芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

自転車の愛好家が南ア山麓を巡る

P_

 富士川町のNPO法人やまなしサイクルプロジェクト(青木茂樹理事長)は18、19の両日、自転車で南アルプス山麓を巡る「南アルプスロングライド2017」を開いている。

 18日は同町青柳町の道の駅富士川を発着点に南アルプス、韮崎、北杜の3市を巡る約80キロの「白州・韮崎ステージ」、南アルプス市を巡る約35キロの「プチ・南アルプスステージ」を行い、県内外から約320人が参加した。

 ゴールや休憩ポイントでは、同町の郷土料理「みみ」などが振る舞われ、参加者は地元の食を楽しんだ。

 19日は峡南方面を巡る「ツール・ド・富士川ステージ」(約108キロ)が予定されていて、約500人がエントリーしている。

 【写真】スタートする参加者=富士川町青柳町

【山梨日日新聞 11月19日掲載】

【山岳関連ニュース】

四季折々の富士山 カレンダーに凝縮

サンニチ印刷 卓上用も作製

P07__2

 サンニチ印刷(甲府市宮原町)は、山梨、静岡、長野から眺める四季の富士山の写真を載せた2018年のカレンダー「FUJISAN」を作製した。

 沿道に桜が咲く新名庄川と富士山を収めた一枚や、山中湖村から臨む冠雪した富士山の画像などを使用。長野・諏訪湖と富士山を収めた写真や、静岡県富士宮市のキャンプ施設「ふもとっぱら」から逆さ富士を捉えた画像なども掲載し、四季折々の富士山の表情が楽しめる。

 カレンダーと合わせ、連続撮影した写真を高速再生して動画のように見せる「タイムラプス」と呼ばれる映像や、市川三郷・神明の花火大会を撮影した動画も紹介。いずれもカレンダーにあるQRコードを読み込んでアクセスする。

 カレンダーは14枚のオールカラー。A2判の壁掛け用(1500円)と、縦約15センチ、横約20センチの卓上用(千円)がある。卓上用の作製は初めて。

 柳正堂書店の全店、朗月堂書店、甲府・山日YBS本社2階の「D&DEPARTMENT(ディーアンドデパートメント)山梨店」、富士河口湖・河口湖自然生活館、富士川・道の駅富士川のほか、インターネット通販サイト「アマゾン」からも購入できる。

 サンニチ印刷は希望者20人に、壁掛け用のカレンダーをプレゼントする。はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、郵便番号400-0058、甲府市宮原町608の1、サンニチ印刷カレンダー係に郵送する。12月15日の消印有効。

 申し込み多数の場合は抽選し、発送をもって発表とする。

 【写真】2018年のカレンダー「FUJISAN」(壁掛け用)

【山梨日日新聞 11月17日掲載】

【山岳館便り】

南アルプスの山々も真っ白く

Photo

北岳 広河原より

 11月になりここ数日で南アルプスの山々は雪が降り山頂付近はすっかり真っ白くなりました。紅葉も終わり山はすっかり冬の景色です。芦安山岳館周辺では風が吹けば落ち葉が舞い上がり、早朝には霜が降りて濡れています。そんな落ち葉が林道脇を彩っています。

 葉が落ちた木々は「バードウォッチング」に最適です。お天気のいい日に夜叉神峠までの登山道沿いで耳を澄ませゆっくり歩いてみてはいかがですか。心と身体をリフレッシュ!きっと鳥たちが迎えてくれます。そして、峠からは雪をかぶった白峰三山を堪能してください。

 これから冬山登山する方は、しっかり登山計画をたて、冬山装備もしっかりして慎重な行動で安全登山を楽しんでください。

 *各山小屋は小屋閉めが終わっていますので注意してください。

 *南アルプス林道 夜叉神峠登山口~北沢峠は11月6日より来年6月下旬まで通行止めです。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳関連ニュース】

三ツ峠を山岳遺産認定 日本基金、住民保全活動に評価

 「日本山岳遺産基金」は、都留、西桂、富士河口湖の3市町にまたがる三ツ峠(1785メートル)を日本山岳遺産に認定した。県内での認定は小金沢シオジの森(大月市)などに続き4例目。地域住民らが取り組んでいるアツモリソウ保護の活動実績などが評価された。

 基金は2010年、出版社「山と渓谷社」(東京都)の創業80周年記念事業の一環で設立した。地域住民らが環境保全に主体的に取り組んでいる山岳エリアを遺産認定地とし、団体に助成金を交付している。

 三ツ峠では、有志でつくる「三ツ峠ネットワーク」(中村光吉代表)が中心となって保全活動をしている。絶滅の恐れがある希少植物のアツモリソウをシカの食害や盗掘から守るため、監視や防護柵の設置などの活動を続けていることが評価された。

 中村代表は「多くの人の熱意と支えが遺産認定に結びついた。今後も保全活動に尽力し、後世に素晴らしい自然環境を残していきたい」と話していた。

【山梨日日新聞 11月15日掲載】

【山岳関連ニュース】

秋の山、遭難続発 県内

落ち葉で滑り転倒も

 山梨県内の山で11~13日、登山者が転倒したり、体調不良を訴えたりして救助を求める遭難事故が続発、男女4人が重軽傷を負った。男性2人の遺体も発見された。滑落したとみられる。紅葉見物やキノコ狩り、写真撮影の目的で入山し、落ち葉に足を取られたり、道に迷ったりしたケースも目立つ。秋の行楽期で週末を中心に多くの登山者が山に入っているとみられ、県警が入念な登山計画を立てた上で慎重な行動を呼び掛けている。

 県警地域課によると、晩秋期の登山道は落ち葉で覆われ、足元が見えにくく、滑りやすい状態という。同課の細田茂樹次席は「日没も早まり、寒暖差も大きくなる。慎重な登山計画と十分な装備品を心がけてほしい」と話している。

【山梨日日新聞 11月14日掲載】

【山岳関連ニュース】

都留アルプス、遊歩道に道標 都留市

登山愛好家らが再整備

201711091

 都留市内の登山愛好家が市内の山々を「都留アルプス」と名付け、尾根伝いで進めてきた遊歩道の整備が完了した。遊歩道に看板や道標を設置。今後は登山客を市内に呼び込むため、ハイキングイベントを開催する。

 市内は東西に標高500~700メートルの山が連なり、かつては尾根伝いに遊歩道があったが、倒木などで荒れていた。都留アルプスの計画は昨年8月、市内の登山愛好家らでつくる「クレイン山の会」メンバーが、市民や観光客に市内での登山を楽しんでもらいたいと発案。同会の分会として「都留アルプス会」(内野一洋会長)を結成し、遊歩道の再整備に取り組んできた。

 遊歩道は、同市下谷1丁目の谷村発電所から入山し、白木山や長安寺山を経由して、同市鹿留の住吉神社から下山する約8キロのルート。同会メンバーがルート上の倒木を撤去し、空き缶やペットボトルなどのごみ拾いをした。市内を一望できる場所では景観を妨げていた老木を伐採し、崩れていた階段も造り直した。

 9月上旬の作業には同会メンバーと市職員約30人が参加。富士急行線都留市駅や東桂駅、遊歩道沿いの分岐点など約50カ所に史跡の名前や方面を示した高さ約1メートルの看板と道標を立て、再整備を完了させた。

 同会は遊歩道の地図や山の名前を載せたマップを製作。「都留アルプス」の周知活動に取り組んでいて、11月26日には初めてのハイキングイベントを開く。

 内野会長は「都留アルプスの名前を定着させたい。景観が良く手軽に登山を楽しめるスポットとして親しまれるとうれしい」と話している。

【山梨日日新聞 11月9日掲載】

【山岳関連ニュース】

杓子山めざし163人健脚競う

富士吉田で大会

P_201711061

 富士吉田杓子山パノラマトレイルラン(同実行委主催)が5日、富士吉田市大明見地区で開かれた=写真

 男子一般(45歳以下)と男子壮年、女子の3部門に県内外から163人が出場。大明見小室浅間神社を出発し、杓子山山頂に向かう約8キロのコースで、標高差は約835メートルあり、出場者は富士山や山中湖などの眺望を楽しみながら駆け上がった。