芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳関連ニュース

【山岳関連ニュース】

早川観光、玄関口で発信 横断道の開通見据える

201728251

 早川町は、同町高住の観光施設「南アルプスプラザ」の敷地内に観光案内所を建設する。2019年度の中部横断自動車道の開通などを見据えた観光振興策の一環。同町薬袋の町交流促進センター内にある町観光協会の事務所を移転させ、町の玄関口に情報発信の拠点を設け、観光客の利便性を高める。来年4月の開設を目指す。

 同プラザは、町の主要道路の県道南アルプス公園線沿いにあり、土産品を販売し、レストランで飲食を提供している。築30年以上が経過し老朽化が進んでいることから、観光案内所の建設と併せて建物を改修する。

 観光案内所は同プラザ建物の南側に新設する。町観光協会の事務所も入り、イベント運営などに加え、プラザが行っていた観光客向けの情報発信業務を引き継ぐ。

 町は9月の町議会定例会に、2施設の工事費を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出する。

 町は、静岡県とのアクセス向上や、町と南アルプス市をつなぐトンネル建設を見据え、2015年度に新たな町観光ビジョンを策定し、昨年11月に観光事業者らによる協議会を設立。町内の観光関連業者の組織体制の見直しとともに、観光協会の役割や事務所の適切な場所などを検討していた。

 協議会の事務局を務める町振興課担当者は「プラザがある地域は町の玄関口にあたる。観光客に効率よく情報を発信し、町のPRに力を入れていきたい」と話している。
 
(写真)改修する南アルプスプラザ=早川町高住

【山梨日日新聞 8月25日掲載】

【山岳関連ニュース】

南アトンネル1日5メートル前進

リニア掘削内部初公開

01

 JR東海は23日、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の南アルプストンネル山梨工区(早川町)で、本線トンネルに先行して掘削を進めている地質調査用のトンネルを報道陣に公開した。リニアのトンネル内部の公開は初めて。

 南アルプストンネルは早川町と長野県大鹿村を結ぶ全長約25キロ。山梨工区のうち、リニアが通る本線トンネルにつながる早川非常口トンネル(約2.5キロ)は、6月末までに掘削を終えた。

 本線トンネルと平行する地質調査用のトンネル工事は7月から行い、現在は早川非常口トンネル先端部から西方向に約90メートル掘り進んだ。幅約7メートルで本線トンネル(幅約13メートル)より断面が小さい。

 「NATM(ナトム)」と呼ばれる山岳トンネル工法を採用。発破で岩を砕いた後、アーチ状の鋼材で支え、コンクリートを吹き付けてロックボルトを打ち込む作業を繰り返し、1日に約5メートルのペースで進んでいる。

 最奥部には、発破火薬を仕掛ける穴を開ける削岩機があり、換気設備のパイプや土砂を搬出するベルトコンベヤーが非常口トンネルの出入り口まで延びていた。

 同社中央新幹線山梨工事事務所の有江喜一郎所長は「地下水はほとんど出ておらず、掘削工事は順調に進んでいる」と話した。

 本線トンネルの掘削は本年度中に着手する。2025年10月末までの工期に変更はないという。

 (写真)公開された地質調査用のトンネルの掘削工事現場=早川町内

【山梨日日新聞 8月24日掲載】

【山岳関連ニュース】

登山者の位置 無線端末で把握

北杜・瑞牆山で運用へ 遭難対策に一役

011

 東京都内の企業が9月から、北杜・瑞牆山で、遭難対策として登山者の位置情報を把握できるサービス「TREK TRACK(トレック トラック)」を始める。登山者は、専用の端末を携行することで、携帯電話の電波が届かない場所でも位置情報を第三者に素早く発信することができる。緊急時には警察や消防にこの企業が情報提供することで、事故の早期解決に効果が期待できる。同企業によると、国内で初めてのサービスという。

 サービスを提供するのは、スマートフォン向けサービス開発などを行う博報堂アイ・スタジオ。端末は重さ約100グラム。乾電池式で、3~4日間連続で使用できる。端末か ら発信される「LPWA」と呼ばれる通信方式の無線電波を山小屋に設置した基地局が受信。基地局から同社に緯度や経度、高度などの情報を24時間送信する。

012

 緊急時には、端末の専用ボタンを押すと、信号を受信した同社が家族など事前に登録した緊急連絡先へ電話する。通常時も、専用IDを入力すれば、家族らがスマートフォンなどから位置を確認できる。端末は1日当たり990円でレンタルでき、インターネットで予約を受け付ける。帰宅後は返信用封筒でポストへ投函する。8月20日は、瑞牆山荘前に約30機の端末を用意して登山者に無料体験として貸し出した。登山で訪れ、説明を聞いた東京都武蔵野市の会社員氣仙尚子さん(30)は「端末は軽いので、携行する上で負担にならないと思った。家族や仲間の安心にもつながるので利用してみたい」と話した。

 北杜市は、市ホームページなどを通じてサービスについて案内。同社が解析した蓄積データを基に、危険箇所に注意を促す看板を設置することも検討している。同社は、市と連携して市内の南アルプス山系など、登山客が多い山を念頭に対象エリアを拡大していく方針。

 (写真上)専用の端末(右)を携帯することで、利用中の登山者の位置情報をスマートフォンやパソコンでリアルタイムで確認できる

 (写真下)担当者から端末について説明を受ける登山者(右)=北杜・瑞牆山

【山梨日日新聞 8月21日掲載】

【山岳関連ニュース】

山梨の山 もっと身近に

作家樋口明雄さん登山家花谷泰広さんトーク 移住者視点で魅力語る

P22_

 「やまなしで過ごす『山の日』シンポジウム」(同実行委主催)が19日、甲府・県立文学館で開かれた。国民の祝日「山の日」(8月11日)を受けたイベントで、県外から北杜市に移住した作家樋口明雄さん、登山家で山岳ガイドの花谷泰広さんが登壇。山梨の山の魅力を語り、「山を身近な存在にしてほしい」と呼び掛けた。

 山口県出身の樋口さんは「大好きな山登りと渓流釣りが楽しめる」と北杜市に移住。自身の小説「南アルプス山岳救助隊K-9シリーズ」の舞台となる北岳には、取材も兼ねて定期的に登っていることを紹介し、「頂上からの風景は何とも言えない美しさ。雲海のかなたに富士山が見えたときは幸せ」と語った。

 花谷さんは「山梨は初心者から上級者向けの山がそろっているのが特徴」と指摘。兵庫県出身で、子どもの頃から家族と一緒に近くの六甲山に登っていた経験を振り返りながら、「標高が低く登りやすかった。皆さんもまずはハイキング程度で楽しめる山に登ってみて。周囲にも勧めてほしい」と呼び掛けた。

 樋口さんは「山梨では山は見るものと思っている人が多いとされるが、最近は実際に登る人が増えていると感じる」と語り、花谷さんは「登山をブームで終わらせず根付かせるためには、本当に山が好きな人を増やすことが必要だ」と強調した。

 イベントは「山の日」が国民の祝日となった昨年から、県や市町村、森林整備に関わる団体などで組織する実行委が開いている。

 (写真)山梨の山の魅力について語る樋口明雄さん(中央)と花谷泰広さん(右)=甲府・県立文学館

【山梨日日新聞 8月20日掲載】

【山岳関連ニュース】

「オオカミ」で獣害防止 光と音声で威嚇

 南アルプス市は獣害対策の一環で、音や光でシカやイノシシを威嚇するオオカミ形の装置を導入する。中山間地の中野地区に9月から試験的に置き、効果が確認できれば本格導入する。市みどり自然課の担当者は「農業への被害を食い止める解決策になればいい」と期待している。
 
 同課によると、中野地区では桃、スモモの実や新芽、木がシカにかじられる被害が出ている。田んぼをイノシシが走って荒らすことも過去にあったという。

 導入するのは、精密機械部品の加工・製造などを手掛ける北海道奈井江町の太田精器(太田裕治社長)の装置「スーパーモンスターウルフ」。同社によると、オオカミの形をしていて「体長」は65センチ。人工の毛で覆われていて、頭部は口を開けて白い歯をむき出しにしている。

 赤外線センサーが動物を感知すると、目が赤く光るほか、人やオオカミの声で威嚇する。頭の部分は左右に計90度動く。バッテリーが動力という。

 オオカミは、シカやイノシシから恐れられていたとされ、この装置を試験導入した千葉県内のJAでは有害鳥獣の出没回数が減ったという。

 住民から獣害対策の要望を受け、市幹部がテレビで目にした装置の導入を検討。9月14日に、地区内のけもの道に試験的に置く。効果があれば、新年度予算に購入費を計上し、複数台配置するという。

【山梨日日新聞 8月16日掲載】

【山岳関連ニュース】

南アルプス・広河原で安全登山呼び掛け

P191

 県山岳遭難対策協議会南アルプス支部は、南アルプス・広河原で、安全な登山を呼び掛ける啓発活動をした=写真。同支部の南アルプス署員や南アルプス市の担当者ら約10人が参加。「山岳遭難が多発しています」「登山届の提出を」と声を掛けながら、山岳事故の発生場所が書かれた地図などを登山者に手渡した。同署の担当者は「8割以上の事故は下山中に起きている。自分の体力が消耗していることを自覚して、慎重さを持って登山を楽しんでほしい」と話した。

【山梨日日新聞 8月12日掲載】

【山岳関連ニュース】

山の日は山梨に 安全登山PR

P011

 「山の日」の11日、富士山など山梨県内の山々には大勢の登山者や観光客が訪れた。麓では関連イベントが行われ、多くの人が山や自然に親しんだ。

 富士山5合目では朝から次々と登山者が訪れ、山頂や山小屋を目指していた。富士吉田署員は5合目のロータリーで山岳指導を実施。署員は登山者に「天気が悪いので無理をせず引き返す勇気が必要」などと呼び掛けながら、富士登山の注意事項が書かれたチラシを配布した。

 県警によると、今年上半期(1~6月)の山岳遭難は54件、遭難者数は58人で、統計を取り始めた1965年以降で最多だった。

 (写真)「山の日」に富士吉田署員から注意点を聞く登山者=富士山5合目

【山梨日日新聞 8月12日掲載】

【山岳関連ニュース】

「登山届」条例案、月議会提出へ 県が意見公募

 山梨県は10日までに、厳冬期に富士山8合目以上などへ向かう人に登山届(登山計画書)の提出を義務付ける条例の骨子案をまとめ、9月定例県議会に条例案を提出する方針を固めた。今月11日から意見公募(パブリックコメント)を実施する。

 骨子案は県が設置した検討委員会の報告書を踏まえた内容。富士山の8合目以上と、南アルプス、八ケ岳で「安全登山推進重点区域」を指定し、厳冬期(12月~翌年3月)に登山届の提出を義務化する。罰則はない。

 また富士山、南アルプス、八ケ岳で重点区域より広い範囲を「安全登山推進区域」に指定。1年を通じて登山届提出を努力義務とする。

 南アルプスと八ケ岳、厳冬期以外の富士山はいずれも対象エリアが決まっていない。県観光資源課は山岳関係者からヒアリングを進めており、「エリアを指定する際は関係市町村長の意見を聴く」としている。

 条例案は9月定例県議会に提出する。同議会で可決された場合、来年10月から安全登山推進区域で登山届提出が努力義務化、19年10月には重点区域で登山届提出が義務化される。骨子案に対する意見は今月31日まで、電子メールや郵送、ファクスで受け付ける。

【山梨日日新聞 8月11日掲載】

【山岳関連ニュース】

「山あり県」切手、後藤知事に贈る 日本郵便南関東支社

011

 日本郵便南関東支社は9日、県を取り囲む富士山、北岳、間ノ岳の標高トップ3の山を題材にしたオリジナルの切手シート「山あり県」の発売を記念し、後藤斎知事に同切手シートを贈呈した。

 この日は県庁で贈呈式を実施。南関東支社の大谷津善樹支社長が「多くの方に素晴らしい山々をPRするお手伝いをしたい」とあいさつし、後藤知事に切手シートを手渡した=写真。

 後藤知事は「県内外の皆さんに『山あり県』の魅力をより一層理解していただける手段となる」と述べた。

 切手シートは今月11日の「山の日」に合わせ、8日から限定2千セットを県内の郵便局200局(北杜郵便局と簡易郵便局は除く)で販売。1シート1300円。

【山梨日日新聞 8月10日掲載】

【山岳関連ニュース】

岩殿山崩落 登山道を閉鎖

台風5号被害 大月「山の日」控え地元落胆

021

 台風5号による土砂崩落で、大月市の岩殿山(標高634メートル)の登山道が一部で土砂に覆われたり崩れたりしていることが分かり、市は9日までに登山道を閉鎖した。市は破損箇所を修復する方針だが、復旧のめどは立っていない。岩殿山は世界文化遺産・富士山の眺望に優れる景勝地として「登山客から人気の山」(市関係者)で、県東部地域を代表する観光スポットの一つ。11日の「山の日」から始まる連休を前に、地元関係者からは落胆の声が上がっている。

 台風5号の接近により、県内は7日午後から8日午前にかけ、大月、都留両市を中心に猛烈な雨が降り、岩殿山は3カ所で大規模な土砂崩落が発生した。

 登山道の被害を調べるため市職員が登ったところ、崩れた土砂で道が埋まったり、雨水で路肩が削り取られたりし、通行不能になっている箇所が複数あることを確認。「安全が確保できない」(市産業観光課)と判断し、登山道入り口にロープを張り、「土砂崩れのため通行止め」の掲示をした。

 また、岩殿山中腹の登山道沿いに設置されていた「岩」「殿」「城」「跡」の4枚の看板(いずれも縦横約3メートル)のうち、「城」の1枚が土砂崩落によって落下した。
 市は登山道の破損箇所を直す工事に着手する方針だが、土砂崩落が広範囲にわたっていることもあり、作業完了のめどは立っていない。

 岩殿山は、春はサクラ、秋は紅葉が楽しめる。山頂からの富士山の眺望は「秀麗富嶽十二景」の一つとして市が選定、「季節を問わず登山が可能な山」(同課)ということもあり、登山客や写真愛好者らの人気を集めている。標高が東京スカイツリーと同じ高さで、2012年のスカイツリー開業時は話題となった。

 市担当者は「岩殿山は、大月市を含めた県東部を代表する行楽地。夏休み中で、お盆休みを前にした閉鎖は地元の観光業にとって大きな痛手だ」と落胆。岩殿山など市内の山で登山ガイドをしている大月市真木の男性(75)は「多くの人に魅力に触れてもらえる『山の日』を前にした閉鎖は残念。安全が第一だが、一日でも早く登れるよう整備してほしい」と話した。

 (写真)台風5号の影響で土砂崩れが発生、ロープで閉鎖された岩殿山の登山道入り口=大月市賑岡町強瀬

【山梨日日新聞 8月10日掲載】