芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

トレイルランナー山本さんの挑戦映像に

「ON THE CORNER」国際映画祭入選 20日、韮崎で国内初上映

 日本を代表するトレイルランナーで、高校教師からプロに転向した山本健一さん(39)=韮崎市=が主人公のショートフィルム「ON THE CORNER(オン・ザ・コーナー)」が、トレイルランニングなどの作品を対象にした国際映画祭で入選した。レースへの挑戦を通じて、競技や自然の魅力などを生徒に伝える山本さんの姿を描いている。世界各地で上映されていて、20日には韮崎・アメリカヤで国内初上映される。

 ショートフィルムは、2017年にスペイン・バスクで開催された100マイルを走るレースに山本さんが参加し、けがでリタイアを余儀なくされた場面から始まる。翌年にスイス・モンテローザで開催された同様のレースに再挑戦するまでを中心に収めている。北杜高での勤務時を含め、約2年にわたってカメラが追い続けた“ヤマケン”の姿を描いている。

 ショートフィルム制作は、以前から山本さんのレース中の様子をレポート映像として作っていた映像制作会社「RIGHTUP Inc.」(川崎市)の渡辺雄太ディレクターが計画。人生の岐路に立つという意味からタイトルを決めた。インターネット上での公開を検討していて、渡辺さんは「自然の中で体を動かすことの豊かさを感じてもらいたい」と語る。

 アメリカヤでの上映は20日午後6時半から。作品は19分で、鑑賞無料。5階のフリースペースで大型スクリーンに投影する。定員の60人を超えた場合は2回に分けて上映する。山本さんも来場する予定で、上映後にトークイベントを計画している。

 山本さんは「目標を持つことや、試練に立ち向かうことについて考えてもらうきっかけになればうれしい。山に興味がなくても楽しめる内容になっているので、老若男女に見てほしい」と話している。

 問い合わせはアメリカヤ、電話0551(45)7291。

【山梨日日新聞 4月18日掲載】

【山岳館便り】

山梨県指定希少昆虫(蝶)講演会を開催します

 平成31年1月、7種類の昆虫(蝶)が指定希少動植物に指定されました。高山蝶の特性や生態などを学んでみませんか?

                記

 日  時 : 平成31年4月20日(土) 午後3時~5時30分
 場  所 : 南アルプス芦安山岳館 語り部コーナー
 講  師 : 中村 寛志 先生 
        信州大学名誉教授 生物多様性戦略アドバイザー
 講演内容 : ・希少高山蝶の保護について
        ・北岳におけるモニタリング1000事業の解説

 入場無料につきどなたでも申込めます。
 定  員 : 60名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)
 申 込 先   :  南アルプス芦安山岳館 
        (電話)055-288-2125

 主  催 : NPO法人芦安ファンクラブ
 共  催 : 南アルプス市ユネスコエコパーク推進室

 皆様の参加お申込みをお待ちしています。

P_2019041500

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

連休前開通へ 除雪作業、急ピッチ

450

 富士山5合目までつながる富士山有料道路(富士スバルライン)で、本格的な春の行楽シーズンに向けた除雪作業が急ピッチで進められている。

 スバルライン管理事務所によると、現在は4合目から5合目にかけて、雪が十数センチ積もっている。12日はロータリー式除雪車とブルドーザーを使い、4合目の大沢駐車場から麓にかけて除雪。ブルドーザーは雪をかき集めて、駐車場のあちこちに小さな雪山を作っていた。

 作業は昨年12月ごろから、雪が降るたびに行っている。3月には4合目まで通行できる日もあったが、4月に入ってから降雪日が増えたことから、12日は1合目までの営業だった。

 今月下旬の全線開通を目指している。同事務所の担当者は「観光の観点から早期開通を求める意見もある。4月に入って降雪が確認されていることから、安全に通行できるようにしっかりと除雪作業を行い、できるだけ早く開通させたい」と話している。

 【写真】富士山有料道路で進められている除雪作業=富士山4合目

【山梨日日新聞 4月13日掲載】

【山岳関連ニュース】

中里介山冥福と登山の安全祈る

201205234

 甲州市観光協会(雨宮正明会長)などは9日、甲州市塩山上萩原の雲峰寺で「介山祭」を開いた。「大菩薩峠」がタイトル名となり、県内も舞台として登場する長編小説の作者・中里介山の冥福を祈るとともに、大菩薩峠登山の安全を祈願した=写真

 同観光協会や大菩薩観光協会、日下部署員、市関係者ら約50人が参加し、焼香するなどした。田辺篤市長は「今後も大菩薩をはじめとした市全域の観光振興に努めたい。県内外から訪れる皆さんが、無事に登山を楽しめるよう祈願する」とあいさつした。

【山梨日日新聞 4月11日掲載】

【山岳関連ニュース】

甲斐駒カードで紹介

北杜市がエコパークPR

073734610483

 北杜市観光課は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」に登録された、南アルプスの甲斐駒ケ岳エリアを紹介するカードを作成した。同課が市内の小中学校で行っている授業やエコパークに関連するイベントなどで活用する。

 エコパークに登録された地域への理解を深めてもらおうと作成し、2千部を印刷。カードはフルカラーのB4判。開くと田園風景が広がり、南アルプスなど限られた高山帯に生息するとされるライチョウやカモシカ、山高神代桜などの絵が飛び出す仕組みになっている。

 裏面には、甲斐駒ケ岳に生息する動物や周辺の自然を写真付きで解説。小中学生に興味を持ってもらおうと、カードは自分で組み立てて作れるように工夫した。

 同課の担当者は「親しみやすいカードを通して、エコパークに関する取り組みを知ってもらい、環境保全への意識を育んでいきたい」と話している。

 【写真】甲斐駒ケ岳に生息する動物や周辺の自然を紹介するカード=北杜市役所

【山梨日日新聞 4月9日掲載】

【山岳関連ニュース】

「都留アルプス」巡るハイキング楽しもう

14日、参加者募集

 都留市は14日、「都留アルプス」と呼ばれる市内の山々を巡るハイキングを実施する。

 市産業課によると、コースはファミリー(所要時間3時間)、一般(同4時間)、がっつり(同5時間半)の3コースを設定。いずれも富士急行線都留市駅が出発地点となる。

 事前申し込みの必要はなく、同駅で午前8時から同10時半に受け付けを済ませて順次スタートする。市担当者は「ハイキングするには良いシーズン。都留アルプスを楽しんでもらいたい」と話している。

 問い合わせは同課、電話0555(43)1111。

【山梨日日新聞 4月6日掲載】

【山岳関連ニュース】

大型連休控え山岳救助訓練、北杜署

222802639

 北杜署は1日、同署で山岳救助の装備品点検やロープワークの訓練などを行った。

 大型連休を前に署員の救助技術を向上させようと実施し、約10人が参加。県山岳遭難対策協議会北杜支部の山岳救助隊隊長から指導を受け、ロープの結び方や救助者の引き上げ方法などを2人一組になって確認した。

 同署によると、2018年度に発生した山岳遭難は23件で、17年度より1件増えた。

 同署署長は「管内は八ケ岳や甲斐駒ケ岳など多くの山を抱えている。救助技術をしっかりと伝承させ、態勢強化に努めたい」と話している。

 【写真】竹内敬一隊長(右から2番目)からロープワークの指導を受ける署員=北杜署

【山梨日日新聞 4月3日掲載】