芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2021年11月

【山岳関連ニュース】

県内外の名峰カレンダーに

県山岳連盟が製作

 県山岳連盟は、県内外の山々の写真を掲載した2022年のオリジナルカレンダーを作った。サイズはA3判で、21年の4枚つづりから7枚つづりに変更。日付欄を広く確保し、予定を書き込みやすくした。

 連盟会員が撮影した写真や一般募集した作品を採用。南アルプスの甲斐駒ケ岳や北岳、富士山、八ケ岳など、県内の名峰を中心に、自然が織りなす四季折々の美が楽しめる。ライチョウやキタダケソウなど希少な動植物の姿を収めたカットもある。

 アウトドア用品店のエルク(甲府市徳行4丁目)で販売し、連盟が郵送にも対応する。店頭は1部500円。郵送は730円で、郵便振り込みで申し込む。締め切りは12月25日。
 詳しくは、こちら(山梨県山岳連盟ホームページ)をご覧ください。

【山梨日日新聞 11月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳遭難対応へ無線機配備 丹波山村

 丹波山村は12月、雲取山中腹の七ツ石山の山小屋などにアンテナを設置し、無線機を配備する。登山道のほとんどで携帯電話の電波が通じないためで、山岳遭難への対応改善を図る。
 上野原署によると、雲取山で道迷いや滑落などが発生した場合、携帯電話の電波が通じないため、署への通報が遅れることが多い。山岳救助隊が遭難者と連絡が取れないため、スムーズな救助が行えないケースもあったという。
 村は署からアンテナなどの設置の提案を受け、七ツ石山の山小屋(標高1757メートル)など2カ所にアンテナを設置し、無線機を配備することを決めた。
 署は登山者に対し、登山道では携帯電話で通話できないことや、スマートフォンなどの位置情報アプリが使えないことを周知している。

【山梨日日新聞 11月26日掲載】

【山岳関連ニュース】

「甲州アルプス」疾走 耐久レース、8コースに800人

A202111241

 甲州市の山々を駆け巡る山岳耐久レース「甲州アルプスオートルートチャレンジ」(同実行委主催)が、同市塩山小屋敷の塩山ふれあいの森総合公園を発着点に開かれた。県内外から800人が参加し、起伏が激しい国内屈指の8コースに挑んだ。
 大菩薩峠周辺の山々を「甲州アルプス」と名付けて7日に開催。実行委員長を務める市観光大使でプロトレイルランナーの小川壮太さんが中心となって、コース整備などの準備を進めてきた。
 全長67キロ、同50キロ、同30キロの3コースと、1・5~4・5キロのジュニアコース「トレイルクエスト」を用意。最も長い「オートルートチャレンジ」は午前4時にスタートし、愛好家ら350人が上日川峠や黒岳などを経由し、風景や紅葉を楽しみながら「甲州アルプス」を駆け抜けた。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、参加者には事前に健康チェックアプリのインストールなどを徹底して実施した。

(写真)一斉にスタートする「オートルートチャレンジ」の参加者=甲州市塩山小屋敷

【山梨日日新聞 11月24日掲載】

【山岳関連ニュース】

甲府で山岳写真協会山梨支部展

 日本山岳写真協会山梨支部の第14回写真展が11月24~28日、甲府・県立図書館イベントスペースで開かれる。
 会員10人が、南アルプスや北アルプス、八ケ岳、富士山の四季にわたる山岳風景を撮影。全倍サイズの大型写真を含む計50点を出品する。甲斐駒ケ岳の組写真や、海外の山々を撮影した作品も並ぶ。
 入場無料。午前9時~午後6時。

【山梨日日新聞 11月24日掲載】

【山岳関連ニュース】

御柱、勇壮に山出し 南ア・諏訪神社、来春祭典

A202111222_2

 6年に1度行われる南アルプス市上今諏訪の諏訪神社の御柱祭典を来春に控え、同地区の住民が21日、同市飯野新田の山林から、御柱の山出しを行った。
 地区住民50人が参加。直径約70センチ、樹齢90年のモミの木を9・5メートルの長さに切った後、氏子総代らが木の上で木やり歌を歌い、山への感謝を表した。歌に合わせて御柱に付けた縄を引っ張り、御柱を山から出した。
 祭りは長野・諏訪大社の流れをくみ、えとの寅年と申年に開かれる伝統行事。上今諏訪地区で御柱を引き回し、五穀豊穣や無病息災を祈った後、御柱社地にご神木として立てる。
 御柱は神社で木の皮をむき、来年4月3日の祭典まで安置する。

(写真)ご神木の上で感謝の言葉を読み上げる南アルプス市上今諏訪地区の住民=南アルプス市飯野新田

【山梨日日新聞 11月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

山梨県誕生150年 記念企画や特設HP

 山梨県が誕生して20日で150年を迎えた。県は専用ホームページで、150年の歩みを紹介。さまざまな記念企画も実施している。
 県や県町村会によると、山梨県は1871(明治4)年11月20日、廃藩置県が実施される中、当時の甲府県を改称して誕生した。当時「都留」「山梨」「八代」「巨摩」の郡に分かれ、甲府が属していた山梨郡が名前の由来とされている。
 人口は県誕生から8年目、1879年の政府調査では39万7416人だったが、約140年後の2020年は81万427人で、41万3011人増えた。主要産業は社会情勢や道路交通網の変化に合わせ、養蚕・製糸業から果樹農業へと変遷。ブドウや桃の生産量は全国一に成長した。
 県は節目に合わせ、「山梨県誕生150年記念特設ホームページ」を開設し、年表などを使い県内の歴史を紹介している。県のロゴマークを使ったグッズや菓子などの作品などを募集する記念企画も実施している。

【山梨日日新聞 11月21日掲載】

【季節の便り】

紅葉の古民家光で演出 安藤家住宅ライトアップ

A202111211

 南アルプス市教委は11月22日まで、同市西南湖の重要文化財・安藤家住宅や庭園の紅葉をライトアップしている。
 夜の文化財を紅葉とともに親しんでもらおうと毎年実施。築300年の古民家や庭園のモミジ、イチョウ、市文化財の避雷針の松などがライトに照らされ、幻想的な雰囲気に包まれている。県民の日の20日は入館無料で、家族連れなどが紅葉を楽しんだり、古民家を見学したりしていた。

(写真)ライトアップされた重要文化財・安藤家住宅=南アルプス市西南湖

【山梨日日新聞 11月21日掲載】

【山梨県内のニュース】

「ほぼ皆既」親子歓声 県内でも輪郭くっきり

A202111201_4

 山梨県内の各地で19日夜、部分月食が観測された。今回の部分月食は月の直径の97・8%が地球の影に入る「ほぼ皆既」の月食。甲府市内では観望会が開かれ、訪れた家族連れらが神秘的な光景に見入っていた。
 JR甲府駅北口よっちゃばれ広場では、一般社団法人「星つむぎの村」(北杜市)が観望会を開催。徐々に欠けていく月の姿を肉眼でも確認すると、子どもたちの歓声が上がった。午後6時2分ごろに食の最大を迎え、多くの人が天体望遠鏡や双眼鏡で月を観察したり、スマートフォンで撮影したりしていた。

(写真)雲の向こうに見える部分月食。湖面に月の明かりが反射して見えた=本栖湖畔(19日午後5時半撮影)

【山梨日日新聞 11月20日掲載】

【山岳館便り】

芦安の自然の中、マルシェ楽しむ

A202111171_2

 南アルプス市芦安地区の地域おこし協力隊員による「秋空マルシェ」が同市芦安芦倉の金山沢温泉駐車場などで開かれた。
 隊員2人が、芦安地域の紅葉や雄大な自然を知ってもらおうと初企画。地元のものを使った商品を扱う市内外の13店舗が出店し、6日に開催した。
 店では果物のジャムや竹細工製品、野草を使った入浴剤などを販売。来場者は自然の中で買い物を楽しんだ。地域おこし協力隊員の活動を報告するブースやヨガを体験するコーナーもあった。

(写真)芦安地域を知ってもらおうと開催した「秋空マルシェ」=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 11月17日掲載】

【山岳関連ニュース】

甘利山、レンゲツツジに食害

A202111166

 韮崎・甘利山に咲くレンゲツツジに虫害が発生し、花が枯れる被害が広がっている。県森林総合研究所(富士川町)などによると、「コウモリガ」の幼虫が幹の中身を食い荒らしているのが原因。保護団体が枝の剪定や殺虫剤の塗布に取り組んでいるが、関係者は「範囲が広くマンパワーには限界がある。今後も花を守っていけるか不安だ」と危機感を募らせている。

 甘利山の自然保護に取り組む韮崎市のNPO法人「甘利山倶楽部」によると、被害を確認したのはレンゲツツジの見頃を終えた7月ごろ。メンバーが根に木くずがたまっていることに気付き、県森林総合研究所などに相談したところ、コウモリガによる食害だと分かったという。
 県森林総合研究所によると、コウモリガの幼虫は大きいもので約7センチ。秋に成虫が地面に産卵し、ふ化した幼虫が成長して木の幹を根元から食い荒らす。木が吸い上げた養分や水分が木全体に行き渡らなくなるため、花が枯れたり、弱ったりする。
 甘利山のレンゲツツジは最盛期には山頂周辺に約15万株が咲き誇るとされる。市を代表する観光スポットで、見頃となる5~6月には毎年、県内外から多くの観光客が足を運ぶ。

(写真)虫害のあったレンゲツツジの枝を切り落とす甘利山倶楽部の副理事長ら=韮崎・甘利山山頂付近

【山梨日日新聞 11月16日掲載】