芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山梨県内のニュース

【山梨県内のニュース】

「亥」の土鈴作りピーク 平成最後、幸せ願って

201812061_3

 甲府市池田2丁目の「民芸工房がくなん」で、来年のえと「亥(いのしし)」をかたどった土鈴作りがピークを迎えている。

 2代目斉藤岳南さんら家族3人が11月から本格的な作業を始め、分担して素焼きや色付けを進めている。大小2種類あり、来年1月末までに計約2500個作る。これまでは茶色を基調にしていたが、今回は明るくかわいらしい印象になるよう白色で仕上げたという。縁起物の松竹梅もあしらっている。

 平成最後の土鈴作り。斉藤さんは「元号が変わっても、手にした人に良い年を迎えてほしいという作り手の気持ちは変わらない」と話す。絵馬約3千個も製作していて、土鈴と共に県内外の寺社仏閣などで販売する。

(写真)ピークを迎えている亥の土鈴作り=甲府市池田2丁目

【山梨日日新聞 12月6日掲載】

【山梨県内のニュース】

中部横断道建設区間、南部町民370人が歩く

201811262_3

 南部町は25日、本年度中に開通予定の中部横断自動車道富沢インターチェンジ(IC)-新清水ジャンクション間の一部区間を歩く、ウオーキングイベントを開いた。

 中部横断自動車道の整備工事の進捗状況を知り、同自動車道からの景色を通じて地元の魅力を感じてもらおうと、町民を対象に企画した。

 富沢ICから東根熊トンネルを通過する約3キロのコースを用意し、町民約370人が参加。橋から町の風景を眺めたり、記念撮影したりしながら真新しい道路を歩いた=写真。クレヨンで路面に絵を描くコーナーなどもあった。

 妻と参加した同町本郷の農業の男性は「めったにない機会だった。開通したら早速利用してみたい」と話していた。

【山梨日日新聞 11月26日掲載】

【山梨県内のニュース】

芦安の交流拠点40年の歴史に幕

201811213

 たくさんの思い出をありがとう-。南アルプス市芦安地区の公民館「芦安高齢者コミュニティセンター」が老朽化のため取り壊されることになり、住民はこのほど、お別れ会を開いた。地元の夜叉神太鼓の練習や料理教室などの場として、40年近く親しまれてきた施設。住民は室内の壁にメッセージを書くなどして、公民館との別れを惜しんでいる。

 同施設は旧芦安村時代の1980年に完成。地域住民の会合で使われたほか、夜叉神太鼓の練習やフォークダンス教室などの場として幅広く活用されてきた。同地区では2012年に保育所が休所となり、近年は子どもの遊び場や保護者の交流拠点になっていた。

 取り壊し作業が始まるのを前に最後の思い出づくりの機会にしようと、住民有志がお別れの会を企画。約50人が集まり、壁に思い思いの絵を描いた。「ここでさわいだ思い出わすれない」「楽しい場所、ありがとう」など感謝のメッセージも数多く書き込まれた。

 同施設の館長を務めていた森本さん=同市芦安芦倉=は「今となっては古い建物だが、住民が集まりやすく使い勝手が良かった。なくなってしまうのは本当に寂しい」と話した。

 市教委生涯学習課によると、市の公共施設再配置計画の一環で、年度内の取り壊しが決まった。跡地は駐車場にする。公民館の代替施設として、隣接する南アルプスふれあい館などの利用を地域に案内している。

(写真)壁に絵を描く地域住民ら=南アルプス・芦安高齢者コミュニティセンター

【山梨日日新聞 11月21日掲載】

【山梨県内のニュース】

県内で狩猟解禁、事故防止呼び掛け 南アルプス署員ら

201811171_2

 県内の狩猟が解禁となった15日、南アルプス署は南アルプス市高尾の林道などで、狩猟事故防止を呼び掛ける啓発活動をした=写真。

 署員や署管内鉄砲保安協会員、県中北林務環境事務所の担当者ら約20人が参加。猟銃の取り扱いや「防ごう! 狩猟事故」のメッセージが書かれたチラシと、ポケットティッシュを地元猟友会の会員に配った。

 同署の生活安全係長は「銃の誤った取り扱いは重大事故につながる恐れが高い。基本を守って事故防止に努めてほしい」と要請。櫛形猟友会の会長は「撃つ方向の確認を徹底し、安全な狩猟に心掛ける」と話した。狩猟期間は来年2月15日まで(ニホンジカ、イノシシは3月15日まで)。

【山梨日日新聞 11月17日掲載】

【山梨県内のニュース】

ミレー作品、撮影どうぞ 県立美術館、20日「県民の日」限定

 「ミレーの美術館」として知られる山梨県立美術館は「県民の日」の20日、ミレーの代表作「種をまく人」など約30品の写真撮影を許可する。同館がミレー作品などを展示するミレー館で一般来館者に絵画の撮影を認めるのは初めてで、敷居が高く感じられがちな美術館のイメージを変えるきっかけにする狙いがある。

 収蔵品の撮影を巡っては、著作権上の問題や鑑賞の妨げになるなどの理由で禁止とする美術館が一般的。ただ、近年は撮影を許可し、会員制交流サイト(SNS)や写真共有アプリ「インスタグラム」へ投稿してもらい、集客アップにつなげようと考える美術館も増えている。
 県立美術館にも観覧者から絵画の撮影を求める声が数多く寄せられ、県民の日の1日限定で許可することを決めた。フラッシュや三脚の使用、動画の撮影はできない。同美術館は特別展で作品の写真撮影を認めたことがあるが、ミレー作品は初めて。
 同美術館のミレー館では「落ち穂拾い、夏」や「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」、開館40周年を記念して今年購入した「角笛を吹く牛飼い」などミレーの油彩画12点のほか、バルビゾン派の作品などを展示。20日はいずれも撮影できる。
 同美術館の担当者は「静かに鑑賞したい来館者もいると思うが、鑑賞の仕方はさまざま。どのような反応があるか見極め、今後の対応を検討したい」と話している。
 県民の日は、県民以外の来館者も含め全ての人が入館無料。問い合わせは同美術館、電話055(228)3322。

◆写真撮影が許可される主なミレー作品
 種をまく人
 夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い
 ポーリーヌ・V・オノの肖像
 ダフニスとクロエ
 冬(凍えたキューピッド)
 無原罪の聖母
 グレヴィルの断崖
 落ち穂拾い、夏
 鶏に餌をやる女
 眠れるお針子
 古い塀
 角笛を吹く牛飼い

【山梨日日新聞 11月14日掲載】

【山梨県内のニュース】

「柿の日俳句」表彰 JA南アルプス市

 JA南アルプス市(小池通義組合長)はこのほど、同JA在家塚支所で「柿の日俳句大会」の入選者を表彰した。

 全国果樹研究連合会が制定した「柿の日」(10月26日)に合わせ、柿など市特産フルーツをPRしようと企画。9~10月に作品を募り、全国から519点の応募があった。20点が入選し、最高賞の大会会長賞には同市飯野の中沢元子さんの「つるし柿風に声ある夕べかな」が選ばれた。

 表彰式では、小池組合長らが入選者に表彰状を手渡した。応募作品は道の駅しらね農産物直売所で展示している。

【山梨日日新聞 11月6日掲載】

【山梨県内のニュース】

勝沼の醸造所で農家がワイン仕込み

201810171_3

 甲州市勝沼町菱山の菱山中央醸造(三森斉社長)で13~15の3日間、地元の農家らが共同で自家用ワインの仕込み作業をした。同社は昭和初期に農家が協力して設立した醸造所が前身で、伝統的な器具を用いた手作業を続けている。同社によると、同様の手法で醸造するのは市内でも珍しいという。
 
 原料は約25軒の農家が持ち込んだ甲州種ブドウ。破砕機で実を砕いた後、年季の入った木製の「バスケット」にスコップや手で詰め込み、ジャッキで圧縮。果汁を下に置いたおけに絞り出し、タンクで発酵させる。

201810172_3

 15日は県外から農業体験や手伝いで訪れた人を含め約20人が作業。観光客のほか、研究の一環で訪れたという東京農大の学生らが興味深そうに見学し、果汁を試飲した。

 同社によると、3日間で昨季よりやや少ない10トン程度を仕込んだ。来春までに一升瓶で約1500本、720ミリリットルボトルで約6千本のワインを醸造する予定。醸造に参加した農家で分けるほか一部は販売するという。

 三森社長は「地域に伝わる造り方を多くの人に知ってもらい、ワインや農業に興味を持ってほしい」と話している。
 
(写真)バスケットにブドウを詰める作業の参加者=甲州市勝沼町菱山
(写真)圧縮され流れ出る果汁=甲州市勝沼町菱山

【山梨日日新聞 10月17日掲載】

【山梨県内のニュース】

富士山 一気に冬の装い

201810161_3

 富士吉田市は15日、富士山頂付近の冠雪を確認したとして「初雪化粧」を宣言した。甲府地方気象台が発表する初冠雪とは別に、独自に発表しており、昨年より11日早い。

 市富士山課によると、同日午前6時半ごろ、職員が山頂付近の冠雪を確認。13日から14日にかけて麓は雨模様で、山頂付近は雪になったとみられる。

 気象台は9月26日に甲府市内から山頂の雪を確認し、初冠雪を発表していたが、市は麓から雪が確認できなかったとして初雪化粧宣言を見送っていた。
 
(写真)山頂から7合目付近にかけて雪が降った富士山=富士吉田・新倉山浅間公園

【山梨日日新聞 10月16日掲載】

【山梨県内のニュース】

沢登六角堂祭典 伝統切子65点奉納

201810143

 南アルプス市沢登地区の伝統行事「沢登六角堂切子祭典」が13日開かれ、伝統の技術を凝らした切り紙細工「切子」が堂内に奉納された=写真。

 地元住民でつくる「沢登切子保存会」のメンバーや豊小の児童、巨摩高の生徒らが手掛けた切子65点を奉納。周囲が暗くなると、神仏や動物、スポーツをモチーフにした作品が堂内の明かりで浮かび上がり、幻想的な雰囲気に包まれた。

 切子は六角堂の護符として、300年以上前から同地区に伝わる。和紙を重ね合わせ「つきのみ」と呼ばれる刃物で彫って透かし、細やかな図柄を表現している。
 

【山梨日日新聞 10月14日掲載】

【山梨県内のニュース】

花の万灯、門前町彩る 身延

201810073_2

 日蓮宗の開祖日蓮聖人をしのぶ恒例の身延山御会式万灯行列が6日、身延町の身延山で行われた。花で彩った「万灯」が総門から三門までの約2キロを練り歩き、多くの観光客が華やかな行列に見入っていた。
 
 行列には全国各地から38団体、約1500人の信徒が参加。細長い竹などに和紙で作った花を飾り付けた「万灯」とともに、太鼓や笛の音を響かせながら練り歩いた。
 
 万灯行列は、日蓮聖人が1282年10月13日に池上宗仲公の館(現在の東京・池上本門寺)で61歳で亡くなった際、周囲の桜が一斉に咲いたという故事に由来している。

(写真)門前町を練り歩く「万灯行列」=身延町身延

【山梨日日新聞 10月7日掲載】