芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

山岳館便り

【山岳館便り】

ユネスコエコパーク活動報告会

 今年の冬はいつも以上に寒さの厳しい日が続いています。しかし2月中旬になると少しづつ暖かくなる気配を感じます。登山好きの方は今年のシーズンに向けてそろそろ山登りの計画を始めたくなる頃でしょうか。

1

 南アルプス市主催 ユネスコエコパーク活動報告会!
 -ユネスコエコパークで自然のできごとを知ろう!- を開催します。

 南アルプスの様々な調査報告、活動報告などが行われます。
 ふるさとの自然に関心のある方ならどなたでも入場できます。

日  時3月10日(土)13:30~17:15 受付13:00~
会  場]南アルプス市地域防災交流センター 2F
      南アルプス市十五所1014
参加団体]県立巨摩高等学校
      県立白根高等学校
      山梨大学 
       京都大学大学院 他 による活動発表
       入場無料 申込不要 
お問い合せ> 南アルプス市観光商工課 ユネスコエコパーク推進担当
         TEL 055-282-7261
         南アルプス市みどり自然課 花とみどりの推進担当
         TEL 055-282-7259

詳しい内容はチラシ(PDF・355KB) をご覧ください。
みなさんのご参加お待ちしてます。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安の文化、名所 おみくじで発信

南ア地域協力隊員が作製

201802091

 南アルプス市の地域おこし協力隊の女性隊員(37)=同市芦安芦倉=は、芦安地区にちなんだ「芦安大好きおみくじ」を作った。地域の魅力を知ってもらおうと、芦安の文化や名所を盛り込んだ内容にしている。芦安窓口サービスセンターにおみくじの箱を設置している。

 おみくじの内容は全10種類。芦安地区が発祥の地とされる天然記念物・甲斐犬や、国内第2の高峰・北岳の特徴を紹介しながら、「体力作りに力を入れましょう」「苦手な人に優しくしてみましょう」などとアドバイスをしている。地域の魅力に優劣をつけないように、大吉や小吉などはつけていない。

 用意したおみくじは、20日ごろまでセンターに設置する予定で、無料で楽しめる。今後は市内で開かれるイベントに持ち込んだり、県内外の登山者が利用する北岳などの山小屋に設置を依頼したりして、誘客につなげたい考え。

 女性隊員は「おみくじを1枚引いて、楽しみながら芦安を知ってもらいたい。イラストを取り入れたり、ウェブページとリンクさせたりできるか考えていきたい」と話している。

 【写真】「芦安大好きおみくじ」=南アルプス市芦安窓口サービスセンター

【山梨日日新聞 2月9日掲載】

【山岳館便り】

芦安渓流釣り祭り

Photo

 毎年恒例の「第15回南アルプス市芦安渓流釣り祭り」が開催されます。県内外の釣り人達が子供から大人まで大勢参加します。親子、ご夫婦、カップル、もちろんお一人様の参加も大歓迎です。毎年女性の参加者が多いのに驚きます。

 釣った魚イワナ、ヤマメの体長を競うコンテストもあります。入賞者には賞品あり! 子供専用エリア(ニジマス)では、インストラクターの指導が受けられます。温かい豚汁・おにぎりも付いて色々楽しめますよ!!

 芦安温泉旅館、ペンションに宿泊のプランもあります。前日は芦安温泉で心と身体を癒して、お祭り当日は早朝スタートです。澄んだ空気と青い空、陽射しを浴びてだんだん春の暖かさを肌で感じられるでしょう。

 日時 : 平成30年3月11日(日)午前6時スタート

 場所 : 御勅使川河原 南アルプス市立芦安小学校周辺

 参加費: 大人 5,000円 子供 2,500円

 宿泊費: 別途 (宿泊者参加費割引あり) 

 問合せ・お申込: 南アルプス市観光協会
           TEL055-284-4204

  詳しくは南アルプス市観光協会ホームページをご覧ください。

Photo_2

 

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

芦安かるた大会 地域住民が親睦

201802012

 南アルプス市芦安安通の芦安中央公民館(森本秀夫館長)は1月28日、同館でかるた大会を開いた=写真。

 地域住民の交流と親睦を図るのが目的で、子どもからお年寄りまで約50人が参加。2003年に地域住民によって手作りされた、芦安の特徴や方言を盛り込んだ「芦安だいすきかるた」を楽しんだ。

 このほか、地域住民や市職員が市民活動などの報告をした。参加者には、おにぎりや豚汁が振る舞われた。

【山梨日日新聞 2月1日掲載】

【山岳館便り】

芦安郵便局員が調理 利用者に鍋振る舞う

201801241

 南アルプス市芦安芦倉の芦安郵便局(小沢哲也局長)は23日、同局で利用者らに鍋料理を振る舞う「芦安鍋まつり」を始めた。

 過疎化が進む芦安地区で、利用者に感謝の気持ちを伝え、住民との交流の場を設けて地域活性化に貢献しようと企画した。23日は小沢局長らが、塩ちゃんこ鍋を調理し、利用者らに配った=写真

 郵便局を訪れた同所のパート女性は「雪が降っていて寒かったが鍋で温まった。おいしかった」と話していた。

 25日まで。24日は小籠包入りの鍋、25日はきりたんぽ鍋を提供するという。午前10時半~午後2時半。

【山梨日日新聞 1月24日掲載】

【山岳館便り】

南アルプスの年末年始

Photo_2

 年末早朝には夜叉神登山口にて「登山者指導」が行われました。2018年が年明けをして今まさに厳冬期まっただ中ですが南アルプスの山々で新年を迎えた登山者が大勢いました。例年より積雪が少なったからでしょうか。

北沢峠 長衛小屋編

Photo

 年始、長衛小屋周辺の積雪は50センチ程度でした。大きな崩れもなく穏やかな年明けでした。その後、先週の連休に雪が降ったので多少増えていると思います。

 小屋営業は終了していますが、テント場は無料開放しています=写真左。トイレも使用可能です。水はテン場横の北沢の水があります。(煮沸して使用)

 *その他の情報は長衛小屋facebookをご覧ください。





 

鳳凰三山 薬師岳小屋編

Photo_11

 12月27日年末年始営業準備のため薬師岳小屋へ。到着時、小屋内部は-12℃でした。カップラーメンの汁がこぼれると凍っている状態です。小屋周辺の雪かきをして発電室も掘り起して準備完了。宿泊の登山者から「薬師岳~観音岳の間でライチョウを2羽見た」との情報もありました。きっと羽根を真っ白くしたライチョウでしょう!!=写真左、ライチョウの足跡

 昨年8月に新しくなった薬師岳小屋、初めての年越しです。年明け日の出を拝むことができました。
冬期小屋として利用可能です。今年もより良い山小屋にしていきますのでその他詳しい情報は薬師岳小屋、南御室小屋HP、twitterをご覧ください。ご意見、アイディアもお待ちしています。

Photo_13

薬師岳小屋より
 

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

新年明けましておめでとうございます

A

 すばらしい新年を南アルプスの山々で迎えている登山者も多いことでしょう。
 
 昨年も多くの皆さまに芦安山岳館ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。2018年新しい年を迎え、これからも山岳館メールなどで南アルプス山の情報、季節や地域の情報などを発信していきますので今年もご覧ください。

 そして、南アルプスを登山する、訪れる参考にしていただけたらと思います。
 
 皆様にとって新しい年が、良い年になりますよう願っております。
  
 
 ただ今、南アルプス芦安山岳館では企画展「野鳥たちが暮らす風景写真展」開催中です。ぜひお越しください。お待ちしています。

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

南アルプス芦安山岳館 新企画展始まる!!

Photo

 今年度企画展第一弾「雷鳥 小さな愛おしい命」は10月24日に終了しました。大好評で大勢の方にご来館いただきました。ありがとうございました。 

 そして、第二弾!!「野鳥たちの暮らす風景写真展」を開催しています。廣瀬和弘氏撮影による写真53点を展示しました。雷鳥をはじめ、野鳥たちの生き生きとした姿、さえずりや、羽ばたきの音までもが聞こえてきそうです。そんな写真展になりました。

期 間平成29年12月1日(金)~ 平成30年5月31日(木)
時 間午前 9 時 ~
午後 5 時
入館料大人 500円 小人 250円(小学生)
休館日毎週水曜日 年末年始12月29日(金)~1月3日(水)

<問い合せ>南アルプス芦安山岳館
(電話)055-288-2125

  皆さんのお越しをお待ちしています

[南アルプス芦安山岳館]
「南アルプスNET」はこちらから

【山岳館便り】

アマゴ復活へ稚魚放流

南アの住民ら 御勅使川に500匹

P21_

 地元の御勅使川にアマゴを復活させる取り組みをしている南アルプス市芦安地区の住民有志は27日、同市野牛島の双田橋付近の御勅使川にアマゴの稚魚を放流した。

 芦安地区の住民や市職員ら6人が参加。同地区の温泉旅館「白雲荘」に置いた木箱で試験飼育をした稚魚約500匹を、バケツなどを使って川に放した。稚魚は集まるなどして元気に泳いでいた。

 住民有志は、過疎が進む地区の活性化を図ろうと、アマゴのふ化や放流に向けた取り組みを始めた。来年の本格的な活動を前に、放流場所や川の水温、手順も確認した。

 白雲荘の店主伊東隆雅さんは「元気に育ってほしいと願いながら放流した」と話した。

 【写真】アマゴの稚魚を放流する伊東隆雅さん(中央)ら=南アルプス市野牛島

【山梨日日新聞 12月28日掲載】

【山岳館便り】

アマゴの里よみがえれ 芦安の有志が計画

201712251_2

 南アルプス市芦安地区の住民有志は、地元の御勅使川にアマゴを復活させようと、自宅でふ化させた稚魚を放流する取り組みを始める。過疎化が進む同地区は住民が300人台で、ふ化という共通の目的で連帯感を強め、成長したアマゴを使った活性化を目指す。富士川流域から駿河湾へ下ったアマゴは、遡上するとサツキマスとして希少価値が高まるため、堰堤に魚道の設置を行政に働き掛けることも検討している。

 20日、同市芦安芦倉の温泉旅館「白雲荘」に住民や市職員ら6人が集まり、試験放流するためのアマゴの稚魚を受け取った。体長2センチほどの約500匹が飼育用の木箱を泳ぎ回る様子を観察。御勅使川の水質が生育環境に合うかなどを調べることを確認した。

 木箱を管理するのは同旅館の店主伊東隆雅さん(65)。昭和40年代ごろまで御勅使川に多く生息し、ほかの川魚とともに住民の貴重なタンパク源だったアマゴを復活させ、地域を盛り上げようと発案。来年、小中学生を含めて希望者を募り、それぞれが自宅でふ化に挑む計画を立てた。

 同市によると、南アルプス山系の玄関口に当たる芦安地区は2015年の人口が328人で、ピーク時(1960年)の1161人の3割に満たない。伊東さんは「コミュニティーを維持するためには若い人が住み続けたい、戻ってきたいと思える環境が大切」と話す。

 サポートするのは、富士川町平林でアマゴなどの養殖場を営む秋山富一さん(65)。稚魚の提供のほかにふ化や飼育の方法を助言する。富士川にサツキマスを増やす活動をするグループのメンバーで、将来は芦安地区との連携もしていく。

 同市芦安窓口サービスセンターによると、アマゴは治水事業による堰堤の建設などで激減。復活すれば釣り客の増加が見込め、郷土料理の食材としても期待できるという。

 伊東さんらはサツキマスとしての遡上も期待する。秋山さんによると、海で小魚などを捕食し、体長はアマゴの成魚の2倍近い30センチ以上になるという。芦安地区まで戻れるように、魚が移動できる魚道の設置も専門家と模索する。

 伊東さんは「放流活動を通して、年齢にかかわらず住民の連帯感を強めたい。お客さんにアマゴ復活のストーリーを話しながら、旅館で料理を提供できる日が楽しみ」と夢を膨らませている。

 【写真】木箱にアマゴの稚魚を移す伊東隆雅さん(左)ら=南アルプス市芦安芦倉

【山梨日日新聞 12月25日掲載】