芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

空き家改装、宿坊に 南ア・法源寺

A202209291_2

 南アルプス市十五所の法源寺は、宿坊「Temple Hotel 南アルプス法源寺」をオープンした。地域の活性化につなげようと、空き家を改装してテントサウナなども用意。家族やグループが一棟貸し切りで利用できる宿泊拠点を整備した。
 施設は木造平屋で、延べ床面積120平方メートル。中部横断自動車道南アルプスインターチェンジや国道52号近くに立地している。今年3月に、築40年の民家をリノベーションし、6月に完成した。
 和室3部屋と寝室のほか、キッチンや洗濯室、浴室などを完備している。中庭では、たき火やバーベキュー、テントサウナなどアウトドアを楽しむことができる。希望者は寺で朝のお勤めや写経など「心と体を調える体験学習」もできる。
 7日には、グランドオープンイベントが行われ、寺関係者や檀家、市関係者ら40人が参加。記念法要やテープカットが行われ、出席者は施設を内覧した。横山住職は「周辺の事業者らと連携しながら南アルプス観光の入り口となる宿坊を目指し、多くの人に愛される施設になってほしい」と話した。
 施設は最大8人まで宿泊可能。ホームページ「お寺ステイ」から予約できる。

(写真)ゆったりとした時間を過ごせる「Temple Hotel 南アルプス法源寺」の和室=南アルプス市十五所

【山梨日日新聞 9月29日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫