芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳館便り】

冬山登山

Photo

夜叉神峠から白峰三山を望む

 朝晩の冷え込みが一気に進み、南アルプスの山頂は雪で真っ白くなりました。

 12月から2月の厳冬期に冬山登山する方もいるでしょう。南アルプスの冬山は非常に厳しく、常に危険が伴います。冬山登山には豊かな経験や高度な技術、万全な装備、体力などが必要になります。

『冬山登山注意事項』

1.登山届は必ず提出しましょう。
  雪山は絶えず危険にさらされています。万が一に備え必ず登山届を提出
  しましょう。

2.余裕のある日程で行動しましょう。
  経験・技術・体力に応じた山、コース選びをして無理のない日程計画を
  たてましょう。

3.装備は事前によく点検しましょう。
  天候や気温の急変など厳しい条件にも対応できる装備を準備しましょ
  う。

4.万全な体調で登りましょう。
  冬山は気象が急激に変化し、体力を消耗します。
  入山前の健康管理、十分なトレーニングをして体調を整えましょう。

5.単独登山はやめましょう
  経験豊富なリーダーをたて初心者だけの登山は絶対にやめましょう。

6.気象状況を常に確認しましょう。
  ラジオ、携帯などで気象状況を把握し気象変化に応じた行動をとりま
  しょう。
  天候悪化の兆しが見えたら潔く登山を中止して引き返す勇気をもちま
  しょう。

  みなさん冬山登山を安全に楽しみましょう!

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫