芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳館便り】

第45回登山教室 栗沢山、仙丈ヶ岳へ

 9月30日~10月1日に芦安ファンクラブ、芦安山岳館共催で今年度最後の第45回登山教室が行われました。

 お天気にも恵まれ、登山経験長い方、短い方、山小屋泊り初体験の方などが芦安ファンクラブのガイドと共にきれいに色づいた紅葉、黄葉の中を「栗沢山」「仙丈ヶ岳」コースに分かれ登山しました。そして全員揃って山頂に立ちました。栗沢山山頂からは甲斐駒ケ岳の迫りくる雄姿が、仙丈ヶ岳山頂からの絶景は、標高No.1~3「富士山」「北岳」「間ノ岳」が展望でき最高でした。参加のみなさんお疲れ様でした。

 恒例の山小屋での座学、ガイドが講師になり南アルプスの山についての講座も行なわれました。

 来年度も南アルプス登山教室の企画をします。みなさんもご参加ください。

Photo

栗沢山山頂

Photo_2

仙丈ヶ岳山頂

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

八ヶ岳南麓で280人健脚競う

P21

 八ケ岳南麓の山林や道路を走る「八ケ岳トラバース ロード&トレイルランニングレース2017」(北杜市観光協会、同実行委員会主催)が8日、同市大泉町西井出のサンメドウズ清里ハイランドパークを発着点に開かれた=写真。

 約280人が参加。八ケ岳横断道や山林を走り、天女山を経由して戻る15キロと、さらに観音平を巡って戻る35キロの2コースで健脚を競った。

 コースは、北杜高教諭で日本を代表するトレイルランナーの山本健一さん(37)が監修し、昨年リニューアルした。山本さんはスタート前、「大変だとは思うが、参加した皆さん全員がゴールできるよう願っています」と出場者を激励した。

【山梨日日新聞 10月9日掲載】

【山岳関連ニュース】

ろう者登山家「夢へ挑戦を」

 大月市で不登校生徒を支援するフリースクール「オンリーワン」(井上弥生主宰)は7日、市総合福祉センターで、ろう者登山家の田村聡さん(52)を招いて講演会を開いた。

 田村さんは東京都立川市在住で、生まれつき聴力がほとんどないという。2016年5月、3回目の挑戦で世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂を果たした。

 講演会には地域住民ら約100人が参加。田村さんは手話を使い、目標を達成するために「夢を諦めずに挑戦し続けることが大切だ」などと呼び掛けた。中学1年生の時に初めての登山で山梨市の西沢渓谷を訪れたことで「自然の素晴らしさと登山の魅力を知った」と説明した。

【山梨日日新聞 10月8日掲載】

【山岳関連ニュース】

山岳事故の対処学ぼう 広河原で講習会

 南アルプスの山岳遭難防止に向けて活動する「大久保基金の会」(清水准一会長)などは14日、南アルプス市の広河原山荘で、山岳事故に遭遇した場合の初期対応の講習会を開く。通報のポイントや登山用具を使った救護者搬送の方法などを紹介する。

 同会は県警などに協力して山岳事故の救助活動に当たっていて、初期対応の大切さを伝えるとともに、山での事故防止の意識を高めてもらおうと企画した。

 「山のファーストエイドin南アルプス広河原」と題して開催し、講師は長年、南アルプスで救助活動に携わっている清水会長が担当する。山で要救護者を見つけた場合の通報方法や通報先に知らせる内容を説明。ザックなどを使って要救護者を背負って搬送する方法も紹介する予定。

 同会の担当者は「山の安全を守る意識を持った人が増えればうれしい。気軽に参加してもらいたい」と話している。

 午前9時から夕方にかけて開く。参加料は昼食代を含み3千円。事前の申し込みが必要。問い合わせ、申し込みは広河原山荘、電話090(2677)0828。

【山梨日日新聞 10月3日掲載】

【山岳関連ニュース】

山林に植樹した苗を保護、約80人が下草刈り 小菅村

20171001

 日本たばこ産業(JT、東京都港区)と小菅村、北都留森林組合などは30日、「JTの森 小菅」と名付けた村有林で整備活動と自然環境を学ぶ活動をした。

 JTの社員や家族、村職員、森林組合員ら約80人が参加。山林に植樹したケヤキなどの苗やシカの食害から守るために設けた防護ネットの周囲に生えた下草を、約2時間かけて刈った=写真。

 その後、山林で採れたナラタケなどを使った「小菅汁」や手作りしたバームクーヘンを味わった。また森林組合の担当者から「木材生産と環境保全のバランスが保たれた持続可能な森づくりが大切」と森林保護に関する解説もあった。

【山梨日日新聞 10月1日掲載】

【山岳関連ニュース】

獣害対策を強化 南ア・中野自治会

 南アルプス市中野の中野自治会(金丸栄三自治会長)の有志らは本年度、地区内の獣害対策を強化している。シカと車がぶつかる事故があったり、農作物が荒らされたりしていることから、被害をなくすのが狙い。わなでシカやイノシシを捕まえる班を組織したほか、10月1日には自治会メンバーや地元猟友会員ら約70人が参加して追い払い作戦を行う。

 中野地区は、市役所などがある市中心部西側の山あいに位置している中山間地。住宅地と山林の境界付近には約3・5キロにわたって高さ約2メートルの電柵が設置されているが、設置から20年以上が経過していて、動物が地区内に入り込むほころびなどがあるという。

 本年度の調査では、約10頭のシカやイノシシが地区内に入り込んでいると推測される。田んぼが荒らされ、果物の樹木がかじられる被害が出ているほか、今年5月には住宅地で自動車とシカがぶつかる事故があり、車が破損した。

 自治会は7月に住民有志12人で捕獲班を結成。市内の猟友会のメンバーが、電柵付近などに仕掛けたわなを有志で見回るなどしてシカなどの捕獲を始めている。

 動物が地区内の雑木や草が生い茂っている荒廃地にいるとみられることから、10月1日は午前8時から追い払い作戦を行う。大きな音が出る動物駆逐用煙火やたたいて音を出せる物を使い、地区の標高の低い場所から山林方向へ動物を追いやる。銃を持った猟友会メンバーも協力し、実施場所につながる道路付近には人員を配置して安全を確保する。

 金丸自治会長は「動物との事故で人が命を落とすことも考えられる。対策を強化して暮らしやすい地域にしたい」と話している。

【山梨日日新聞 9月30日掲載】

【山岳館便り】

ネイチャーガイド育成セミナー

 登山・カヌー・史跡のセミナー、南アルプス市の壮大な自然体験・歴史・文化を伝えられるスキルを身につけ、南アルプス市の自然案内人になりませんか?
 ネイチャーガイド育成セミナーが行なわれます。

「ネイチャーガイド」とは自然散策ツアーのガイドとして参加者の安全を守り、南アルプス周辺の自然やそこに生息する動植物の様子を紹介する案内人。

1  
 全10回セミナーの一部をご紹介します。
 
10月17日(火):■開講式 ■南アルプスユネスコエコパークにおけるネイチャーガイドのあり方と役割
10月22日(日):伊奈ケ湖カヌー研修
10日28日(土):登山ガイド講習会(1) 現地講習―登山技術など

定 員] 15名
受付期間] 10月2日(月)~10月10日(火)

ぜひお申し込み、ご参加ください。

<お申し込み>
南アルプス市観光商工課 FAX 055-282-6279
申し込みは、FAX・郵送または観光商工課へご持参ください。
詳しくはチラシ(申込書)をダウンロード してください。

Natureguide2

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから