芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳館便り

【山岳館便り】

みどりの奨励賞に芦安の少年少女隊

 国土緑化推進機構の本年度のみどりの奨励賞に、県内から「芦安小緑の少年少女隊」が選ばれた。

 芦安小緑の少年少女隊は1999年に結成。小学3年から参加する夜叉神峠や栗沢山への登山では、炭焼きや林業といった地元の産業や歴史を学んでいる。学校林の間伐材を使って看板やコースターを制作するなど、樹木の活用にも力を入れている。

 同賞は緑や森林に関する活動で功績のあった団体などが対象。本年度は全国から15団体が推薦され、5団体が選ばれた。

【山梨日日新聞 8月16日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

秋の登山教室

A_4

 南アルプス芦安山岳館は、NPO法人芦安ファンクラブと共催で毎年、登山教室を開催しています。9月の登山教室は第48回目の教室になります。お申し込みはお一人様でもグループでも参加を受け付けしています。
 ベテランガイドが皆様を南アルプスの山々にご案内します。
 登山教室では実践を通して、安全で楽しい登山をするための技術や知識が学べます。宿泊の山小屋では、山についてや歴史などが学べる座学も行います。
 
 ぜひ、ご参加ください。お申し込みをお待ちしています。
 
開催日]9月29日(土)~9月30日(日) 1泊2日
コース]栗沢山コース 秀峰甲斐駒ケ岳の絶景ビューポイント
   甲斐駒ケ岳コース 花崗岩の紅葉、黄葉を訪ねて!
締 切]9月21日(金)
定 員]各コース 20名
 
 詳しくは、芦安ファンクラブホームページでご確認ください。
 
お問い合せ
南アルプス芦安山岳館 TEL 055-288-2125 

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

山の日、豊かな自然に愛着

南ア芦安山岳館が無料に

 「山の日」の11日、県内各地で山に関するイベントが開かれた。

 南アルプス芦安山岳館は、山の日記念として入館料を無料にした。

 山に親しんでもらおうと、毎年企画。登山者や親子らが来館し、開催中の写真展を楽しんだり、南アルプスの山々を再現した立体模型や、高山植物を紹介するパネルなどに見入った。

 家族3人で北岳を登山した後に訪れた神奈川県茅ケ崎市の歯科医男性(55)は「さまざまな展示があり勉強になった。また山に行きたくなった」と話していた。

【山梨日日新聞 8月12日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

【山小屋グルメ】 広河原山荘

 標高1530メートルに位置し、北岳を目指す登山者でにぎわう。野呂川の清流と鳥の声を聞きながらの食事は格別だ。

P14__2

 県産の旬野菜を使った「ベジカレー」(1300円)=写真左上=が人気。カボチャ、ナス、ズッキーニ、パプリカ、ゴーヤなどを素揚げし、ルーにはトウガラシや蜂蜜、コーヒーなどを混ぜ合わせている。

 今季からデザートも登場。「アイスプレート」(700円)=写真左下=は、白桃とミルク味のジェラートに桃のコンポートやグラノーラを添えた。

 管理人さんは「登山をしない方も大歓迎。大自然という非日常的な環境で食事を楽しんでほしい」と話している。

P14_

 【メモ】南アルプス市芦安芦倉野呂川入西方1684。車の場合は市営芦安駐車場に駐車し、バスか乗り合いタクシーで広河原へ(約1時間)。甲府駅~広河原間の往復バスも運行。(電話)090(2677)0828。フェイスブックやラインのアカウントで登山情報を発信中。

【山梨日日新聞 8月11日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

「山の日」入館無料

 今年は短い梅雨の後、毎日の猛暑が続いています。南アルプスの山々も夏山TOPシーズンになりました。大勢の方が登山に訪れています。

 8月11日は祝日「山の日」です。その日は、南アルプス芦安山岳館は入館無料です。現在開催中の企画展「南アルプス 白籏史朗の世界と白い峰の会 写真展」は大好評いただいています。みなさんもこの機会に白籏氏の壮大で迫力ある写真の世界へ入り込んでみませんか!!

Photo

 毎日、暑い日が続いてますが、少し涼しい芦安へ!!登山帰りの方、観光の方もお立ち寄りください。お待ちしています。

 なお、芦安山岳館は8月中休館日なしで無休です。

 【写真】北岳山頂から

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

通行止め解除のお知らせ

 以下の道路(区間)は、7月30日(月)通行止めが解除されました。

 ・県道南アルプス公園線(早川町奈良田・開運隧道⇔南アルプス市芦安芦倉・野呂川橋)

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

通行止め一部解除のお知らせ

 以下の道路(区間)は、7月29日(日)通行止めが解除されました。

 ・県営林道南アルプス線(山の神G⇔夜叉神G⇔広河原⇔北沢峠・いずれも南アルプス市芦安芦倉)

 なお、引き続き以下の道路(区間)は、通行止めとなっています。

 ・県道南アルプス公園線(早川町奈良田・開運隧道⇔南アルプス市芦安芦倉・野呂川橋)

 なお、規制解除は安全確認後となります。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

通行止めのお知らせ

 以下の道路(区間)は、台風12号の接近の影響で土砂崩落の恐れがあるため、7月28日(土)午前5時30分から全面通行止めになります。

・県営林道南アルプス線(山の神G⇔夜叉神G⇔広河原⇔北沢峠・いずれも南アルプス市芦安芦倉)
・県道南アルプス公園線(早川町奈良田・開運隧道⇔南アルプス市芦安芦倉・野呂川橋)

 なお、規制解除は安全確認後となります。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

ゆるキャン△ステッカーに モデル地・芦安の住民が製作

 県内を舞台に女子高校生のアウトドア体験を描いたアニメ「ゆるキャン△」でモデル地として登場する南アルプス市芦安地区の住民有志は、アニメの一場面をイラストにしたステッカーを製作した。今月から同地区の11カ所で配布している。

 ステッカーはアニメで登場する、芦安地区の古屋敷橋周辺のシーンをプリント。同地区の宿泊施設や飲食店、ガソリンスタンド、郵便局で配布していて、「夜叉神峠ってすげー名前だな」という合言葉を告げると手に入れることができる。

 アニメに登場する土地を訪れる「聖地巡礼」が人気を集めていることから、ファンをもてなそうと企画。配布初日は県内外のファンが集まり、ステッカーを受け取っていた。甲府工高3年生は「県内の知っている場所が登場するので、アニメを見るようになった。モデル地を訪れるのが楽しみ」と話していた。

 ステッカーは限定500枚。民宿旅館と飲食店を兼ねる「なとり屋」の店主は「聖地巡礼をきっかけに、南アルプスの入口である芦安の魅力が広まればうれしい」と話した。

【山梨日日新聞 7月25日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

薬用植物を特産品に 民宿で薬膳料理計画

芦安の住民有志、5種栽培

201807243_2

 南アルプス市芦安地区の住民有志でつくる「芦安の将来を考える会」(森本章雄会長)は地区内の畑で、漢方などに使われる薬用植物を育てている。薬用植物の産地化を目指す市の事業の委託を受けて栽培。野生動物の食害がない品種もあり、メンバーは「新たな特産品にしたい」と意気込んでいる。

 同会は市から薬用植物栽培の委託を受け、2015年から県森林総合研究所のアドバイスを受けて栽培。同会によると、育てているのは「ギョウジャニンニク」「ダイオウ」「キバナオウギ」など5種類。便秘解消や血圧降下作用などの効能があるとして、漢方薬の原料となっている。

 同地区では収穫直前の農作物がシカやサルに食い荒らされる被害が多い。同会も以前、色鮮やかなピンクの花を咲かせる赤ソバの栽培に取り組んだが、食害で断念した経緯がある。2年前から栽培しているダイオウは電気柵がなくても食害はなく、早ければ来年には収穫できる見込みだという。

 栽培に成功した一部の薬用植物については、同地区の民宿で薬膳料理として提供する計画。将来的には製薬会社と連携した取り組みも検討していく。

 森本会長は「食害のため、農業を断念する住民もいる。鳥獣害に強い品種であることが明らかになれば、耕作を再開する農家もいるのではないかと期待している。新たな地域資源に成長させたい」と話している。

 【写真】野生動物の食害が確認されていない薬草のダイオウ=南アルプス市芦安安通

【山梨日日新聞 7月24日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから