芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山梨県内のニュース

【山梨県内のニュース】

プールに柿の天井

A202211291_2

 山梨市の旧三富小を活用した複合施設「みとみむら」の屋内プールに、4万個以上の柿がつるされ、地域の話題となっている。
 屋内プールの再活用につなげようと初めて企画。「柿がたくさん取れて干すところがない」といった甲州、山梨両市の農家から甲州百目柿を集め、地元の主婦らが皮をむいたり、干したりしている。
 12月中旬以降、ころ柿として出荷できる見込みで、担当者は「屋内プールでころ柿を作る取り組みは珍しい。ふるさと納税の返礼品などとして多くの人に楽しんでもらえればうれしい」と話している。

(写真)屋内プールにつるされた柿=山梨市三富下釜口

【山梨日日新聞 11月29日掲載】

【山梨県内のニュース】

五穀豊穣祈り、神楽や舞披露 南ア・穂見神社

A202211233_2

 南アルプス市高尾の穂見神社の秋季例大祭が22、23の両日開かれている。
 「高尾の夜祭り」として知られ、商売繁盛や五穀豊穣を祈る。住民有志でつくる崇敬会が主催。初日は、地元小学生らによる巫女の舞のほか、今年は市指定無形民俗文化財の太々神楽やちょうちん行列が3年ぶりに披露された。
 参拝者が奉納金を納めると、半額の新札と「百萬圓」などと書かれた札が渡される全国でも珍しい「資本金借り」も行われた。

(写真)太々神楽が披露された秋の例大祭=南アルプス・穂見神社

【山梨日日新聞 11月23日掲載】

【山梨県内のニュース】

用水路「徳島堰」歴史、仕組み学ぶ 南ア教委などがツアー

A202211213

 南アルプス、韮崎両市教委などは20日、両市を通る農業用水路「徳島堰」沿いや関連施設をバスや徒歩で巡りながら、歴史や仕組みを学ぶツアーを開いた=写真。徳島堰が国登録記念物に登録されたことを記念して企画。
 県内外から50人が参加。取水施設「頭首工」(韮崎市)をスタートし、徳島堰沿いを散策。現在整備工事を進める「桝形堤防」(南アルプス市)では、修復作業で使用する石に参加者自身が名前を書き入れたり、同市の伊藤さんから徳島堰にまつわる思い出や体験談を聞いたりした。

【山梨日日新聞 11月21日掲載】

【山梨県内のニュース】

西下条-落合西間が供用、環状道東部区間

A202211201_2

 新山梨環状道路東部区間のうち甲府市の西下条ランプ-落合西IC(インターチェンジ)間(1・6キロ)が19日、供用開始された。朝のピーク時に国道140、358号を利用して同区間を走行する場合に比べ、約17分間短縮できるという。午後4時、一般車両の走行が始まった。

 午前中、県が甲府・アイメッセ山梨で行った開通記念式典には、長崎幸太郎知事や樋口雄一甲府市長、工事関係者ら約130人が出席。長崎知事は「開通により渋滞の緩和や死傷事故の減少が見込める。社会インフラの整備が、コロナ禍からの経済活動の回復になると期待している」などとあいさつした。
 式典後、西下条ランプ付近で通り初めセレモニーがあり、甲府市下今井町の甲南立正保育園児約30人が記念演奏としてマーチングを披露した。長崎知事らがテープカットとくす玉を割って開通を祝った。
 南甲府署のパトカーを先頭に関係者らを乗せた車が走行した。午後4時、供用開始となり、一般車両が道路を走行する姿が見られた。
 県道路整備課によると、同区間は東部区間7・1キロの一部。西下条ランプは国道358号、落合西ICは県道甲府精進湖線と接続する。幅員は2車線で計約9・5メートル。片側2車線の計画だが、当面は片側1車線での使用となる。東部区間で初の開通区間で、用地取得などに時間がかかり、当初予定より2年遅れた。

【山梨日日新聞 11月20日掲載】

【山梨県内のニュース】

開通前の新環状道東部区間、景色楽しみ220人歩く

A202211132

 新山梨環状道路東部区間の落合西インターチェンジ(IC)-西下条ランプ間(1・6キロ)の供用開始を前に、県は12日、同区間を往復するウオーキングイベントを開いた。
 約220人が参加。参加者は家族と会話したり、真新しい道路との記念撮影をしたりしていた。紅葉や南アルプスの景色を楽しむ人もいた。
 県道路整備課によると、同区間は東部区間7・1キロの一部で、供用開始は19日午後4時から。西下条ランプは国道358号、落合西ICは県道甲府精進湖線と接続する。現在の道路の幅は約9・5メートルで、当面は片側1車線で供用する。

(写真)新山梨環状道路を歩く参加者ら=甲府市内

【山梨日日新聞 11月13日掲載】

【山梨県内のニュース】

食事券販売を再開、2022年1月まで

 県は10日、県内の飲食店で利用できるプレミアム付き食事券の販売を再開した。販売と利用期間は来年1月末まで。
 販売窓口がある甲府・岡島百貨店には、午前10時の開店直後から食事券の購入希望者が続々と訪れていた。
 食事券は県内の郵便局や商業施設など211カ所で販売。希望者は千円券10枚つづりの1万円分セットを8千円で購入し、県のグリーン・ゾーン認証を受けた店舗で使える。一度に購入できる枚数は3セットまで。県は今回、30万セットを用意した。食事券を1セット購入すると、タクシーや運転代行の利用券(千円分)が付いてくる。
 食事券は今年1月末から販売が始まり、10月末までに39万セットを販売した。

【山梨日日新聞 11月11日掲載】

【山梨県内のニュース】

442年ぶり「共演」皆既月食と惑星食

A202211092_2

 満月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食が8日夜、国内各地で観測された。天王星が月に隠れる「天王星食」も同時にあり、多くの天文ファンらが約442年ぶりとなる皆既月食と惑星食の共演を楽しもうと夜空を見上げた。
 「部分食」が午後6時9分に始まり、午後7時16分には月が完全に影に覆われた。天王星食が見られる時間は地域によって異なり、東京では午後8時40分ごろから40分間ほど、月の後ろに姿を消した。
 山梨県内でも各地で皆既月食が観測された。JR甲府駅北口の広場では、皆既食の状態特有の「赤銅色」に染まった月に天王星が隠れる様子が確認できた。
 国立天文台によると、皆既月食中に惑星食が起こるのは1580年7月の「土星食」以来。次回は約322年後。

【山梨日日新聞 11月9日掲載】

【山梨県内のニュース】

南ア市への移住、助成や制度紹介 パンフレット作成

A202211091

 南アルプス市は、市内への移住・定住を考えている人向けに、市の補助金や支援制度をまとめたパンフレット=写真=を作成した。
 市ふるさと振興課によると、市内への移住相談が増加する中、移住者らの要望に応えて作成。パンフレットは、二つ折りA4サイズでカラー印刷。移住者から相談の多い「住まい」「子育て」「仕事」の三つのカテゴリーに分け、「空き家活用定住促進事業」や「学校給食費支援」など、市が実施する補助金や支援制度の概要や問い合わせ先が書かれている。仕事のカテゴリーでは、就職や就農の際の相談窓口の連絡先を紹介している。
 千部作成し、市役所のふるさと振興課や各支所で配布している。担当者は「補助金・支援制度を分かりやすくまとめたので、ぜひ活用してもらいたい」と話している。

【山梨日日新聞 11月9日掲載】

【山梨県内のニュース】

コスモス満開 南アルプス

A202211081_2

 南アルプス市下市之瀬の県道沿いの遊休農地で、数万本のコスモスが満開を迎えている。
 育てているのは、同地区で耕作放棄地の解消や景観整備などに取り組む「下市花の会」のメンバーら。8月に農地約40アールに種をまき、10月から咲き始めた。訪れた人は、赤や白、ピンクなど色鮮やかに咲き誇る花を写真に収めていた。会は訪れた人が花を持ち帰れるよう、はさみや新聞紙も用意している。見頃は11月中旬まで。

(写真)満開に咲き誇るコスモス=南アルプス市下市之瀬(2日撮影)

【山梨日日新聞 11月8日掲載】

【山梨県内のニュース】

信玄公祭りで花火700発

A202210294_2

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が続いた第49回信玄公祭りが28日、約3年半ぶりに開幕し、甲府・舞鶴城公園から花火が打ち上げられた。
 8月に市川三郷町で開かれた「神明の花火」とのコラボレーション。約700発の花火が打ち上げられ、29日に予定されている祭りのメインイベント・甲州軍団出陣を前に「のろし」を上げた。
 甲府市中心部の秋の夜空を彩り、集まった多くの観衆が動画を撮影していた。

(写真)信玄公祭りの前夜祭で打ち上げられた花火を眺める観客=甲府・舞鶴城公園

【山梨日日新聞 10月29日掲載】