南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【ふるさとニュース】

切子奉納、幻想的に 南ア・沢登六角堂で祭典

A202110161

 南アルプス市沢登地区の伝統行事「沢登六角堂切子祭典」が13日に開かれ、精巧な切り紙細工「切子」が堂内に奉納された。人気アニメのキャラクターなどを描いた多彩な作品が目を引いている。
 切子は、和紙を重ねて「つきのみ」と呼ばれる刃物で図柄や模様を彫った紙細工で、同地区には300年以上前から伝わるという。地元住民でつくる「沢登切子保存会」は、毎年4~9月に講習会を開くなど伝統技術の継承に努めている。
 祭典は新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小して実施。神事を行い、保存会のメンバーや地元の豊小の児童、巨摩高の生徒らが制作した70点を奉納した。神仏や動物のほか、人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターなど多彩な作品が堂内の明かりで浮かび上がり、幻想的な雰囲気を醸し出している。
 展示した切子は、護符として各家庭に配布する。会長は「数多くの作品が出品されてよかった。今後も切子の振興に努めたい」と話している。

(写真)沢登六角堂内で行われた神事=南アルプス市沢登

【山梨日日新聞 10月16日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫