芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

冬山規制改めて訴え 登山届、実効性に疑問

 10月20日から富士山、八ケ岳、南アルプスの3区域を対象に登山計画書(登山届)の提出が努力義務になったことを巡り、富士吉田市の堀内茂市長は8日の会見で、「罰則がなければ実効性はない。冬山登山を禁止すべきだ」との見解を示した。

 遭難事故の続発を受け、県は登山者の安全確保につなげるため、登山届の提出を努力義務とした。来年の厳冬期(12~翌3月)に登山する場合は、登山届の提出を義務付けているが、罰則規定は設けていない。

 会見で堀内市長は「罰則がなければ提出する登山者は少ないのではないか」と指摘。富士山は夏山シーズンの終了後には県道(吉田口登山道)が閉鎖されている現状にも言及し、「登ってはいけないと言っておきながら登山届を出せと言っていて、矛盾している。希望としては冬山登山を禁止にしてもらいたい」と述べた。

【山梨日日新聞 11月9日掲載】

【山岳関連ニュース】

山歩き冊子、第2弾 都留市が2ルート追加

401_p22_

 都留市と富士急行は、市内のハイキングコースを紹介する冊子「都留ハイキングBOOK2018」を作った。昨年発行した冊子の第2弾で、新たにトレッキングコースを2コース加えた。

 A4判二つ折りで18ページ。第1弾で紹介した高川山と二十六夜山の2コースをはじめ、九鬼山の登山コースと市内の登山愛好家らが整備して「都留アルプス」と名付けたコースの計4コースを掲載している。

 市職員が登山道を巡り、水路橋や展望台などの見どころを写真と文章で紹介。地図に道順と所要時間を載せている。「寄り道スポット」として、市内の温泉施設や「道の駅つる」などの観光地も掲載している。

 冊子は6万部を発行。市役所や富士急行線の各駅などで無料配布している。市産業課の担当者は「山歩きを通じて、市内の自然を楽しんでほしい」と話している。

 【写真】都留市内のハイキングコースを紹介する冊子

【山梨日日新聞 11月8日掲載】

【山岳関連ニュース】

「甲州アルプス」駆け巡る

P19_

 甲州・大菩薩峠周辺の山林を駆け巡る山岳耐久レース「甲州アルプスオートルートチャレンジ」(同実行委主催)が4日、甲州市内で開かれた。県内外からランナーが訪れ、紅葉の山を楽しみながら、起伏に富んだ国内屈指の難コースに挑んだ。

 大菩薩峠周辺の山を「甲州アルプス」と名付け、登山者を呼び込もうと昨年から開催。甲州市観光大使でプロ山岳アスリートの小川壮太さんが実行委員長を務め、県内外のトレイルランナーと里山や古道の整備を進めてきた。

 同市塩山小屋敷の塩山ふれあいの森総合公園を発着点に、全長67キロ、同50キロ、同28キロの3コースを用意。上日川峠や湯ノ沢峠などを巡る最も長い「オートルート(高い道)」は、標高差最大約1500メートル、制限時間15時間で、ルートの見直しで初年度より山道の割合が増えた。トレイルラン愛好家ら600人が熊よけの鈴などを身に付けて出発した。

 市内の一部の温泉でゼッケンを見せると、入浴料が割引になるなどのサービスも実施。会場ではほうとうの販売も行われ、ゴールしたランナーが舌鼓を打っていた。

 【写真】一斉にスタートするランナー=甲州市塩山小屋敷

【山梨日日新聞 11月5日掲載】

【山岳関連ニュース】

土産コンテストやバードコール作り

南アで紅葉祭

P21_

 南アルプス市は3日、同市上市之瀬のエコパ伊奈ケ湖で、紅葉祭を開いた=写真

 メイン企画として市産果物のピューレを使った土産のコンテスト「P-1グランプリ」を実施。来場者は市内のカフェなどが手掛けたオリジナル商品を試食し、お気に入りの一品に投票していた。

 会場では、鳥の鳴き声に似た音が出せる「バードコール」作りのほか、音楽ステージ、キャラクターショーなどを展開。南伊奈ケ湖ではカヌーを楽しむ催しもあり、訪れた人は紅葉とともに楽しんでいた。

【山梨日日新聞 11月4日掲載】

【山岳関連ニュース】

県山岳連がカレンダー

富士山や甲斐駒、絵画作品掲載

450_p24_

 県山岳連盟(秋山教之会長)は、2019年のオリジナルカレンダーを作成した。富士山や甲斐駒ケ岳、茅ケ岳などを描いた絵画作品が掲載されている。

 絵画は守山茂さんや武井清さん、遠山若枝さんなど県内在住作家の油彩画「赤富士」「初夏の甲斐駒」など。富士山や甲斐駒ケ岳の平年の初冠雪日、月ごとの日の出と日の入りの時刻(甲府市)などの情報も紹介している。

 A2判で7枚つづり。希望者には郵送で販売する(送料・手数料込みで1部2千円)。郵便振替で口座番号00210-7-85649、口座名「笛吹山岳会」に払い込む。

 問い合わせは小沢利一さん、電話090(1997)9038。

 【写真】県山岳連盟が作成した2019年のカレンダー

【山梨日日新聞 11月3日掲載】

【山岳館便り】

南アルプス林道冬期閉鎖のお知らせ

A_5

 南アルプスの高山はもう雪が降り、山頂は白く雪化粧しています。シーズンがいよいよ終わりに近づいてきました。

 南アルプス林道の通行は11月4日(日)までとなります。バス、タクシー、市営バスの運行も4日(日)までです。各山小屋の営業日、宿泊等詳しくは直接各山小屋にお問い合わせください。
 
 芦安~広河原~北沢峠まで白鳳渓谷では紅葉真っ盛りで今が最高です。4日までお天気が続く予報です。きれいな青空に紅葉、登山する方もしない方もバスの車窓からどうぞ!

 広河原に降り立ったら北岳の雄姿をご覧ください。

 

山梨県民の日 入館無料

 11月20日は、山梨県民の日です。当日、南アルプス芦安山岳館は入館無料になります。

 現在、企画展示「南アルプス 白籏史朗の世界と白い峰写真展」を好評開催中です。
 
 この機会にぜひ、芦安山岳館にお越しください。お待ちしています。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

瀬戸千段の滝 紅葉ツアー

 南アルプスは今まさに紅葉真っ盛りで見頃になりました。芦安山岳館周辺もきれいに色づいています。

 『瀬戸千段の滝』(芦安地区 瀬戸(せど)大橋のふもと)長い間、整備がされず荒れていましたがNPO法人芦安ファンクラブが中心となり有志ボランティアの方々と今年8月から整備を始めました。この度、完成してきれいになり安全に散策できるようになりました。
 
 整備完成を記念して「瀬戸千段の滝 紅葉ツアー」を開催します。

 芦安地区内の散策と歴史など芦安ファンクラブのガイドの話を聞きながら、10月に完成した遊歩道を歩きながら紅葉と滝を一緒に楽しみませんか。
 
日 時]平成30年11月17日(土)9時30分集合 10時~12時
集 合]瀬戸千段の滝入り口駐車スペース
定 員]20人(小学生以上:小学生参加は保護者同伴)
     雨天時は中止となります。
締 切]11月15日(木)
 
 詳しいお問い合せ・お申し込みは、
 NPO法人芦安ファンクラブのホームページを確認の上、FAXかメールでご応募お願いします。
 
 皆さんの参加お申込みお待ちしています。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから