芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳館便り

【山岳館便り】

広河原山荘看板

A_8

(写真)旧広河原山荘看板

 先日の3連休は夜叉神峠のライブ映像に大勢の登山者が映り込んでいました。
夜叉神峠に登った人、鳳凰三山から下りてきた人は、雲一つなく青空に浮かぶ白根三山に足を止めていました。
 南アルプス北岳などの登山口にある山小屋『広河原山荘』は、2021年10月末に建て替え工事が終わりました。新山荘は広河原バス停、インフォメーションセンターに隣接しています。収容人数を増やし、設備も充実した山小屋になりました。

 旧広河原山荘は昭和60年開荘で建設から36年が経ちました。昨年11月3日が営業最終日となり長い歴史に幕を閉じました。その最終日には閉荘式が執り行われ、看板が下ろされました。
 その看板は現在、芦安山岳館館内にて展示しています。山荘の歩みなどといっしょに。
これまでに利用したことのある登山者もその時の山行を思い出しながら懐かしく見ていただけると思います。

 今年6月15日から新広河原山荘は営業開始します。新たな歴史の1ページを刻みます。

A_9

(写真)新広河原山荘

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

新年あけましておめでとうございます

Photo

 昨年も多くの皆さまに芦安山岳館ホームページ「南アルプスNET」「Facebook」をご覧いただきましてありがとうございました。
 2022年、良い年をお迎えのことと思います。
これからも南アルプスの山情報、季節や地域のイベントなど、さまざまな情報を発信していきます。登山、観光の参考にしていただけたらと思います。
どうぞお楽しみに!!

コロナウイルスの終息と
皆様にとって新しい年が良い1年になりますよう願っております。

芦安山岳館は 令和4年は1月4日(火)より通常開館します。

企画展「星空見上げて誰想う」を令和4年3月8日(火)まで開催しています。ぜひ、お越しください。お待ちしています。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

南アルプス山小屋情報

Photo

 南アルプスの山々は、すっかり冬の景色で山頂付近は積雪で真っ白になっています。令和3年も残すところ半月になりました。年末・年越し登山を計画している方もいることでしょう。

年末年始営業の山小屋
・甲斐駒ケ岳七丈小屋(通年営業):要予約

令和3年度休業する山小屋
・薬師岳小屋 ・南御室小屋(テント場のみ利用可) ・鳳凰小屋
・北沢峠こもれび山荘 ・夜叉神峠小屋 ・夜叉神ヒュッテ

*例年、営業している山小屋が今年は休業するところが多いようです。

冬季避難小屋として利用できる山小屋(管理人不在)
・北岳山荘 ・白根御池小屋 ・広河原山荘 ・長衛小屋 ・仙丈小屋
・両俣小屋 ・南御室小屋 ・薬師岳小屋 ・早川尾根小屋
・池山御池小屋 ・大門沢小屋 ・北岳肩の小屋 ・鳳凰小屋
*北岳肩の小屋、鳳凰小屋の利用時は小屋に直接、連絡をお願いします。

 その他、詳しくは直接各山小屋にお問い合わせください。

 冬山は天候が変わりやすく、晴れていたと思えば一瞬にして雲が山を覆い降雪、強風が吹くことがあります。常に危険が伴いますので十分に注意して登山してください。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安山岳館年末年始休館のお知らせ

下記期間、休館とさせていただきます。

令和3年12月28日(火)~ 令和4年1月3日(月)

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

甲斐犬の写真募集 南ア市観光協会

 南アルプス市観光協会は同市芦安地区が発祥とされる国の天然記念物「甲斐犬」の写真コンテストを開いている。甲斐犬の魅力を広く知ってもらおうと初めて企画した。

 甲斐犬を飼っているオーナーが対象。おおむね3年以内に撮影したもので、1人3作品まで応募できる。勇ましく走る姿だけでなく、寝ていたり飼い主と触れ合ったりする姿などの写真を想定している。市観光協会のホームページ(HP)で、来年2月末まで募集を受け付けている。

 最優秀賞1人には、市産果物や協会が製作した甲斐犬のトートバッグとハンドタオルを贈呈。優秀賞2人、入選10人も選ぶ。受賞作品は市観光協会のHPや観光案内のパンフレットに掲載する。

 市観光協会の担当者は「狩猟犬として活躍する甲斐犬は勇猛なイメージがあるが、飼い主にしか見せないかわいらしい表情なども撮影してくれたらうれしい」と話している。

 問い合わせは市観光協会、電話055(284)4204。

【山梨日日新聞 12月4日掲載】

【山岳館便り】

冬山厳冬期登山

Photo

 朝の寒さが一段と進み、南アルプスの山頂は雪で真っ白くなっています。(写真は白峰三山)

 冬山登山の到来です。冬山は厳しいですが、夏とは違う美しい大自然が味わえます。

 しかし、厳冬期だからこそ十分なトレーニング、注意や準備が必要です。

〈冬山登山注意事項〉

1.登山計画は念入りにたてる
 登山届の提出を忘れずに
 インターネットで登山届を提出できる「コンパス」も便利です

2.冬山装備をしっかり準備

3.陽の高いうちに下山

4.天候の急変に注意
 ラジオ、携帯などで気象状況をしっかり把握

5.単独登山は避ける
 経験豊富なリーダーとパーティーを組み登山する

 天候悪化の兆しが見えたら潔く、引き返す勇気をもちましょう。

 安全に厳冬期登山を楽しんでください!!

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安の自然の中、マルシェ楽しむ

A202111171_2

 南アルプス市芦安地区の地域おこし協力隊員による「秋空マルシェ」が同市芦安芦倉の金山沢温泉駐車場などで開かれた。
 隊員2人が、芦安地域の紅葉や雄大な自然を知ってもらおうと初企画。地元のものを使った商品を扱う市内外の13店舗が出店し、6日に開催した。
 店では果物のジャムや竹細工製品、野草を使った入浴剤などを販売。来場者は自然の中で買い物を楽しんだ。地域おこし協力隊員の活動を報告するブースやヨガを体験するコーナーもあった。

(写真)芦安地域を知ってもらおうと開催した「秋空マルシェ」=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 11月17日掲載】

【山岳館便り】

お知らせ 県民の日入館無料

 11月20日(土)は山梨県民の日です。芦安山岳館では当日に限り無料で入館できます。この機会に是非お越しください。
 現在、企画展【星空見上げて誰想う】開催中です。11月中旬の農鳥岳山頂から見た星空がプラネタリウムで見られますよ!!

 お待ちしています。

A_1

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

広河原山荘 閉荘式

2111

 北風が吹き朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。芦安山岳館周辺では落ち葉が風に舞いとてもきれいです。(写真は広河原より北岳を望む 11月3日)

 標高1530mの北岳登山口にある〈南アルプス市営 広河原山荘〉は11月3日に閉荘式が行われ、36年の歴史に幕を閉じました=写真下

Photo

 1985年(昭和60年)のオープンから36年間で延べ約5万6000人が宿泊しました。長い間、登山者の皆様にご愛顧いただきありがとうございました。

 新たに、令和4年6月から〈広河原山荘〉がオープンする予定です。

 楽しみですね。

 ◇

 南アルプス林道(夜叉神ゲート~北沢峠間)は11月4日から冬期閉鎖になっています。

[南アルプス市芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

和風ハロウィーン、子どもらが楽しむ 芦安でイベント

A202111103_2

 南アルプス市内の女性クリエーターでつくる「南アルプス!ロコ」は、市内の芦安交流促進センター周辺で「和ロウィンパーティーin芦安」を開いた。
 地域に伝わる妖怪やお化けの伝説にちなみ、和風のハロウィーンを楽しもうと企画。市を拠点に活動する演劇集団「森の劇場」や住民グループ「おばけをつくるぐんたい」、映像製作などを手掛ける「VLOO」、地域住民と連携した。
 市内外から60人が参加し、10月30日に開催。魔女や人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターの衣装を身につけた子どもたちが懐中電灯を持って芦安地区を歩き、キツネやてんぐに扮したスタッフから菓子をもらったり=写真、プロジェクションマッピングを楽しんだりした。

【山梨日日新聞 11月10日掲載】