芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

2017年3月

【山岳関連ニュース】

エコパーク 甲武信、推薦見送り

国内委、最終段階で「尚早」

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国内委員会は23日、秩父多摩甲斐国立公園を中心とする山梨、埼玉、長野3県境の甲武信ケ岳周辺地域について、生物圏保存地域(エコパーク)としてのユネスコ本部への推薦を見送ることを決めた。委員会事務局は「甲武信ユネスコエコパーク」の名称で9月に推薦書を提出する見通しでいたが、分科会が最終段階で時期尚早と判断した。

 国内委員会事務局の文部科学省によると、メールなどで各委員から意見を聞いた結果、「(エコパークの)エリア設定について国立公園の区域に準拠するよう再検討すべきだ」との指摘があった。今回の申請エリアには秩父多摩甲斐国立公園のうち、東京都の部分がほとんど含まれていないことを踏まえた意見とみられる。協議会の体制について「関係する自治体がイコールパートナーシップ(対等)の形で意思決定に参加できる協働・参画体制の構築が必要」との意見もあったという。

 これらの意見を踏まえ、最終的に委員の総意として「推薦は見送ることが適当」と意見集約した。同省によると、エコパーク登録に向けた国内委員会への申請は例年5~6月ごろから受け付けていて、今回申請を提出した山梨県などでつくる協議会が再度申し込むことは可能という。

 協議会事務局の県みどり自然課は「委員から出た意見を分析した上で、協議会の構成自治体から意見を聞き、もう一度申請するか判断したい」としている。

 一方、エコパーク登録を推進していた市民団体の代表者らからは「今回推薦が見送られたことは残念だが、ぜひもう一度チャレンジしてほしい」との声が上がっている。

【山梨日日新聞 3月24日掲載】

【山岳関連ニュース】

桜と梅500本 新名所に 富士吉田

66歳男性、所有の山に植樹 3年後の完成めざす

2

 富士吉田市新西原3丁目の自営業渡辺茂さん(66)は、所有する西桂町の山林を桜や梅の花の名所にしようと整備を進めている。登山愛好家で、6年前に日本三百名山の単独登頂を達成したのを機に、「残りの人生を山仕事にかけ、登山の経験を生かした『絶景』を自分の手でつくりたい」と思い立った。約1万6千平方メートルを開墾し、約500本を植樹する。3年後の完成を目指している。

 所有する山林は南向きの斜面で、尾根伝いに整備された町の散策路を登ると、目の前に富士山が広がる。昨年4月に開墾や植樹を始めた。

 渡辺さんは1995年から16年の歳月をかけて日本三百名山(計301山)を踏破した。さまざまな山の景観を見てきた経験を生かし、「人生の集大成として山に桜の名所をつくりたい」と、山林の整備を企画した。

 これまでに、雑木を伐採し、シダレザクラやソメイヨシノなどの苗木約100本を植えた。尾根伝いには手作りした木製のベンチを置いた。ほぼ毎日、現場に通っていて苗木などは自力で担いで運び上げているという。「富士山と一緒に楽しめる景観にしたいと考えて、桜やベンチの位置を工夫した」と話す。

 4~5月に計約500本の植樹を終える予定。南に富士山を見ながら斜面を横切るコースと沢伝いに頂上まで登るコースの二つの散策路を整備中で、最終的な完成は3年後になる見通し。完成後は無料で一般開放する。

 渡辺さんは「多くの人が富士山と桜を眺めに訪れる新しい観光名所になればうれしい」と話している。

 【写真】梅を植樹する渡辺茂さん=西桂町下暮地

【山梨日日新聞 3月23日掲載】

【山梨県内のニュース】

中部横断道 増穂-六郷が開通 峡南地域アクセス向上

201703203_2

 中部横断自動車道の増穂-六郷インターチェンジ(IC)間の9.3キロが19日、開通した。中央自動車道と交わる双葉ジャンクション(JCT)から通行できる区間は25.3キロで、建設計画が進んでいる静岡・新清水JCTまでの約3割が開通となった。中日本高速道路は、増穂-六郷IC間の通行台数を1日平均約1000台と見込む。沿線住民からは観光や防災の面で効果を期待する声が上がった。
 
 市川三郷町上野の歌舞伎文化公園で開通式典を行い、後藤斎知事や国会議員ら約200人が出席。同社の宮池克人社長は「開通により峡南地域から甲府や峡中地域へのアクセスが向上する。県立中央病院への搬送時間も短縮され、医療、救助活動でも効果が期待できる」とあいさつした。

 式後は富士川町の増穂IC付近の本線上に移動し、地元自治体関係者らがテープカットで開通を祝い、車で六郷ICまでパレードした。一般車両は午後3時から供用開始となった。

 走行した富士川町長沢の長沢豊さん(71)は「9・3キロだけでも国道以外の道路ができ、防災面でも心強い。全線開通が待ち遠しい」と話した。「道の駅富士川」の居村一彦支配人は「ドライバーに立ち寄ってもらえるように、取り扱う商品や道の駅で開くイベントを充実させる」と語った。

 また六郷ICから約2キロと近距離にある身延町西嶋の「なかとみ和紙の里」の担当者は、「身延町にとって北の玄関口。観光客も訪れやすくなるはず」と期待を寄せた。

 増穂IC近くには上下線に増穂パーキングエリア(PA)を整備し、下り線のPAからは隣接する同道の駅が利用できる。六郷ICより南の区間は難工事が続き、2017年度内に予定されていた開通が約2年遅れる見込み。
 
(写真)(1)は道の駅富士川に隣接する中部横断自動車道の増穂PA(下り線)(2)は増穂IC料金所(3)は増穂PA(上り線)=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)で富士川町上空から

【山梨日日新聞 3月20日掲載】

【山梨県内のニュース】

実演や歴史紹介、和菓子作り体験 ふるさと文化伝承館

201703171_2

 南アルプス市野牛島のふるさと文化伝承館は11日、市内の和菓子の歴史を学ぶイベントを開いた。

 同市飯野の和菓子店「つるや」の名執栄一店主が講師を務めた。市内外から参加した約30人は、桜餅やどら焼き、練り切りなどの作り方を見学して味見。実際に銅板で生地を焼いてどら焼きの皮を作るなど、和菓子作りを体験した=写真。同市小笠原の「村田屋本舗」の深沢剛店主からは、市内の和菓子の歴史や店の思い出話を聞いた。

 大明小2年の知香さんは「初めて和菓子作りを見た。きれいな形でおいしかった」と話した。

【山梨日日新聞 3月17日掲載】

【山岳関連ニュース】

地域の鳥獣害を調査 南アルプス子どもの村中

201703161_2

 南アルプス市徳永の南アルプス子どもの村中の生徒約20人は、市内の鳥獣害の解決策を探ろうと、調査学習を始めた。

 地域の歴史や文化を学ぶ、1~3年の縦割りグループ「歴史館」の生徒が、郷土学習を進める中で、市内の農家が直面している課題として鳥獣害があることを知り、調査学習の課題にした。

 鳥獣害防止に取り組む市内のNPO法人「甲斐けもの社中」の山本圭介理事長の協力を得て、2月から本格的に活動を開始。同市築山地区の栽培作物や、集落と山の間に設置されている電気柵の状況の確認などをしている。

 夜間でも撮影できるセンサーカメラを山中の獣道に設置。住民に対する聞き取り調査も行っていて、サルやイノシシ、シカなどの生息状況や行動範囲、被害に遭いやすい作物について調べている。電気柵も用意し、効果を検証する。

 学習の成果は市民を対象にした説明会や、会員制交流サイト「フェイスブック」にアカウントを開設して発表する。

 3年の長谷川さんは「農作物を守りつつ、動物の命も奪わない仕組みについて考えたい。長期的にいろいろなことを試して、生産者の方に解決策を伝えたい」と話している。

(写真)センサーカメラの設置場所を下見する生徒ら=南アルプス市築山

【山梨日日新聞 3月16日掲載】

【山岳館便り】

芦安渓流釣り祭り

 芦安渓流釣り祭が3月12日(日)に行われました。

Cimg0230

 第14回目になる恒例の釣り祭りです。親子、おじいちゃんと孫、仲間と、県内外の釣り客総勢120名ほどの方が参加しました。今年はなかなかの腕前の女性の方もいました。冷え込んだ朝でしたが振る舞われた豚汁で体を温め、また大物を狙いに糸を垂れていました。

Cimg0238_4

 イワナ、ヤマメの体長競い合いは誰が1番だったのでしょう。 まだまだ冷たい川風を受けながらでしたが、近づく春の気配を感じる一日でした。

【山岳関連ニュース】

冬の富士登山、自粛促す 山静両県

20170315

 山梨、静岡両県と環境省は14日、静岡・富士宮市役所で富士山における適正利用推進協議会を開いた。夏山期間以外の遭難事故が相次いでいることを受け、新年度に都内で冬山登山の危険性を訴えるキャンペーンを展開することを決めた。登山用品店で冬山の状況を知らせるパネル展示やリーフレットの配布などをする。

 富士山では冬山での遭難事故が相次ぎ、昨年9月富士北麓の首長らが後藤斎知事に対し、遭難防止の対策を講じるよう要望。同11月の協議会で、夏山期間以外の富士登山の危険性を訴える「ネガティブキャンペーン」をホームページ(HP)などで展開することを決めていた。

 14日の協議会では、山梨県の担当者が、キャンペーンの実例としてHP「富士登山オフィシャルサイト」に今冬の遭難事故の発生状況や遭難の危険性について掲載したことを報告。新たな取り組みとして、登山者増加が見込まれるゴールデンウイーク(GW)や、秋に都内の登山用品店でネガティブキャンペーンを実施することを決めた。遭難者を救助している映像の上映や、凍結で滑落しやすい斜面状況などを伝えるパネル展示をする。

 GW期間に、日本山岳協会など山岳関連団体に、夏山期間以外の登山の自粛を求める要請文を送ることも決めた。山梨県の担当者は「富士登山の前に危険性を知ってもらえるよう取り組みをしていく」と話している。
 
(写真)冬山登山の危険性を訴えるキャンペーンの実施などを決めた協議会=静岡県富士宮市役所
 

【山梨日日新聞 3月15日掲載】

【山岳関連ニュース】

ザゼンソウ3千株が見頃 甲州・小倉山

205103851

 甲州市塩山竹森の小倉山に群生するザゼンソウが見頃を迎え、観光客らを楽しませている。

 ザゼンソウはサトイモ科の多年草。仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる赤紫色の葉に包まれるように黄色の花が咲く姿が、僧侶が座禅を組んでいるように見えることが名前の由来とされている。

 市観光交流課によると、群生地は約1ヘクタールで約3千株が自生していて、県自然記念物に指定されている。周辺は遊歩道があり、沢沿いの湿地にザゼンソウの小さな花が咲いている。

 同課によると、見頃は今月下旬までの見込み。

 【写真】見頃を迎えているザゼンソウ=甲州市塩山竹森

【山梨日日新聞 3月10日掲載】

【山梨県内のニュース】

100%南アルプス市産でワイン造り

044753407998_2

 県内外のワイン愛好家でつくる「甲州ぶどう栽培クラブ」は、南アルプス市にこだわったワイン造りをしている。市内の農家と協力して栽培した市産の甲州種ブドウを市内のワイナリーで醸造。今年は「あけぼのフルムーン」と名付けたにごりの白ワインを造り、ラベルは市内のデザイナーに依頼した。
 
 同クラブは、JAこま野(本所・南アルプス市小笠原)がメンバーを募集し、2012年に結成。県内外から集まった約50人が甲州種ブドウを栽培し、ワイナリーに依頼して造ったワインをメンバー間で楽しんでいる。

 これまでに、甲斐市の大手ワイナリーで醸造したワインは一般発売したが、ブドウの生産からワインの醸造、製品化まで南アルプス市内で完結させるのは初めてという。

 「あけぼのフルムーン」に使った甲州種ブドウは、同市在家塚の畑で栽培した。農家の協力で昨年5月から、草刈りや房作り、収穫などをした。

 天体の動きなども考慮する「ビオディナミ栽培」の理論を参考にし、収穫は、同栽培理論で月の引力が強まって最も実のうま味が凝縮するとされる満月の日の夜明け(昨年は9月18日)にした。

 醸造したのは、同市小笠原のワイナリー「ドメーヌヒデ」で、メンバーが足踏みで果肉をつぶす体験もした。ラベルは同所在住のグラフィックデザイナー若岡伸也さんがデザイン。収穫した9月18日にちなみ、満月と、18日の「10」を表す大きな星、「8」を表す小さな八つの星などを描いた。

 ワインは甲州種のかんきつ系の香りとかすかな酸味が特徴という。90本を造り、クラブメンバー内で販売した。クラブの事務局を担当している小野勝也さん(38)は「南アルプスでもほかの産地に負けないワインが生産できることが確認できた。今後も市産にこだわったワイン造りを進めていきたい」と話している。

【山梨日日新聞 3月6日掲載】

【山岳関連ニュース】

落ち葉の「芸術作品」出現

000103932

 甲府市御岳町の県道の斜面に、落ち葉の「芸術作品」がお目見えしている=写真。

 場所は金桜神社から南西に約400メートルの地点。斜面に張られた落石防止用のネットに落ち葉がたまっていて、「一見すると首長竜や翼の生えた怪獣にも見える」(通行人)。

 県道を車で走行中に気付いたという同市の介護福祉士男性(42)は「写真に撮って友人に見せたら、恐竜にそっくりと驚いていた」。自然が織りなす「アート」に感心することしきり。

【山梨日日新聞 3月8日掲載】