芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

季節の便り

【季節の便り】

十日市だるま、丹念に筆入れ

A202201081_2

 南アルプス市加賀美の若草瓦会館で、「甲州十日市だるま」の制作がピークを迎えている=写真。
 長野県内の業者から購入した大小さまざまなだるまの型に、会館職員ら4人が顔を丹念に描き込み、「福」などの文字を入れている。作業は1月下旬まで続き、約千個仕上げる予定。
 だるまは、甲府盆地に春を呼ぶ祭りとして知られる南アルプス市の「十日市祭典」の名物。ただ、今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止が決まっているため、若草まちおこし協同組合は20日までインターネットで予約を受け付け、2月10、11日に会館で手渡す予定だ。

【山梨日日新聞 1月8日掲載】

【季節の便り】

紅葉の古民家光で演出 安藤家住宅ライトアップ

A202111211

 南アルプス市教委は11月22日まで、同市西南湖の重要文化財・安藤家住宅や庭園の紅葉をライトアップしている。
 夜の文化財を紅葉とともに親しんでもらおうと毎年実施。築300年の古民家や庭園のモミジ、イチョウ、市文化財の避雷針の松などがライトに照らされ、幻想的な雰囲気に包まれている。県民の日の20日は入館無料で、家族連れなどが紅葉を楽しんだり、古民家を見学したりしていた。

(写真)ライトアップされた重要文化財・安藤家住宅=南アルプス市西南湖

【山梨日日新聞 11月21日掲載】

【季節の便り】

あんぽ柿、みずみずしく 南アで出荷ピーク

A202111091_2

 南アルプス市で特産「あんぽ柿」の出荷が最盛期を迎えている。
 あんぽ柿は、ころ柿よりも水分量が多く、とろりとした食感が特徴の干し柿。農業を手掛ける企業「M.A.C.Orchard」(同市飯野、飯野公一社長)では「大和百目柿」の皮をむいて棚につるし、温度や湿度を管理した施設内で7~10日乾燥させて仕上げていた。作業は11月中旬まで続くという。

(写真)あんぽ柿の出荷作業を行う社員=南アルプス市飯野

【山梨日日新聞 11月9日掲載】

【季節の便り】

ヒマワリ見頃、明るい気持ちに

A202107271

 南アルプス市飯野新田の男性の畑で、ヒマワリが見頃を迎えている。
 ヒマワリを見た人に元気になってもらおうと、15年ほど前から育て始めた。今年は4月に農道沿いの畑など3カ所に種をまき、6月下旬に咲き始めた。鮮やかな黄色い花が畑を彩っている=写真。見頃は7月下旬までという。
 切り花にして知人らにプレゼントするのが楽しみだといい、男性は「太陽に向かって咲くヒマワリを見て、明るい気持ちになってほしい」と話している。

【山梨日日新聞 7月27日掲載】

【季節の便り】

高級スモモ「貴陽」販売

 JA南アルプス市は15~18日、甲府・岡島百貨店で、市産のスモモ「貴陽」の販売会を開く。
 JAによると、貴陽は糖度18度前後で、甘みと酸味のバランスが良いのが特徴の高級品種。
 販売会では、1個280グラム以上の5Lサイズの大玉(1200円)、約200グラムの3Lサイズが2個入ったパックなどを販売する。桃の販売も予定している。山梨フルーツレディーも来場し、市産果物をPRする。
 JAの担当者は「コロナ禍で外出が難しい状況だが、家庭で初夏の味を楽しんでほしい」と話している。

【山梨日日新聞 7月14日掲載】

【季節の便り】

県内ようやく梅雨入り

A202106151_2

 気象庁は14日、山梨を含む関東甲信が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より7日、昨年より3日いずれも遅い。
 甲府地方気象台によると、14日の県内は上空の寒気や湿った空気の影響で、未明から朝にかけて雨が降った。甲府・舞鶴城公園では、足を止めてアジサイを楽しむ人の姿が見られた。
 気象庁によると、関東甲信の梅雨入りは過去10年で最も遅く、統計開始以降では10番目に遅かった。
 平年の関東甲信の梅雨明けは7月19日ごろで、昨年は8月1日だった。

(写真)遊歩道沿いを紫の花色に染めるアジサイ=甲府・舞鶴城公園

【山梨日日新聞 6月15日掲載】

【季節の便り】

50万本赤く彩るポピー

A202105211_3

 南アルプス市中野地区の休耕田で、ポピーが見頃を迎えている。
 地区の住民有志でつくる「ふるさとを錦で飾り隊」が休耕田を活用するため、6年前から花を栽培。今年は例年より1週間ほど早い4月下旬に咲き始め、現在は約50万本の色鮮やかな赤い花が棚田を彩っている。見頃は6月中旬まで続く。
 会長は「今年もきれいに咲いてよかった。花を楽しみながら、棚田が抱える耕作放棄地の問題なども考えてほしい」と話している。

(写真)見頃を迎えたポピー=南アルプス市中野(14日撮影)

【山梨日日新聞 5月21日掲載】

【季節の便り】

サクランボ「甘~く」 授粉作業最盛期

A202104071_3

 サクランボ産地の南アルプス市で、サクランボの白い花が満開を迎え、農家が授粉作業に追われている。
 JA南アルプス市によると、サクランボの産地として知られる同市には690軒ほどのサクランボ農家が点在。同市上今諏訪の観光農園「フルーツバスケット・原」代表の畑では、ミツバチを使って高級品種「紅秀峰」の授粉を進めているほか、摘花作業が最盛期を迎えている。
 代表によると、2~3月の気温が高かった影響で、例年より10日ほど早い3月20日から、開花。例年はつぼみの状態で花を摘み始めるが、今年は一斉に花が咲いたため取れる花粉が少なめという。
 作業は4月上旬まで行われ、摘果作業などを経て、5月下旬~6月上旬に収穫を迎える。代表は「暖かい日が続いているので、サクランボの甘みも増すと思う。このまま順調に育ってほしい」と話している。

(写真)花粉採取のため、摘花作業をする農家=南アルプス市上今諏訪

【山梨日日新聞 4月7日掲載】

【季節の便り】

徳島堰の桜並木(南アルプス市)

A202103261

 南アルプス市有野から飯野新田まで約1.8キロの区間で、用水路の徳島堰沿いに続く桜並木。約200本あり、一部で夜間にライトアップしている

【山梨日日新聞 3月26日掲載】

【季節の便り】

2021桜前線 見ごろ情報

(1)場所(2)桜の種類、本数(3)見頃の見通し(4)期間中の催しなど(5)駐車場(6)問い合わせ先 (見頃は天候によって変わります)

 【徳島堰(せぎ)沿いの桜並木】(1)南アルプス市有野、飯野新田(2)ソメイヨシノ約200本(3)3月下旬~4月上旬(4)なし(5)なし(6)市観光協会、055(284)4204

 【妙了寺】(1)南アルプス市上市之瀬(2)ソメイヨシノ、シダレザクラ、エドヒガンザクラ計約30本(3)3月下旬~4月上旬(4)なし(5)20台(6)市観光協会

 【伝嗣(でんし)院】(1)南アルプス市上宮地(2)ソメイヨシノ24本(3)3月下旬~4月上旬(4)なし(5)30台(6)市観光協会

 【上市之瀬のイトザクラ】(1)南アルプス市上市之瀬(2)シダレザクラ1本(3)4月上旬(4)なし(5)なし(6)市観光協会

 【憩いの桜並木】(1)南アルプス市鏡中条(2)ソメイヨシノ約270本(3)3月下旬~4月上旬(4)なし(5)なし(6)市観光協会

 【坪川土手の桜並木】(1)南アルプス市荊沢(2)ソメイヨシノ185本(3)3月下旬~4月上旬(4)なし(5)25台(6)市観光協会

 【御勅使南公園】(1)南アルプス市六科(2)ソメイヨシノ約80本(3)3月下旬~4月上旬(4)なし(5)300台(6)市観光協会

【山梨日日新聞 3月17日掲載】