芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

甘利山、レンゲツツジに食害

A202111166

 韮崎・甘利山に咲くレンゲツツジに虫害が発生し、花が枯れる被害が広がっている。県森林総合研究所(富士川町)などによると、「コウモリガ」の幼虫が幹の中身を食い荒らしているのが原因。保護団体が枝の剪定や殺虫剤の塗布に取り組んでいるが、関係者は「範囲が広くマンパワーには限界がある。今後も花を守っていけるか不安だ」と危機感を募らせている。

 甘利山の自然保護に取り組む韮崎市のNPO法人「甘利山倶楽部」によると、被害を確認したのはレンゲツツジの見頃を終えた7月ごろ。メンバーが根に木くずがたまっていることに気付き、県森林総合研究所などに相談したところ、コウモリガによる食害だと分かったという。
 県森林総合研究所によると、コウモリガの幼虫は大きいもので約7センチ。秋に成虫が地面に産卵し、ふ化した幼虫が成長して木の幹を根元から食い荒らす。木が吸い上げた養分や水分が木全体に行き渡らなくなるため、花が枯れたり、弱ったりする。
 甘利山のレンゲツツジは最盛期には山頂周辺に約15万株が咲き誇るとされる。市を代表する観光スポットで、見頃となる5~6月には毎年、県内外から多くの観光客が足を運ぶ。

(写真)虫害のあったレンゲツツジの枝を切り落とす甘利山倶楽部の副理事長ら=韮崎・甘利山山頂付近

【山梨日日新聞 11月16日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫