芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2018年12月

【山岳館便り】

エコパークの自然、カレンダーで紹介

南アルプス市が作製

P15_

 南アルプス市は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」に登録された南アルプスのカレンダーを作った。2019年6月に登録5周年を迎えることを記念して作製。動植物などを写真で紹介している。

 カレンダーには北岳から望む朝焼けの富士山、櫛形山のアヤメ、甲斐駒ケ岳のライチョウなどの写真を添えてエコパークの魅力を伝えている。写真は市ユネスコエコパーク推進室の広瀬和弘室長が撮影した。

 エコパークの理念や登録エリアの地図も掲載。2万1千部作り、市内の全戸に配布した。広瀬さんは「南アルプスの貴重な自然環境をあらためて見つめてほしい」と話している。

 【写真】南アルプスの山や動植物を写真で紹介しているカレンダー

【山梨日日新聞 12月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳遭難事故防止へ指導所

南ア署など開設

201812291

 南アルプス署などは28日、南アルプス市芦安芦倉の夜叉神の森駐車場に山岳遭難事故防止指導所を開設し、安全登山の指導に当たっている=写真

 署員や南アルプスの山岳遭難防止に向けて活動する「大久保基金の会」メンバー、同市山岳遭難救助協力隊の隊員計12人が参加。午前6時半から登山者の装備品を点検したほか、登山計画書の提出指導、事故防止を呼び掛けるチラシ配布をした。

 同署の地域課長は「積雪や凍結の影響で滑落や転倒事故が発生しやすい。冬山の危険を理解した上で登山計画書を作り、安全な登山を心掛けてほしい」と話している。

 県内は10月から、富士山や八ケ岳、南アルプスの一部山域で登山計画書(登山届)提出が努力義務となっている。同署などは31日まで同様の指導をする。

【山梨日日新聞 12月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

小学生を対象に登山教室

都留、地元の山を整備

P16_

 都留市教委は、同市小形山の高川山で、小学生を対象に登山教室を開いた。

 市内の小学生9人が参加し、尾県郷土資料館や同市大幡の自然体験施設「宝の山ふれあいの里」を見学した。補助ロープの架け替えや枝払いなど登山道の整備も行った=写真

 小中学生の健全育成のために実施している「のびのび興譲館」事業の一環。市教委の担当者は「地域の文化の担い手として、今後も自然体験などの機会を設けたい」と話している。

【山梨日日新聞 12月29日掲載】

【山梨県内のニュース】

甲府山の手で七福神巡り 甲府開府500年で企画

201812271

 来年の甲府開府500年や改元の節目に合わせて、山の手通り周辺の7寺社が「甲府山の手七福神」を設ける。七福神巡りを通じて、開運招福を願うだけでなく、寺社や甲府の町に親しんでもらおうと企画。各寺社で七福神の御朱印を用意するほか、地図なども制作した。元旦から巡拝の受け付けを始める。

 七福神をまつるのは、御崎神社(恵比寿神)、玄法院(福禄寿)、行蔵院(寿老人)、華光院(毘沙門天)、塩沢寺(大黒天)、法光寺(布袋尊)、清運寺(弁財天)。宗派の垣根を越えて「甲府山の手七福神会」を結成し、準備を進めてきた。

 同会によると、七福神巡りの信仰は室町時代に始まった。巡拝すると風水害や干ばつ、盗難など七つの災難が除かれ、寿命や人望、愛敬といった七つの幸福を授かるといわれているという。

 巡拝の希望者は、七寺社のいずれかで特製の台紙を購入。好きな順路で寺社を巡って七福神を参拝し、御朱印を受け取る。タイや鶴など七福神をイメージした御朱印をすべてそろえると、「成満記念」として木札のお守りが贈られる。

201812271_2

 巡拝者にはこのほか、周辺施設を記した地図と七寺社の歴史を紹介するパンフレットも手渡される。御崎神社宮司で、同会の上條晃会長は「観光客だけでなく、甲府に住んでいる人にも地域の資源や魅力を再発見する機会として参加してもらえたらうれしい」と話している。

 参拝、御朱印の受け付けは各寺社午前10時~午後5時。台紙は500円、御朱印料は一カ所300円。問い合わせは同会事務局の塩沢寺、電話055(252)8556。

(写真)七福神の御朱印

【山梨日日新聞 12月27日掲載】

【山岳館便り】

富士信仰「最古級の像」公開 南ア・江原浅間神社が元日

 南アルプス市江原の江原浅間神社は来年1月1日、富士山信仰に関わる最古級の神像とされる同神社のご神体「浅間神像」を特別公開する。同神社での公開は2013年以来2回目。拝殿の改修工事完了を記念して実施する。

 神像は高さ40・5センチ。背中合わせに三方を向く女性像が中央の如来像を囲んでいる。平安時代(11世紀中ごろ)の制作と推定され、富士山信仰に関連する最古級の神像とされる。

 信仰の対象として通常は本殿に安置され、原則非公開となっている。市教委文化財課によると、同神社で2013年に2時間限定で公開したほか、同年の重要文化財指定に先立つ東京国立博物館での展示会、15年の県立博物館と静岡県立美術館による合同特別展でのみ公開されているという。

 拝殿の改修工事完了を受け、初詣で多くの参拝客が予想される1月1日に時間を限定して公開することにした。今後、一般公開の予定はないといい、氏子筆頭総代の矢崎実さん(77)は「公開によって地域のさらなる発展を祈りたい」と話している。

 公開は1日午前0~2時と午前7時~午後2時。申し込み不要。

【山梨日日新聞 12月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

山の日大会PR強化

実行委、計画骨子を了承

450_p24_

 来年8月10、11の両日に甲府市内で開かれる第4回「山の日」記念全国大会で、県などでつくる実行委員会は実施計画の骨子をまとめた。「山に親しみ 山に学び 山と生きる~持続可能な未来へ」が大会テーマ。県内各地で関連イベント「山の日PRキャラバン」を実施し、県民に山の日を周知する。

 骨子は21日に甲府・県防災新館で開かれた実行委総会で了承された。実行委員会事務局によると、大会の記念式典(11日)は甲府市総合市民会館で開催。森林の保全と利活用を両立させた県内の取り組みを紹介する。山の日の意義を未来に引き継ぐことを目的に、緑の少年隊による植樹も行う。

 関連イベント「山の日PRキャラバン」では、来年春から秋にかけて県内で開催されるイベントの会場にブースを出展。メッセージボードを設置し、来場者に山への思いなどを書き込んでもらう。

 実行委は来年2月に実施計画を決定する方針。実行委会長の後藤斎知事は「子どもにも参加してもらい、豊かで美しい森林を次世代に引き継ぐ機会としたい」と話した。

 【写真】「山の日」記念全国大会実施計画の骨子を決めた総会=甲府・県防災新館

【山梨日日新聞 12月22日掲載】

【山梨県内のニュース】

信虎、北口に立つ 甲府駅ブロンズ像除幕

201812212

 来年の甲府開府500年を前に、戦国大名武田信玄の父信虎が躑躅ケ崎に館を移した12月20日に合わせ、JR甲府駅北口よっちゃばれ広場で、ブロンズ製の信虎像がお披露目された。

 高さ約2・1メートルで、甲府市古府中町の大泉寺が所蔵する重要文化財「絹本著色武田信虎像」を原案とした。甲府商工会議所が制作し、同市に寄贈した。

 除幕式には約200人が来場。同会議所の武田信彦副会頭らがカウントダウンに合わせて幕を引くと、富士山の方角を向いた立像が姿を現した。

 銅像を手掛けた南アルプス市小笠原の造形作家河野和泉さんは「表情や姿態をじっくりと見て、信虎という人に思いをはせてもらいたい」と話していた。
 
(写真)除幕された武田信虎像=JR甲府駅北口よっちゃばれ広場

【山梨日日新聞 12月21日掲載】

【山岳関連ニュース】

希少動植物15種追加

県環境保全審承認、2月に指定

 県環境保全審議会が19日、甲府・ホテル談露館で開かれ、県の希少野生動植物種保護条例の対象に加える動植物15種を承認した。新たに指定されるのは両生類のアカイシサンショウウオや魚類のホトケドジョウなどで、対象となる種は計37種になる。県は来年2月に条例に基づいて指定する。

 県森林環境部によると、条例で指定されている希少種は現在、植物21種とライチョウの計22種。絶滅の恐れがあることから、採取や捕獲が禁じられている。

 県は今年3月のレッドデータブック改訂に伴い、県希少野生動植物種指定等検討委員会を開き、追加する動植物を検討。植物のコシノコバイモやスルガジョウロウホトトギス、昆虫類のコヒョウモンモドキなど全15種を加えることを決めた。同日の審議会で委員が承認した。

 県は審議会で、環境保全施策の基本計画となる「第2次県環境基本計画」(2014~23年度)の中間見直しの素案も公表。海洋汚染を引き起こすマイクロプラスチックの原因となるプラスチックごみ対策、災害廃棄物処理対策などを盛り込んでいる。

 基本計画には、生物の多様性を守るための取り組みをまとめた「県生物多様性戦略」も組み込んだ。戦略では、荒廃した人工林の間伐や里山の整備、獣害対策で捕獲したニホンジカの有効活用などに取り組むとしている。

 来年3月に予定する審議会で計画について協議する。

追加指定される希少野生動植物
 植物(6種) コシノコバイモ、ホザキツキヌキソウ、カイコバイモ、ミヤマアケボノソウ、スルガジョウロウホトトギス、ベニバナヤマシャクヤク 両生類(1種) アカイシサンショウウオ 魚類(1種)ホトケドジョウ 昆虫類(7種) コヒョウモンモドキ、オオイチモンジ、コヒオドシ、クモマベニヒカゲ、ミヤマシロチョウ、クモマツマキチョウ、ベニヒカゲ

【山梨日日新聞 12月20日掲載】

【山岳関連ニュース】

「冬山の危険 自覚を」

県と県警、富士山で呼び掛け

450_p_20181216_3

 県や富士吉田署などは15日、富士山吉田口登山道1合目手前の馬返しで、冬山登山での注意を呼び掛けるチラシを登山者に配った。

 同署は毎年、冬の富士山で啓発活動をしていて、今年は11月下旬から毎日行っている。12月15日からは県世界遺産富士山課や県観光資源課、周辺の6町村など12団体が加わった。

 この日は同署員や県職員、富士山レンジャーなど8人が、午前6~8時に富士山を訪れた4組23人に登山計画書の提出や冬山の危険性を訴えるチラシを配った。同署以外の団体は4月末まで毎週土曜日に持ち回りで啓発活動に参加する。

 県観光資源課によると、富士山などでは今年10月20日から、立ち入る際の登山届の提出が努力義務になった。さらに富士山8合目以上など危険が伴うエリアでは来年度の厳冬期(12月~翌3月)から提出が義務付けられる見通し。

 同署によると、今年は9月10日の「山じまい」以降、4件の事故が発生し、2人がけがをしている。

 【写真】登山者に冬山の危険性を伝える県職員と富士吉田署員=富士山1合目付近

【山梨日日新聞 12月16日掲載】

【山岳関連ニュース】

県山岳連盟70年祝う

甲府で式典、功労者に感謝状

450_p_20181216_1

 県山岳連盟(秋山教之会長)が創立70周年を迎え、15日、甲府・古名屋ホテルで記念式典を開いた。

 会員のほか、後藤斎知事や原幸太郎県警本部長ら約150人が出席。秋山会長は「これまで多くの活動に取り組んできた。今後も積極的な参加や提言を頂きながら、連盟を発展させていきたい」とあいさつした。

 式典では県内のアウトドア用品店や山小屋の関係者らへ長年の協力に対する感謝状を贈った。活動の報告もあり、登山やロープワークの講習会、高山植物調査、スポーツクライミングの普及教室など、これまでの連盟の取り組みをスクリーンに映し出して紹介した。

 同連盟は1948年に設立。現在は県内の山岳会など24団体で構成され、約700人の会員が所属している。

 【写真】式典であいさつする秋山教之会長=甲府・古名屋ホテル

【山梨日日新聞 12月16日掲載】