芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳関連ニュース

【山岳関連ニュース】

登山再開へ5ルール、県呼び掛け

マスクを携行/登山日に検温

 新型コロナウイルス感染予防のため5月31日までの登山自粛を求めている山梨県は、6月1日以降の登山時に守るべき五つのルールを定めた。登山者には、混雑の回避やマスクなど感染予防グッズの携行を求める。

 県観光資源課によると、県は緊急事態措置に伴い、県内の登山道や遊歩道の利用自粛を要請し、5月末まで継続して協力を求めていた。6月1日以降の入山時、五つのルールを守るよう求める。

 ルールは(1)体調に不安がある場合は入山しない(2)山小屋・テント場の営業確認、事前予約の徹底(3)難易度を落とした山選び(4)混雑を避けた登山計画(5)感染予防グッズの携行やごみの持ち帰り-の5項目。登山日の検温や少人数での入山、宿泊や休憩場所でのマスク着用、密閉ごみ袋を持ち歩くことを求めている。

 山岳県である山梨、長野、岐阜、富山の中部4県で登山者に注意喚起することを申し合わせ、各県でルールを設ける。山梨県は県内外の登山団体や専門店、ウェブサイトなどを通じてルール順守を呼び掛ける。

 5月25日まで緊急事態宣言の特定警戒都道府県だった東京、埼玉、千葉、神奈川、北海道の5都道県の在住者に対しては、6月18日まで登山のための来県はしないよう要請している。

【山梨日日新聞 5月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

「混み合わない山 模索を」

甲府で関係者が意見交換会

P241

 山梨県内の山岳関係者による、新型コロナウイルスと登山などアウトドア活動をテーマにした意見交換会が28日、甲府市徳行4丁目のアウトドアショップエルクで開かれ、感染拡大防止と自然の魅力に触れる活動の両立などを模索した。

 エルクの柳沢仁社長が呼び掛けて開催。都内からオンラインで参加した登山家の野口健さん、富士山吉田口8合目の山小屋「太子館」の井上義景さん、トレイルランイベントの主催などを手がける医師の福田六花さんら約20人が参加した。

 野口さんは「日帰りで、混み合わない山を楽しんでほしい」と提案。井上さんは「どんなリスクがどこにあるのかを洗い出せば、今後の方向性が見えてくる」と投げ掛けた。福田さんは感染予防に向けて「シンプルなガイドラインをつくり、周知を徹底することが必要」と訴えた。

 意見交換後、取材に応じた柳沢社長は「何とか山に戻りたいという思いは同じ。準備をしてリスクを減らした上で前向きに動き出したい」と話した。

 (写真)新型コロナウイルスと登山について意見を交換する山岳関係者=甲府市内

【山梨日日新聞 5月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

県立4施設、再開へ 森林研「森の教室」など

 山梨県は27日までに、新型コロナウイルス感染拡大に伴い休館していた県立施設4カ所を28日以降に順次再開すると発表した。
 県森林総合研究所「森の教室」(富士川)と「シミック八ケ岳薬用植物園」(北杜)は28日、県立リニア見学センター(都留)は6月2日、山梨ジュエリーミュージアム(甲府)は同3日から再開する。検温や消毒など感染防止対策を徹底した上で利用者を受け入れる。
 4施設はいずれも2月下旬から休館していた。

【山梨日日新聞 5月28日掲載】

【山岳関連ニュース】

北岳山荘を今季休業 3密対策に限界

 南アルプス市は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本年度の夏山期間に南アルプス山系の市営山小屋5施設を営業しないことを決めた。施設内の「3密」対策に限界があるため、山小屋の運営スタッフや利用者の安全を優先する。南アルプス山系にある北杜市営や民間の山小屋は今後、夏山期間の営業の可否を検討する。
 南アルプス市によると、営業を休止する市営山小屋は北岳山荘、白根御池小屋、広河原山荘、長衛小屋、両俣小屋の5施設。北岳山荘以外は指定管理者が運営している。
 当初は6月26日にオープンする予定だったが、感染拡大を受けて7月23日に延期。山小屋の感染予防対策が不十分であることや、感染が発生した場合にクラスター化する恐れがあることなどから、今季の休業を決めた。南アルプス市の担当者は「苦渋の選択。新型コロナが収束した後に訪れてほしい」と話している。
 南アルプス山系では、北杜市の指定管理者が運営する「七丈小屋」は、県の自粛要請に基づき休業を続けている。市観光課は営業再開について「今後、指定管理者と感染予防策などを確認、協議した上で営業を再開するかどうかを決める」と説明。6月中には判断する見通しという。
 早川町内に2カ所ある民間の山小屋も休業中。町の担当者は「今後の営業をするかどうか、あす以降に両施設の経営者と相談したい」と話している。

【山梨日日新聞 5月28日掲載】

【山岳関連ニュース】

閉鎖の富士登山 今夏、吉田口5合目で県職員が“制止”

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、登山道の完全閉鎖が決まった富士山について、山梨県は22日までに、夏山シーズン中、吉田口登山道を利用した登山の自粛を呼び掛けるため、5合目に人員を配置する方針を固めた。トイレや避難場所がなく、登山道の安全が確保できないとして自粛を促す。
  今夏の富士山を巡っては、登山者の密集による感染を防ぐため、山梨、静岡の両県が計4ルートの完全閉鎖を決めている。吉田口登山道では山小屋や8合目救護所が休業し、トイレや避難場所がなくなるが、「閉鎖を知らないなどの理由で、登山をしようとする人がいる可能性がある」(山梨県世界遺産富士山課)として、人員を配置する方針を固めた。
  例年の開山期間に当たる7月1日~9月10日、5合目に富士山レンジャーらを配置する方向で検討している。同課の担当者は「今夏の富士山は悪天候でも避難場所がなく、冬山と同じで非常に危険。絶対に登らないでほしい」と話した。

【山梨日日新聞 5月23日掲載】

【山岳関連ニュース】

遭難防止の看板設置 山梨百名山道迷い対策 県警計画

 県警は山岳遭難防止のため、登山道に注意看板やロープなどを設置するほか、過去の遭難発生場所の情報を発信する。登山道の整備は山梨百名山に選ばれている山岳を中心に2カ年計画で行う。
 県警地域課によると、県内では昨年、山岳遭難事故が165件発生し、遭難者数は185人だった。いずれも統計が残る1965年以降、最多だった。
 道迷いをきっかけに転倒や滑落などの山岳遭難につながる事例が多いことから、県警は道迷いが発生しやすい場所にはロープやテープ、注意喚起看板の設置などを行う。
 また新たに登山情報サイト「ヤマレコ」の運営会社に遭難発生箇所の情報を提供し、夏山シーズン前までにサイト内の地形図に表示してもらう。動画投稿サイト「ユーチューブ」の県警公式チャンネルでも注意喚起を進める。

【山梨日日新聞 5月13日掲載】

【山岳関連ニュース】

夏の牧場 モウ満喫 北杜

A202005122

 北杜市大泉町西井出の県立八ケ岳牧場天女山分場で11日、牛の夏季預託放牧が始まった。
 県畜産課によると、広大な牧場で、栄養のある牧草を食べさせ丈夫に育てようと県内約50の畜産農家が預けている。1951年から毎年行われ、今年は段階的に約400頭の牛を受け入れる。放牧期間は10月下旬まで。
 11日は約160頭のホルスタインや黒毛和牛が運びこまれ、牧場を管理する県子牛育成協会のメンバーらが月齢や妊娠の有無などでグループに分類。放牧された牛は鳴き声を上げながら歩き回ったり、牧草をはんだりしていた=写真。
 協会の桜井和巳専務理事は「農家にとって大切な牛。健康に、丈夫に育てていきたい」と話した。

【山梨日日新聞 5月12日掲載】

【季節の便り】, 【山岳関連ニュース】

初夏の水田、山並み映えて

062528987417

 県内各地で田んぼに水が張られ、水田の水鏡が、新緑に包まれた周囲の山並みを映している。

 北杜市小淵沢町のJR小海線沿いでは4月下旬から田んぼに水が引き入れられ、農家が代かきなどをしている。風がやむと水面が水鏡となり、残雪を頂いた甲斐駒ケ岳がくっきりと映る。初夏の田園風景の中を列車が走り抜けていく。

【山梨日日新聞 5月10日掲載】

【山岳関連ニュース】

南アルプス2路線 通行可能な期間、7月に開始延期

 南アルプス山岳交通適正化協議会(会長・金丸一元南アルプス市長)は南アルプス・広河原に通じる県道と林道について、路線バスやタクシーが通行可能となる期間開始を当初より1カ月遅らせ、7月23日~11月3日までの104日間とすることを決めた。

 新型コロナウイルス感染拡大で、南アルプス市が北岳山荘など市営山小屋5施設の営業開始を7月23日に遅らせたことを受けた対応。県も登山の自粛を呼び掛けていることや地元住民の要望などもあり、路線バスなどが通行できる期間の開始も遅らせた。

 県観光資源課によると、通行可能となるのは林道南アルプス線(夜叉神~広河原、14キロ)と、県道南アルプス公園線(早川町奈良田~広河原、18キロ)の2ルート。マイカーは年間を通じて原則通行できない。現在は冬季閉鎖で、全面通行止めとなっている。

【山梨日日新聞 5月9日掲載】

【山岳関連ニュース】, 【山梨県内のニュース】

紫鮮やか7万本の列 南アルプス市でアヤメ見頃

A202005061_2

 南アルプス市の滝沢川沿い約1キロに植えられたアヤメ約7万本が、次々と深い紫色の花を咲かせている。
 滝沢川沿いのアヤメは、2017年まで約30年間にわたり、住民グループ「アヤメを育てる会」が手入れをしてきたが、会員の減少や高齢化のため活動を停止。18年からはボランティアで個人や団体が花壇を管理している。
 川沿いには約60区画の花壇があり、4月末ごろから順次咲き始めたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、毎年5月に開かれている「アヤメフェア」は中止となっている。

(写真)見頃を迎えた滝沢川沿いのアヤメ=南アルプス市小笠原

【山梨日日新聞 5月6日掲載】