芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2021年6月

【山梨県内のニュース】

露地サクランボに舌鼓 県内、静岡から観光客

A202106071

 南アルプス市で今月から露地栽培のサクランボ狩りが始まって最初の週末を迎え、農園で赤く熟した実を味わう観光客の姿が見られた。
 同市上今諏訪の観光農園「フルーツバスケット・原」では6日、来園者が佐藤錦や紅秀峰などの木に手を伸ばして実を次々と摘み、初夏の味覚を楽しんだ。静岡県御殿場市から家族4人で訪れた児童は「甘くておいしい。おなかいっぱい食べられた」と笑顔を見せた。
 同農園は感染対策として、連絡先の記入や体温計測、食べるとき以外のマスク着用を呼び掛けている。地面に捨てることが多い種は、紙コップに入れて決められた場所に捨てるよう促している。
 同農園によると、9都道府県の緊急事態宣言延長と重なったことで都内の観光客が少なく、県内や静岡県からの来園者が目立つ。代表は「感染対策を施しているのでサクランボを楽しんでほしい」としている。
 市観光協会によると、市内の露地サクランボ狩りは20日ごろまで。問い合わせは市観光協会、電話055(284)4204。

(写真)マスクをしてサクランボを摘み取る来園者=南アルプス市上今諏訪

【山梨日日新聞 6月7日掲載】

【山梨県内のニュース】

初夏の盆地ホタル舞う 甲府・荒川

A202106062_3

 甲府市富士見2丁目の、荒川に注ぐ水路では、夕暮れからゲンジボタルが飛び交い川辺に淡い黄緑色の光跡を描いている。
 荒川左岸のサイクリングロードでは、散歩に訪れた人が足を止めて見入ったりカメラを向けたりして初夏の風物詩を楽しんでいた。

(写真)淡い光を明滅させながら川辺を舞うゲンジボタル(13秒露光)=甲府市富士見2丁目(1日撮影)

【山梨日日新聞 6月6日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳遭難想定し隊員が救助訓練 南部署

A202106051

 南部署は5月31日、南部町福士の篠井山で、山岳遭難を想定した救助訓練を行った。
 管内に笊ケ岳や農鳥岳といった救助活動にも危険が伴う山があることから、救助活動での二次遭難を防ぐため実施。署の山岳救助隊員7人が参加した。
 県警本部で救助訓練を受けている署員2人が講師となり、救助の際に使用するロープの結び方「クローブヒッチ」「エイトノット」などを確認。人形を登山道から滑落した遭難者に見立てて、担架に固定し救助する訓練を行った。
 署の地域課長は「救助活動は署員も危険が伴う。訓練を重ねて署員の安全確保につなげたい」と話した。

(写真)遭難者に見立てた人形を引き上げる署員=南部町福士

【山梨日日新聞 6月5日掲載】

【山岳関連ニュース】

南アルプスの自然学ぶ授業開始

A202106031_2

 南アルプス市は、市内すべての小学校で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」に登録されている南アルプスについて学ぶ授業を始めた。若い世代の理解を深め、長期にわたる保全につなげたい考え。
 市観光商工課によると、授業は本年度から市内の小学校15校の小学4~5年を対象に開始。5月28日は櫛形西小の5年生18人が、エコパ伊奈ケ湖に出向き、南アルプスの生物多様性について学ぶ授業を受けた。
 児童はビンゴカードを手に、班ごとに森の中を歩き、カードに描かれた虫や植物を探すゲームを楽しんだ。施設職員の指導を受けながら、生物の動きを観察するカメラの取り付けや鳥の鳴き声に似た音が出せるバードコール作りも体験した。
 児童は「見たことがない植物が見つけられて楽しかった。自然を大切にしたいと思った」と話した。
 市は来年度以降も授業を継続していく考え。学校や児童を対象にしたアンケートを踏まえ、授業内容などを改善していくという。市の担当者は「学習を通じて自分たちが暮らす地域に誇りを感じ、保全について考えるきっかけにしてほしい」と話している。

(写真)エコパ伊奈ケ湖周辺の森で自然観察をする櫛形西小の児童=南アルプス市上市之瀬

【山梨日日新聞 6月3日掲載】

【山梨県内のニュース】

県内独自の「おかぶと」節句人形展 ふるさと伝承館

A202106025_2

 南アルプス市野牛島のふるさと文化伝承館は20日まで、県内独自の節句人形「おかぶと」を紹介する企画展「にしごおり『おかぶと』の世界」を開いている。
 同館によると、おかぶとは「かなかんぶつ」とも呼ばれ、江戸時代後期から明治時代中期に県内で流行した。武田信玄などの面に、よろいのひたたれをつなげた紙製の節句人形で、当時は縁側に飾って子どもの健やかな成長と厄除けを願ったという。
 会場には、市内の個人宅などで発見したおかぶと9点のほか、昭和30年代に作られた全長約5メートルのこいのぼりや武者のぼりが並ぶ。展示品は同館が市内を調査し、発見したものを集めた。
 館長は「おかぶとを飾る風習は失われてしまったが、企画展を通して県内独自の文化に関心を持ってほしい」と話している。午前9時半~午後4時半、木曜日休館。入場無料。

(写真)市民から寄贈されたおかぶとやこいのぼりが並ぶ企画展=南アルプス市野牛島

【山梨日日新聞 6月2日掲載】

【山岳館便り】

南アルプス林道 マイカー規制のお知らせ

Photo

 令和3年度、南アルプス山系は開山します。

 県営林道南アルプス線 南アルプス市芦安芦倉 夜叉神ゲート⇔広河原ゲートは、令和3年6月25日(金)~令和3年11月3日(水)までの間、マイカー規制が行われます。マイカーの乗り入れはできませんのでご注意ください。

 南アルプス市営芦安駐車場(広河原行きバス・タクシーの発着所)に駐車し、登山バスや乗合タクシーに乗り換えをお願いします。

 登山バス時刻表は、ホームページ南アルプスNETの「道路・交通」でご確認ください。

 ただし、道路状況や新型コロナウイルス感染拡大の状況により変更となる可能性があります。ご理解とご協力をお願いします。

 なお、広河原~北沢峠間の南アルプス市営バスは令和1年10月の台風により甚大な被害を受け林道が不通のため、令和3年度の運行を休止します。

 (写真は白峰三山)

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

南ア・エコパーク、鳳凰三山の植物守れ

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」に登録された南アルプス・鳳凰三山の高山植物をシカの食害から保護するため、南アルプスユネスコエコパーク韮崎市地域推進協議会は6月、植物の群生地に侵入防止ネットを設置する。市内の高山地帯で植物の保護対策に取り組むのは初めて。

 事務局を務める市によると、鳳凰三山に含まれる地蔵岳、薬師岳、観音岳には、環境省のレッドリストに登録されているリンネソウやマネキグサ、サンカヨウなどの高山植物が自生。しかし山小屋関係者の調査や報告では、2000年代からシカの食害や土砂の流出などにより、群生地がなくなっているケースも確認されているという。
 鳳凰三山での高山植物保護は「物資の輸送や人手の確保の点から負担が大きい」(市担当者)として市内では行われていなかったが、19年に南アルプス生態系を守るための環境省の事業を受託。市商工会や観光協会、森林組合など地元の団体で組織する協議会が山小屋関係者と話し合うなどして、優先的に保護する植物やシカの生息状況を確認し保護計画を策定した。
 侵入防止ネットの設置は計画に基づく保護活動の一環で、19~21日に市職員や山小屋関係者約20人が入山して実施する。長さ約300メートルの樹脂製ネットを分割し、標高2400メートル超に群生する植物の周辺に囲むように設置する。本来は20年に実施する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で延期になっていた。
 来年も継続してネットを設置し、経過観察するとしている。市産業観光課の担当者は「従来からある自然環境を維持していきたい」と話している。

【山梨日日新聞 6月1日掲載】