子どもの身長と体重を入力するとグラフで推移を表示したりできる。

 検診日や育児に関する教室やイベントなどの情報を、スマホ画面に自動表示する通知機能も備えた。

 従来は市の広報紙やホームページで情報提供してきたが、育児世代の多くがスマホを持っていることから、手軽に利用できるアプリを導入した。同課担当者は「アプリを有効活用してもらい、子育てに役立ててほしい」と話している。
 
(写真)中央市が配信を始めた「ちゅうおうし子育てアプリ」=中央市役所田富庁舎

【山梨日日新聞 4月7日掲載】

【道の駅とよとみ情報】

農産物情報 4月2日

Photo_12

・タマネギ
 

Photo_2

・ウド
 

Photo_3

・セリ
 

Photo_5

・うるい  ……  春一番の山菜。天ぷらが最高です
 

Photo_7

・山菜セット
 

Photo_9

・ネギ
 

Photo_10

・レタス
 

Photo_11

・カブ

 
 皆様のお越しをお待ちしております。


<休館日のお知らせ>
4月は、第3月曜日の16日(月)が休館となります。

 
お問い合わせ
道の駅とよとみ 電話:055-269-3424
与一工房 電話:055-269-4115

【中央市の情報】

桜便り【妙泉寺】 ぱっと春色、各地で見頃 

201803292

 甲府などで今年初の夏日となった28日、桜が各地で見頃を迎えた。桜の名所では、春休み中の子どもを連れた家族が、青空と淡いピンク色の花のコントラストに見入っていた。

 満開となった妙泉寺(中央市布施)のシダレザクラ。境内にあるソメイヨシノも見頃を迎えていて、ピークは今週末。

201803291【山梨日日新聞 3月29日掲載】