芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

甲州住民ら、大菩薩嶺に「花畑」整備

A202209212

 甲州市の大菩薩峠周辺の住民らでつくるグループ「甲州大菩薩ネルチャークラブ」は、大菩薩嶺登山道にある旧山小屋周辺の再整備を進めている。バンガローの解体に着手し、今後数年かけて約10棟を撤去。土地を元の状態に戻すとともに、シカの食害に遭っている高山植物の保護を進める。高山植物を復活させることで、富士山の眺望が良い「大菩薩のお花畑」の完成を目指している。

 再整備を進めているのは、登山道にある旧富士見山荘の周辺(標高1700メートル)。クラブによると、富士山を眺めることができるスポットで、山荘にはかつて、子どもクラブや林間学校などで多くの子どもたちが宿泊していたという。10年以上前に営業を終了し、現在は約10棟のバンガローなどが残されている。
 山小屋周辺にはヤナギランやレンゲショウマなどの花が咲いていたが、シカの食害の影響でほとんど見られない状況となっている。
 こうした状況を受け、クラブは住民参加型で再整備する計画を始動させた。11日には第1弾の活動があり、同市出身のアルピニストで、市観光大使の天野和明さんや、県内外のボランティアら25人が参加。風雨の影響で崩れたバンガロー2棟を解体し、トタンや木材などに分別する作業に汗を流した。
 10月18~21日には、東京都内のNPO法人を介してモンゴルから15人ほどのボランティアが駆け付け、バンガローなどの解体作業を行いながら、地元住民と交流するという。

(写真)バンガローを解体する参加者ら。数年かけて再整備することを目標に掲げている=甲州市塩山上萩原

【山梨日日新聞 9月21日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫