芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳館便り】

芦安山岳館 再開しました

A_1

 「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置」の期間終了に伴い、当館は 令和3年9月13日(月)から開館しています。

 今年度企画展「星空見上げて誰想う」~星と山とプラネタリウム~ を開催中です。

 今は、9月農鳥岳からの星空がミニプラネタリウムで見られます。毎月更新してその月の星空を見ることができます。惑星や宇宙映像、南アルプスの山々と星空の写真なども展示しています。

 小さなお子様から大人の方まで楽しめる内容になっています。

[会  期令和4年3月8日(火)まで
開館時間午前9時~午後5時
休 館 日毎週水曜日、年末年始
観 覧 料大人 500円 小人(小学生)250円

 入館の際、コロナ対策のためご不便をおかけすることがあると思いますがご理解とご協力をお願いします。

 皆様のお越しをお待ちしています。

<お問い合せ>
南アルプス市芦安山岳館 TEL055-288-2125

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

八ケ岳周辺活写、写真50点を展示

A202109111

 北杜市在住のカメラマンらでつくる八ケ岳フォトフェスタ実行委員会は14日まで、市小淵沢町上笹尾の篠尾郵便局で、八ケ岳周辺で撮影した写真の展示会を開いている=写真。
 実行委員会のスタッフ6人が、地元住民に八ケ岳の魅力を再認識してもらいたいと企画。八ケ岳山麓で撮影した牛や鳥などの動物や、四季折々の八ケ岳の風景など約50点の写真を紹介している。
 代表は「写真を見て八ケ岳の良さを感じてもらえたらうれしい」と話している。
 午前9時~午後5時。

【山梨日日新聞 9月11日掲載】

【山岳関連ニュース】

ロープウエーの往復運賃を割引 身延山

 身延山ロープウェイを運営する身延登山鉄道は12日まで、山梨・静岡両県民を対象にロープウエーの往復運賃を割り引くキャンペーンを行っている。
 同社によると、中部横断自動車道山梨-静岡間の全線開通を記念して企画。窓口で山梨、静岡の県民であることを証明できるものを提示すると、往復運賃が中学生以上の大人は1200円(通常の300円引き)、4歳から小学生までの小人は375円(通常の半額)となる。
 担当者は「キャンペーンを通じて、中部横断道の開通を歓迎したい」と話した。
 営業時間は午前8時40分~午後4時(新型コロナウイルス感染拡大の状況により、営業時間の短縮あり)。問い合わせは身延山ロープウェイ、電話0556(62)1081。

【山梨日日新聞 9月10日掲載】

【山岳関連ニュース】

富士山早めの初冠雪

 甲府地方気象台は7日、富士山が初冠雪したと発表した。平年より25日早く、昨年より21日早い。9月上旬までに初冠雪が発表されるのは13年ぶりで、観測史上6番目に早い。富士吉田市も7日、富士山の冠雪を市内から初めて確認した日に独自に発表する「初雪化粧」を宣言した。
 気象台によると、7日午前5時半ごろ、甲府市飯田4丁目の気象台から、富士山頂付近が雪で覆われている様子を職員が目視で確認した。

【山梨日日新聞 9月8日掲載】

【山岳館便り】

ドノコヤ峠

 ドノコヤ峠…。なにか不思議な響きです。漢字でもないし、地図で見るとカタカナだし…。
 「どの子や」「どこの野(や)」??? 謎を解いてみましょう。


 早川町奈良田の深澤亀次によってドノコヤ峠(早川町と芦安村境)の中腹に金・銅がきらめいていることが発見されました。東京・青山の高田貞三郎により銅之古家鉱山(どのこやこうざん)として開鉱されました。「銅のこや」なんですね!!

A_25

【図】銅之古家鉱山の様子

 当時、芦安村の働き盛りの若者は鉱山に迎えられて村は活気づきました。その後、1917年(大正6年)に芦安鉱山と改称されました。
 高品質の鉱石が多量に産出されたので国の重要鉱山として指定され、大正15年ころまでに221.05トンが売鉱されました。従業員も250人以上となり社宅が造られ、小学校と青年学校の分校が設置されました。全盛期を極めた芦安鉱山も終戦を契機に縮小され、後に休鉱・閉山となりました。(注:呼び名に関しては、諸説あり推測の域を出ません。)

A

【写真】鉱夫

 今も、金・銅が眠っているかもしれませんね。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

救助一丸そろいの活動着 「山中で目立つ水色採用」

203702512

 日下部署の山岳救助隊は、隊員が着用する活動着を作った。活動着を統一することで一体感を持って活動し、円滑な救助につなげたい考え。防水素材で山中でも目立つ水色を採用している。
 署によると、山岳救助隊は署地域課の署員を中心に構成し、13人が所属している。管内にある大菩薩峠や乾徳山などで発生した山岳遭難事故の現場で救助活動を行うほか、事故防止の啓発活動などに取り組んでいる。
 これまでは隊員それぞれが登山用のアウターを用意していたが、装備品の充実を図ろうと企画。本年度当初からデザインを考案し、7月に完成した。
 救助を求める登山客や県警のヘリコプターなどで遭難者を引き揚げる際、隊員を見つけやすくするため、山中でも目立つ水色とした。胸と背面に金色で「山岳救助隊 日下部警察署」と記されている。
 山岳救助隊を率いる地域課長は「防水素材なので隊員が安全に活動できる。そろいの活動着を着ることで隊員の意識を高め、団結して活動していきたい」と話している。

(写真)日下部署山岳救助隊が作った活動着=山梨市三富徳和

【山梨日日新聞 8月27日掲載】

【山岳関連ニュース】

北岳登山道で遭難救助訓練

A202108201_2

 南アルプス署は、南アルプス・北岳の白根御池小屋付近の登山道で、山岳遭難者の救助訓練をした=写真

 天候が悪く、ヘリコプターによる救助ができない場合を想定して8月7日に実施し、署員10人が参加。負傷した登山者を背負い、ロープなどを使って安全に下山する方法を確認した。広河原インフォメーションセンターでは、遭難事故が発生しやすい場所などを記したチラシ入りのポケットティッシュを登山者に配布し、遭難事故防止も呼び掛けた。

 管内では8月1日までに8件の山岳遭難事故が発生している。地域課の担当者は「自分の体力に合った登山計画を立て、ゆとりある行動を取ってほしい」と話していた。

【山梨日日新聞 8月20日掲載】