芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳関連ニュース

【山岳関連ニュース】

中山の展望台、眺め復活

北杜 周囲伐採、登山道を改良

P22_

 北杜市の白州、武川両地区にまたがる独立峰・中山の展望台周辺の伐採作業が完了した。展望台からは360度が見渡せ、南アルプスや八ケ岳、富士山などの眺望が楽しめるようになった。

 展望台周囲の木々が成長し、視界が遮られていたため、昨年2月から両地区の住民らでつくる「北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会」(日向勝会長)が伐採作業を進めてきた。展望台周辺の約5千平方メートルでアカマツの木を切るなどの整備をして、登山道の草刈りや枝切りもした。急斜面にはつかまりながら下山するためのロープも張った。

P22_2

 市観光課によると、整備したことで、登山道が歩きやすくなり、登山口から展望台まで約30分で行けるようになった。展望台では、天気が良い日は北に八ケ岳、南に富士山、西に甲斐駒ケ岳、東に金峰山などを望むことができるという。

 中山は釜無川右岸に位置し、標高887メートル。山頂付近に敵の侵入を防ぐための土塁などがあり、戦国期の武田氏を支えた武士団・武川衆が拠点にしたとされる。とりで跡は市指定文化財になっている。展望台は高さ約13メートルで、とりで跡から約300メートル北西にある。

 【写真上】周囲の木を伐採して360度が見渡せるようになった展望台からの眺望=北杜市内

 【写真下】成長した木々に囲まれていた展望台=北杜市内

【山梨日日新聞 1月17日掲載】

【山岳関連ニュース】

地域の歴史を冊子で継承 南ア・郷土研

201801141

 南アルプス市内の歴史愛好家でつくる市郷土研究部(小野捷夫部長)などは、約10年前から地域の歴史を記録した冊子の発行を続けている。「地元の小さな歴史を忘れてはいけない」(小野部長)と年に1、2回発行。15日には市内の商店街を特集した12冊目を出す。
 
 研究部は、市内で史跡の見学会や歴史について学ぶ研修会を開いていて、現在のメンバーは約150人。冊子の発行は「地域の人があまりにも地域のことを知らない。生まれ育った地域に目を向け、誇りを持ってもらいたい」(小野部長)と、2008年に始めた。

 初めての冊子は果物の栽培で栄えた地区「西野」を特集。南アルプスの里山や甲斐犬がテーマの「芦安」(10年)、扇状地の暮らしにスポットを当てた「桃園」(17年)などを作った。市教委を通じて市内の小学校などに配布している。

 15日に発行する12冊目では在家塚、飯野の両地区にまたがる商店街「倉庫町」を特集。「煙草専売所倉庫」によってできた商店街の特徴を写真や地図を交えて解説している。当時の資料は、メンバーが住民宅を巡って集めたという。

 小野部長は「地域の歴史を知る世代が亡くなり、次の世代に語り継ぐのが難しくなっている。冊子を通じ、子どもらに地域に愛着を持ってもらいたい」と話す。

 12冊目はA4判の54ページで計600部を作成。部員らに配るほか、20、21の両日に桃源文化会館で開かれる白根地区文化祭で、400円で販売する。
 
(写真)地域の歴史を紹介する冊子を作っている住民グループの小野捷夫部長=南アルプス市西野

【山梨日日新聞 1月14日掲載】

【山岳関連ニュース】

岩殿城跡、看板撤去へ

大月市 台風で破損、落下

P_20180110_

 大月市は、岩殿山(標高634メートル)の山腹にある「岩殿城跡」の看板を撤去する。昨年8月の台風5号の影響で、看板の一部が破損して落下していた。

 「岩」「殿」「城」「跡」を1文字ずつ看板4枚に分けて書き、「岩殿城跡」と読ませていたもので、看板はいずれも縦横約3メートル。土砂崩落があった強瀬ルート沿いに設置されていたが、「城」の1枚が土砂崩落に巻き込まれて落下した。

 市は、「PRのために設置していたが、岩殿山の知名度が高まるにつれ効果が薄くなっていた。景観の面から見てもない方が良い」(担当者)として、撤去を決定。台風で破損した登山道の復旧作業に合わせて撤去する。

 岩殿山は台風の影響で登山道の一部が崩落するなどし、昨年8月7日から市が全面的に入山規制し、12月7日に規制を一部解除した。強瀬ルートは市職員やボランティアが損壊した登山道の迂回路を整備したが、看板がある損壊した登山道の整備は完了しておらず、着工時期は未定。

 【写真】撤去が決まった看板=大月市賑岡町強瀬

【山梨日日新聞 1月10日掲載】

【山岳関連ニュース】

県東部の登山道 地図に

都内男性 2年がかり 130コース 独自に調査

450_p22_1

 東京都武蔵野市の自営業守屋二郎さん(50)は、山梨県東部地域の登山道情報を盛り込んだ地図「山梨東部の山 登山詳細図」を作った。2年かけて地域を50回以上訪れ、山を歩いてコースや距離を調査。上野原、大月、都留の3市と道志村にある130コースを紹介している。守屋さんは「景観に優れ、豊かな自然が残った多くの登山道は地域の宝。多くの人に魅力を知ってほしい」と話している。

 地図は縦約100センチ、横68センチの1枚の両面印刷で、持ち運びができる大きさに折り畳むことができる。国土地理院発行の2万5千分の1地形図を基に、登山道のルートや距離など独自に調べた情報を書き込んでいる。

 登山道が整備されている一般向けのコースを赤色、熟練の登山者が使う旧道や作業道など上級者向けは紫色に色分け。130コース一つ一つの特徴を説明し「一般向き」「経験者向き」などと解説を付けた。コースには目印となる標識やベンチの位置、急勾配になっている場所や荒廃している危険箇所の情報なども記載。眺望の良い場所には「好展望」と書き込んだ。

450_p22_2

 各情報は、守屋さんと19人の協力者が実際に山を歩いて収集。衛星測位システム(GPS)を用いてルートを調べ、距離は車輪型の計測器を使って測量した。

 守屋さんは岡山県生まれで、父親の影響で幼い頃から登山に親しんでいた。地図作りは2011年に脱サラして始めた。今回の地図が8作目。守屋さんは「富士山が間近に見えるなど眺望に優れた場所が多く、登山道にも多くの自然が残っていて魅力的。登山愛好者だけでなく、地元住民にも価値を知ってほしい」と話している。

 地図は岡山県の出版社吉備人出版が発行し、東京都近郊の書店や登山用品店で扱っている。インターネットの通信販売のほか、上野原市の一部書店でも販売している。定価は900円(税抜き)。問い合わせは守屋さん、電話0422(38)7902。

 【写真上】山梨県東部地域の登山道130コースの情報を紹介する地図「山梨東部の山 登山詳細図」を作った守屋二郎さん=上野原市役所

 【写真下】ルートや距離、ベンチや眺望スポットの位置情報などを書き込んだ地図「山梨東部の山 登山詳細図」

【山梨日日新聞 1月6日掲載】

【山岳関連ニュース】

「634サミット」で3位入賞

身延の団体、醍醐山PR活動を評価

P20_

 身延町の町民有志らでつくる「醍醐山を愛する会」(依田武司代表)は、「東京スカイツリー」の高さにちなんだ「634サミット」の発表のコンテストで入賞した。同町の醍醐山をPRする会の活動が評価された。会の担当者は「過疎地での取り組みが認められてうれしい」と話している。

 サミットは、スカイツリーがある墨田区内の有志でつくるNPO法人「六三四塾」が主催し、昨年11月10日に開催した。「634」という数字に関係する取り組みなどを発表するイベントで今回で5回目。全国各地から18の個人や団体が参加した。

 愛する会は、醍醐山を通じて地域を盛り上げようと2012年に発足。サミットには「町の魅力を知ってもらいたい」(同会担当者)と、3人のメンバーが参加した。発足時の醍醐山の標高が634.8メートル(現在は635メートル)だったことなどをアピールし、登山道の整備や山の魅力を伝える一斉登山など活動内容を紹介した。

 審査の結果、全体の3位に当たる審査員特別賞を受賞した。会事務局の磯野澄也さんは「634に関連する多くの団体があり驚いた。サミットでのつながりを大切に、地域を盛り上げる活動を続けたい」と話している。

 【写真】活動の状況を説明する「醍醐山を愛する会」のメンバー(奥)=東京都墨田区

【山梨日日新聞 1月5日掲載】

【山岳関連ニュース】

霊峰 ダイヤの輝き

P25_

 「戌年」の2018年が幕を開け、好天に恵まれた県内は神社仏閣や初日の出スポットに多くの人が訪れた。  富士川町高下地区では1日、富士山頂から太陽が昇る「ダイヤモンド富士」の初日の出が見られた。午前7時25分ごろ、頂にオレンジ色の光が現れると待ち構えた人々が一斉にシャッターを切ったり、手を合わせたりした=写真

【山梨日日新聞 1月3日掲載】

【山岳関連ニュース】

初日の出登山、厳戒

県警 富士山、南アで「検問」 山岳遭難最多、死者も多数

450_p17_

 山梨県内で今年発生した山岳遭難は161件、遭難者は180人でいずれも過去最多となり、県警は初日の出を目当てに入山者が増える年末年始の山岳指導を強化している。5年連続で年末年始に死者が出ている富士山では、29日から装備品の点検など山岳指導の時間を延長。今年の山岳遭難による死者は30人と平成に入って最多となり、26日は上野原市で高齢の登山者3人が遺体で見つかっている。県警は「冬山は滑落の危険が増す。関係機関と連携した啓発などで遭難を防ぐ」と警戒する。

 29日午前7時すぎ、富士山の吉田口登山道の「馬返し」を訪れた埼玉県熊谷市の男性会社員(40)に、富士吉田署員が声を掛けた。男性は単独で、冬季の富士山は初めてという。アイゼンは持っていたが、登山届は出していなかった。署員は記入を促して「危ないと思ったら引き返す勇気が必要」と強調した。

 県警によると、27日現在、県内は山岳遭難が161件発生し、遭難者は180人。いずれも統計を取り始めた1965年以降で最多。死者は30人で平成に入って最多、過去2番目に多い。

 同署は、馬返しでの冬季山岳指導を11月18日から毎日実施。通常は午前6時~8時半だが、29日から1月3日の6日間は正午までに延長した。登山届の提出、滑り止めのアイゼンなど装備品を確認し、軽装の場合は出直しを求めることもあるという。

 年末年始に富士山で遭難、死亡した人は2012~13年は1人、13~14年は1人、14~15年は2人、15~16年は1人、16~17年は2人。同署は初日の出を拝もうと入山者が増えることが要因の一つとみる。この時季は雪が固まったアイスバーン状態で、強風も吹き付けるため「技術がある人も滑落する可能性が高くなる」(同署担当者)という。

 南アルプス山系がある南アルプス署管内では、過去5年の年末年始に遭難が4件発生し、3人が死亡している。南アルプス署は28日から31日の毎朝、南アルプス市芦安芦倉の夜叉神登山口で署員らが安全指導を行っている。

 甲府地方気象台によると、年末年始の県内の天候はおおむね晴れるが、31日は曇りの予報になっている。

 県警地域課の担当者は「天候を見ながら必要な準備を行い、無理のない登山を心掛けてほしい」と話している。

 【写真】装備品や登山届の提出状況を確認する富士吉田署員=富士山1合目下の馬返し

【山梨日日新聞 12月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳遭難多発で指導強化、県警

 山梨県警の鶴田孝一生活安全部長は28日の定例会見で、冬山への入山者が増える年末年始は「軽装や準備不足の登山者に厳しい姿勢で臨む」との考えを示した。今年の遭難件数と遭難者数がすでに過去最多を更新した現状を踏まえ、未然防止に力を入れるとした。

 県警地域課によると、27日現在、山岳遭難は161件発生し、遭難者数は180人に上る。いずれも統計を取り始めた1965年以降で最多、死者は30人に上る。鶴田生活安全部長は「危機感を持っている」として、駅や登山口での指導を強化するとした。

【山梨日日新聞 12月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳遭難防止へ夜叉神登山口に指導所

201712291

 南アルプス署などは28日、南アルプス市芦安芦倉の夜叉神登山口に山岳遭難事故防止指導所を開設し、登山者に安全登山の指導を行った。

 署員と南アルプスの山岳遭難防止に向けて活動する「大久保基金の会」のメンバー計8人が参加。午前6時半から約1時間半、訪れた登山者の装備品を確認したほか、登山計画書の提出指導、山岳遭難事故防止を呼び掛けるチラシを配った。

 同署の飯島哲也地域課長は「冬山は危険が多い。計画的な登山を心掛け、無理をせずに下山する勇気を持ってもらいたい」と話している。

 同署などは、長期休暇を利用した冬山登山の事故防止に向けて31日まで同様に指導をする。
 
 【写真】登山者の装備品などをチェックする署員ら=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 12月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

登山口の啓発活動 在り方を意見交換

 県は26日、甲府・県防災新館で、市町村や警察署、山岳団体の代表者による「安全登山推進会議」の第2回の会合を開いた。

 今年10月に施行された「県登山の安全確保に関する条例」で、2019年10月までに厳冬期の登山届提出が義務化される富士山、南アルプス、八ケ岳について啓発活動や安全対策の取り組み状況を報告。今後の登山口での指導や勧告体制の在り方について意見を交わした。

 事務局を務める県観光資源課が「富士山で実施されている県警や地元市町村などによる啓発活動の取り組みを参考に、南アルプスや八ケ岳で指導体制を構築したい」と提案。出席者からは「人手に限りがあり、富士山と同じ指導体制の実現は難しい」などの意見が出た。

【山梨日日新聞 12月27日掲載】