芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳館便り

【山岳館便り】

2018年カレンダー製作 ライチョウの姿12点

芦安山岳館などで販売

 長野朝日放送(長野市)は、南アルプス市芦安山岳館で開かれている写真展「雷鳥 小さな愛おしい命」に出品している写真家高橋広平さん=長野県安曇野市=の写真を使った2018年カレンダーを製作した。

 同社の「地球を守ろう!プロジェクト」が、シンボルマークにライチョウを採用していることから企画。高橋さんが撮影した12点を使い、うち3点は写真展でも鑑賞できる。

 県内では同館や甲府市徳行4丁目のアウトドアショップ「エルク」で販売している。問い合わせは同社事業部、電話026(223)3133。

【山梨日日新聞 8月14日掲載】

【山岳館便り】

「山の日」 芦安山岳館が無料に

201708121

 南アルプス芦安山岳館は「山の日」の11日、入館料を無料にし、大勢の来館者が訪れた。昨年に続き2回目。親子連れなどが来館し、南アルプス付近の地形を表現した模型や、高山植物の位置を示すパネルなどに見入った=写真。家族6人で訪れた千葉県松戸市、貝の花小1年は「花や木のことが分かって楽しかった。山がもっと好きになった」と話していた。

【山梨日日新聞 8月12日掲載】

【山岳館便り】

芦安中学生全校登山 北岳へ

Photo

 南アルプス市立芦安中学校では長い歴史のある全校登山があります。卒業までの3年間で「北岳」「仙丈ヶ岳」「鳳凰三山」に全校で登ります。今年は北岳登山です。

(写真)山頂で北岳の歴史について説明を受ける中学生

7月9日10日に行われた芦安中全校登山には、全校生徒が参加し、みんなで助け合いながら、全員が北岳登頂を果たしました。その陰には、芦安ファンクラブの皆様、南アルプス警察署のご支援がありました。また、芦安山岳館で拝見した「ライチョウ写真展」の縁か登山の途中に2度、ライチョウ親鳥、ライチョウの親子に遭遇する幸運にも恵まれました。環境問題やESDについて考える機会にもなりました。
               (芦安中学校 教頭先生のコメント)

 そして何と、キタダケソウも見ることができました。芦安ファンクラブから寄贈された一眼カメラで写真も撮りました。本当にラッキーでしたね!!

Photo_2

(写真)キタダケソウを寄贈された一眼カメラで撮る中学生


 3年生は最後の登山が 「 北岳 」 みんなそれぞれが励まし合い頑張って登った思い出が心に刻まれたことでしょう。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

企画展「雷鳥 小さな愛おしい命」 好評開催中

Photo_5

 8月11日は国民の祝日「山の日」です。芦安山岳館では当日のみ入館無料となります。
 みなさん、南アルプスの山々の歴史・文化・動植物など山に触れてみてはいかがですか。

 現在、企画展「雷鳥 小さな愛おしい命」が好評開催中です。

 みなさんのお越しをお待ちしています。

  

芦安山岳館よりお知らせ

 南アルプス芦安山岳館は、夏季期間7月16日~8月31日までの間は無休となります。

開館時間]午前9時~午後5時

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安山岳館企画展スタート

Acimg0341 Acimg0331

 平成29年度芦安山岳館企画展「雷鳥 小さな愛おしい命」オープニングを6月10日(土)に迎えました。オープニングセレモニーは、約120名のご来賓の方、関係者の方にご出席いただき盛大に行われました。

 四季折々の雷鳥の写真80点ほど展示して皆様のお越しをお待ちしています。登山する方、そうでない方も是非お越しください。そして、この機会に雷鳥のことを知っていただき、これから守っていってほしいです。
 
期 間]平成29年10月24日(火)まで
時 間]午前9:00~午後5:00
休館日]毎水曜日(7月16日~8月31日まで無休)
入館料]大人500円 小人250円(小学生)

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

南アルプス開山祭

A_3

 いよいよ南アルプスの山のシーズン幕開けです。今年も広河原にて開山祭を開催します。
 広河原モニュメント前広場にて、先駆者の偉業に感謝し入山者の安全登山、山岳観光の活性化を祈念して行われます。開山関係者と山岳愛好者によるセレモニーや献花、芦安中学生による山の歌、合唱などがあります。クライマックスは百年前のいでたちの案内人による「蔓払い」がとり行われます。
 山々の神に開山の祈願を申し述べた後、勇壮な夜叉神太鼓演奏の中、振り下ろされる斧が束ねた蔓を切り開きます。従者により払われた蔓の門を参加者や登山者が通り抜けて安全を願う祭りです。
 
日 時平成29年6月24日(土)午前10時~
場 所]広河原インフォメーションセンター
 
 なお、広河原までの南アルプス林道はマイカー規制により一般車は通行できません。南アルプス市営駐車場を利用し、山梨交通バス・乗合タクシーでお越しください。
 
お問い合せ
南アルプス市観光商工課 TEL055-282-6294

【山岳館便り】

ライチョウ活写80点 芦安山岳館で写真展

201706111_2

 「雷鳥写真家」の高橋広平さん(39)=長野県安曇野市=と、南アルプス市職員の広瀬和弘さん(51)=同市十五所=による写真展「雷鳥 小さな愛おしい命」(南アルプス市、山梨日日新聞社、山梨放送主催)が10日、同市芦安山岳館で始まった。

 高橋さんは北アルプス、広瀬さんは南アルプスでそれぞれ撮影。雪の上を歩く姿を写した「DAIFUKU」や、7月の南アルプスで親子のライチョウを捉えた「待望のヒナ」など、四季折々のライチョウの姿を収めた約80点が並んでいる。

 この日はオープニングセレモニーが行われ、塩沢久仙館長ら約120人が出席。高橋さんは「ライチョウは人がなかなか行けないところに生息している。作品展をきっかけに好きになってもらいたい」とあいさつ。広瀬さんは「優しい表情を一人でも多くの人に見てもらい、保護につなげたい」と話した。

 10月24日まで。入館料は大人(中学生以上)500円。小人250円。午前9時~午後5時。水曜休館(7月16日~8月31日は無休)。問い合わせは同館、電話055(288)2125。
 
(写真)作品を眺める高橋広平さん(左)と広瀬和弘さん=南アルプス市芦安山岳館

【山梨日日新聞 6月11日掲載】

【山岳館便り】

山の神 安全祈願祭

 南アルプス市芦安地区の山々も新緑の緑色の濃さを増してきています。いよいよ南アルプスの山のシーズン幕開けが近づいています。各山小屋も本格的なオープンに向けて準備を進めていることでしょう。
 5月27日(土)芦安芦倉地区山の神にて安全祈願祭が行なわれました。南アルプスを訪れる大勢の登山者や、山に関わる人々の1年間の安全を祈願しました。

 無理をしない登山計画で、事故のない、安全で楽しい登山ができますことをお祈りします。
*登山届けも忘れず提出しましょう。

Photo

南アルプス林道開通 平成29年6月23日(金)~11月5日(日)まで

・山梨交通バス 甲府 ⇔ 市営芦安駐車場 ⇔ 広河原
        奈良田 ⇔ 広河原
・タクシー  市営芦安駐車場 ⇔ 広河原
・市営バス  広河原 ⇔ 北沢峠 

 運行開始します。

 *詳しい時刻表は、南アルプスNETのTOP MENU「アクセス」をクリックしてご覧ください。

 南アルプス芦安山岳館では今年度企画展「雷鳥 小さな愛おしい命」写真展の準備を進めています。6月10日(土)より開催しますので、是非お立ち寄りください。お楽しみ!!

【山岳館便り】

芦安山岳館企画展 「雷鳥 小さな愛おしい命」

 南アルプスは、世界でも例を見ない豊かで多様性に富んだ生態系が形成されています。 昨今さまざまな要因でそのバランスが崩れようとしています。特に国の天然記念物「雷鳥」はこの30年間で半減したといわれています。 北アルプスで活躍する高橋広平氏と、南アルプスの廣瀬和弘氏に協力をいただき、ライチョウ保護に向けて写真展を開催いたします。

 「知ることは守ること」を合言葉に小さい愛おしい命を次の世代に引き継いでいくために、雷鳥の特徴や生態を紹介します。

 会 場:南アルプス市芦安山岳館
      山梨県南アルプス市芦安芦倉1570

 期 間:平成29年6月10日(土)~平成29年10月24日(火)
 時 間:午前9:00~午後5:00
 入館料:大人500円(中学生以上)・小人250円(小学生)
 休館日:毎水曜日 7月16日~8月31日までは無休

 →パンフレットはこちらから

 今現在、開催中の企画展「ナチュラリスト田淵行男の世界 博物学者が見た南アルプス」の展示が、5月30日(火)までとなりました。こちらも是非ご覧になってください。

【山岳館便り】

ダンスや演奏、住民らが披露 南ア

5

 新緑やまぶき祭(同実行委主催)が14日、南アルプス市の芦安小校庭で開かれた。

 特設ステージや校庭で、地元住民らが和太鼓やギターの演奏、フォークダンスを披露。高さ約4メートルの壁を登るロッククライミングを体験できるコーナーや市内で採れた山菜の天ぷらを販売するブースがあり、多くの来場者でにぎわった。

 友人と初めて訪れた同市下宮地の主婦結城佐智子さん(68)は「山の近さに驚いた。濃淡のある新緑の中でのイベントで、とても気持ちがいい」と話していた。

 【写真】新緑に囲まれた祭り会場でフォークダンスを披露する出演者=南アルプス・芦安小校庭

【山梨日日新聞 5月15日掲載】