芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳関連ニュース

【山岳関連ニュース】

山岳救助技術の向上へ縦走訓練 南ア署など

201709211_2

 南アルプス署などは20日、南アルプス山系で、山岳救助隊員の捜索技術の向上を目的とした縦走訓練を始めた=写真。

 同署員と南部署員、県警地域課員、県山岳遭難対策協議会南アルプス支部のメンバー計7人が参加。2泊3日の行程で北岳や間ノ岳の登山道で、事故の起きやすい場所や道に迷いやすいポイントを確認し、早川町側に下山する。

 訓練では、登山者への安全登山の声掛けをするほか、登山道付近の岩陰などを見て回り過去の山岳遭難の行方不明者を捜索する。

【山梨日日新聞 9月21日掲載】

【山岳関連ニュース】

要害山で歴史探訪 10月21日にトレッキング

 甲府市は10月21日、同市上積翠寺町の要害山に登るトレッキングイベントを開く。武田氏ゆかりの地である要害城の歴史や文化についての解説もある。

 市は昨年度から、国民の祝日「山の日」(8月11日)制定記念事業として、甲府市内の山に親しむイベントを開いている。これまで市内で登山イベントや専門家による講演会などを開いている。今年も8月11日に金峰山登山を行い、今回の要害山は第2弾。

 「歴史探訪・要害山トレッキング」と題して企画。中学生以上の登山初心者が対象で、市林政課職員からサポートを受けながら上積翠寺バス停から山頂まで登る。市教委生涯学習文化課の職員も同伴し、武田信玄生誕の地といわれる要害城や深草観音について説明する。

 定員は20人で参加無料。住所、氏名、年齢、生年月日、電話番号、性別、登山歴、応募動機を記入し、はがきかメールで申し込む。締め切りは9月29日(必着)で、応募多数の場合は抽選。申し込み先は〒400-8585、甲府市丸の内1丁目18の1 甲府市役所産業部林政課、もしくはメールhs7cfw@city.kofu.lg.jp

 参加者には後日、必要な持ち物などを通知するという。問い合わせは市林政課、電話055(298)4837。

【山梨日日新聞 9月20日掲載】

【山岳関連ニュース】

平将門に思いはせ登山

丹波山 伝説残る10ヵ所に看板 雲取山、七ツ石山 ルートPR

 丹波山村は、雲取山と七ツ石山の登山道の10カ所に、平安時代に朝廷に反旗を翻し、討伐された平将門と村の関わりを紹介する看板を設置した。将門が追討されて村内を敗走したという言い伝えがあり、関連する場所を巡る登山ルートも提案し、新たな観光資源としてPRする。

 看板の設置は、村地域おこし協力隊の福島千冬さん(48)が発案。丹波山村商工会が1995年に村の民話・伝説をまとめて作った「たばやまの創作民話と将門伝説」を参考にした。

 村には敗走中の将門の行動が由来とされる地名が数多く残っていて、看板でそのエピソードを紹介している。「小袖」という地名は、川沿いで水浴びをしていた将門が夕立に遭い、脱いだ小袖を忘れて出発したという言い伝えが由来。「堂所(胴所)」は、よろいを着けて逃げていた将門が、疲れから普段は外すことがない胴の部分を外して休んだ場所とされるという。

 看板は、言い伝えがある場所を通る登山道の10カ所に設置。銅板と杉板を組み合わせて作り、大きさはA3とB3サイズの2種類がある。次の看板までの方向と距離も示し、実際に将門が通ったとされるコースを看板をたどって歩くことができるようにした。「平将門迷走ルート」と名付け、新しい登山ルートとしてもPRする。

 福島さんは「看板の逸話を読んで、当時同じ場所を歩いたとされる将門の気持ちを想像しながら登山するのも楽しい。新しい登山の楽しみ方として発信し、村の活性化につなげたい」と話している。

【山梨日日新聞 9月13日掲載】

【山岳関連ニュース】

盆地の夜景 身延山頂から

21~24日ロープウェイ夜間運行 思親閣は参拝延長

09121_2

 身延登山鉄道(堀内光一郎社長)が運営する身延山ロープウェイは21~24日の期間限定で夜間運行をする。標高1153メートルの山頂から見る夜景や星空を楽しんでもらおうと企画した。

 午後4時40分までの通常運行終了後、同5時から9時まで約10分おきに運行する。山頂の駅周辺で山林をライトアップし、仏像などを表現したオブジェを展示。奥之院思親閣の参拝時間も午後8時まで延長する。

 東西南北にある展望台からは町内や甲府盆地を見下ろせるほか、午後8時以降は山頂の電気を消して夜空を楽しんでもらう時間をつくるという。

 同鉄道担当者は「夜の山頂から見る景色は貴重。多くの人に足を運んでもらいたい」と話している。

 問い合わせは身延山ロープウェイ、電話0556(62)1081。

 【写真】身延山ロープウェイと山頂からの景色=身延町身延

【山梨日日新聞 9月12日掲載】

【山岳関連ニュース】

開府500年「甲府名山」選定へ

 甲府市は来年度、市内にある山の中から「甲府名山」を選定する。武田信玄や武田二十四将にあやかり、24または25の山を予定していて、山は一般公募する。

 11日に再開した9月定例市議会の一般質問で、樋口雄一市長が明らかにした。市林政課によると、甲府開府500年の記念事業の一環として企画。豊かな自然をアピールし、市の魅力発信や観光資源に活用したい考え。

 来年4月をめどに、山岳関係者らで構成する選定委員会を設置し、選定数や選定方法について協議する。その後、市のホームページや広報紙を通じて、一般に募集をかけるという。

 選定後は標高や歴史、おすすめのビュースポットといった山のデータを、写真と共に紹介する「甲府名山手帳(仮称)」の作成も検討している。

 市内では、「三方分山」「要害山」など10の山が山梨百名山に選定されている。

【山梨日日新聞 9月12日掲載】

【山岳関連ニュース】

高速バスに果実や風景 南ア市

P1911

 南アルプス市は、山梨交通の高速バス3台に市産のフルーツや市内の紅葉の風景をデザインした。県内外を走るバスを通じて市の魅力をPRし、観光客の誘致などにつなげる。

 市交通政策室によると3台のデザインは、市内のスモモの高級品種「貴陽」と、ブドウのシャインマスカットをアピールする果物2種類と、南伊奈ケ湖(上市之瀬)の紅葉の計3種類。市の基幹産業・農業と国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」に登録されている南アルプスの発信拠点となる湖付近を取り上げている。

P1912 バスの後部の高さ約3.5メートル、幅約2.6メートルに「南アルプス市からの贈り物」といった文章と共に写真を載せている。

 バスは東京都や神奈川県、千葉県内と、市内などを結ぶ路線で8月から運行されている。来年3月末までの事業で費用は約120万円。来年4月以降の事業継続も検討するという。

 【写真上】紅葉の南伊奈ケ湖の写真を掲載したバージョン

 【写真下】市特産のスモモをデザインしたバス=南アルプス市小笠原

【山梨日日新聞 9月7日掲載】

【山岳関連ニュース】

大弛峠、アクセス紹介

山梨市観光協がパンフ 自転車愛好家向け情報も

09051

 山梨市観光協会は、同市牧丘町の大弛峠(2365メートル)へのアクセス方法などを紹介する観光パンフレットを作った。近年、自転車のヒルクライム大会が開催されるなど人気が高まっていて、自転車愛好家向けの情報も載せている。

 パンフレットはA3判の二つ折りで、カラー刷り。一宮御坂、勝沼両インターチェンジ(IC)から大弛峠までの道筋を示した地図を掲載している。自転車愛好家向けにJR山梨駅から大弛峠までの走行距離や標高差も載せている。

 同協会によると、近年自転車愛好家から市役所に、大弛峠へのアクセス方法についての問い合わせが多いため、パンフレットを作った。

 3千部制作し、JR山梨駅前の観光案内所や市役所に置いているほか、同協会のホームページからもダウンロードできる。同協会の担当者は「パンフレットを見て、ヒルクライムや登山を楽しんでほしい」と話している。

 【写真】大弛峠を紹介するパンフレット

【山梨日日新聞 9月5日掲載】

【山岳関連ニュース】

登山の基礎知識と実践 7日から講座

 日本山岳会山梨支部と山梨学院生涯学習センターは7日から、「山の日」を記念した「やまなし登山基礎講座」を開く。登山の基礎知識を学びながら実際に登山をする講座で、5日まで受講生を募集している。

 講座は全14回で、12月14日まで週に1回、甲府・山梨学院大の生涯学習センター講義室などで開かれる。支部の会員が講師を務め、山に登る際の服装やけがをした時の応急処置の方法などを話す。野外学習や実践登山もあり、10月26日には甲府市の湯村山、11月9日には同市と山梨市の境にある水ケ森に登る。

 対象は夏山登山やハイキングの経験があり、全14回の受講が可能な人。受講料は6千円。問い合わせと申し込みは山梨学院生涯学習センター、電話055(224)1355。

【山梨日日新聞 9月4日掲載】

【山岳関連ニュース】

東大生 芦安を密着調査

南アルプス登山/郷土料理試食/学校見学 地域の活性化策提言へ

 南アルプス市芦安地区で、東京大3年の学生(20)=長崎市出身=が、大学のプログラムの一環で地域の現状を学んでいる。市の協力を得て、住民から地元の伝統食について聞いたり、南アルプスを登山したりした。1日まで滞在予定で、本年度末までに地域の活性化策を提言するという。

 市などによると、東大が全国で展開する「フィールドスタディ型政策協働プログラム」で来県。東大が県を通じて受け入れを要請し、地域に密着した活動がしやすい場所に学生が入ることになった。県内では芦安地区と、笛吹市芦川地区、甲州市大和地区が対象となった。

 学生は「自然が好きで、さまざまな体験を通じて成長できる」と考えてプログラムに参加することにし、8月22日から南アルプス市内の民宿に宿泊。大豆を材料にした芦安地区の郷土料理「しょうゆの実」を試食した。南アルプスの登山情報について専門家から説明を受け、登山もした。

 29日は芦安小を訪れ、学校内を見学。名取昭彦校長から小学校の取り組みやサル、シカの出没状況を聞いた。

 市の芦安窓口サービスセンターの担当者は「学生の若くて柔らかい頭で考え、実現までのプロセスも踏まえた夢のある案を挙げてもらいたい」と期待。学生は現地実習後、大学で専門知識を持った教員の助言を受けたり、資料を活用したりして、本年度末までに市側に政策を提案する予定で「地域が活性化するアイデアを出したい」と話している。

 【山梨日日新聞 9月1日掲載】

【山岳関連ニュース】

八重山6キロ、気軽にトレラン 上野原で10月29日

 上野原市の有志らでつくる「八重山トレイルレース実行委員会」は10月29日、通常のレースよりコースを短縮した「地域ふれ合い大会」を開く。子どもも気軽に参加できるようにして初めての開催で、現在参加者を募集している。

 八重山トレイルレースは、棡原地区の山道などを整備してコースをつくり、2012年にスタートした。ロング(38・55キロ)と、ショート(22・86キロ)の2コースあり、毎年多くのランナーが健脚を競っている。

 ふれ合い大会は、「子どもでも気軽に参加できる走行距離が短い大会がほしい」との、地元・上野原中からの要請を受けて企画。同校をスタートして、尾続地区の花畑をゴール地点とする6・32キロのコースを用意した。コースは道中に八重山や能岳などを通るため、地域の豊かな自然を感じながら走ることができる。

 午前9時半から。個人の部は中学生以上、親子や夫婦で走るペアの部は10歳以上から参加できる。エントリーは9月25日まで、大会のホームページで受け付けている。問い合わせは同実行委、電話0554(63)1040。

【山梨日日新聞 8月30日掲載】