南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【ふるさとニュース】

輪かんじき作り継承へ  南アNPO 作り手絶え証言から再現  体験講座で周知も

Photo_5   南アルプス市のNPO法人芦安ファンクラブ(花岡利幸会長)は、雪上を歩く道具「輪かんじき」作りに取り組んでいる。かつて同市芦安地区で盛んに作られたが、今は作り手がいない。技術を後世に残そうと、作り方を知る人の証言などを基に再現を試みていて、体験講座などを通じて広めていく考えだ。

 NPO法人によると、芦安地区の輪かんじきは、ヒノキの枝を煮て曲げた木の輪に、ミズナラで作った歯を取り付ける。険しい雪道も登れるため、富山県の芦峅寺地区と並び、全国的に有名な生産地だった。年間200~300個を都内の運動具店などに出荷していたこともあるという。 しかし、昭和40年代以降、アルミ製の輪かんじきや外国製のスノーシューが普及すると生産者も減少。今では輪かんじき作りをなりわいとする人もいなくなった。

 NPO法人は、輪かんじき作りを見たことのある人の証言やかつて作られた輪かんじきを基に再現しようとしている。今年3月には、材料となるヒノキの枝を集め、かんじき用に曲げる作業を行った。14日には、南アルプス市芦安山岳館で、これまでに作った材料を実際に組み立てる体験講座を開く。

 まだ作り方の全容は分かっていないが、試行錯誤しながら完成度の高いかんじきを目指している。NPO法人は「技術を確立したところで、マニュアルなどを作り、後世に残したい」と話している。

 体験講座は誰でも参加可能で定員は10人。材料費として2千円が必要。問い合わせ、申し込みは同館、電話055(288)2125。

(写真) ヒノキやミズナラで作った芦安地区の輪かんじき=南アルプス市芦安芦倉  

【山梨日日新聞 12月12日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫