芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2021年7月

【山岳関連ニュース】

新道峠展望台オープン 富士山、河口湖を一望

A202107311

 笛吹市芦川町の新道峠に整備してきた「新道峠からの富士山眺望スポット FUJIYAMA ツインテラス」と遊歩道が完成し、市は27日、オープニング式典を行った。スズラン群生地より先はマイカー通行止めとなり、31日から芦川町内と新道峠を往復するマイクロバスを運行する。
 新道峠は笛吹市芦川町と富士河口湖町の間の尾根沿いにあり、富士山と青木ケ原樹海、河口湖などを一望でき、登山者やカメラ愛好家などにとっては「知る人ぞ知る」名所。テラスは大小二つあり、富士山を背景に撮影できるベンチやテーブルなどを設置。終点のバス停にはトイレを設け、階段やスロープの遊歩道を約5分登ると眺望が広がる。
 マイクロバスは平日は1時間に1本、土日祝日は30分に1本運行。11月28日まで、芦川町の沢妻亭から農産物直売所のおごっそう家、藤原邸、スズラン群生地を経由してテラスとの間を往復する。初年度は無料で乗車できる。
 オープニング式典で、山下政樹市長はテープカットを行い、「温泉と果物に加え、笛吹の新たな目的地として多くの人に知ってほしい」と述べた。

(写真)テラスでテープカットをする関係者=笛吹市芦川町

【山梨日日新聞 7月31日掲載】

【山岳館便り】

プラネタリウムを画用紙で手作り 芦安山岳館

 南アルプス市は25日、同市芦安芦倉の芦安山岳館で、箱型のプラネタリウムを作る体験会を開いた。
 同館で開催中の企画展「星空見上げて 誰想う 星と山とプラネタリウム」の関連イベント。参加者は一般社団法人「星つむぎの村」のメンバーに教わりながら、画用紙に描かれたはくちょう座やオリオン座などの星座を線でなぞり、画びょうで穴を開けた後、箱型に組み立て、高さ約10センチのプラネタリウムを作った。

【山梨日日新聞 7月31日掲載】

【山岳館便り】

芦安山岳館イベント開催

 南アルプスは2年ぶりに開山し夏山シーズンになりました。

 色とりどりのザックを背負った登山者を見かけて、今年はとても賑やかです。

_1_2

 7月25日(日)☆星つむぎの村☆の方々のご協力により、企画展ワークショップ「ボックスプラネタリウム作り」を開催しました。大勢の方に参加していただき、ありがとうございました。

_2_2

 子供も大人もプッシュピンを使って星座をつなぐ作業をしました。真剣にそして丁寧に制作していました。

 「上手にできた!」「楽しかった!」「家でも楽しみたい!」と感想を聞かせてくれました。

_3_2

 手づくりプラネタリウム、ご自宅や野外などで楽しんでくださいね。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

昭和大学 北岳診療部

 北岳山荘に隣接している「北岳診療所」は40年以上の歴史があります。

 令和3年度は2年ぶりに7月23日に開設しました。8月16日(月)まで開設の予定です。

 昭和大学 北岳診療部のみなさん、今年も登山者のために診療活動ありがとうございます。

 登山者の方々は無理をせず、安全登山でお願いします。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山梨県内のニュース】

生誕500年記念 信玄の「武将印」

A202107303

 甲府市観光協会は武田信玄生誕500年を記念し、信玄のイラストや家紋などが描かれた「武将印」を作った。8月1日からJR甲府駅南口の市観光案内所で販売する。
 作成した武将印は、A6判の和紙に「信玄公生誕五百年記念 武田信玄」と書かれている。龍がデザインされ、信玄だけが使うことができたという「龍朱印」の朱印が押され、軍配を持つ信玄のイラストも描かれている。
 市観光協会は2020年8月に、甲府城の御城印を製作。今年6月末までに4200枚以上を売り上げた。「武将印も御城印のように全国にコレクターがいる」(担当者)ことから、新たに武将印の作成を企画した。県内では大月市観光案内所で、武田二十四将の小山田信茂の武将印が販売されている。
 信玄の武将印は1枚300円。市が行う観光タクシーの利用者には人数分の武将印をプレゼントする。担当者は「コロナ禍だが、武将印をきっかけに一人でも多くの人に甲府に足を運んでもらい、観光振興の起爆剤になれば」と話している。問い合わせは市観光協会、電話055(226)6550。

(写真)甲府市観光協会が作った武田信玄の武将印

【山梨日日新聞 7月30日掲載】

【季節の便り】

ヒマワリ見頃、明るい気持ちに

A202107271

 南アルプス市飯野新田の男性の畑で、ヒマワリが見頃を迎えている。
 ヒマワリを見た人に元気になってもらおうと、15年ほど前から育て始めた。今年は4月に農道沿いの畑など3カ所に種をまき、6月下旬に咲き始めた。鮮やかな黄色い花が畑を彩っている=写真。見頃は7月下旬までという。
 切り花にして知人らにプレゼントするのが楽しみだといい、男性は「太陽に向かって咲くヒマワリを見て、明るい気持ちになってほしい」と話している。

【山梨日日新聞 7月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳遭難防止へ県警が街頭啓発

A202107231_2

 北岳や間ノ岳など南アルプス山系での山岳遭難を未然に防ごうと、県警地域課や南アルプス署など5署は22日、JR甲府駅など5カ所で、街頭キャンペーンをした。
 梅雨明け後の4連休で多くの登山者が見込まれることから企画し、広河原や黒戸尾根登山口などで実施。JR甲府駅南口では、午前4時35分発の広河原行きのバスに乗車する登山者約80人に、甲府署員が「無理のない登山をしてください」などと声を掛けながら啓発グッズを配った。
 県警地域課によると、2019年の夏山シーズンに県内では98件の山岳遭難が発生。そのうち、約半数の48件が南アルプス山系で起きているという。県警山岳警備安全対策隊の隊長は「4連休中は多くの登山者が予想される。しっかりとした準備を整え、登山をしてほしい」と話した。

(写真)登山者に安全登山を呼び掛ける甲府署員=JR甲府駅南口

【山梨日日新聞 7月23日掲載】

【山梨県内のニュース】

市特産スモモ給食で味わう 南アの小中22校

 南アルプス市は、食育の一環で、市内22小中学校の給食で、市特産のスモモを提供した。旬の市産果物を味わい、地産地消への意識を高めてもらおうと企画した。
 市内すべての小中学校に、市内の農家が作った「サマーエンジェル」約6500個を提供。白根巨摩中では9日、全校生徒300人が、大きく色鮮やかな甘酸っぱいスモモを味わった。

【山梨日日新聞 7月17日掲載】

【山梨県内のニュース】

信玄ゆかりの地でスタンプ集め

 武田信玄生誕500年記念事業の実行委員会は17日、県内27市町村にある信玄ゆかりの寺社や観光名所など計64地点を巡るスタンプラリーを始める。スマートフォン上でスタンプを集める形式で、抽選で県内宿泊施設の利用券などが当たる。
 64地点は武田神社(甲府)や大井俣窪八幡神社(山梨)、恵林寺(甲州)といった寺社のほか、各地の道の駅、観光案内所、資料館など。信玄と関わりの深い場所を中心に、全市町村に1~5カ所の対象地点を設けた。
 実行委事務局の県観光資源課によると、対象地点に用意したポスターのQRコードを読み取ると、イベントに参加できる。各地点で信玄にまつわるクイズに挑戦し、正解すると甲州金に見立てたスタンプをもらえる。スタンプを一定数集めるごとに信虎、信玄、勝頼と武田二十四将が一人ずつ仲間になる設定という。
 64地点を制覇すると、抽選で5人に県内宿泊施設のペア宿泊券をプレゼント。このほか、先着順でスタンプ数に応じて特製のイラストやエコバッグ、クリアファイルなどを数量限定で贈る。
 イベントは12月19日まで。同課担当者は「子どもにも楽しんでもらえるはず。各地を巡りながら、武田家の歴史を学んでほしい」と話している。

【山梨日日新聞 7月16日掲載】

【山岳館便り】

芦安山岳館よりお知らせ

A_5

 南アルプス市芦安山岳館では今年も夏季期間は無休で開館します。
 [期 間]令和3年7月15日(木)~8月31日(火)

 令和3年度 企画展「星空見上げて 誰想う」は7月4日より開催しています。
 その月々の星空が見られるミニプラネタリウム、惑星や宇宙映像、南アルプスの山と星空の写真とコトバがあります。

 今年の夏休み、ご家族みなさまでお出かけください。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから