芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2018年4月

【山岳関連ニュース】

西沢渓谷で山開き

登山客ら新緑満喫 神事で安全を祈願

P23_

 山梨市三富地区の西沢渓谷が29日、山開きを迎えた。県内外から多くの登山客が訪れ、新緑の渓谷で散策を楽しんだ。

 開山式では神事を行い、今シーズンの安全を祈願。高木晴雄市長が「けがや事故がないよう、登山を楽しんでほしい」とあいさつし、登山道入り口に張ったしめ縄をおので断ち切った。

 29日は、西沢渓谷ガイドと歩くツアーと森林浴を楽しむセラピーを無料で実施。甲斐駒アルプホルンクラブのメンバーによる演奏も行われた。日下部署の山岳救助隊が春山の注意点を書いたチラシとティッシュを配り、電灯の携行や水分補給を呼び掛けた。

 市観光協会三富支部によると、今年は例年よりも新緑の芽吹きが早いという。

 【写真】西沢渓谷を散策する登山客=山梨市三富川浦

【山梨日日新聞 4月30日掲載】

【山岳関連ニュース】

JR甲府駅に安全登山街頭指導所開設

450_p23_

 ゴールデンウイーク期間中の山岳遭難を防ごうと、甲府署と県警山岳警備安全対策隊は28日、JR甲府駅に安全登山街頭指導所を開設し、登山者に万全な準備を呼び掛けた。

 指導所は同駅コンコースと南口の2カ所に開設。署員と隊員が、富士山や鳳凰三山など、山ごとに危険スポットや遭難事例をまとめたチラシを登山者らに手渡した=写真。

 同署の地域交通管理官は「ライトや飲料水、通信手段などの準備を徹底してほしい」と強調。万全な備えこそ登山の第一歩だとアピール。

【山梨日日新聞 4月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

連休中の登山者に山火事予防をPR

中央線3駅で甲州市

450_p20_

 甲州市は28日、ゴールデンウイークに合わせ、JR中央線3駅で登山客らに山火事予防を呼び掛ける啓発活動を始めた。

 JR甲斐大和駅の改札前では、田辺篤市長と市職員が、登山姿の駅利用者に「乾燥時や強風時は火の使用を控えましょう」などと書かれたチラシ入りのティッシュを配った=写真。

 市によると、同市勝沼町内では1993年以降、たびたび山火事が発生。市は2009年から、登山者が増える春山シーズンに合わせて啓発活動を行っている。

 活動は5月5日まで、同駅と勝沼ぶどう郷駅、塩山駅で行う。

【山梨日日新聞 4月29日掲載】

【山岳関連ニュース】

夜叉神峠入り口で安全登山をPR

南アルプス署などが指導所開設

450_p19__3

 南アルプス署などは27日、南アルプス市芦安芦倉の夜叉神の森駐車場で、山岳遭難事故防止のための指導所を開設、登山者に安全な登山を呼び掛けた。

 登山者が増える大型連休に合わせて開設。署員のほか、南アルプス北部一帯の山域を中心に山岳遭難救助の活動をしている「大久保基金の会」の会員計8人が、登山計画書の提出や装備品の点検を呼び掛けるチラシを登山者に配った。

 今回から、山の残雪などの状況を確認してもらおうと、駐車場に止めたパトカーの車体に、北岳や甲斐駒ケ岳などの山頂付近の写真を掲示している。

 同署によると、昨年4月29日~5月6日に管内で発生した遭難事故は2件で、3人が遭難、うち1人が負傷した。

 地域課長は「気候は暖かいが、山頂付近には雪が多く注意が必要。登山前には山のことをよく調べて、登山届を提出してほしい」と呼び掛けている。

 同署などは、28、29日と5月3、4日にも指導を行う。

 【写真】登山者に遭難事故防止を呼び掛ける署員ら=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 4月28日掲載】

【山岳館便り】

新緑の御勅使川 こいのぼり彩る

南ア市芦安地区

450_p19__2

 南アルプス市芦安地区に、毎年恒例となったこいのぼり約60匹がお目見えした。

 5月13日に開かれる「芦安新緑やまぶき祭り」の一環。市内外の家庭で使われなくなったこいのぼりを集めて御勅使川に掲げている。川面にも色とりどりのこいのぼりの姿が映し出されている。

 取り付け作業は住民有志でつくる「芦安の将来を考える会」メンバーらが行った。森本章雄会長は「新緑を泳ぐこいのぼりを楽しんでほしい」と話している。

 【写真】御勅使川に掲げられたこいのぼり=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 4月28日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

「南アルプスプラザ」リニューアル

総合案内所を新設 早川にきょうオープン

450_p19_

 早川町は同町高住の観光施設「南アルプスプラザ」をリニューアルし、27日に竣工式を行った。総合案内所や菓子製造工房が入った建物を新たに整備したほか、レストランや土産物販売コーナーが入居する従来の建物も改装。28日にオープンする。

 平屋建ての新施設は延べ床面積約79平方メートル。総合案内所には午前9時から午後5時まで町観光協会職員が常駐して、町内の名勝地や宿泊施設などを案内する。工房では町の名物となる菓子を開発する予定。従来の施設も新施設の整備に合わせて、内外装を一新した。

 竣工式には町関係者らが出席。辻一幸町長は「中部横断自動車道の整備が進んでおり、観光客に早川町の魅力を伝える新しい玄関口としていきたい」とあいさつした。

 総合案内所は5月第2週から6月末にかけて、毎週水曜日が休業。7月以降は無休での運営を予定している。

 (写真)28日にリニューアルオープンする「南アルプスプラザ」=早川町高住

【山梨日日新聞 4月28日掲載】

【山岳館便り】

南アルプス市 芦安新緑やまぶき祭2018

 南アルプス芦安地区は新緑がまぶしく最高の季節になりました。芦安山岳館周辺は360度新緑に囲まれていて、心が元気になります。
 
 毎年恒例の「南アルプス市 芦安新緑やまぶき祭」を開催します。今年も地元の方々が中心となり・ステージ発表・体験・飲食ブース・地元野菜販売などがあります。

Img_2

【ステージ】芦安小中学校合唱・夜叉神太鼓演奏・クラウンコメディーショーなど
【飲食ブース】手打ち蕎麦・地元しょうゆの実・やきそばなど
【体験】ロッククライミング体験・竹細工体験
【やまぶきツアー】芦安の史跡をめぐる旅にでかけてみよう(要受付)
 
芦安の新緑の中で心も身体も癒されてリフレッシュ!!
みなさん是非お越しください。

[日 時]平成30年5月13日(日)午前9:30~午後1:30
[場 所]南アルプス市芦安小学校校庭
 
お問い合せ
芦安窓口サービスセンター TEL 055-282-5577

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山梨県内のニュース】

GW中の混雑予想

 ゴールデンウイーク(GW)期間中の山梨県内の交通機関の混雑予想がまとまった。下りはJR中央線、中央自動車道ともに5月3日が最も混み合い、上りは中央線が5日、中央道は3~5日がピークとみられる。

 JR東日本八王子支社によると、4月25日現在、5月3日に甲府駅を通る下り特急42本のうち28本で指定席が完売。5日の上り特急の指定席は38本中15本で売り切れた。連休初日の4月28日も下りを中心に混雑するとみられ、始発から午後2時半までに甲府駅に到着する特急20本のうち11本が完売している。

 一方、中日本高速道路によると、GW期間中に山梨県内では10キロ以上の渋滞が上下線で計9回発生する見込み。県内に及ぶ最も長い渋滞は上りが4日午後6時ごろと、5日午後4時ごろに発生。いずれも小仏トンネル付近を先頭に最大30キロとなる見通し。下りは3日午前7時ごろ、双葉ジャンクションを先頭に約20キロと予想している。

【山梨日日新聞 4月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

遭難抑止へGW活動、県警

登山口で装備点検/危険箇所を周知

 県警は登山者の増加が見込まれるゴールデンウイーク期間中、山岳遭難事故の抑止に向けた活動を強化する。署員らが連日、各駅や登山口に立ち、ハイカーらに対して装備品を点検したり、登山計画書(登山届)の提出を促したりする。

 県警地域課によると、過去3年間の連休期間中、県内で起きた山岳遭難事故は計24件。遭難したのは27人で、死者2人、負傷者15人。山系別では秩父山系が最多の8件。原因は滑落や転落、転倒が目立つ。27人中24人が県外からの登山者だった。

 今年は25日現在、山岳遭難の発生件数、負傷者数ともに昨年同時期より少ない。ただ、昨年1年間は発生件数と負傷者が統計開始以降、過去最悪だったことを踏まえ、例年よりも啓発期間や場所を増やして対応する。

 県警は5月6日まで、登山者が多く降りる駅や各山の登山口で、安全登山を呼び掛ける。装備品に不備がないかチェックするほか、日程や連絡先を明記した登山届を提出するよう呼び掛ける。登山道の危険箇所を示したチラシも配布する。

 県警のホームページやツイッターでも情報を発信していく。26日の定例会見で、県警生活安全部の鶴田孝一部長は「体力に合った山を選び、安全な登山を心掛けてほしい。登山者には十分な装備や登山届の提出を求めていく」と話した。

【山梨日日新聞 4月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

南ア市再整備の施設オープン

名称は「エコパ伊奈ヶ湖」

450_p21_

 南アルプス市が再整備を進めていた伊奈ケ湖周辺の施設が24日、リニューアルオープンした。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」の理念を学べる場として名称を「エコパ伊奈ケ湖」とした。

 エコパ伊奈ケ湖は宿泊施設「ウッドビレッジ」や研修施設「グリーンロッジ」、レストハウス、森林科学館などで構成。老朽化している施設もあり、半年かけて改修を進めていた。一部施設は県から無償譲渡された。

 同日行われた式典には地元関係者ら約80人が参加。金丸一元市長は「未来ある子どもたちが林間学校や自然体験を通して郷土愛や豊かな人間性を育む場にしたい」とあいさつした。

 式典後には櫛形西小の6年生20人が伊奈ケ湖周辺でこれまで行ってきた環境学習の成果を発表。リニューアルを機に行われる自然体験プログラムの紹介もあり、児童たちはジェスチャーゲームを通してシカの生態について学んだ。

 施設の運営は「生態計画研究所」(東京)に委託。ガイドが常駐し、さまざまな体験プログラムを提供する。市は林間学校や環境学習の場として活用するほか、観光客の受け入れも強化する。

 【写真】改装された宿泊施設「ウッドビレッジ」の内部。大部屋を仕切るなどして4室確保した=南アルプス市上市之瀬

【山梨日日新聞 4月27日掲載】