南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【ふるさとニュース】

感謝と涼 青い本で 南アルプスの図書館で特集コーナー

A202007171

 南アルプス市立中央図書館は、表紙が青い本を集めた特集コーナーを設けている。新型コロナウイルスの対応に追われる医療従事者に感謝を示しつつ、本格的な夏を前に清涼感も演出している。
 「Blue Books 医療に携わる方々へ、最前線で奮闘ありがとう!」と題して設置。コロナと闘う医療従事者を応援するため、国内外で広がった青色のライトアップにならい、表紙が青い本を集めた。水族館や海の写真集のほか、税法の解説書、エッセー集など約60冊が並び、本棚を青く染めている。
 同図書館は毎月、お薦めの本のコーナーを設けていて、通常は季節に合わせたテーマで特集しているが、今回は趣向を変えた。図書館の担当者は「青い本がこれだけ並ぶと統一感があり、パワーももらえると思う。本を使った感謝の形もあると改めて感じた」と話している。

(写真)青い本が並ぶ南アルプス市立中央図書館の本棚

【山梨日日新聞 7月17日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫