芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

山岳遭難175人、高水準 昨年県内

450_p26_

 山梨県内で2018年に発生した山岳遭難の遭難者は175人で過去2番目に多かったことが24日、県警のまとめで分かった。70代が最も多く、60代以上が半数近くに上った。

 県警地域課によると、18年の山岳遭難の発生件数は145件。1965年の統計開始以降、最多だった2017年よりも16件減ったが、過去3番目に多かった。遭難者は17年より5人減。死者は25人で5人減少し、負傷者も67人で14人減った。

 年代別に見ると、70代が39人で最多。次いで60代の36人、50代の32人、40代は30人だった。遭難者のうち、60代以上が45.7%を占めた。

 山系別では、南アルプスが61人で最も多く、次いで八ケ岳・秩父が45人、富士・御坂36人と続いた。原因は道迷いが55人と最多で、滑落が40人、転倒27人、発病17人だった。

 遭難者のうち、登山計画書が未提出だった人は76.8%に上った。

 鶴田孝一生活安全部長は24日の定例会見で「山登りでは、道迷いや転倒、天候の急変など予想外の事態が起きうる。万全の備えをしっかりしてもらいたい」と話した。

【山梨日日新聞 1月25日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫