芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2021年12月

【山岳関連ニュース】

厳冬期の安全登山指導 県と県警

220103021
計画書提出促す

 県と県警などは29日、厳冬期(12~3月)に登山計画書(登山届)提出が義務化されている富士山、八ケ岳、南アルプスの3山域で登山指導を始めた。遭難や事故防止を呼び掛ける。
 午前6時から富士山吉田口登山道1合目手前の「馬返し」(富士吉田)や天女山登山口(北杜)など計7カ所で実施。南アルプス市芦安芦倉の夜叉神峠では、県や南アルプス署、山岳遭難救助に当たる「大久保基金の会」のメンバーらが登山指導を行った。
 安全な登山を推進しようと、登山者の登山届の提出状況や装備品の有無などを確認。単独登山を控えるよう呼び掛け、ウェブサイトを通したオンラインでの登山届提出も紹介している。
 登山指導は来年1月3日(一部は2日)まで連日実施。その後も3月まで連休を中心に行うという。
 県観光資源課の課長は「重大な事故を防ぐよう、無理な計画を立てず、十分に準備した上で慎重に登山してほしい」と話している。

(写真)登山者の登山計画を確認する南アルプス署員=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 12月30日掲載】

【山梨県内のニュース】

干支の寅 御朱印に 甲州・恵林寺、信玄450回忌で

A202112271

 甲州・恵林寺(古川周賢住職)は、来年の干支の寅年に合わせ、トラや富士山を描いた御朱印を作った。干支にちなんだ御朱印を発行するのは初めてで、来年1月1日から枚数限定で授ける。
 寺によると、御朱印は武田信玄の菩提寺として親しみを持ってもらおうと作成。2022年は「甲斐の虎」と呼ばれた信玄の450回忌に当たることから、節目の年を記念して元日から発行することを決めた。
 はがきサイズの和紙には、時勢の変化に乗じて英雄が活躍するという意味を持つ「虎嘯風生(虎嘯けば風生ず)」の文字と、富士山に昇る朝日や勇壮に吠えるトラの絵が描かれている。
 300枚作り、1月1日午前8時半から発行する。2日以降は午前8時半~午後4時半に受け付ける。価格は1枚500円で、なくなり次第終了。
 担当者は「一年の始まりに限定御朱印を手にしてもらい、信玄に思いをはせてほしい」と話している。

(写真)来年1月1日から発行する限定御朱印=甲州・恵林寺

【山梨日日新聞 12月27日掲載】

【山梨県内のニュース】

十日市だるま、ネットで予約販売
南ア・祭り中止で2年連続

A202112251

(写真)ネットで予約を受け付けている甲州十日市だるま

 甲府盆地に春を呼ぶ祭りとして知られる南アルプス市の「十日市祭典」の中止を受け、同市の若草まちおこし協同組合は、インターネット上で「甲州十日市だるま」の予約販売を受け付けている。来年1月20日まで受け付け、祭りの開催予定日だった2月10、11の両日に手渡す。
 組合によると、だるまは高さ7・5~60センチのサイズで、800~3万円。7・5センチの0・5号サイズと15センチの1号サイズのだるまは、家内安全や学業向上、商売繁盛などの願い事に合わせて赤色だけでなく、青、緑など9色を用意している。
 来年の干支である寅にちなんで、高さ17センチの張り子「福とーらい! 招き虎」(3500円)も限定販売する。
 ネットでの予約販売は2年連続。希望者は市商工会のホームページから申し込み、来年2月10、11の両日に、同市加賀美の若草瓦会館駐車場で受け取る。
 組合の担当者は「新型コロナウイルスの影響で、祭りが今年に続き中止となり残念だが、だるまを飾る慣習が失われないよう、ネット販売を利用してもらいたい」と話している。

A202112252

(写真)来年の干支の寅にちなんだ「福とーらい! 招き虎」や張り子

【山梨日日新聞 12月25日掲載】

【山岳関連ニュース】

縄文文化の活用提案 八ヶ岳魅力発信へ議論

A202112241

 やまなし自然首都圏構想研究会は23日、東京・山梨県東京事務所で自然首都圏構想推進部会をオンライン会議で開き、「文化芸術による地域活性化」を議題に主に八ケ岳南麓の魅力づくりについて意見を交わした。
 北杜市に施設がある医薬品開発支援大手のシミックホールディングスの中村和男代表取締役最高経営責任者(CEO)=甲府市出身=がゲスト講演した。サマーアートキャンプ、クリエイターズキャンプ、縄文土器、土偶などを発信する取り組みなどを紹介し、「実際の体験が大事で、創作活動の場の提供や継続性の重視が活性化のポイント」と指摘。映画ロケの誘致や小海線を活用したイベントなども提案した。
 委員からは「縄文文化をテーマに長野県と連携した取り組みが展開できる」「棒道で乗馬できたら面白い」などの意見が出た。
 長崎幸太郎知事は会議後、「縄文文化を切り口に、文化振興や地域活性化に向け取り組む大きな方向性を得た。長野県と連動した広域的なつながりもできれば、より素晴らしい」と話した。

(写真)「文化芸術による地域活性化」を議題に意見を交わした自然首都圏構想推進部会=東京・山梨県東京事務所

【山梨日日新聞 12月24日掲載】

【山梨県内のニュース】

花火5000発、冬空彩る 神明大会2年ぶりに

A202112232_3

 第33回神明の花火大会(市川三郷町ふるさと夏まつり実行委主催)が22日、市川三郷町の三郡橋下流の笛吹川河川敷で開かれた。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止され、2年ぶりの開催。今年は大会規模を縮小した上で、スターマインなど約5千発の花火が冬の夜空を彩った。
 今年のテーマは「コロナに負けない! ~医療従事者へ感謝とエールを込めて~」(前半)「ONE HEART“絆” ~世界に届け『神明花火』平和への祈り~」(後半)。午後7時半から15分間、直径約300メートルの大輪の花を咲かせる尺玉など、花火約5千発が冬空を彩った。
 今年は市川大門総合グラウンドに露店の出店はなく、町民には密集しないよう、自宅からの観賞を呼び掛けた。

(写真)笛吹川河川敷から打ち上げられる神明の花火。冬の澄んだ夜空を彩った=南アルプス市内から

【山梨日日新聞 12月23日掲載】

【山梨県内のニュース】

年末恒例のしめ縄作り 甲府・武田神社

A202112191

 年末恒例のしめ縄作りが18日、甲府・武田神社で行われた。
 神職ら8人が稲わらをたたいて柔らかくした後、三つの束に分けて編み込み、長さ約1~5・5メートルのしめ縄8本を作った。神社は28日に行う餅つきに合わせ、しめ縄を交換する。

【山梨日日新聞 12月19日掲載】

【山岳関連ニュース】

手作り望遠鏡で星空観察を満喫

 北杜市高根町清里の県立八ケ岳少年自然の家は、望遠鏡作りや八ケ岳の夜空に浮かぶ星を観察する体験講座を同所で開いた。
 児童12人が参加し、厚紙やレンズ、木製部品などを使用して望遠鏡作りに挑戦。担当者から「レンズに触れないように」「パーツ同士をしっかりくっつけて」と説明を受けながら作った。夜は手作り望遠鏡で星空観察を行った。4日に開催した。
 10月に始まった、八ケ岳南麓地域の自然を学ぶ県内小学生向け体験講座の一環。11日には野鳥の観察やフクロウの巣箱作りをした。

【山梨日日新聞 12月17日掲載】

【山梨県内のニュース】

色とりどり8万球輝く 南ア・ハッピーパーク

A202112171

 南アルプス市徳永のハッピーパークで、色とりどりの電球が広場を彩り、来場者を楽しませている。昨年の8倍に当たる約8万球の電球を取り付けた。
 市観光商工課や市商工会によると、地域を活気づけようと、大規模なイルミネーションを企画。約8万球の電球で施設をピンクや青、黄色に彩っている。高さ約7メートルのクリスマスツリーも設置した。
 10日はキッチンカーも出店し、多くの人が来場。クリスマスツリーの前で写真を撮ったり、電飾で彩られた通路を歩いたりしていた。
 担当者は「家族や友人とイルミネーションを見ながら、思い出に残るひとときを過ごしてほしい」と話している。
 イルミネーションは12月27日まで。点灯時間は午後5~9時。

(写真)色とりどりのイルミネーションで彩られた施設内=南アルプス・ハッピーパーク

【山梨日日新聞 12月17日掲載】

【山岳関連ニュース】

カモやサギ観察、親子連れ楽しむ 野鳥の会が探鳥会

A202112162

 やまなし野鳥の会は12日、甲府市の貢川沿いで、初心者向けの探鳥会を開いた。
 親子連れや愛好家ら約30人が4グループに分かれ、川沿いの土手を歩いた。参加者は会員から鳥の生態や特徴についての説明を受けながら、双眼鏡や望遠鏡を使ってカモやサギなどを観察した。

(写真)野鳥を観察する参加者=甲府市内

【山梨日日新聞 12月16日掲載】

【山岳館便り】

南アルプス山小屋情報

Photo

 南アルプスの山々は、すっかり冬の景色で山頂付近は積雪で真っ白になっています。令和3年も残すところ半月になりました。年末・年越し登山を計画している方もいることでしょう。

年末年始営業の山小屋
・甲斐駒ケ岳七丈小屋(通年営業):要予約

令和3年度休業する山小屋
・薬師岳小屋 ・南御室小屋(テント場のみ利用可) ・鳳凰小屋
・北沢峠こもれび山荘 ・夜叉神峠小屋 ・夜叉神ヒュッテ

*例年、営業している山小屋が今年は休業するところが多いようです。

冬季避難小屋として利用できる山小屋(管理人不在)
・北岳山荘 ・白根御池小屋 ・広河原山荘 ・長衛小屋 ・仙丈小屋
・両俣小屋 ・南御室小屋 ・薬師岳小屋 ・早川尾根小屋
・池山御池小屋 ・大門沢小屋 ・北岳肩の小屋 ・鳳凰小屋
*北岳肩の小屋、鳳凰小屋の利用時は小屋に直接、連絡をお願いします。

 その他、詳しくは直接各山小屋にお問い合わせください。

 冬山は天候が変わりやすく、晴れていたと思えば一瞬にして雲が山を覆い降雪、強風が吹くことがあります。常に危険が伴いますので十分に注意して登山してください。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから