芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳館便り

【山岳館便り】

南アルプスの四季伝える

南アで白簱さんと「白い峰」写真展 雄大な自然45点紹介

450_p23_

 大月市出身の山岳写真家、白簱史朗さん(85)の写真などを展示した「南アルプス 白簱史朗の世界と『白い峰』写真展」(南アルプス市主催、山梨日日新聞社、山梨放送共催)が16日、南アルプス芦安山岳館で始まった。四季折々の風景を写した45点を展示。雄大な南アルプスの山々の魅力を伝えている。

 南アルプス市制施行15周年と南アルプスユネスコエコパーク登録4周年を記念して開催。高山植物が写る「中白峰の夏、間ノ岳近し」をはじめとして、南アルプスで写した作品18点が出展されている。

 会場には、白簱さんが会長を務める山岳写真の会「白い峰」の会員の作品27点も展示。昨年9月に亡くなった芦安山岳館初代館長の塩沢久仙さんを追悼したコーナーも設けられている。

 16日はオープニングセレモニーが開かれ、参加者約80人が企画展の開幕を祝った。白簱さんは「日本を代表する南アルプスは私の命そのもの。愛情を持って長年足を運んできた。雄大な山々の魅力を感じてほしい」と話している。

 会期は来年3月12日まで。入館料は中学生以上500円、小学生は250円。午前9時~午後5時。水曜休館(7月16日~8月31日は無休)。問い合わせは同山岳館、電話055(288)2125。

 【写真】白簱史朗さんが撮影した山岳写真などに見入る来場者=南アルプス芦安山岳館

【山梨日日新聞 6月17日掲載】

【山岳館便り】

南アルプス 悠久の自然

白簱史朗さんと「白い峰」写真展 きょうから芦安山岳館

P11_1

 四季折々の南アルプスの写真が並ぶ「南アルプス 白簱史朗の世界と『白い峰』写真展」(南アルプス市主催、山梨日日新聞社、山梨放送共催)が16日から、南アルプス芦安山岳館で開かれる。大月市出身の山岳写真家、白簱史朗さん(85)の作品18点を展示する。

 南アルプス市制施行15周年、南アルプスユネスコエコパーク登録4周年を記念。エコパーク核心地域の原生的な自然環境の魅力に触れる機会として企画された。

 白簱さんは、愛らしい高山植物が写る「中白峰の夏、間ノ岳近し」、赤々と燃える山肌の重量感に目を奪われる「新雪色づく朝の赤石岳-千枚岳から」などを出展。南アルプスから撮影した富士の写真も並ぶ。

 このほか、白簱さんが会長を務める山岳写真の会「白い峰」の会員の作品27点を展示。昨年9月、南アルプスのトレッキングツアーのガイド中に倒れて亡くなった芦安山岳館の初代館長、塩沢久仙さんの追悼コーナーも設ける。

 会期は来年3月12日まで。入館料は大人(中学生以上)500円、小学生は250円。午前9時~午後5時。水曜休館(7月16日~8月31日は無休)。問い合わせは山岳館、電話055(288)2125。

 【写真】会場には白簱史朗さんが会長を務める山岳写真の会「白い峰」会員の作品も並ぶ=南アルプス芦安山岳館

圧倒的な存在感、伝えたい 白簱史朗さん

P11_2

 白簱史朗さんにとって南アルプスは山岳写真家としての出発点とも呼べる存在で、今回の写真展への思い入れは強い。「作品を通して南アルプスの魅力を伝えたい」と話している。

 白簱さんが南アルプスの魅力に取りつかれたのはまだ10代の頃。「その大きさ、高さに一瞬で心を捉えられてしまった」と振り返る。「毎回新たな発見がある」と言うように半世紀以上にわたり数え切れないほど足を運んできた。師事した写真家、岡田紅陽と共に登った思い出もあるという。

 国内外で山岳写真の撮影を続けてきたが「帰ってきてもすぐにまた行きたくなってしまう」と、南アルプスが特別な存在であることには変わりがない。北岳や間ノ岳、農鳥岳、鳳凰三山、赤石岳…。それぞれに魅力があり「どれも好きで一番は選べない」と笑う。

 写真展では自ら撮影した作品18点が並ぶ。伝えたいのは南アルプスの圧倒的な存在感だ。北アルプスを「派手」、南アルプスを「地味」と表現した上で「南アルプスは地味だけれど、かめばかむほど味わい深い。展示している作品が実際に南アルプスに足を運ぶきっかけになればうれしい」と話している。

 しらはた・しろうさん 1933年、大月市生まれ。51年に写真の道に入る。58年にフリーとなり、62年には山岳写真家として独立を宣言する。以後、アフガニスタン、インド、パキスタン、カナダ、ヨーロッパなど、海外でも撮影。75年に山岳写真の会「白い峰」を結成し、山岳写真の普及啓発にも力を尽くしている。静岡県三島市在住。

 【写真】「南アルプスの圧倒的な存在感を感じてほしい」と話す白簱史朗さん=南アルプス芦安山岳館

【山梨日日新聞 6月16日掲載】

【山岳館便り】

南アルプス開山近し!!

 梅雨入りしてから雨の日は寒く、間の晴れ日は真夏のように暑くなります。今年もいよいよ南アルプスは山開きが近くなりました。
 林道開通は6月22日(金)、この日から登山バス・タクシーの運行も開始します。
 南アルプス開山祭は6月23日(土)、広河原インフォメーションセンターにて行なわれます。
 今か今かと待ち望んで登山計画をたてている登山者も多いことでしょう。
 各山小屋スタッフも小屋開けの準備に余念がありません。いよいよ山小屋の営業もスタートします。
 
 
南アルプス芦安山岳館企画展オープン

Sangakukan_shirahata_  
 平成30年度企画展が6月16日(土)より開催します。
『南アルプス 白簱史朗の世界と「白い峰」写真展』です。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

 皆さまのご来館お待ちしています。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安山岳館 平成30年度企画展 始まる!!

Sangakukan_shirahata_

 今年度企画展は「南アルプス-白簱史朗の世界と白い峰の会写真展」を6月16日(土)より開催します。

 核心地域の原生的な自然環境、重量感のある南アルプスの山々の魅力を見出し、白簱史朗氏が山岳写真家として生きる出発点ともなり、氏が生涯のテーマにした南アルプスの作品を展示します。また、白簱氏が会長を務める白い峰の会会員の作品を併せて展示し、神々しくも包容力のある南アルプスに惹かれていった数々の作品を紹介します。
 
会 場:南アルプス芦安山岳館 山梨県南アルプス市芦安芦倉1570
期 間:平成30年6月16日(土) ~ 平成31年3月12日(火)
時 間:午前9時~午後5時まで
入館料:大人(中学生以上)500円 小人(小学生)250円
休館日:毎水曜日(7/16~8/31まで無休)
 
 迫力があり、そして美しい南アルプスの写真をぜひ見にいらしてください。
 お待ちしています。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安登山客確保へ情報発信

早川連絡道路開通後の減少懸念 南ア市指針 物販・飲食の充実明記

P19_

 南アルプス市は、芦安地区の活性化に関する指針「芦安グランドデザイン」を策定した。指針では2026年度に開通予定の芦安芦倉と早川町奈良田を結ぶ「早川・芦安連絡道路」の影響を検証。県外の登山愛好家を対象に行ったアンケートから、芦安地区を利用する登山者の半数が早川町側にルートを変更する可能性を踏まえて、情報発信の強化や物販・飲食施設の充実を明記した。

 連絡道路は南アルプス・広河原へ向かう、早川町側のルート(奈良田ルート)と南アルプス市側のルート(芦安ルート)を結ぶ。市は開通の影響を調べるために、2017年6月30日から7月5日にかけて、県外の登山愛好家800人にインターネットでアンケートを実施。このうち、芦安ルートでの登山経験がある750人には、連絡道路開通後に登山ルートを変更するか聞いた。

 首都圏在住者では、奈良田ルートへ変更すると回答した人は24.6%、関西圏は34.4%。芦安ルートを継続して利用すると答えた人はそれぞれ26.7%、23.3%だった。両ルートを同じ割合で利用する人はそれぞれ20.8%、16.7%だった。

 アンケート結果を踏まえ、指針では「既存の登山客の半数は奈良田ルートへ変更する可能性がある」と指摘。連絡道路開通による利便性の向上で全体の登山客は増加するものの、芦安ルートでは増加が限定的になる可能性に言及している。

 市政策推進課は「奈良田ルートは道路の整備状況が良好。『秘境』とも呼ばれる奈良田を訪れたい、と憧れる登山者も多いのではないか」と芦安ルートを選択しない理由を分析している。

 指針では地区の活性化策を明記。公営温泉施設の改修や特産品の開発支援のほか、南アルプス山岳観光の拠点となる芦安山岳館の資料を活用したホームページの充実、中部横断自動車道の全線開通を見据えた静岡以西への情報発信強化を盛り込んだ。

 同課の担当者は「開通後も芦安ルートを選択してもらい、地域の活性化につながるよう住民と一緒に考えながら対策を進めていきたい」と話している。

 【早川・芦安連絡道路】 南アルプスの玄関口である広河原へ向かう二つのルート(早川町側の県道南アルプス公園線と南アルプス市側の南アルプス林道)を結ぶ。長さは約4キロで、トンネル区間は約3.5キロ。県が昨年度着工し、2026年度の完成を目指している。

【山梨日日新聞 5月22日掲載】

【山岳館便り】

南アルプス登山教室のご案内

1_2


 今年も登山教室を企画しました。NPO法人芦安ファンクラブと南アルプス芦安山岳館の共催で開催します。登山教室では実践を通して安全で楽しい登山をするための技術や知識が学べます。また、宿泊の山小屋にて「南アルプスの自然、歴史」に関する座学も行います。
 芦安ファンクラブのベテランガイドが優しく、楽しく、丁寧にサポートします。参加はお一人様、ご夫婦、お友達グループでも受付けています。
 
【コース】
第46回6月9日~10日 鳳凰二山2日コース(薬師岳・観音岳)
  6月9日~11日 鳳凰三山3日コース(薬師岳・観音岳・地蔵岳)
第47回7月11日~12日 北岳2日コース
    7月11日~13日 北岳3日コース
第48回9月29日~30日 栗沢山2日コース
    9月29日~30日 甲斐駒ケ岳2日コース
 
詳しいコース一覧・お申込用紙・お問合せは芦安ファンクラブHPをご覧ください。
HPは、http://ashiyasu.com
 
お申し込みは専用申込用紙ご記入の上、メール又はFAXでお願いします。
Mail afc3193@nus.ne.jp
Fax 055-288-2162(南アルプス芦安山岳館)

さあ!南アルプスへ。登山教室ご参加お待ちしています。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

長衛小屋ゴールデンウィーク中の様子

Photo

 今年は雪が少なく、雪解けも早い感じです。例年は北沢峠、長衛小屋周辺で50cm~1mくらいの雪がありますが小屋前のテント場も今年は全くありません。

 仙丈ケ岳や甲斐駒ケ岳の上部には残雪はありますが、やはり例年に比べると少ないようです。

Photo_2

 今年は伊那市営バスが運休だったのに加え、後半の4連休初日に大雨となり、冬道の戸台河原が増水して渡れなくなったこともあり、長衛小屋は今までにない静かな連休となりました。

 そして、6月15日からは通常営業開始の予定です。

 (写真上)甲斐駒ケ岳まき道から仙丈ケ岳を望む

 (写真下)黒戸尾根から鳳凰三山を望む

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

南アルプス林道情報

・南アルプス市側では夜叉神トンネル工事のため6月20日まで通行規制があります。なお、6月22日の南アルプス林道開通は予定通りです。

・伊那市側から北沢峠の林道法面崩落の復旧工事のため全面通行止めで6月14日(木)までバスは運休しています。
*歩行者は戸台河原ルートを使用してください。雨の為の増水には注意して下さい。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安やまぶき祭 太鼓、ダンス披露

450_p21_

 第8回芦安新緑やまぶき祭(同実行委主催)が13日、南アルプス市の芦安小校庭で開かれた。

 新緑に囲まれた会場では、地元住民が和太鼓やフォークダンスを披露して来場者を出迎えた=写真。芦安地区が発祥の地とされる国天然記念物の甲斐犬と触れ合えるコーナーや同地区の郷土料理「しょうゆの実」の販売ブースも並んだ。

 高さ約4メートルの壁を登るロッククライミングのコーナーもあった。

【山梨日日新聞 5月14日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

新緑の御勅使川 こいのぼり彩る

南ア市芦安地区

450_p19__2

 南アルプス市芦安地区に、毎年恒例となったこいのぼり約60匹がお目見えした。

 5月13日に開かれる「芦安新緑やまぶき祭り」の一環。市内外の家庭で使われなくなったこいのぼりを集めて御勅使川に掲げている。川面にも色とりどりのこいのぼりの姿が映し出されている。

 取り付け作業は住民有志でつくる「芦安の将来を考える会」メンバーらが行った。森本章雄会長は「新緑を泳ぐこいのぼりを楽しんでほしい」と話している。

 【写真】御勅使川に掲げられたこいのぼり=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 4月28日掲載】

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから