芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

季節の便り

【季節の便り】

来年のえと 酉の土鈴作りピーク

201612071_6

 甲府市池田2丁目の「民芸工房がくなん」で、来年のえとの酉をかたどった土鈴作りがピークを迎えている。

 2代目の斉藤岳南さん(73)ら家族3人が11月上旬から作業を始め、分担して素焼きや色付けをしている。1月末までに大小2種類の土鈴約2600個を完成させ、全国各地の神社や民芸品店、個人宅に配送する。

 えとの土鈴作りは、父である初代岳南さんが1956年に同所に工房を開いて以来毎年続けている。斉藤さんは「デザインはずっと変わらないが、より明るい色に絵付けすることで、手にした人に少しでも希望を持ってほしいという思いを込めている」と話す。一緒に製作している絵馬は、今月中に仕上げ県内外の寺社仏閣などで販売される。
 
(写真)ピークを迎えている来年のえと酉の土鈴作り=甲府市池田2丁目

【山梨日日新聞 12月7日掲載】

【季節の便り】

紅葉ピーク 湖畔を彩る 市川三郷・四尾連湖

225604367

 市川三郷町山保の四尾連湖で紅葉がピークを迎え、湖畔のクヌギやモミジが赤や黄色に色づいている。

 散策する人やアマチュアカメラマンが多く訪れているほか、ボートに乗って湖から紅葉を楽しむ人もいる。湖畔のキャンプ場「龍雲荘」によると、今年は10月下旬から色づき始め、見頃は25日ごろまでという。

 【写真】見頃を迎えている紅葉=市川三郷・四尾連湖畔

【山梨日日新聞 11月19日掲載】

【季節の便り】

昇仙峡、秋色に

093543398240_2

 甲府市の昇仙峡で紅葉が見頃を迎えている。山道のモミジやミズナラが赤や黄色に染まり、カメラを片手に写真を撮ったり、散策を楽しんだりする人が目立つ。

 昇仙峡観光協会によると、気温の影響で色づき始めがやや遅れたが、最近の冷え込みで一気に葉の色づきが進んだ。11月下旬まで楽しめる見込み。

 覚円峰を背景に記念撮影していた東京・八王子市の一柳高人さん(59)は「山道を歩いて下ったが、葉と岩のコントラストがとてもきれいだった」と話した。

 【写真】見頃を迎えた覚円峰付近。大勢の人が撮影や観光に訪れている=甲府・昇仙峡

【山梨日日新聞 11月16日掲載】

【季節の便り】

モミジやカエデの紅葉見頃 南伊奈ケ湖

201611091_2

 南アルプス市上市之瀬の南伊奈ケ湖で、ヤマモミジやイタヤカエデなどの紅葉が見頃を迎えている。

 湖は櫛形山の中腹にあり、スギやヒノキの緑の葉と、紅葉のコントラストが楽しめる。湖面に映し出される紅葉も見どころの一つとなっている。

 市観光商工課によると、紅葉が始まったのは今月初めで、見頃は同中旬までという。
 
(写真)湖畔のモミジが紅葉した南伊奈ケ湖=南アルプス市上市之瀬

【山梨日日新聞 11月9日掲載】

【季節の便り】

富士山「初雪化粧」を宣言

201609261_3

 富士吉田市は25日、富士山頂付近の冠雪を確認したとして「初雪化粧」を宣言した。甲府地方気象台が発表する初冠雪とは別に、2006年から市が独自に発表しており、昨年より16日早い。

 同市富士山課によると、同日午前6時ごろ、職員が冠雪を確認した。24日午後の山頂付近の気温が氷点下となり、富士北麓地域で降った雨が山頂では雪になったとみている。

 富士吉田市上吉田の田んぼ近くでは25日朝、うっすらと冠雪した富士山の姿が見られた。

 一方、甲府地方気象台は同日、富士山頂付近が朝から雲に覆われ、甲府市飯田4丁目の気象台からは雪が確認できなかったとして、初冠雪を発表しなかった。

 市が初雪化粧の宣言を始めた06年以降、発表日が気象台の初冠雪より先になるのは初めて。昨年はともに10月11日だった。
 
(写真)山頂にうっすらと雪が積もった富士山=富士吉田市上吉田から撮影

【山梨日日新聞 9月26日掲載】

【季節の便り】

安藤家住宅で揺れる市民願い込めた短冊

2016070511_2

 南アルプス市西南湖の重要文化財・安藤家住宅は、七夕に合わせてササを飾り、市民が願いを書いた短冊が風に揺られている。

 高さ約2・5メートルのササ6本には、市民や市内3保育園の園児が書いた短冊が付いている。来場者も短冊に願いを書き、付けることができる。茶室では小笠原流礼法による節句飾りを展示している。

 展示は7日まで。午前9時~午後4時半(最終入館は午後4時)。火曜日と祝日の翌日は休館。入館料は大人300円、小中学生・高校生100円。問い合わせは同市教委文化財課、電話055(282)7269。
 
(写真)安藤家住宅に飾られている短冊=南アルプス市西南湖

【山梨日日新聞 7月5日掲載】

【季節の便り】

南アルプス市で自然散策

市内親子20人が参加

201606211

 南アルプス市はこのほど、同市上市之瀬の県民の森・森林科学館や同市高尾の穂見神社付近で「こどもユネスコエコパーク探検隊」を開いた。

 自然の魅力を再発見してもらおうと企画し、市内の児童と家族約20人が参加。同神社付近を散策し、自然の中で感じたことを森林科学館で絵画などの作品にした。作品の一部は南アルプスの生物圏保存地域「エコパーク」のパンフレットやポスターに採用する。

 講師は市出身でアートのワークショップ「遊美っこ」を主宰する中込ゆうさんが務めた。
 
(写真)自然の中を散策する子どもら=南アルプス市高尾
 

【山梨日日新聞 6月21日掲載】

【季節の便り】

レンゲツツジ山頂彩る 甘利山

P18_

 韮崎市の甘利山でレンゲツツジの赤い花が一面に咲き、観光客らを楽しませている。

 駐車場から山頂までの遊歩道沿いを中心に広がり、連日多くのアマチュアカメラマンでにぎわっている。甘利山の自然保護に取り組むNPO法人甘利山倶楽部によると、開花は例年より20日ほど早い5月22日。今年は4月に暖かい日が続いたため、開花が早まったとみられる。見頃は6月15日ごろまで続く見込み。

 (写真)見頃を迎えたアヤメ=富士吉田・新倉山

 

【山梨日日新聞 6月4日掲載】

【季節の便り】

こいのぼり、薫風に泳ぐ 南ア芦安・御勅使川 

201605071_3

 南アルプス市芦安地区の御勅使川の上空に、初夏の風物詩となったこいのぼり約50匹がお目見えした。

 20年以上前から同所に飾っている。大きなものは長さが約10メートルあり、薫風に吹かれて悠然と泳いでいる。8日に芦安小で開かれる「新緑・やまぶき祭」の一環として、同実行委員会が家庭で使わなくなったものを集め、地元の建設会社の協力で設置した。

 同実行委の森本章雄委員長は「最近では家庭で見かけなくなった大きなこいのぼりもある。多くの人に見てもらいたい」と話している。今月下旬ごろまで飾る。
 

【山梨日日新聞 5月7日掲載】

【季節の便り】

フジザクラが開花 富士吉田

1111111

 富士吉田市の富士山吉田口登山道「中ノ茶屋」付近で、フジザクラが見頃を迎えている。

 約2万本のフジザクラが自生している。例年より1週間ほど早い開花で、現在は七分咲き。23日から「ふじざくら祭り」(ふじよしだ観光振興サービス主催)が開かれる。29、30日、5月1、3、4日には先着100人にフジザクラの苗木をプレゼントする。祭りは5日まで。問い合わせは同サービス、電話0555(21)1000。

 (写真)七分咲きのフジザクラ=富士吉田市の富士山吉田口登山道「中ノ茶屋」付近

 

【山梨日日新聞 4月23日掲載】