芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2021年4月

【山岳館便り】

展示 ロープの結び方リニューアル

 新緑が少しずつ色濃くなってきました。

 この度、芦安山岳館「ロープの結び方とその機能」の展示が新しくなりました。

Cimg3613

 山を熟知した地元のNPO法人 芦安ファンクラブの方に「これは外せない!!」という結び方を選んで作っていただきました。とても見やすく初心者でもわかりやすいようにリニューアルしてあります。その場でロープワークが練習できます。

Cimg3610

 特徴や用途など分かりやすい解説があるのでみなさんも見て結んで、活用していただけたらと思います。

 ロープワークに挑戦し、とっさに使えるようにしておくと登山だけでなく日常でも使え便利になりますよ。

*ちなみに、知人(女性登山家)はこれを利用して屋根の補修作業をしたそうです。スゴイ!

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

西沢渓谷で山開き 2年ぶり式典

 山梨市三富地区の西沢渓谷が29日、山開きを迎えた。市などは新型コロナウイルスの影響で昨年は中止した式典を2年ぶりに開き、関係者が開山を祝った。
 式典は登山道入り口で開き、市関係者や日下部署員ら約10人が出席。高木晴雄市長が「けがや事故に気を付け、多くの登山者に素晴らしい景色を楽しんでほしい」とあいさつした。神事を行い、入山者の安全を祈願した。
 西沢渓谷では昨年、県が山開き前に実施した調査で、渓谷内の「滝見橋」が落石でゆがんでいることが判明。橋の手前にある「三重の滝」より奥の登山道を通行止めにしていた。県が新たに仮設の橋を整備し、2年ぶりに渓谷を1周することが可能になった。
 市によると、渓谷には例年約7万人の入山者が訪れるが、昨年は感染拡大や通行止めの影響で約4万人にとどまったという。

【山梨日日新聞 4月30日掲載】

【山岳館便り】

大型連休中の登山、遭難防止へ指導所
夜叉神で南ア署など

A202104301_2

 南アルプス署などは29日、大型連休に登山者の増加が見込まれることから、南アルプス市芦安芦倉の夜叉神の森登山口で山岳指導所を開設した。
 署員や山岳遭難救助に当たる「大久保基金の会」の会員ら15人が参加。登山計画書の提出や装備品の点検を呼び掛けるチラシ入りのポケットティッシュを用意したが、29日は登山者の姿はなかった。山岳指導は5月2、4日にも行う。
 県警によると、県内で昨年4~6月に発生した遭難事故は13件。このうち大型連休中(4月25日~5月6日)は3件で、1人が死亡している。
 署山岳救助隊の増子剛史巡査部長は「新型コロナで久々に登山をする人も多く、自身の技術や体力に合わせた山選びが大切。山は気温が低く天候が急変することもあり、十分な装備で遭難防止に努めてほしい」と話していた。

(写真)登山計画署の提出を呼び掛けるポスターと登山者に配布するポケットティッシュ=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 4月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

登山コース回り整備や安全点検 笛吹

 笛吹市と笛吹署は22日、ゴールデンウイークを前に、市内のトレッキングコースの整備と点検を行った。
 市観光商工課の職員や署員ら約20人が参加。市内にある釈迦ケ岳や春日山などの百名山で、五つのトレッキングコースを回り、危険な場所がないか確認したり、正しいコースを示すテープを木に貼ったりした。
 登山シーズンに合わせて毎年実施している。市観光商工課の担当者は「市内には富士山などの眺めが良い山が多いので、感染症対策をしながら安全に楽しく山登りをしてほしい」と話している。

【山梨日日新聞 4月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

こいのぼり悠々と泳ぐ 小菅の渓谷

A202104273

 小菅村の温泉施設「小菅の湯」近くの渓谷で約80匹のこいのぼりが泳ぎ、観光客らの目を引いている=写真。
 村が19日、国道139号沿いの渓谷に長さ約250メートルのワイヤを張り、さまざまな色のこいのぼりを取り付けた。こいのぼりは、家庭で不要になったものを村内外から寄付してもらった。
 例年は5月に開かれる「多摩源流まつり」をPRするために設置しているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて祭りは中止が決まった。村振興課の担当者は「こいのぼりだけでも楽しんでもらえたらうれしい」と話している。設置は5月10日まで。

【山梨日日新聞 4月27日掲載】

【山梨県内のニュース】

中部横断道9月全通 山梨-静岡間

A202104271_4

 中部横断自動車道の山梨-静岡間で、最後の未開通区間となっている下部温泉早川インターチェンジ(IC)-南部IC間(13・2キロ)が9月に開通する見通しであることが26日、関係者への取材で分かった。中部横断道山梨-静岡間の山梨県内区間は1997年の双葉IC-増穂IC間(16キロ)の着工から24年を経て全線が開通する。

【山梨日日新聞 4月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

鳥や動物の写真189点並ぶ 甲府・県鳥獣センター

A202104231

 甲府・県鳥獣センターは6月20日まで、「野生鳥獣写真コンクール」の応募作品を展示し、県内外のアマチュアカメラマンが撮影した鳥や動物の写真189点が並んでいる=写真。
 2羽のハヤブサが空中でえさの受け渡しをする場面や、リスとヤマガラが雪の中で出会う場面など、貴重な瞬間を捉えた作品が並ぶ。
 センター職員は「職員が知らなかった動物の生態を写した作品も数多い」と話し、一瞬を切り取った力作に感心することしきりだった。

【山梨日日新聞 4月23日掲載】

【山岳関連ニュース】

大型連休中の登山 遭難防止呼び掛け

 県警は春の大型連休期間(4月24日~5月9日)中、登山者が増加する可能性があるとして、遭難事故防止を呼び掛ける。
 22日に開いた定例会見で、比留間一弥生活安全部長が明らかにした。比留間部長は会見で、新型コロナウイルス感染拡大による「自粛疲れ」や「自粛慣れ」から、「連休中に多くの登山者の来訪が予想される」と指摘。各署が登山道入り口や、JRの駅などで登山者に対し、安全登山を呼び掛けるとした。
 県警地域課によると、春の大型連休中に発生した山岳遭難事故の遭難者は2018年が7人、19年が6人、20年が4人だった。

【山岳関連ニュース】

登山道をガイドが整備、目印や補助ロープ設置

 大月市で登山ガイドをしている同市真木の県自然監視員の男性が、市内の山で登山道の整備に汗を流している。
 男性は約30年前から、ボランティアで市内の登山道を整備。迷いやすい道にルートの目印となるリボンを付けたり、傾斜がきつく滑りやすい道に補助用のロープをかけたりしてきた。
 男性によると、市内には雲取山や高畑山など登山客に人気の山が多くあり、年々登山ガイドの予約も増えているという。登山客の増えるゴールデンウイークを目前に控え、14日には花咲山に登り、傾斜の激しい登山道に約30メートルの鎖を設置した。
 男性は「せっかくの登山もけがをしてしまっては元も子もない。ルートの確認や装備の確認をして、安全に登山を楽しんでほしい」と話していた。

【山梨日日新聞 4月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

開府500年盛り上げ 2団体が動画発表

 甲府市内の2団体がこうふ開府500年を盛り上げようと企画した事業が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。新型コロナウイルスの影響で発表する機会が失われたため、インターネットでの発表に切り替えた。
 こうふ開府500年記念事業実行委の事務局を務める市記念事業課によると、開府500年を盛り上げる企画を、2017年度から市内の団体、市民を対象に募集。20年度は5件が採択されたが、「和太鼓天野会」と「I think of you~時の記憶~実行委員会」の2団体が、コロナ禍で発表の場がなくなったという。
 動画で「和太鼓天野会」は、和太鼓や民族楽器を使って市をイメージした曲を演奏している。「I think of you~時の記憶~実行委員会」はダンスなどを織り交ぜて武田信玄を表現する演劇を披露している。いずれの動画も同実行委のホームページのリンクから閲覧できる。
 同課担当者は「『甲府を盛り上げよう』という2団体の思いを感じ取ってほしい」と話している。

【山梨日日新聞 4月21日掲載】