芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2020年12月

【山岳関連ニュース】

厳冬期の安全登山指導 計画書、記入促す

222403615
 県や県警などは29日、昨シーズンから厳冬期(12~3月)に登山計画書(登山届)提出が義務化されている富士山、南アルプス、八ケ岳の3山域で登山指導を始めた。指導は来年3月まで続き、登山者の遭難や事故防止を呼び掛ける。
 登山届提出を促して安全な登山につなげようと企画。南アルプス市芦安芦倉の夜叉神峠登山口では、県や南アルプス署、南アルプス市山岳救助協力隊のメンバーら13人が参加した。登山者から登山届の提出の有無や目的地などを聞き取り、装備品も確認。登山届を提出していない人にはその場で記入を促した。
 この日は、富士山吉田口登山道1合目手前の「馬返し」(富士吉田)や観音平登山口(北杜)など計7カ所で実施。来年1月3日(一部は2日)まで連日指導し、その後も3月まで土、日曜日を中心に活動するという。
 県観光資源課の三井博志課長は「万が一遭難した際に迅速な救助につなげるため、登山届の提出が大切。コロナ禍で登山者は少ない印象だが、無理のない行程で十分な準備をして登山に臨んでほしい」と話している。

(写真)登山届の提出の有無などを聞き取る担当者=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 12月30日掲載】

【山梨県内のニュース】

十日市だるま、ネット販売 1月末まで予約受け付け

202802773_2

 甲府盆地に春を呼ぶ祭りとして知られる南アルプス市の「十日市祭典」が本年度は中止となることを受け、若草まちおこし協同組合は、祭典の名物「甲州十日市だるま」をネットで予約販売している。新型コロナウイルスの収束を願う「ヨゲンノトリだるま」も初めて販売。来年1月末まで予約を受け付け、祭りが予定されていた当日にドライブスルー方式で購入者に渡す。

 組合によると、だるまは長野県内の業者から型を購入し、同市加賀美の若草瓦会館の職員らが色付けし、「福」などの文字を入れていく。高さ7・5~60センチのサイズがあり、値段は800~3万円。今回は30人限定で「ヨゲンノトリだるま」も販売する。高さは約17センチの2号サイズで、ヨゲンノトリの絵や「疫病退散」と書かれた護符がだるまに貼ってある。
 希望者はネットで申し込み、祭りの開催日だった来年2月10、11日に同市加賀美の若草瓦会館駐車場でドライブスルー方式で受け取る。目入れが終わっただるまを持参すれば、供養焼却できるようにもする。組合事務局の担当者は「来年度以降は通常通りに販売できるようにしたい。コロナが早く収束し、いい年になるよう願っている」と話している。
 予約は南アルプス市商工会のホームページで受け付けている。

(写真)「ヨゲンノトリだるま」

【山梨日日新聞 12月29日掲載】

【山梨県内のニュース】

花火大会、生徒へ贈る 白根高同窓会が打ち上げ

A202012261_2

 白根高同窓会(川野健一郎会長)は23日、南アルプス市の同校グラウンドで、「コロナに負けるな」と銘打った花火大会を開いた。
 コロナ禍による各種イベントの中止などで学校生活に影響を受けた生徒を励まそうと、同窓会費や教員からの寄付を使って開催。生徒や教員、地域住民らが参加した。
 3学年12クラスの代表が「楽しい思い出ができてうれしい」「コロナに負けない強さを発揮しよう」などとメッセージを読み上げると、花火が上がった。フィナーレでは、生徒が選曲した人気バンドの曲に合わせて花火が上がり、生徒たちは歓声を上げていた。

(写真)生徒がメッセージを読み上げた後に打ち上げられる花火=南アルプス・白根高

【山梨日日新聞 12月26日掲載】

【山梨県内のニュース】

南アルプス郵便局がクリスマス演出 ポストにサンタ

A202012232

 南アルプス郵便局(保坂直樹局長)は、ポストをサンタクロースの顔のように飾ったり、園児によるクリスマスの塗り絵を局内に飾ったりしてクリスマスムードを演出している。
 新型コロナウイルス感染予防のため、さまざまなイベントが中止になったことから、利用者に明るい話題を届け、クリスマスムードを楽しんでもらおうと今年初めて実施した。
 郵便局内には、大明保育所の園児27人の塗り絵を展示。日本郵便のマスコットキャラクター「ぽすくま」とクリスマスツリーの図柄が、思い思いの色に塗られている。郵便局前のポストは、目や白いひげ、赤い帽子を付けてサンタクロースの顔のように飾り付けている。業務用の郵便車両は、サンタクロースやクリスマスリースなどの絵で飾り付けている。
 保坂局長は「コロナ禍で暗いムードが漂っている中で、少しでも地域のみなさんに明るい話題を提供したい」と話している。

(写真)サンタクロースの顔のように飾り付けたポスト=南アルプス郵便局

【山梨日日新聞 12月23日掲載】

【山岳関連ニュース】

遭難防止へ指導 大月

A202012224

 登山者の事故を防ごうと、大月署は、JR大月駅と初狩駅で登山指導を行った。
 署員と市観光協会職員ら15人が参加。登山客に装備品の確認や登山届の提出を呼び掛け=写真、保温効果のあるアルミ製ブランケットも配った。指導後には、署員が高川山の登山道に危険がないか確かめるパトロールをした。
 署によると、管内では11月21日までに6件の遭難事故が発生し、昨年同時期と比べて2件多い。地域課長は「市内の山は駅からアクセスしやすく、首都圏から軽装で訪れる登山客もいる。日没が早くなる季節なので、計画的な登山を心掛けてほしい」と話していた。

【山梨日日新聞 12月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

信玄の功績、名所紹介 生誕500年でパネル展

A202012211_3

 JR甲府駅北口ペデストリアンデッキで20日、来年11月3日の武田信玄生誕500年に向け、信玄の功績やゆかりの地などを紹介するパネル展が始まった。県都の玄関口で1年以上展示することで、観光客らの県内周遊にもつなげる。

 甲府市が主催し、「風」「林」「火」「山」の4コーナーに分けて展示。「風」のコーナーは年表を添え、川中島合戦をはじめとする戦いの構図、勢力拡大の歴史を振り返っている。国造りの実績としては信玄堤とその役割を解説。信玄ミュージアムが実施した企画「武田二十四将総選挙」の投票結果もまとめた。
 「林」は積翠寺(同市)、新府城跡(韮崎市)、諏訪大社(長野県)など県内外の武田家ゆかりの名所を、公共交通機関を利用した訪ね方とともに掲載。「火」は柱状のパネルに、「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人のはかなき」など信玄の格言を並べた。
 このほか、「山」は信玄が戦勝祈願をしたとされる金桜神社があり、日本遺産にも認定された昇仙峡エリアの特徴を伝えている。
 甲府市記念事業課の担当者は「県外の人も巻き込みながら、生誕500年に向けた機運を高めたい。展示を参考にしてもらい、感染症対策をしながら、ゆかりの地を巡ってほしい」と話している。
 展示は2022年1月31日までの午前9時~午後6時。入場無料。

(写真)来年の信玄生誕500年に向けて始まったパネル展。「風」コーナー(写真)には、信玄の功績などをまとめた=JR甲府駅


【山梨日日新聞 12月21日掲載】

【山岳館便り】

芦安の古民家でみそ造りを体験

A202012201

 南アルプス市内の女性クリエーターグループ「南アルプスLOCO(ロコ)」(新津幸代表)は19日、同市芦安芦倉の古民家で、みそ造り体験会を開いた=写真。
 芦安地区には各家庭でみそやしょうゆを造る習慣があったことから、多くの人に知ってもらおうと毎年開催している。地区の旅館のおかみや経験者が講師を務め、市内外から6組の親子連れが参加。参加者は煮た大豆を手でつぶしながら、塩とこうじと混ぜ合わせ、たるに仕込んだ。1年以上寝かせてみそに仕上げるという。
 南湖小4年生は「大豆をつぶすのが大変だったが、気持ちよかった。みそが出来上がるのが楽しみ」と話していた。

【山梨日日新聞 12月20日掲載】

【山梨県内のニュース】

信玄生誕500年へ身支度 1年の汚れ落とす

A202012194_3

 年末の恒例行事、JR甲府駅南口の武田信玄公像の大掃除が18日に行われ、甲府市職員が1年間の汚れを洗い落とし、来年の信玄生誕500年に向けて“身支度”した。
 市職員が台座を含め高さ約6メートルある像に、はしごを掛けて上り、洗剤をつけたブラシでかぶとや軍配などを丹念に洗った。多くの人が様子を見守り、甲府西高3年生は「きれいになった信玄公像を見て、すがすがしい気持ち。来年は新型コロナウイルスが収束するよう見守ってほしい」と話した。
 市観光課の課長は「新型コロナの収束の願いも込めて掃除をした。きれいな姿で生誕500年の節目となる来年を迎えたい」と話した。市は同日、北口よっちゃばれ広場にある武田信虎公像の掃除も行った。

(写真)武田信玄公像を掃除する市職員=JR甲府駅南口

【山梨日日新聞 12月19日掲載】

【山岳関連ニュース】

来訪者歓迎看板 市役所壁に設置 南アルプス市

A202012161_2

 南アルプス市は、市役所本庁舎西側の壁に来訪者を歓迎する看板を設置した=写真。
 縦1メートル、横7メートルの「南アルプス市役所」と書かれた看板と、「ようこそ南アルプス市へ」の文字やユネスコエコパークのロゴマークが入った縦1メートル、横5メートルの看板を設置。市の四つのシンボル「山・北岳」「鳥・ライチョウ」「花・アヤメ」「木・モモ」の写真がプリントされた縦1メートル、横1・2メートルの看板も並べた。
 本庁舎西側は、新宿と身延町を結ぶ高速バスやコミュニティバスの停留所があり、市内を訪れたバス利用者を歓迎するために設置した。市の担当者は「バスを降りた人に、自然に囲まれた南アルプス市の空気を感じてほしい」と話している。

【山梨日日新聞 12月16日掲載】

【山岳館便り】

芦安山岳館 年末年始休館のお知らせ

A202012152

令和2年12月28日(月)~ 令和3年1月3日(日)は休館とさせていただきます。

今年も残り半月となりました。皆さん忙しい年末を元気にお過ごしください。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから