芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

西下条-落合西間が供用、環状道東部区間

A202211201_2

 新山梨環状道路東部区間のうち甲府市の西下条ランプ-落合西IC(インターチェンジ)間(1・6キロ)が19日、供用開始された。朝のピーク時に国道140、358号を利用して同区間を走行する場合に比べ、約17分間短縮できるという。午後4時、一般車両の走行が始まった。

 午前中、県が甲府・アイメッセ山梨で行った開通記念式典には、長崎幸太郎知事や樋口雄一甲府市長、工事関係者ら約130人が出席。長崎知事は「開通により渋滞の緩和や死傷事故の減少が見込める。社会インフラの整備が、コロナ禍からの経済活動の回復になると期待している」などとあいさつした。
 式典後、西下条ランプ付近で通り初めセレモニーがあり、甲府市下今井町の甲南立正保育園児約30人が記念演奏としてマーチングを披露した。長崎知事らがテープカットとくす玉を割って開通を祝った。
 南甲府署のパトカーを先頭に関係者らを乗せた車が走行した。午後4時、供用開始となり、一般車両が道路を走行する姿が見られた。
 県道路整備課によると、同区間は東部区間7・1キロの一部。西下条ランプは国道358号、落合西ICは県道甲府精進湖線と接続する。幅員は2車線で計約9・5メートル。片側2車線の計画だが、当面は片側1車線での使用となる。東部区間で初の開通区間で、用地取得などに時間がかかり、当初予定より2年遅れた。

【山梨日日新聞 11月20日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫