南アルプス市ふるさとメールのお申し込みはこちら

南アルプス市は、山梨日日新聞社とタイアップして「南アルプス市ふるさとメール」を発信しています。ふるさとの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された市に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプス市ホームページへ

プロフィール

 山梨県の西側、南アルプス山麓に位置する八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町の4町2村が、2003(平成15)年4月1日に合併して南アルプス市となりました。市の名前の由来となった南アルプスは、日本第2位の高峰である北岳をはじめ、間ノ岳、農鳥岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳など3000メートル級の山々が連ります。そのふもとをながれる御勅使川、滝沢川、坪川の3つの水系沿いに市街地が広がっています。サクランボ、桃、スモモ、ぶどう、なし、柿、キウイフルーツ、リンゴといった果樹栽培など、これまでこの地に根づいてきた豊かな風土は、そのまま南アルプス市を印象づけるもうひとつの顔となっています。

お知らせ

南アルプス市ふるさとメール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/minamialps/

【季節の便り】

南アルプスのクリスマス

A

 もうすぐクリスマス、各地でイルミネーションがきれいに輝いています。
 なんとなく、今年の終わりを告げているようにも感じます。
 南アルプスの山々はすっかり雪に覆われました。
 12月15日、南アルプスコットン倶楽部によるクリスマスリースづくりが湯沢公園(甲西地区)で開催されました。
 リースの材料である綿花は、同倶楽部が参加者とともに地元の畑に植え付け、収穫したものです。参加者は思い思いに飾りをつけて、かわいいオリジナルリースができました。
 湯沢公園にもクリスマスの飾りつけを行いました。
 すてきなサンタさんが来るといいですね。

芦安のどんど焼きと史跡めぐり

A_3A_4

 小正月に行われる道祖神祭り「どんど焼き」は、無病息災を願う伝統行事です。
 市観光協会は、どんど焼きに参加し田舎のお正月を体験してもらおうとツアーを企画しました。
 どんど焼きでは、青竹、藁(わら)、スギ、ヒノキの枝などでやぐらを組み、正月飾り、書き初めなどを一緒に燃やします。
米粉で作ったおだんご(まゆ玉)をいくつも枝にさしたものも、この火であぶります。
 ツアーではまゆ玉作りから体験し、どんど焼きに参加します。
その後は芦安温泉に宿泊して、翌日は芦安地区の史跡めぐりをします。
 1年の無病息災を祈願するとともに、田舎のお正月行事に参加してみてはいかがでしょうか。
 書初めやテストの答案などをお持ちください。火の粉が上がれば、成績や技術が向上すると言われています。

日 時] 平成26年14日~15日(雨天決行)
申込締切]平成25年12月27日
詳しくは、こちら

[南アルプス市役所 秘書課]

 

 

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫