芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳館便り】

南アルプス開山祭

A_3

 いよいよ南アルプスの山のシーズン幕開けです。今年も広河原にて開山祭を開催します。
 広河原モニュメント前広場にて、先駆者の偉業に感謝し入山者の安全登山、山岳観光の活性化を祈念して行われます。開山関係者と山岳愛好者によるセレモニーや献花、芦安中学生による山の歌、合唱などがあります。クライマックスは百年前のいでたちの案内人による「蔓払い」がとり行われます。
 山々の神に開山の祈願を申し述べた後、勇壮な夜叉神太鼓演奏の中、振り下ろされる斧が束ねた蔓を切り開きます。従者により払われた蔓の門を参加者や登山者が通り抜けて安全を願う祭りです。
 
日 時平成29年6月24日(土)午前10時~
場 所]広河原インフォメーションセンター
 
 なお、広河原までの南アルプス林道はマイカー規制により一般車は通行できません。南アルプス市営駐車場を利用し、山梨交通バス・乗合タクシーでお越しください。
 
お問い合せ
南アルプス市観光商工課 TEL055-282-6294

【山岳関連ニュース】

レンゲツツジ生育不良 韮崎・甘利山

201706153

 韮崎市の甘利山で、例年6月初旬から見頃を迎えるレンゲツツジが生育不良になっている。通常は満開になる時季を迎えたが、今年は例年の約3割しか開花せず、枯れたものもある。降水量が少ないことや、春から気温の低い日が続いたことなどが原因とみられる。開花シーズンには県内外から多くのハイカーやカメラマンが訪れる場所だけに、関係者から落胆の声が出ている。
 
 甘利山の自然保護に取り組むNPO法人甘利山倶楽部(清水一理事長)によると6月14日現在、総数約15万株のうち、半分近くがつぼみを付けていないか、つぼみを付けたまま枯れた状態。少なくとも枯れた個体は、今季の開花は見通せないという。

 甲府地方気象台によると、1月1日から6月13日までの韮崎市の降水量は248・5ミリで、平年の60%という。同気象台担当者は「雨の量が著しく少ない」と指摘する。

 また、同倶楽部によると、レンゲツツジがつぼみを膨らませる5月を中心に、甘利山山頂付近で気温が低い日が続いたという。4月以降、例年は「めったにない」(同倶楽部担当者)という氷点下の日があり、5月中にも霜が複数回降りたという。

 同倶楽部は2002年に発足。寒波やシカの食害などによって生育数を減らしたレンゲツツジの保護活動をしてきた。今季枯れてしまったレンゲツツジは、地表近くで根を残して切ったり、部分的に枯れている枝を切り落としたりすると新芽が出て再生する場合があるといい、対策を検討している。

 小林美珠事務局長は「ここまでの被害は、04年の大寒波以来。時間はかかると思うが、県森林総合研究所と相談するなどして対策し、何とか復活させたい」と話している。
 
(写真)レンゲツツジの見頃の時季だが、花が少ない山腹

【山梨日日新聞 6月15日掲載】

【山岳関連ニュース】

南甘利山を散策 南アルプス市教委が教室

201706151_2

 南アルプス市教委は、市内の南甘利山で、春の自然観察教室を開いた=写真。

 市民約30人が参加。山の中腹にある大笹池や、サクラソウ科の一種で山あいの湿地などに自生するクリンソウの群生地を約5時間かけて巡った。南甘利山付近の登山道の整備などに取り組むボランティアグループ「山友会」のメンバーがガイドを務めた。

 市教委は新緑と紅葉の時季に同会の協力を得て、観察教室を開いている。

【山梨日日新聞 6月15日掲載】

【山岳館便り】

ライチョウ活写80点 芦安山岳館で写真展

201706111_2

 「雷鳥写真家」の高橋広平さん(39)=長野県安曇野市=と、南アルプス市職員の広瀬和弘さん(51)=同市十五所=による写真展「雷鳥 小さな愛おしい命」(南アルプス市、山梨日日新聞社、山梨放送主催)が10日、同市芦安山岳館で始まった。

 高橋さんは北アルプス、広瀬さんは南アルプスでそれぞれ撮影。雪の上を歩く姿を写した「DAIFUKU」や、7月の南アルプスで親子のライチョウを捉えた「待望のヒナ」など、四季折々のライチョウの姿を収めた約80点が並んでいる。

 この日はオープニングセレモニーが行われ、塩沢久仙館長ら約120人が出席。高橋さんは「ライチョウは人がなかなか行けないところに生息している。作品展をきっかけに好きになってもらいたい」とあいさつ。広瀬さんは「優しい表情を一人でも多くの人に見てもらい、保護につなげたい」と話した。

 10月24日まで。入館料は大人(中学生以上)500円。小人250円。午前9時~午後5時。水曜休館(7月16日~8月31日は無休)。問い合わせは同館、電話055(288)2125。
 
(写真)作品を眺める高橋広平さん(左)と広瀬和弘さん=南アルプス市芦安山岳館

【山梨日日新聞 6月11日掲載】

【山岳関連ニュース】

星観荘(富士山6合目)ISO取得 山小屋で初

201706082

 富士山6合目の山小屋「里見平★星観荘」(井上曻さん経営)は、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証を取得した。国内の山小屋では初めて。山小屋から出るごみや灰、排水の処理手順、宿泊客対応などをマニュアルに定め、作業記録を残し、従業員に徹底する。国際的に知名度のある認証取得で、国内外から訪れる登山客に環境保全に取り組む姿勢をPRする。
 
 富士山が世界文化遺産に登録され、国内外の観光客が増える中、環境保全に取り組む姿勢をより明確に打ち出そうと、昨秋から認証取得に向けた整備を進めてきた。

 今年5月に受けた審査では、全てのごみを麓に降ろす体制や調理場、トイレの排水浄化システムが整っているか、発電に使う軽油が適切に管理されているか、従業員教育の仕組み、災害訓練の実施状況などについて問われ、全てクリアしたという。

 今後の事業計画では、発電機の軽油使用量を毎年1%削減する目標を掲げた。今夏から1日1~2時間発電機を停止させ、環境負荷の軽減に取り組む。

 日本適合性認定協会(東京)によると、国内でISO14001を取得した山小屋は初めてという。井上さんは「認証取得は従業員のさらなる意識向上につながる。環境負荷軽減の取り組みを継続し、富士山の環境保全と登山客の満足度向上につなげたい」と話している。
 
(写真)登録証と事業報告書を手にする山小屋「里見平★星観荘」のオーナー井上曻さん(右)と妻の光江さん=富士吉田市上吉田
 

【山梨日日新聞 6月8日掲載】

【山岳関連ニュース】

トレイルラン、2142人健脚競う 忍野

 未舗装の山道を走る「第8回富士忍野高原トレイルレース」(同実行委主催)が4日、忍野中を発着点に開かれ、県内外から集まった2142人が健脚を競った。

 コースは、山梨百名山の杓子山や二十曲峠の稜線などを走るコースで、距離ごとにロング(約36キロ)、ミドル(約25キロ)、ショート(約14キロ)の3種類。参加者は、富士山を一望できる標高934~1645メートルの山道を、男女計6部門に分かれて走った。

【山梨日日新聞 6月5日掲載】

【山岳関連ニュース】

美し森に苗木植樹 ツツジ群落再生へ

201706042

 第70回清里高原つつじ祭り(同祭り70周年記念事業実行委主催)が3日、北杜・美し森などで開かれた。今年は70周年を記念し、美し森頂上付近にツツジの苗木を植樹した。

 植樹は樹勢が衰えているツツジ群落を再生しようと企画。多くの家族連れなどが参加し、約300本の苗木を植えた=写真。家族と訪れた北杜・泉小2年の萩原裕大君は「また見に来たい。木が大きく育ってきれいな花を咲かせてほしい」と話した。

 同所で記念式典を行い、後藤斎知事や渡辺英子市長らが出席。浅川力三実行委員長が「美し森は八ケ岳観光の原点。これからも地域で守り、育てて未来につなげたい」とあいさつした。

 このほか、清里の森芝生広場では、参加者に鹿肉の串焼きやほうとうを提供。祭りの歴史や美し森に咲くツツジの写真などを掲載した記念誌を配った。

【山梨日日新聞 6月4日掲載】