芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳館便り】

滝へ導く遊歩道完成 芦安ファンクラブが再整備

「四季折々の表情 楽しんで」

450_p20_1

 NPO法人「芦安ファンクラブ」(清水准一会長)が再整備を進めていた、南アルプス市芦安地区の瀬戸千段の滝へと続く遊歩道が完成した。歩行者の安全確保のため手すりなどを設置。17日にはツアーが開かれ、参加者は秋を感じながら滝を目指した。

 ツアーには約20人が参加。同法人メンバーから滝の歴史について模型で説明を受けた後、御勅使川に架かる瀬戸大橋付近から始まる山中の遊歩道を歩いた。20分ほどで落差100メートルほどの滝に到着すると、記念撮影するなどして景色を楽しんでいた。

450_p20_2

 南アルプス市徳永の女性は「初めて滝を見たが、とてもすてきな光景で感動した」と話した。ツアーでは周辺の集落散策もあった。

 遊歩道は約20年前、旧芦安村時代に整備されたが、手入れがされずに荒廃が進んでいた。同法人は観光資源として活用しようと、8~10月、鎖の手すりを設けたり、階段を作り直したりして再び利用できるようにした。

 同法人メンバーで芦安地区を拠点にしている地域おこし協力隊の隊員は「季節によって変化する滝の表情を楽しんでほしい」と話している。

 【写真上】鎖の手すりを設置した遊歩道を歩いて、瀬戸千段の滝を目指す参加者=南アルプス市芦安安通

 【写真下】瀬戸千段の滝を眺める参加者=南アルプス市芦安安通

【山梨日日新聞 11月18日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫