芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳関連ニュース

【山岳関連ニュース】

南ア「No.2協会」2周年、全国で「勢力拡大」意欲

 日本で2番目に高い山・北岳(3193メートル)があることにちなんで、南アルプス市の住民らが設立した「日本No.2協会」は、2月2日で活動「2」年目を迎える。同市の他に茨城、兵庫の3団体による「No.2サミット」の開催後、新たに全国で2番目に面積が小さい奈良県の町も加わり、現在は各地の「No.2」を紹介するステッカーを作成中。協会は全国各地の2番手の仲間を増やして“勢力拡大”を図るとともに、地域活性化につなげる活動を目指している。

 北岳、日本で2番目に大きな湖の霞ケ浦(茨城県かすみがうら市)、2番目に古い時計台「辰鼓楼」(兵庫県豊岡市出石町)それぞれの輪郭に、目と口が付いたキャラクター。各キャラクターの胸元には「2」と書かれた銀メダルが輝いている。

 協会の名取代表はノートパソコンに三つのデザイン案を示して、「新しい取り組みとしてステッカーを計画しています」と顔をほころばせた。ステッカーは3種類、約6センチ四方のものを各100枚作製し、2月2日の第2回「No.2サミット」で披露し、その後各地で配布予定という。

 名取代表が営む民宿旅館「なとり屋」に置いてあるステッカーを集めるファンがいることから、「ご当地ステッカーで多くの人に『No.2』に関心を持ってもらいたい」と企画した。

 昨年2月の発足時には協会のほかに、霞ケ浦の魅力発信に取り組む「かすみがうら未来づくりカンパニー」、出石町の観光協会が参加。その後、昨年5月には新たに日本で2番目に面積が小さい奈良県三宅町から参加の申請があり、メンバーに加わった。「仲間が増えてうれしい」と名取代表は言う。第2回サミットは南アルプス市芦安山岳館で開き、4団体が参加して地域を紹介し合い、今後の活動について協議する。

 「1年目はホームページを作成し、メンバー集めを進めてきた。今後は活動の認知度を高めて協会の仲間を増やしていくこと、地域活性化に還元することが大きな目標」と意気込む。ステッカー作製はその一環で、認知度向上に向けてさらにNo.2の参加を呼びかける考えだ。「自治体以外にも企業や団体など、2番手の間口を広げて迎え入れたい」と、2年目の展望を語った。

〈日本No.2協会〉 北岳のふもとの南アルプス市芦安地域で生まれ育ち、民宿旅館を営む名取大介代表ら数人で昨年2月2日に発足。1番に比べると注目されにくい「2番手」の特色を発信し、地域活性化につなげようと結成した。全国にある「No.2」を持つ団体に声を掛け、昨年2月22日に第1回「No.2サミット」を開催した。

【山梨日日新聞 1月28日掲載】

【山岳関連ニュース】

雪と氷 厳寒の風景

 この冬一番の寒気が流れ込んだ25、26の両日、県内各地で「厳冬」の光景が広がった。山中湖畔では湖岸が凍り、強風にあおられた湖面は波立ち、富士山からは雪煙が上がった。甲府市の野猿谷林道沿いではつららができ、寒さが厳しい郡内地域では滝が結氷した。

野猿谷 林道沿い(甲府)

A202301271

甲府市の荒川ダム上流の野猿谷林道沿いで25日に見られた大きなつらら。左岸の斜面からしみ出した水が洞門の上から流れ落ちながら凍り、いくつもの長いつららができていた

母の白滝(富士河口湖)

A202301272

落差約15メートルの滝の大部分が結氷した富士河口湖町河口の「母の白滝」。凍結した滝を撮影するなどして観光客らが厳寒ならではの風景を楽しんでいる。気候にもよるが、2月中旬ごろまで楽しめるという

太郎・次郎滝(都留)

A202301273

つららが幾重にも重なった都留市の「十日市場・夏狩湧水群」にある観光名所「太郎・次郎滝」(同市夏狩)。滝の周辺や遊歩道では25日、滝の水が周囲の草木に飛散して凍る「しぶき氷」という幻想的な風景も見られた

【山梨日日新聞 1月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

乾徳山駐車場を増設、来年度から利用へ 山梨市

 山梨市は、同市三富徳和の乾徳山登山口にある駐車場を増設する。これまでの駐車場が手狭だったため、新たに約50台分の駐車場を整備し、登山客の利便性向上を図る。
 市観光課によると、乾徳山登山口の既存の駐車場近くにある乾徳公園敷地を利用し、約1150平方メートルを舗装予定で、約50台分の駐車スペースを確保する。市は本年度から新たな駐車場の整備を開始。現在は工事を進めていて、本年度中に完成予定。来年度から利用できる見込みとなっている。
 登山口の駐車場には十数台分の駐車スペースがある。登山客が年々増加傾向で、春から秋にかけての登山シーズンには駐車場に入りきらない車も目立った。中には路肩に止めるケースもあり、近隣住民からは駐車スペースの拡充を求める声もあった。
 市観光課担当者は「ルールとマナーを守り、気持ちよく利用してもらいたい」と話している。

【山梨日日新聞 1月18日掲載】

【山岳関連ニュース】

14日から「寒いほどお得」八ヶ岳周辺49店・施設で割引

 八ケ岳周辺の店舗で、気温が下がるほど商品や食事などの料金を割り引く恒例の「寒いほどお得フェア」(同実行委など主催)が14日から始まる。
 フェアは飲食店などが客足の遠ざかる冬場の観光客を増やそうと2002年に始まった。今年は北杜市と長野県富士見町、原村の飲食店や宿泊施設など49の店舗や施設が参加する。期間中は、午前10時にJR清里駅前に設置した特設寒暖計で気温を計測。氷点下5度以下は3割引きで、同4・9~0度は2割引き、0・1~5度は1割引きとなる。
 参加店舗の料理や雑貨、土産品など各店指定の商品やサービスの値段を割り引く。宿泊施設は、次回利用できる割引クーポンを贈る。最終日の2月19日は、気温にかかわらず全店で対象商品が3割引きとなる「グランドフィナーレ」を実施する。
 参加店や割引対象商品は、特設サイトで見ることができる。イベントに関する問い合わせは八ケ岳ツーリズムマネジメント、電話0551(48)3457。

【山梨日日新聞 1月12日掲載】

【山岳関連ニュース】

110番通報の適正利用を 登山届提出の注意喚起も
JR甲府駅南口で呼びかけ

A202301071

 「110番の日」(1月10日)を前に、甲府署は6日、JR甲府駅南口で、110番通報の適正利用を呼びかける啓発活動をした。
 署員7人と県の観光PRキャラクター「武田菱丸」が参加。通行人に「110番の日」を知らせるチラシ100部を手渡しながら、通報の適正利用を呼びかけた。また、冬山遭難防止のため、登山届の提出や事前準備などの注意喚起も行った。
 地域課の課長は「緊急性のない相談は『♯9110』(警察相談専用電話)に連絡してほしい」と話した。

【山梨日日新聞 1月7日掲載】

【山岳関連ニュース】

冬の南アの魅力、写真投稿を募集

 南アルプス市は、写真共有アプリ「インスタグラム」で、冬の南アルプス市を撮影した写真コンテストを開催している。山岳観光や果樹栽培の閑散期となる冬の楽しみ方や魅力を知ってもらおうと、31日まで募集している。
 対象は2020年12月以降に市内で撮影した写真。市の公式アカウントをフォローし、選んだ写真にタイトル、撮影日、撮影場所を記載し、「#南アルプス市は山梨です」のハッシュタグを付けて投稿する。2月に審査を行い、3月にインスタグラムで発表する。
 最優秀賞には1万5千円分の特産品を贈呈。優秀賞2人に5千円分、参加賞として抽選で3人に千円分を贈る。応募した作品を集めた写真展も予定している。
 市の担当者は「市内の冬の思い出を多くの人に共有してほしい」と話している。

【山梨日日新聞 1月6日掲載】

【山岳関連ニュース】

うさぎ神社 安全と健脚、祈願の場

A202301011

 河口湖畔から「河口湖 富士山パノラマロープウェイ」で天上山に上ると、たぬき茶屋に隣接して「うさぎ神社」がある。ロープウエーを運行する富士急行(富士吉田市)によると、富士河口湖町の天上山は、太宰治の小説「カチカチ山」の舞台という説があり、ウサギとタヌキのモチーフの由来となっている。
 富士山が一望できるうさぎ神社は、三ツ峠からの登山者や観光客の安全、健脚を祈願する場とされ、ご神体として社の中にウサギを安置。こま犬ではなく、2体の「こまうさぎ」もいて、後ろ足で立ち上がっているのが「富士見兎」、頭を伏せているのが「夢見兎」という。
 ウサギをモチーフにした御朱印(400円)も人気だ。ラミネート加工されたタイプは日付を手書きしてもらえる。紙のタイプは春夏秋冬でデザインが異なり、日付はスタンプ印。ウサギをデザインしたお守りやおみくじ、きな粉と黒蜜をまぶした「うさぎ団子」(400円)もある。
 河口湖畔から山頂までのハイキングコースもあり、帰りはロープウエーに乗らずに歩く人もいるという。下りで片道約40分。

(写真)「河口湖 富士山パノラマロープウェイ」の山頂にあるうさぎ神社=富士河口湖町

【山梨日日新聞 1月1日掲載】

【山岳関連ニュース】

ヒカリゴケ 数十ヵ所に 甲州・大菩薩嶺

A202212261

 甲州市塩山上萩原の大菩薩嶺周辺で、薄暗い場所に生える「ヒカリゴケ」が確認され、登山者の注目を集めている。住民グループが調査し、数十カ所に点在して自生しているのを確認。環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されており、住民グループは行政と協議して保護を進め、観光資源としての活用を模索する。

 環境省によると、ヒカリゴケは標高の高い針葉樹林の洞穴や岩の間など薄暗く湿った場所に生息。レンズ状の細胞がわずかな光を反射することでエメラルド色に輝くことで知られている。
 わずかな環境の変化に弱いため、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されている。埼玉県や長野県などでは、国の天然記念物に指定されている自生地もある。山梨県内では甲府市の水晶峠のヒカリゴケが県の天然記念物となっている。
 大菩薩嶺にある山小屋「丸川荘」を手伝う只木さんによると、約30年前にヒカリゴケを観賞できる場所を発見したが、只木さんが、興味を持つ登山者らに知らせる程度だった。
 只木さんからヒカリゴケが見られることを聞いた、大菩薩嶺周辺の住民らでつくるグループ「甲州大菩薩ネルチャークラブ」(古屋代表)が約3年前から調査を開始。これまでに大菩薩嶺周辺の十数カ所でヒカリゴケを確認した。
 クラブは今後、ヒカリゴケの自生が確認された萩原山(甲州市)を管理する東京都水源管理事務所や市などと協議し、ヒカリゴケの保護や観光資源としての活用に乗り出す方針。

(写真)スマートフォンのライトを受け、エメラルド色に輝くヒカリゴケ(左)=甲州市塩山上萩原

【山梨日日新聞 12月26日掲載】

【山岳関連ニュース】

ナラ枯れ19市町村に 地域拡大、被害量は減

 ナラ類などの広葉樹が病原菌で枯れる「ナラ枯れ」について、山梨県内で2022年度に確認された被害地域は前年度から4市町増え、19市町村に上ったことが、県などの調査で分かった。一方で、森林被害は前年度から4割減少しており、伐採や薬剤注入などの効果が出ているとみられる。
 県森林整備課によると、9月から11月にかけて国や市町村と被害状況を調査した。被害が確認されたのは甲府、富士吉田、都留、大月、笛吹、上野原、南アルプス、甲州、中央、早川、身延、南部、富士川、道志、西桂、忍野、山中湖、鳴沢、富士河口湖の19市町村。
 県内では19年に身延、南部、山中湖の3町村で初めて被害を確認。20年は12市町村、21年は15市町村に拡大した。
 ナラ枯れの樹木は葉が赤茶色に変わるため、景観が悪化。枯れて民家や道路、線路などに倒れ、事故につながることも懸念され、全国でも被害が拡大している。

【山梨日日新聞 12月17日掲載】

【山岳関連ニュース】

「都留アルプス」散策 都留

A202212102

 都留市と市内の登山愛好家らでつくる「都留アルプス会」は、「都留アルプス」と名付けた市内の山々を巡るハイキングイベントを実施した=写真。
 県内外から約70人が参加。市役所を発着点に、白木山や長安寺山などの尾根を伝い、約7キロのコースを歩いた。コース途中に整備された「富士山展望台」では、多くのハイキング客が足を止めて景色を楽しんでいた。
 会は市内に東西に連なる標高500~650メートルの山々を「都留アルプス」と命名。会員と市職員が遊歩道を整備し、毎年ハイキングイベントを開催している。

【山梨日日新聞 12月10日掲載】