芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2020年7月

【山岳館便り】

高山植物

 今年は登山自粛の年です。梅雨明けが待ち遠しいですね。

 キタダケソウと似ている花の紹介をします。間違いやすいのでよく見てくださいね。

A1

「キタダケソウ」〈北岳草〉:キンポウゲ科
 南アルプス北岳だけに生息し、高山帯の石灰岩地質で礫まじりの草地に生える多年草です。花期は6月中旬~7月上旬 雪解けに咲き始めます。

A5

「ハクサンイチゲ」〈白山一花〉:キンポウゲ科
 本州中部の高山帯の草地に生える多年草です。一草にたくさん大きめの花をつけます。花期は6月中旬~7月下旬

A2_2

「チョウノスケソウ」〈長之助草〉:バラ科
 本州では南アルプス、八ヶ岳、北アルプス、木曽駒ケ岳の高山帯の砂礫地や岩隙に生える落葉小低木。花期は6月中旬~7月下旬

キタダケソウと見分けられますか。それぞれ、葉の特徴で覚えるといいですね。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

甲府名山標柱設置 ボランティア募集

 甲府市は、「甲府名山」に標柱を設置するボランティアを募集している。応募は8月31日まで。
 標柱は高さ1・7メートルで、アルミ製の15センチ角材。重さは約10キロ。金峰山(2599メートル)をはじめ、鉄山(2531メートル)や朝日岳(2579メートル)、湯村山(446メートル)など20山の山頂に標柱を設ける。既に市が設置した5山(片山、天狗山、愛宕山、夢見山、大笠山)は除く。
 40人程度を募る予定で、対象は指定場所に自分で集合でき、県内在住の中学生以上で登山経験がある人。所定の書類に、希望する山などを記入して申し込む。設置を行う日程は後日決定する。応募者多数の場合は書類選考をする。
 甲府名山は「こうふ開府500年」事業の一環で、市内25の山を選定した。
 問い合わせは林政課、電話055(298)4837。

【山梨日日新聞 7月31日掲載】

【山梨県内のニュース】

県産品かぶり物でPR 農政部長ユーチューバーに

 山梨県の農政部長がユーチューバーに? 新型コロナウイルスの感染拡大で苦境が続く県内農家を支援する県の取り組みで、坂内啓二農政部長がシャインマスカットのかぶり物を着用して動画投稿サイト「ユーチューブ」に登場し、県産の果実や野菜、魚、牛肉などの購入を呼び掛けている。
 公募で集まった17の企業や農業生産法人などが県のホームページを通じて10月まで販売。ブドウや桃といった果実のほか、県がキングサーモンとニジマスを掛け合わせて開発した「富士の介」、甲州牛など、合計で約1万2千セットを用意する。価格は3千~5千円程度で、送料の一部を県が負担する。取り組みは第2弾で、4月に県産野菜の詰め合わせを300セット用意して販売したところ、即日完売した。
 多くの人に購入を呼び掛けようと、県は公式のユーチューブチャンネルでPRする動画を作成して公開。坂内部長が「シャインマスカット けいちゃん」として出演し、「山梨は果物が有名だが、魅力的な畜産物、水産物がある」とPRした。
 「新型コロナに苦しむ農家を支援するために」と一肌脱いだ坂内部長は「首都圏など多くの人々に取り組みを知ってもらおうと、話題になるように工夫した。県産農産物の魅力を知ってもらいたい」と話した。
 問い合わせは県販売・輸出支援課、電話055(223)1603。

【山梨日日新聞 7月30日掲載】

【山岳館便り】

シカの食害学ぶ 角や毛皮体感も 芦安小

A202007301

 芦安小は27日、総合学習の一環でシカの食害について学ぶ授業を行った。
 環境省南アルプス自然保護官事務所の生態系保全等専門員が講師を務め、3~6年生の児童10人が参加した。金丸さんは、北岳周辺でニホンジカの数が増えていることや、食害により農作物や高山植物に被害が出ていることを解説。鳥獣対策には「捕獲」「防護」「管理」が必要として、捕獲用のわなを紹介した。
 児童がシカの角に触れたり、毛皮を触って夏毛と冬毛の違いを体感する場面もあった=写真。6年生は「冬の毛は思ったより、ふかふかしていて夏の毛は涼しそうだった。シカのために農業被害がたくさん出ていることにびっくりした」と話していた。

【山梨日日新聞 7月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

登山自粛看板を設置、山小屋の休業周知 南アルプス市

A202007261

 南アルプス市は、南アルプスの玄関口となる同市芦安芦倉の広河原に入山自粛を呼び掛ける看板を設置した。
 新型コロナウイルス感染防止のため、今夏は市営の山小屋は営業せず、県も管理する北岳周辺の登山道を23日から利用禁止としている。広河原に通じる県道と林道も通行止めとなっていて広河原には一般の登山者は入ることはできない状況だが、林道などを通じて訪れる人がいる可能性があることから看板を設置した。
 看板は「登山客の皆様へ」として、市営の山小屋が営業を休止していることを知らせ、「山小屋が休業している山域への入山を控えてください」と協力を呼び掛けている。
 市の担当者は「山小屋が休業しているため、遭難時にスムーズな救助が難しい状況。休業している山域への登山は自粛してほしい」と話している。

(写真)入山の自粛を呼び掛ける看板=南アルプス・広河原

【山梨日日新聞 7月26日掲載】

【山岳関連ニュース】

返礼に甲府名山ツアー 魅力PRへ

 甲府市はふるさと納税の返礼品に、「甲府名山」のトレッキングツアーを追加した。目標とする山や行程は自由に決めることができ、登山ガイドが同行。イベントを通じて地元と交流する「体験型」の返礼品で、市の担当者は「甲府名山を県内外にPRしていきたい」と話している。

 市は昨年、開府500年記念事業の一環として、金峰山や愛宕山、要害山といった25の山を「甲府名山」に選定。今回は日本山岳ガイド協会公認の地元ガイドと甲府名山を楽しむ日帰りツアーとして「甲府名山プライベートトレッキングツアー」(寄付額10万円)と「甲府名山全制覇トレッキングツアー」(同100万円)を返礼品に追加した。
 ツアーは4人まで参加でき、行程は自由に調整できる。25座には古墳や武田氏時代の遺跡がある湯村山のほか、八ケ岳や富士山を一望できる金峰山などがあり、JR甲府駅を発着点としたツアーなどを想定している。昼食が付く。「全制覇トレッキングツアー」は1年以内に25座を登ることを目標とする。
 ツアーはアウトドアショップエルク(同市徳行4丁目)の関連会社で、旅行業を手掛けるゲイツ(同)が実施。ガイドとしても参加する同社の柳沢隆広代表は「甲府の歴史や自然の魅力をより深く伝えたい。甲府名山の選定に関わったガイドが案内することもあり、山で食べる『ヤマ飯』にも期待してほしい」と話している。
 このほか、6月に日本遺産に登録された昇仙峡近郊の沢で「沢登り」が体験できる日帰りツアー(寄付額16万7千円)も用意している。
 ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」「ふるなび」「さとふる」などで扱っている。

【山梨日日新聞 7月23日掲載】

【山岳関連ニュース】

登山でも感染予防を 北杜親善大使ら啓発ポスター作製

A202007221

 北杜市ふるさと親善大使を務める登山家の花谷泰広さんらでつくるグループが、登山時の新型コロナウイルス感染予防策を示したポスターを作製した。県内外の山小屋や登山道で啓発に使う。
 作製したのは、花谷さんと国際山岳ガイドの近藤謙司さんや山岳ライター、医者ら9人でつくる「team KOI」。全国的に登山の自粛ムードが広まる中、適切な登山の在り方を考えようと今年4月に結成し、ウェブ上で情報発信に取り組んでいる。
 ポスターは「準備編」と「山登り編」の2種類で、感染予防の留意点をまとめた。山を登る2週間前からの体調管理や、体力、技術に余裕を持った計画作り、飲食や所持品の貸し借りを避けるといったメッセージを、イラストとともに載せている。
 作製費用は国内外のアウトドアメーカーなどからの協賛金を充てた。A1とA3サイズを1セットとして600セット印刷。今後、全国の山小屋や登山道、アウトドア用品店などに掲示する。
 花谷さんは「登山するに当たり新型コロナウイルスとどのように付き合っていくのかが大事になる。山に関わる人全員が注意を払うことで山登りを続けていきたい」と話している。

(写真)「team KOI」が作製したポスター=北杜市役所

【山梨日日新聞 7月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

静岡県民は料金割引 山梨の観光農園で特典

 県は、県内の観光農園を訪れた静岡県民に対して料金を割り引くなどのキャンペーンを行っている。山梨、静岡両県の旬の農産物や海産物などを互いの県民が購入し、助け合う取り組み「バイ・ふじのくに」の一環。
 県果樹・6次産業振興課によると、各市町村の観光協会を通じて観光農園を募り、ブドウや桃などの果実を収穫できる約60農園が参加。訪れた静岡県民に対しては、料金の割り引きや試食のサービスなどを行う。
 観光農園の情報や特典の内容は静岡県が開設する「バイ・シズオカ」のポータルサイトや、富士の国やまなし観光ネットなどに掲載。参加する施設は順次、増える見通し。
 静岡県内のスーパーや観光協会などにキャンペーンのチラシ約1万枚を配布。利用者はチラシを直接持参するほか、サイトなどに掲載されたチラシをスマートフォン画面で提示すれば特典を受けることができる。
 同課担当者は「新型コロナウイルスの感染拡大で観光農園への集客が落ち込んでいる。静岡県との取り組みを通じて、観光農園の活性化につなげたい」と話している。

【山梨日日新聞 7月21日掲載】

【山岳関連ニュース】

コロナ禍、南アルプス山小屋4割営業
宿泊制限「無計画避けて」

 新型コロナウイルスの感染継続を受け、一部の登山道が閉鎖される山梨県側の南アルプス山系で、公営・民間14施設の山小屋のうち、民間の6施設が今年の夏山シーズンに営業すると決めた。閉鎖されていない登山道から登山者が訪れる可能性があり、登山道の管理や遭難時の救助のために開設する判断をした。ただ、感染予防のため完全予約制となるなど例年とは異なる対応を取るため、関係者は「飛び込み宿泊はできない。安易な気持ちでの登山は控えて」と呼び掛ける。

 「このような状況でも県内外から登山客は訪れるだろう。山小屋が開いていないと、万が一、遭難事故が起きた時に救助が大幅に遅れる」。甲斐駒ケ岳7合目で七丈小屋を経営する男性は、感染が続く中で営業する理由を説明した。
 今夏は南アルプスの広河原に通じる県道と林道が封鎖され、北岳周辺の県管理の登山道も利用禁止に。南アルプス市営の山小屋5施設は休業。農鳥岳、間ノ岳、北岳の縦走ルート上にある民間の山小屋も営業を見送り、休業する山小屋は合計8施設に上る。長野県側の南アルプスでも登山自粛を求め、山系北部の山小屋なども休業する。
 ただ、山梨県は登山そのものは禁止しておらず、南アルプス山系の他の登山道は利用の制限がなく、山小屋関係者は「県道と林道の封鎖を踏まえ、北杜市や韮崎市、早川町から登山する人が増える」とみる。
 七丈小屋は密集や密接を避けるために宿泊は完全予約制にし、受け入れ人数は通常の3割程度にあたる8人、屋外のテント場も20張り30人までに制限。鳳凰山、薬師岳に位置する鳳凰小屋など3施設も受け入れ人数を通常より大幅に減らし、寝具の貸し出しをやめて寝袋の持参を求めるなど対策を講じる。南アルプス市側の夜叉神峠小屋、仙水小屋も今月後半から受け入れを始める方針という。
 鳳凰小屋の担当者は「受け入れ人数を制限するため、採算としては決して良くはない」と吐露。ただ、全面的に登山が禁止されていない以上、登山者が来訪する可能性があり、登山道の簡易な補修や山小屋のトイレの管理などが必要になるといい、担当者は「経営の観点とは別に、登山者の安全を守る山小屋の使命として営業する必要がある」と言う。
 男性は「山系全体で休業している山小屋が多く、例年通りの登山や飛び込みの宿泊は困難」と指摘し、体調の確認とともに無理のない登山計画の立案を呼び掛けている。

【山梨日日新聞 7月19日掲載】

【山岳関連ニュース】

水害の碑文看板に 北杜の団体先人の教訓伝える

A202007172

 北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会は、同市武川町三吹に、1959(昭和34)年の台風災害などの歴史を記した石碑を紹介する看板を設置した。石碑2基が風化して読みにくくなったため、主要な部分を抜粋して掲載した。
 石碑2基は、「昭和34年災」に関する「水難之碑」と、1898(明治31)年の台風による釜無川氾濫の歴史を書いた「水災紀念碑」。ともに過去の災害を伝承するために制定された地図記号「自然災害伝承碑」に選ばれている。
 しかし建立から長い年月がたち、碑文が読みにくくなったため、連絡会の文化・教育部会が看板設置を企画。看板には、昭和34年災により旧武川村ではあっという間に12人が命を落とし、67戸が流されたなど、当時の様子や被害状況が記されている。内容は武川村誌を基に、石碑の主要な部分を抜粋した。
 13日に2カ所で看板の除幕式を行い、連絡会のメンバーや地元住民が参加した。部会長は「過去の災害史を忘れないため、読める状態にした。先人の教訓を多くの人に知ってほしい」と話した。

(写真)1959(昭和34)年の台風災害を説明した「水難之碑」の看板=北杜市武川町三吹

【山梨日日新聞 7月17日掲載】