芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2020年10月

【山岳関連ニュース】

南アルプスの動植物を解説 韮崎市教委が小中生用ガイド

A202010301

 韮崎市教委はユネスコの生物圏保存地域「エコパーク」に認定されている南アルプスの小中学生向けガイドブックを作った。
 市教委によると、ガイドブックはA4サイズの全4ページで約2500部を作り、市内の小中学生全員に配布した。鳳凰三山の地蔵岳のほか、韮崎エリアに生息するニホンカモシカや高山植物のホウオウシャジンなど動植物の写真を掲載している。
 このほか、観光や野外調査に利用できるエリア「緩衝地域」の甘利山に咲くレンゲツツジを紹介。甘利山の自然環境を保護するNPO法人「甘利山俱楽部」が行う清掃活動や地域学習などの活動も解説している。
 市教委の担当者は「南アルプスと韮崎市の関係を学び、自然環境を自分たちで守る意識を持ってほしい」と話している。

(写真)南アルプスに生息する動植物を紹介するパンフレット

【山梨日日新聞 10月31日掲載】

【山岳館便り】

お知らせ

A2550

山岳観光案内所
 令和2年度、芦安山岳観光案内所の開設は11月4日(水)までとなります。
来年は新型コロナウイルスが終息に向かい、南アルプスの山々がいつも通り賑やかになることを願います。


山梨県民の日 入館無料
 11月20日は山梨県民の日です。当日、芦安山岳館は無料で入館していただけます。
 この機会にぜひお越しください。
 館内の窓辺で日の光を浴びながら山岳図書の読書などはいかがですか。おすすめです!
心も身体も癒してください。


紅葉祭
 紅葉が見ごろとなった南アルプス市上一之瀬エコパ伊奈ケ湖で「紅葉祭」を開催します。
 南アルプス市では新型コロナウイルス感染予防のため、来場者の集中を避けるために3日間に分散して開催します。
 1日目は10月25日に行われました。
 2日目は11月1日(日)3日目は11月8日(日)に開催します。来場者に楽しんでもらう体験会や地元クラブの演奏会などが行われます。
 紅葉に囲まれて湖周辺散策は最高ですよ!

Acimg2575

 なお、飲食物の販売はありませんのでご注意ください。
 マスク着用もお願いします。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

渓谷彩り鮮やか 川俣川東沢

600

 八ケ岳南麓で、鮮やかな紅葉が訪れた人の目を楽しませている。

 川俣川東沢沿いは東沢大橋周辺から下流にかけて、渓谷沿いを鮮やかな赤や黄色の木々が埋めている。

 吐竜の滝では、色づいた木々の間を幾筋もの白い水が流れ落ちている。多くの行楽客が滝や渓谷にカメラを向けている。

(写真)鮮やかな紅葉が彩る川俣川東沢。JR小海線の列車が走っていく=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から

【山梨日日新聞 10月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

岩殿山登山道、通行止め継続 岩盤落ちる恐れ

234103087_2

 大月市の岩殿山で大岩壁の岩が剥がれ落ちた事故を受けて登山道の1ルートが通行止めとなっている問題で、市は29日、登山道上の大岩壁の約4割の範囲で岩が剥がれ落ちる危険性があることが判明したとして、昨年8月から続けている登山道の通行止めを継続すると発表した。

 市産業観光課によると、市は6~9月、事故があった「鏡岩」と呼ばれる大岩壁で、打音調査や目視点検を実施。登山道にかかる約4700平方メートルを調べた結果、約4割の範囲で岩盤が数年のうちに落ちる危険があると判明した。また、岩盤の剥離も複数箇所で見つかり、厚さ1メートルから数十センチの岩が落下する恐れがあるという。

 鏡岩は急斜面で工事が難しく、県の文化財に指定されていることから景観保全の必要もあり、大岩壁の復旧工事費用は数億円に上るという。市は今後、県と調整して登山道の開通に向けた復旧工事などについて検討するという。

 岩殿山では昨年8月、4つある登山道のうち南側の強瀬ルートに鏡岩の岩が落下。落下の影響で登山道の手すりなどが壊れ、市は強瀬ルートを通行止めにしていた。JR大月駅から近く、利用者が最も多かったため、通行止め以降、登山者は例年と比べ約4割減ったという。

(写真)岩が登山道に剥がれ落ちた岩殿山=大月市内

【山梨日日新聞 10月30日掲載】

【山梨県内のニュース】

ラヴィ(南アルプス市出土)人気首位争い

 全国で出土した縄文時代の土器や土偶などの人気投票「縄文ドキドキ総選挙」が、31日まで行われている。山梨県からは5点がエントリーし、南アルプス市の土偶「子宝の女神ラヴィ」が、長野県茅野市の国宝「縄文のビーナス」(棚畑遺跡)と首位争いを繰り広げている。

 総選挙は、語呂合わせで定めた「土偶の日(10月9日)」に合わせ、愛好家らでつくる団体「縄文ドキドキ会(旧土偶の日運営委員会)」が土偶などの魅力や美しさを多くの人に知ってもらおうとネット上で開いている。全国の自治体や博物館から30点がエントリー。県内から出土したのはラヴィを含め、「ちびーなす」(北杜・諏訪原遺跡)など6点が名を連ねている。
 投票は31日午後9時までで、25日午前7時時点では1位が「縄文のビーナス」で1124票、2位が「ラヴィ」で1062票。3位は431票の「しゃがむ土偶」(福島・上岡遺跡)で、上位2点が3位以下を大きく引き離し、一騎打ちの様相となっている。
 4位には韮崎市の「ミス石之坪」(石之坪遺跡)が食い込んでいる。
 ラヴィは南アルプス市の鋳物師屋遺跡で出土した円すいのような形をした土偶で、おなかが膨らんでいて妊婦を表現しているとされる。2015年のどぐうキャラの総選挙で1位となり、16年の「美土偶グランプリ」で3位に入るなど人気がある。ライバルの「縄文のビーナス」は美土偶グランプリで1位だった。
 南アルプス市教委の担当者は「ラヴィをはじめとして、山梨の縄文の土偶や土器について多くの人に知ってもらう良い機会。多くの人に投票してもらい、盛り上げてほしい」と話している。
 インターネットの専用ページで、フェイスブックかグーグルのアカウントから1日1票を投票できる。投票は10月31日午後9時まで受け付けていて、結果は11月4日に発表される。

【山梨日日新聞 10月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

深まる秋、岩峰染める 瑞牆山

A202010282

 山梨県内の山間部で紅葉が見ごろを迎えている。
 北杜市の瑞牆山は中腹から裾野にかけて木々の色づきが最盛期。みずがき山自然公園ではモミジやドウダンツツジが赤色、カラマツなどが黄色に変わり、白い花こう岩の岩峰群に映える。
 多くの行楽客が訪れ、写真を撮影したり散策したりしていた。

(写真)瑞牆山の周辺を彩る紅葉=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から

【山梨日日新聞 10月28日掲載】

【山岳関連ニュース】

八ケ岳や茅ケ岳を写した24点展示 北杜で31日まで

A202010292

 北杜市の図書館ライブラリーはくしゅうで31日まで、「北杜市の山写真展」が開かれている=写真。
 市内在住のアマチュアカメラマンが撮影した、山の写真24点を展示。朝日で赤く染まる冠雪した八ケ岳や、紅葉が色づく茅ケ岳などの写真が並ぶ。飛行機に乗り、市周辺の山を上空から撮影した作品もある。
 展示に合わせ、登山やトレッキングなど山を題材にした図書約100冊を集めたブースも併設されている。
 午前10時~午後5時。写真は11月からたかね図書館で展示する予定。

【山梨日日新聞 10月28日掲載】

【山梨県内のニュース】

山梨の特産品を売り込み 静岡で「バイ・ふじのくに」

 山梨、静岡両県が相互に農産物や海産物などの消費喚起に取り組むキャンペーン「バイ・ふじのくに」の一環で、山梨県の特産品を販売する「山梨物産市inしずおか」(静岡県主催)が24、25の両日、静岡市の青葉公園で開かれている。
 ワインや郡内織物など山梨県の特産品を販売する11ブースが出店。24日は約3500人が来場し、試食をしながら品定めする姿が見られた。南アルプス市観光協会が販売するあんぽ柿は、用意した96パックが午前中に売り切れたという。
 新型コロナウイルス感染防止対策として、一度に入場できる上限を180人に設定。来場者には検温やマスク着用、消毒の徹底を求めた。
 24日はオープニングセレモニーが開かれ、川勝平太静岡県知事や山梨県の坂内啓二農政部長らが出席。川勝知事は「物産市を通し、両県の交流がさらに活発になることを期待したい」とあいさつした。

【山梨日日新聞 10月25日掲載】

【山岳関連ニュース】

ナラ枯れ昨年の67倍、媒介昆虫防除へ 峡南や北麓

 山梨県は23日、コナラやミズナラなどの一部の広葉樹が病原菌で枯死する「ナラ枯れ」の被害が拡大し、12市町村で確認されたと発表した。昨年は3町村で39本の被害だったが、今年は67倍の2614本に増えた。病原菌を媒介する虫が静岡県側から入り込み、感染が広がっているとみられる。景観悪化や倒木が起きる恐れがあり、県などが年内にも薬剤による防除を始める。
 県森林整備課によると、ナラ枯れは病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」が樹木に穴を開けて入り込むことで感染する。感染した樹木が枯死するのは2~5割程度だが、周辺に感染が拡大していく恐れがある。
 県などは2016年から秋に被害を調査しており、昨年は身延、南部、山中湖の3町村で初めて確認。今年は9~10月に県内全域を調べたところ、3町村に加えて甲府、富士吉田、都留、笛吹、早川、道志、忍野、鳴沢、富士河口湖の9市町村で確認した。
 被害が最も多かったのは南部の1280本、次いで富士河口湖の717本、身延の213本、山中湖の199本、道志の138本。残り7市町村は2~22本だった。峡南や富士北麓地域の被害が目立ち、県は「カシノナガキクイムシが静岡県側から山梨県内に入り込み、繁殖が広がっているとみられる」としている。
 カシノナガキクイムシは6~8月に羽化するため、県や市町村は早ければ12月にも被害樹木を伐採し、薬剤を散布する作業を始める。同課は「ナラ枯れは景観悪化だけでなく、感染した樹木が道路や線路に倒木する恐れが生じる。関係団体が連携して被害抑制を進めていく」としている。

【山梨日日新聞 10月24日掲載】

【山梨県内のニュース】

GoToイート食事券 5万セット突破

 新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食業界を国が支援する「Go To イート」で、県内のプレミアム付き食事券の販売冊数が12日の販売開始から1週間で5万セットを超えたことが22日、県事務局のまとめで分かった。県内77の販売所のうち8カ所で予定冊数を完売した。

 事業を運営する事務局によると、食事券は12日に県内77カ所で販売がスタート。18日までの1週間で、県内で用意する35万セットのうち、5万6574セット(利用金額5億6574万円分)を販売した。
 販売所のうち、22日までに甲府市のYCC県民文化ホール、県立美術館、県庁地下売店、県地場産業センター(かいてらす)の4カ所で完売。県立博物館(笛吹市)、韮崎藤井郵便局(韮崎市)、田富花輪郵便局(中央市)、青柳郵便局(富士川町)でも売り切れ、現在は69カ所で取り扱っている。
 事務局は専用ウェブサイトで販売所や利用可能な店舗を紹介している。

【山梨日日新聞 10月23日掲載】