芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳館便り

【山岳館便り】

南アルプス学講座

 南アルプスユネスコエコパーク山梨県連絡協議会 主催 「南アルプス学講座」を全4回開催します。講座を受講して南アルプスのことをもっと一緒に学びませんか。

〈第1回〉平成30年10月21日(日)
      北杜市会場 甲斐駒センターせせらぎ
       (北杜市武川町牧原1243)

  ・南アルプスユネスコエコパークからの地域づくり
      講師:花岡 利幸(山梨大学名誉教授)
  ・南アルプスのライチョウの生態と保護対策について
      講師:村山 力(やまなし野鳥の会理事)
  ※お問合せ・お申込み
      北杜市産業観光部観光課 (電話)0551-42-1351

〈第2回〉平成30年11月18日(日)
      早川町会場 早川町役場2階大会議場(早川町高住758)
  ・南アルプスの生物多様性の特徴と魅力
      講師:北原 正彦(山梨県富士山科学研究所専門員)
  ・南アルプスユネスコエコパークでニホンジカとどのようにつきあうか
      講師:長池 卓男(山梨県森林総合研究所研究員)
  ※お問合せ・お申込み
      早川町振興課 (電話)0556-45-2516

〈第3回〉平成30年12月15日(土)
      南アルプス市会場 南アルプス市地域防災交流センター
       (南アルプス市十五所1014)

  ・南アルプスの気候、最近の気候変動
      講師:保坂 悟(日本ネットワークサービス気象情報室長)
  ※お問合せ・お申込み
      南アルプス市ユネスコエコパーク推進室
       (電話)055-282-7261

 〈第4回〉平成31年1月19日(土)
      韮崎市会場 韮崎市民交流センター ニコリ
       (韮崎市若宮1-2-50)

  ・大地形成史から南アルプスの生物多様性を読み解く
      講師:輿水 達司(山梨県立大学特任教授)
  ・これまでに発生した土砂災害とその特徴
      講師:萬德 昌昭
         (国土交通省関東地方整備局富士川砂防事務所長)
  ※お問合せ・お申込み
      韮崎市産業観光課 (電話)0551-22-1111

 各会場 ・受付 13:00 ・開始 13:30 ・定員 各70名

 お申し込み・お問合せは、各開催市町にご連絡ください。
 なお、定員になり次第締め切らせていただきます。

 全4回の参加もOKです。大勢の皆さまの参加お申込みをお待ちしています。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

通行止め一部解除のお知らせ

 以下の道路(区間)は、10月2日(火)通行止めが解除されました。

 ・県営林道南アルプス線(山の神G⇔夜叉神G⇔広河原⇔北沢峠・いずれも南アルプス市芦安芦倉)

 なお、引き続き以下の道路(区間)は、通行止めとなっています。

 ・県道南アルプス公園線(早川町奈良田・開運隧道⇔南アルプス市芦安芦倉・野呂川橋)

 なお、規制解除は安全確認後となります。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

南アルプスの山々 秋色に染まり始める

 猛暑が続いた夏が過ぎ、北岳山頂や高山では日中の最高気温が10度以下になる日が増え、朝の最低気温が0度近くになってきました。となると、いよいよ紅葉の季節が始まります。

 北岳山荘周辺の紅葉はウラシマツツジが見頃になり、ナナカマドは色づき始め見頃になってきています。北沢峠ではダケカンバ、カラマツが色づき始めました。高山から少しずつすすみ、広河原周辺ももうすぐ見頃になってきます。

 澄んだ秋空にきれいに輝く紅葉、黄葉。それに囲まれた南アルプスを皆さんも五感で感じてみてはいいかがですか。きっと心も身体も癒されるでしょう。登山しない方は広河原周辺散策がいいですよ!!

 今後の登山では風、雨の時は気温より体感温度はもっと下がりますので防寒対策をしっかりしてください。無理のない安全な計画をたて、楽しい登山をしてください。

*南アルプス林道通行期間(バス、タクシー運行)は11月4日(日)までです。

1

「甲斐駒ケ岳 栗沢山より」 H30.9.24撮影

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

通行止めのお知らせ

 以下の道路(区間)は、台風接近の影響で土砂崩落の恐れがあるため、通行止めになります。

・県営林道南アルプス線(山の神G⇔夜叉神G⇔広河原⇔北沢峠・いずれも南アルプス市芦安芦倉)⇒9月29日(土)18:00~

・県道南アルプス公園線(早川町奈良田・開運隧道⇔南アルプス市芦安芦倉・野呂川橋)⇒9月29日(土)5:30~

 なお、規制解除は安全確認後となります。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

東大生が芦安の教育環境調査 昨年度に続き市に提言へ

 東京大の学生が南アルプス市芦安地区を訪れて地域の現状調査を行った。過疎地域の活性化策を探る同大事業の一環で、住民への聞き取りなどを実施。本年度末までに若者の移住につながるような施策を立案し、市に提案する。
 
 調査したのは同大2年の2人と同大大学院1年の計3人。同大が全国で展開する「フィールドスタディ型政策協働プログラム」の一環で、芦安地区は昨年度に続き学生を受け入れた。

 3人は若者や子育て世代の移住策を考えようと、観光や自然教育などを重点的に調査。同地区の民宿に宿泊しながら10~21日の日程で、観光施設や小中学校を訪れ、外国人観光客の受け入れ状況や教育内容を確認した。

 大豆を材料にした同地区の郷土料理「しょうゆの実」を初めて知って「登山や温泉のほかに伝統食を組み合わせて外国人にPRできるのではないか」と指摘。芦安小の見学では「少人数教育は都会の子育て世帯も関心が高そう」と話していた。

 3人は調査結果を踏まえ、本年度末までに市側に施策を提案する予定。「大学生の視点を生かしたアイデアを出したい」と意気込んでいる。

【山梨日日新聞 9月26日掲載から】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

塩沢さん(芦安山岳館初代館長)しのび登山

一周忌、友人ら栗沢山へ

P_

 南アルプス山岳観光の拠点となる南アルプス市芦安芦倉の「南アルプス芦安山岳館」の館長などを務めた故塩沢久仙さんの追悼登山が一周忌に当たる24日、南アルプスの栗沢山で行われた。塩沢さんと親交があった関係者が集まり、思い出話に花を咲かせながら山を歩いた。

 塩沢さんは夜叉神峠小屋の管理人などを経て、2003年に芦安山岳館の初代館長に就任。北岳固有の高山植物の保護や遭難者の救助活動、山岳文化の発信などに力を注いだ。75歳の誕生日だった昨年9月24日、栗沢山の山頂付近でガイド中に意識を失い、甲府市内の病院で死亡が確認された。

 栗沢山への追悼登山には、県山岳連盟や環境省の関係者、市職員などが参加。登山に先立ち、出発地点となった北沢峠付近にある長衛小屋(同市芦安芦倉)で行われたセレモニーには60人が参列した。

 追悼登山を企画したNPO法人「芦安ファンクラブ」の清水准一会長は「(塩沢さんは)活動的だったので、北岳や甲斐駒ケ岳に行っているかもしれない。黙とうしてみ霊を呼び寄せてほしい」とあいさつ。塩沢さんの次男・顕慈さん(38)は「多くの人が集まり、親族としてもうれしい限り」と話した。

 参加者はセレモニー後に登山を行い、山頂で遺影に向かって手を合わせた。

 【写真】塩沢久仙さんの遺影の前で手を合わせる追悼登山の参加者=栗沢山山頂

【山梨日日新聞 9月25日掲載から】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

企画展を開催中

 今年度企画展「南アルプスー白籏史朗の世界と白い峰の写真展」開催中です。皆様に大好評をいただいています。

 白籏史朗氏が山岳写真家として生きる出発点となり、氏が生涯のテーマにした南アルプスの数々の作品と、白籏氏が会長を務める白い峰の会会員の作品を併せて展示しています。 

 現在、白籏史朗氏のポストカード14種類(芦安山岳館だけの販売品)、2019年カレンダー「富士山 風花夢幻(ふうかむげん)」を販売しています。そちらも是非どうぞ!!

会 場: 南アルプス芦安山岳館 山梨県南アルプス市芦安芦倉1570
期 間: ~ 平成31年3月12日(火)まで
時 間: 午前9時 ~ 午後5時まで
入館料: 大人(中学生以上)500円 小人(小学生)250円
休館日: 毎水曜日 年末年始

 南アルプス芦安周辺の山の木々もそろそろ色づき始めます。紅葉と写真展 この時期に是非ご来館ください。みなさまのお越しをお待ちしています。

1

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

バドミントンで若者ら40人交流 芦安地区

201809072_2

 南アルプス市の芦安地区体育協会などはこのほど、芦安小体育館でバドミントンを楽しむイベント「芦安スポレク」を開いた=写真。

 芦安中唯一の運動部で、同地区では若者を中心に経験者が多いバドミントンを通して交流を深めようと初めて企画。子どもから大人まで約40人が参加し、試合や練習をして楽しんだ。

 芦安小6年生は「シャトルがしっかりラケットに当たると気持ちよかった。中学生になったらバドミントンをやってみたい」と話していた。

【山梨日日新聞 9月7日掲載】

【山岳館便り】

通行止め解除のお知らせ

 以下の道路(区間)は、9月6日(木)通行止めが解除されました。

 ・県営林道南アルプス線(広河原⇔北沢峠・いずれも南アルプス市芦安芦倉)
 ・県道南アルプス公園線(早川町奈良田・開運隧道⇔南アルプス市芦安芦倉・野呂川橋)

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

通行止め一部解除のお知らせ

 以下の道路(区間)は、9月5日(水)通行止めが解除されました。

 ・県営林道南アルプス線(山の神G⇔夜叉神G⇔広河原・いずれも南アルプス市芦安芦倉)

 なお、引き続き以下の道路(区間)は、通行止めとなっています。

 ・県営林道南アルプス線(広河原⇔北沢峠・いずれも南アルプス市芦安芦倉)
 ・県道南アルプス公園線(早川町奈良田・開運隧道⇔南アルプス市芦安芦倉・野呂川橋)

 なお、規制解除は安全確認後となります。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから