芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2018年8月

【山岳館便り】

みどりの奨励賞に芦安の少年少女隊

 国土緑化推進機構の本年度のみどりの奨励賞に、県内から「芦安小緑の少年少女隊」が選ばれた。

 芦安小緑の少年少女隊は1999年に結成。小学3年から参加する夜叉神峠や栗沢山への登山では、炭焼きや林業といった地元の産業や歴史を学んでいる。学校林の間伐材を使って看板やコースターを制作するなど、樹木の活用にも力を入れている。

 同賞は緑や森林に関する活動で功績のあった団体などが対象。本年度は全国から15団体が推薦され、5団体が選ばれた。

【山梨日日新聞 8月16日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

秋の登山教室

A_4

 南アルプス芦安山岳館は、NPO法人芦安ファンクラブと共催で毎年、登山教室を開催しています。9月の登山教室は第48回目の教室になります。お申し込みはお一人様でもグループでも参加を受け付けしています。
 ベテランガイドが皆様を南アルプスの山々にご案内します。
 登山教室では実践を通して、安全で楽しい登山をするための技術や知識が学べます。宿泊の山小屋では、山についてや歴史などが学べる座学も行います。
 
 ぜひ、ご参加ください。お申し込みをお待ちしています。
 
開催日]9月29日(土)~9月30日(日) 1泊2日
コース]栗沢山コース 秀峰甲斐駒ケ岳の絶景ビューポイント
   甲斐駒ケ岳コース 花崗岩の紅葉、黄葉を訪ねて!
締 切]9月21日(金)
定 員]各コース 20名
 
 詳しくは、芦安ファンクラブホームページでご確認ください。
 
お問い合せ
南アルプス芦安山岳館 TEL 055-288-2125 

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

桑の葉あめを登山者に配布 南アルプス・広河原

 南アルプス市曲輪田の住民有志でつくる農事組合法人「南アルプスシルクファーム」(金丸隼人代表)はこのほど、南アルプス・広河原で桑の葉で作ったあめを登山者に無料配布した。

 登山者をねぎらおうと初めて企画。メンバーが午前6時ごろから広河原ゲートであめ100袋を配った。

 同法人は桑の生産を通して地域活性化を目指そうと、2013年に農家の有志で結成。メンバー10人が桑の葉を生産し、あめや粉末にして販売している。

【山梨日日新聞 8月14日掲載】

【山岳館便り】

山の日、豊かな自然に愛着

南ア芦安山岳館が無料に

 「山の日」の11日、県内各地で山に関するイベントが開かれた。

 南アルプス芦安山岳館は、山の日記念として入館料を無料にした。

 山に親しんでもらおうと、毎年企画。登山者や親子らが来館し、開催中の写真展を楽しんだり、南アルプスの山々を再現した立体模型や、高山植物を紹介するパネルなどに見入った。

 家族3人で北岳を登山した後に訪れた神奈川県茅ケ崎市の歯科医男性(55)は「さまざまな展示があり勉強になった。また山に行きたくなった」と話していた。

【山梨日日新聞 8月12日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

【山小屋グルメ】 広河原山荘

 標高1530メートルに位置し、北岳を目指す登山者でにぎわう。野呂川の清流と鳥の声を聞きながらの食事は格別だ。

P14__2

 県産の旬野菜を使った「ベジカレー」(1300円)=写真左上=が人気。カボチャ、ナス、ズッキーニ、パプリカ、ゴーヤなどを素揚げし、ルーにはトウガラシや蜂蜜、コーヒーなどを混ぜ合わせている。

 今季からデザートも登場。「アイスプレート」(700円)=写真左下=は、白桃とミルク味のジェラートに桃のコンポートやグラノーラを添えた。

 管理人さんは「登山をしない方も大歓迎。大自然という非日常的な環境で食事を楽しんでほしい」と話している。

P14_

 【メモ】南アルプス市芦安芦倉野呂川入西方1684。車の場合は市営芦安駐車場に駐車し、バスか乗り合いタクシーで広河原へ(約1時間)。甲府駅~広河原間の往復バスも運行。(電話)090(2677)0828。フェイスブックやラインのアカウントで登山情報を発信中。

【山梨日日新聞 8月11日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

天空のビーチ 日向山(北杜)

P14__3

 【写真】日向山の雁ケ原を歩く登山者。左奥は八ケ岳

P14_2

 北杜市の日向山(1660メートル)の山頂近くにある雁ケ原は、花崗岩が風化してできた「白い砂浜」が広がる。

 ルートは麓の尾白川渓谷駐車場から登って矢立石登山口に入り、おおむね3時間。林に囲まれた登山道から一気に展望が開ける。

 晴れた日は裾野をのばした八ケ岳や鞍掛山、甲斐駒ケ岳の大パノラマが待っている。

【山梨日日新聞 8月11日掲載】

【山岳関連ニュース】

安全登山の心構え

「困難が潜む」を認識 登山届も行程の一つ

 アウトドア人気に伴って増えているのが山岳遭難事故。山梨県内で2017年に発生した事故件数、遭難者数はいずれも過去最多を更新した。県警に本年度新設された山岳警備安全対策隊の志村一隊長は、天候や体調が変化した際の臨機応変さと、登る前の備えの大切さを説く。

 17年に県内で起きた山岳遭難事故は161件、遭難者数は180人に上った。達成感や美しい風景を求めて安易に山に入る人が目立つといい、「登りたい山と登れる山は違うことを認識してほしい」と呼び掛ける。

 事故の形態をみると、半数以上が滑落、転落、転倒で、遭難者の3割以上が65歳以上の高齢者。「体力、集中力が低下する下山中が多い」と指摘。道迷いは低山でも起きていて、迷った後に滑落などにつながるケースもあるという。

 5月には新潟・五頭連峰で親子2人が遭難し、死亡する事故があった。「道に迷ったらむやみに動かず、一度落ち着いてコンパスや地図、スマートフォンの地図アプリなどを使って現在地を確かめてほしい」

 登山は無事に下山してこそ。山の天候、自らの体調の把握が大切だ。山には困難が潜んでいることを自覚した上で、行程途中の登山断念も念頭に置いた対応を促す。

 安全登山へ、登る前の準備が最重要。今年上半期に起きた山岳遭難39件のうち、登山届が出ていたのは2件だけ。「登山届を準備することは、ルートの確認や、事故を起こさないという責任感を持つことにつながる」。雨具や予備の飲食料、万が一の際の通信手段となる携帯電話の携行を呼び掛ける。

【山梨日日新聞 8月11日掲載】

【山岳関連ニュース】

山の日を前に山岳救助訓練 西沢渓谷で

201808082

 11日の「山の日」を前に、日下部署と県山岳遭難救助対策協議会日下部支部の地元救助隊は4日、山梨市の西沢渓谷で合同の山岳救助訓練をした。

 同署員8人と、自営業者らでつくる同支部三富分会救助隊員10人が参加。旧西沢山荘から約500メートル北西の岩場に集まり、隊員が若手署員に斜面の移動に必要なロープの結び方や姿勢を教えた後、署員と隊員が実際にロープを使い斜面を下りた=写真。救助隊の隊長は「登山ブームのため遭難に対する注意がこれまでより必要。特に若手に技術を伝えたい」と話した。

 このほか、署員が登山者に安全登山を呼び掛ける啓発用チラシなどを配った。

 同署によると、西沢渓谷では昨年2件の山岳遭難が起き、今年も7月31日までに2件発生している。

【山梨日日新聞 8月8日掲載】

【山梨県内のニュース】

9月19日(水)は「育水の日」

 県は来月19日の水曜日を語呂合わせで「育水(いくすい)の日」に制定、山梨の豊かな水資源を広くPRする。県の「水のブランド化戦略」の一環。19日の前後には、県内の主な水源の水を飲み比べたり、水に関連した県産品を販売したりする記念イベントを開く。山梨の名水を紹介するコマーシャル(CM)を制作、映画館での上映も計画している。
 
 県森林環境総務課によると、山梨県はミネラルウオーター生産量日本一など豊富な水資源に恵まれている。県民に周知し水の保全や関連産業の発展につなげようと、2016年3月に水のブランド化に向けた戦略を策定。森林保全などで水を守り育み続けることを「育水」と名付けた。趣旨を広めようと、19日が水曜日となる9月に「育水の日」を定め、その前後を「育水ウイーク」と銘打って関連行事を展開することにした。

 9月15日は県庁噴水広場で記念イベントを開催。富士山や南アルプスなど山梨を代表する水源地の水の飲み比べのほか、ミネラルウオーターや地ビール、化粧品など県産の水を使った製品を販売する。県立図書館では「やまなし育水推進県民大会」を開き、講演などを計画している。

 県オリジナルのCMも制作。8月31日~9月13日に昭和町内の映画館で、北杜市内でミネラルウオーターの生産を手掛けているサントリーグループによる山梨の水のCMと一緒に上映する。9月上旬からは「天に選ばれし、名水の地。山梨。」のキャッチフレーズが入ったポスターを自動販売機約500台に掲示する。県担当者は「多彩な企画を通して、育水の大切さを知ってほしい」と話している。

【山梨日日新聞 8月8日掲載】

【山岳関連ニュース】

県が「安全登山推進区域」

富士山、八ケ岳、南ア指定 10月から計画書に努力義務

 県は6日、登山の安全確保に関する県条例に基づく「安全登山推進区域」として富士山、八ケ岳、南アルプスの3区域を指定、富士山や赤岳、甲斐駒ケ岳など主な16の山を含むエリアとすることを決めた。10月以降、区域内に立ち入る登山者に対し、登山計画書(登山届)の提出を努力義務とする。

 県観光資源課によると、安全登山推進区域は、(1)富士山6合目より上(一部登山道は除く)の「富士山」(2)赤岳や権現岳、編笠山の「八ケ岳」(3)甲斐駒ケ岳や仙丈ケ岳、鋸岳などの「南アルプス」。3エリアとも登山者に人気がある上、難易度の高い山を多く擁する。

 登山届には名前、住所、緊急時のための親族の連絡先などを記す。県内では県警や地元自治体が登山口などで任意の提出を求めている。ただ、近年は高齢者を中心に遭難事故が多発傾向にあり、遭難者の多くが登山届を出していないのが実態。県は昨年10月に登山の安全確保条例を制定、登山届の提出を努力義務とする「安全登山推進区域」の指定を進めてきた。

 登山届の提出を求めるのは10月20日から。県担当者は「遭難事故が起きた場合、円滑な救助につながる。登山者がリスクを確認する機会にもなる」と話す。

 また、県は同区域のうち、登山に伴う危険性が高いエリアを「重点区域」に指定する準備を進めている。同区域で厳冬期(12~3月)に登山する場合、登山届の提出を義務づける。

◇安全登山推進区域の指定区域と主な山
◆富士山=おおむね6合目より上(一部登山道は除く)
◆八ケ岳=赤岳、権現岳、編笠山
◆南アルプス=鋸岳、甲斐駒ケ岳、アサヨ峰、仙丈ケ岳、小太郎山、北岳、間ノ岳、農鳥岳、笹山、笊(ざる)ケ岳、鳳凰山、栗沢山

【山梨日日新聞 8月7日掲載】